トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



さよならケルバンサライ、ありがとう。。。

ベリーダンス好きの方でイスタンブルを訪れたことがあるなら、1度は耳にした、あるいは実際訪れたことがあるかもしれない、ケルバンサライという老舗のショー・レストランが、閉店になりました。

デモやテロがあり政情が不安定になってから、イスタンブルでベリーダンスや民族舞踊の見られるショーレストランが、1つ、また1つと閉店したり、続いているところも週末のみ、、、というような空前の灯状態だった、ここ1-2年のベリーダンスシーン。

5月のロマツアーでツアーのお客様達とディナーに行った時も、アセナは出てないし、民族舞踊減ってるし、小さなサロンすら満員ではなかったので、不安には感じていたのですが、、、さすがに、本当に閉店と聞いて、ショックでした。

先生でもあり友人でもあるセラップやシベルが踊っている、、、ということもあるのですが、個人的にいろいろと思い出のあるレストランだったのです。

ベリーダンスを習い始めて、レッスン友達とみんなで初めてプロのショーを見に行ったのがここ。
キラキラのドレスと、観光客の大喝采と、、、今から9年前ぐらいのはず。当時は、毎晩サロンが2つ満席になり、3つ目が開けられることもあって、ダンサー達は大忙しだったと聞きます。(セラップやギュルニハルは、プライベートレッスンの依頼が捌き切れずに、押し付けあって(笑)いたらしい、、、そんな時代です)

それからしばらく経って、ご縁があってBellydance JAPAN さんのイスタンブル特集で取材のコーディネートをさせてもらった時も、もちろんここをご紹介しました。 4年前。あの時はまだ、大サロンが満席だった。。。
大御所アセナのインタビュー記事もこの頃で、ケルバンサライの裏庭で取材した思い出があります。
あの時、華やかなスターの、見えない努力やダンスに対する真摯な姿に、仕事で踊ったり教えたりすることについて考えを改めた思い出が、、、アセナ、本当に素敵な方なのです。
2016080616091222f.jpeg

その後自分が民族舞踊をはじめてからは、ベリーダンスの合間に踊られる民族舞踊を瞬きしないほどガン見していて、踊っているシベル先生がそれを見ていておちゃめにウィンクしてきたり。。。

こうやって書いていると、私のイスタンブルでのベリーダンス人生の、要所にあった、ケルバンサライ。
ターキッシュの灯が、また一つ消えてしまったと思うと、残念でなりません。
トルコが落ち着いて、観光客が増えたら、また新装開店になる日を願って。

  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


Rakkas Istanbul 2016 パフォーマンス編

<前編から続きます>
そして最後のお仕事は、クロージングガーラでのパフォーマンス。

昨晩のコンペで、私よりも数段上手い選手(もはやダンサーではない方々も)がたくさんいたので、、、

201606110408396dd.jpeg
支度途中で、いやになって放棄してみる

が、いつまでもベッドに隠れているわけにもいかず、ごそごそ支度。
会期はじまってから届いたおNEWな衣装です。

201606110404051fb.jpeg
まだ写真の納品が届かないので見本を拝借

本当は2曲踊る予定だったのですが、ちょっとまだ腰に自信がないので、1曲目を短くして2曲目にくっつけて、1曲だけ、にしてもらいました。

今回は本当に参加人数が少なくて、ガーラは講師が楽屋にいるので、オープンステージやコンペよりも会場に人が少なくて、しーかーもー前のテーブルのグループはずっとスマホいじってて見てない。。。(だったら後ろに行けや?)
なんかソデから見ていて会場の雰囲気があまりにもでビビっておりましたが、

日本人で、よかった。

日本からのみなさんが、大声援で応援してくだしました。ありがとうございました💓らぶ

あとでビデオ見ると、やっぱり腰が動いてない、、、というか、へっぴり腰。 しょうがないです、もうほとんど痛くはないんだけど、やっぱりコワいから腰がひけちゃってる感じ(笑、、、いや笑ってる場合ではないが) とりあえずは、出ただけでも良しとして、7月に日本でリベンジです。

そして踊り終わっちゃったらこっちのもの、楽屋で撮影会♪
20160611040416711.jpeg

今回、アメリカ在住のレバノン人シモンとの出会いがありました。 アメリカで、本来は手をつないで踊ることの多い湾岸の民族舞踊を、ステージ用に、しかもソロ用にアレンジしたりして踊っているダンサーさんで、もう話が尽きない!!!出席しようと思っていたとあるワークショップ前に講師の溜まり場で話はじめちゃったらとまんなくって、WS前半をサボっちゃったぐらい!

でも、サボった甲斐があって、地味な民族舞踊をどうにかステージパフォーマンスにしようと努力研鑽している同志がいるのはすっごい心強い出会いでした。

、、、そんでなんか、衣装が似ているのは気のせいか?笑


ガーラショー、最後は大盛り上がり、みんなで我らがロッシーのゲッツ!!でぐるぐる踊って、夜の更けるのも忘れて踊りまくりました。


Rakkas Istanbul。
毎年、いろいろタイヘンすぎて文句ばっかり言ってますが、終われば必ず、何かしら次の目標が見つかって、なんとなくベリーダンス新年の気分になります。

今回、偶然見に来ていたトルコ人の方に、「すっごい良かった、日本人って言われて信じられなかった。ホンモノだ」って褒めていただいたのですが、ターキッシュロマを見たことのない皆さんは、はぁナニコレ?っていう感じでした。

エディルネのロマの人達も、トルコ人も褒めてくれるのになぁ。。。

ということで、今年の目標は、ロマを見たことのない人の目も引くことができるような、ステージパフォーマンスを目指してがんばります。

さて、あと10日で日本だーーーーー!!!!





  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


2016Rakkas Istambul 無事に終了

早いものでもう4回目、今年のRakkasが無事に終了しました。

今年は、講師の一人として参加させていただきました。 もう何年前?今はなきTurkish Delightというイスタンブールで最初に開催されたフェスティバルでSerkanと出会ってから8年?かな?、続けてきた甲斐があったというものでしょう。Reyhanなんか当時、普通のセーターでショーに出てたからね。8年の間に、私達みんな、成長してきたんですね。。。

ということで、張り切りすぎまして、直前に腰を痛めまして、、、

201606080622004d2.jpeg
お土産に湿布をたくさんいただきました。みなさんありがとうございます。

Romalicheメンバーの薫さんの魔法の手のおかげで、なんとか無事に乗り切ることができましたが、張り切って踊るのはいいけどちゃんとストレッチとかしないとダメですね。。。メンテナンス大事!

初日の1限目だったWSは、誰も来てくれなかったらどーしよーかと思っていましたが、みんな優しくて応援に来てくれました!
2016060806215490a.jpeg

基礎クラスで1.5hのWSって慣れてるし大丈夫と思っていたのですが、、、

日本語英語の両方でしゃべってたら時間が倍かかる

というのを忘れておりまして、ちょっと慌てました。 これって通訳が入っても同じよね。通訳入る場合って、先生たちはその分時間を延ばしているのかな、内容削っているのかな、、、っていうか、やっぱ2言語でレッスンするのはかなり無謀でした、ハイ。えらい疲れた。。。

今回は、審査員というものも体験させていただきました。
これがまた、2時間ここまで気を張ってベリーを見ることってないので、大変だった! ショーの時ってもっと楽しんで見ていられるのですが、全員を3分間じっと見てすぐ判定って、すごい集中力使う、、、、夜中にやるにはしんどい仕事ですねこりゃ。
201606080639043af.jpeg

今回は、審査員13人(たぶん)が、全カテゴリーを全員で審査する方式に変更になりました。
なので、こんなに首をブンブンするのがラクスシャルキらしいのかどうかようわからん私がいたり、アジザオブカイロがターキッシュオリエンタルを採点したりと面白いことになっていましたが、結果はほぼ予想どうり。レベルの高いダンスは誰がみてもやっぱり順当に評価されるものですね。

順番かわるけど、前の晩のオープンステージでは、Istanbul was Constantinople という曲を臆面もなくバーレスクもどきに踊っていたおばさまと、我らがロッシーのゲッツ!が会場の人気をさらっていました。

自分が心から楽しんで踊っている人のダンスって、観客にもぜったい伝わる。
でも、先生やプロとしては、それだけでは力不足。

そんなことを思いながら、自分の本番、クロージングガーラを迎えました。

(続)

  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


Bellydance Japan Vol.35 で トルコ民族舞踊に関する記事書きました

今月末に発売の、Bellydance Japan Vol.35に、「トルコ民族舞踊について」続編を書きました。

ダンサーであり、ライターとして、またトルコ舞踊の教えに携わるものとして、めずらしく 「これはぜひ、読んでください」という記事になったと思います。 トルコ民族舞踊について概要をつかむような、わかりやすい文章にであったことがないので、ぜひ書きたい内容でした。 編集部にお声をかけていただけて嬉しかったです。

こういうの書くと、間違いを指摘したり、別の説となえる方がいらっしゃったりしますが、いいのいいの。会話や討論のきっかけになれば、それだけトルコ舞踊も盛り上がるというものです(と、上から目線で言ってみる)
少なくとも、ツテと経験と日本語英語トルコ語を駆使して書きましたので、自信作なり。

よろしければ、ぜひお手にとってください。立ち読みじゃなくて、買ってね?




  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


ホジャパシャでショー鑑賞

イスタンブールはすっかり春の日差し!ということで、外出するのが楽しい季節になりました。
、、、ということで早速お出かけ。
以前から気になっていたBeyazGül(白バラ)という、トルコ舞踊ショーを見に、ホジャパシャというダンスシアターへ。

ホジャパシャは、昔のハマムを改装した、円形劇場です。

20150417232726768.jpg
(写真はhocapaşaサイトから拝借)

写真のとおり、日替わりでスーフィーと、ベヤズギュル、トルコ民族舞踊ショーの3演目を一週間の間に曜日を決めてやっていて、入場料は60-80TL、開演21:00、場所もシルケジ駅直近と、まさに観光客が行きやすい設定だと思います。場内は食べ物飲み物持ち込み禁止ですが、ロビーでコーヒー紅茶のサービスがあります。

2015041723272446a.jpg

さて、演目のベヤズギュル、オスマン帝国ハーレムにつれて来られた娘が、(どこだか忘れた)異国の駐在大使と恋に落ち、スルタンの許しを得て奴隷の身分を解かれめでたく結ばれるも、大使に本国から帰国命令が出されて涙の別れ、そして大使は故郷で病をえて亡くなり、それを知った娘も悲しみにくれて亡くなり、白い亡霊となってさまよう。。。という、イスタンブルのペラ地区の伝説をベースに、ハーレムの様子や、スルタンの護衛の戦いのダンス、恋する22人のパ・ド・ドゥなど、盛りだくさん。

ベリーダンスというよりは、トルコ音楽でのモダンバレエみたいな感じでしょうか。衣装もすごく可愛いし、群舞の構成が秀逸です。全体的に、イメージは、ご本家アナドルアテシュを小規模にした感じ。ダンサーは、明らかにクラシックバレエダンサーという感じの踊りで、ベリーダンスを期待していくとハズしますが、ショーとしては楽しいし、なにせダンサーが近くで見えるので、迫力があります。


楽しかったので、調子にのって翌週は民族舞踊を見にいきました。
もう思い出せないほど前に見たのですが、そのころはベリーダンスだけに夢中で民族舞踊ちゃんと記憶にない。。。ので仕切り直し。

201504172342336a1.jpg

ベヤズギュルとほぼ同じメンバーが出演し、トルコ民族舞踊のモダンバージョンのショーでした。
うん、あのね、

モダンすぎる

こちらも衣装もかわいいし、ショーの演出もテンポよく一時間ちょっとでショーが終わるので、普通の旅行者が夜ヒマなのでショーでもというにはうってつけだと思います。ベリーダンスという意味では、男性女性1名ずつベリーダンサーが出るのですが、どちらもフェス講師をするレベルのダンサーさんなので、レベル高いの。ただ民族舞踊が、ケルバンサライとかGarは、民族舞踊ダンサーが踊っているので、そこと比べてしまうと、「本場感」は薄い感じですね。でも群舞の編成が秀逸なので、群舞振付をする先生方にはオススメです。とってもキレイです。

もしベリーダンサーさんが、ベリ友とイスタンブールに来てショーを見に行くと行ったら、私はやっぱりレストランショーをお勧めします。 一般の方でも相手が家族とかなら無理やり連れて行けばいいけど笑、お友達と一緒で相手が1万円も出すのはいやだわという場合には、ホジャパシャがいいかな。

以上、久しぶりのイスタンブール情報でした!





  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -