トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



あなたに似合うドレスはこれ!<春><夏>

いよいよ最終回。多分具体的なドレスで説明したほうが分かりやすいと思いまして・・・ で、アルカダシのおじさんの店のWEBから紹介したかったのですが、あんまいい写真がなかったので(店頭にあるもののほうが素敵なのはなぜ?ショーバイ下手だよ、Enderベイ)、ヨソから無断借用してきました。
LEGENDさん、素敵なドレスがいっぱい♪♪(と、持ち上げておけばバレても許してもらえるだろう)

ではさっそく、<春>のみなさまへ。
<春>の方は、本人がおめめキラキラ、髪の毛つやつやの方が多いので、ドレスもキラキラ・パステル系がきっと素敵です。スパンコールでも、スワロでも、たくさんどうぞ♪ ほんとは、金のコイン・ジャラジャラが似合う唯一のタイプなんだけど、最近コインのついたドレスって流行んないんでしょうね~

で、ビタミン・カラーがいいんだけど、あんまり色が薄いとライトでハレーションをおこすと思うので、↓こういうふうに、濃い目の色でアクセントが入っているものはいかがでしょう。

spring.jpg
spring3.jpg

次に、<夏>のみなさま。
<夏>の方は、似合いすぎると上品でおちついたイメージが強くなってしまうので、ご注意を。

例えばこのドレス、肌の色とばっちり合っているのですが(東洋人ですね、知り合いだったらどうしよう~)、似合いすぎていて、<春>のキラキラさんの横で踊ったら、寂しく見えるかも?
spring-summer3.jpg

なので、こんなのを選んでみました。 色の白い<夏>の方におすすめ
summer2.jpg

これはピンク~紫の、<夏>の方が得意な色でグラデ
(それにしてもこのお姉さんには似合っていない・・・)
summer.jpg

白と紫なんて、似合うの<夏>の方だけよ♪
summer3.jpg


最後は、意外と多い<春><夏>のみなさま。
人間がすっきり4つのグループに分けられるわけもなく、<春><夏>混合の方、けっこういると思われます。

ベリーダンスは、肌の露出面積が大きいので、肌色にあわせるのが正解と思われます。
目の色なんか、舞台だと遠くて見えないし、アイメイクできっとどうにでもごまかせる!でしょ?
ただ、ロングヘアの場合髪の面積も大きいので、肌が<夏>なのに髪はツヤツヤとかの混合タイプであれば、「ベースは肌色で選びつつ、キラキラ感多め。多色使い」がよろしいのでは。

このドレス、<春>で紹介したサーモンピンクのグラデのと雰囲気が似ていますが、こちらはチェリーピンクのグラデ、肌が<夏>ブルーベースの方向けです。
ただし、ビーズはゴールドを強めに使ってキラキラ感が強いので、<春>で<夏>な人向きなんです。
spring-summer2.jpg

もちろん、<夏>の方も肌色があっているのでOKですが、これだと持ち味の「しっとり感」は出ないかも? でも、明るい曲とか、群舞でしっかり目立ちたい!とかだといいかもしれませんね。


いや~長くなりました。ケニアの6時間ドライブぐらい疲れたわ(笑)。
なので、<秋><冬>編は明日にしま~す。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


Orient Extreme ~ヘビーローテで聴いてます~

orient extreme

このCD、以前のレッスンでも先生が使っていたものです。
ジャケットがなぜ~かトライバル風ですが、中身はターキッシュ・オリエンタル。
(仮にも本場なんだから、そのくらい知っていて欲しいんですけど

只今、トルコ最大のCDチェーンD&Rの「Percussion」部門1位です。
なんで「Oryantal」部門でないのかは、ナゾ。
パーカッションとしては、迫力足りないと思うんですけど、どうでしょ。
ベリー音楽としては、「クラリネット+ダルブッカ」「カーナン+ダルブッカ」などがあり、これをしっとり踊れたら素敵♪な曲が多くてオススメ。

え、なんで今日「あなたに似合うドレス・・・」の続きじゃないのかって?
今これ聴きながら原稿(←シゴトモードに入っている)書いているからよっ!(笑)
次回、力作でございます。。。。(あ、誰も期待してなかったりして)

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


あなたに似合うドレスを探す

そうだ忘れてた!ということで、中断しておりました「ヒップスカーフの選び方」、再開いたします。

本日は、「あなたに似合う色の見つけ方」です。
・・・なんだけど。こればっかりは、お化粧していないあなたの顔を見て診断しないと、正確にはムリなんです、実は。

ただまぁヒップスカーフは顔のすぐそばにくるものじゃないし、衣装ドレスは舞台照明があたったりして普段に生活条件とは大きく異なるので、無理矢理ですが、やっちゃいます!
もっと詳しく知りたい方は、このサイトへ:http://members3.jcom.home.ne.jp/respirie/pe_hantei.htm
私がいくつか試してみて、一番良いと思ったサイトなので、ご紹介しておきます。


化粧を落とした状態で、太陽光で自分をよぉく観察して、以下の質問にお答えください。

■あなたの肌の色は?

A イエローオークル系で透明感・ツヤ感がある

B ピンクオークルで色白、パウダリー

C イエローオークル系でマット、顔色が悪い印象がある

D 色白か色黒、目や口とのコントラストがハッキリしている


■髪は?

A こげ茶~明るい茶でツヤがある感じ

B ソフトな黒~こげ茶で、ツヤがなく少々重く見える

C 茶~こげ茶ででツヤがなくマットな感じ

D 真黒でツヤがあり、ハリがある


■瞳の色は?

A 明るい茶~こげ茶でキラキラしている

B ソフトな優しい印象の黒

C こげ茶~濃いこげ茶

D はっきりした黒


A~Dの回答が一番多かったものが、あなたの色のグループです。 イメージでいうと、
Aはキラキラ系
Bはしっとり上品系 
Cはワイルド・大人系 
Dはすっきりシャープ系

似合う色はこんな感じ。
A 春 

B 夏 

C 秋 (ゴールドベージュ)(アニマル柄)

D 冬 


どうでしょう、なんとなく納得いきました?
ご質問はお気軽に。

よくわかんない~という方は、下の3つで、イエローベース(AとC)とブルーベース(BとD)を見分けるだけでも、とんでもなく似合わないもの(ゴメン笑)は選ばなくなると思います。

■金 x 銀
■サーモンピンク x オーキッドピンク(青みがかったピンク)
■ベージュ x グレー

最終回は、それぞれのグループに似合いそうなドレスのイメージを紹介してみたいと思います。

<追記>
あなたはどんな結果が出た?それによって、最終回の内容を考えるので、ぜひコメください♪待ってます~☆

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


う~ん 知恵がない

そうなんです。

このブログで、「こんなCD買いました」ってジャケットだけ紹介しても

トルコで日本の雑誌読んでもストレスが溜まるだけ

状態に近いものが。
トルコのオリエンタル関連はamazonとかフツーのルートでは売ってないものが多いし。
何かいいテがないかなぁ・・・

・・・ということで、朝から、「ブログで曲を紹介する手段」を探しております。
(たびぃ夫は出張から未だ帰宅せず。 今週一人暮らし状態を満喫中でございます。)

でもって、先日このブログを通りすがってくださった、あれはんどろさんのN23計画に、これっぽいのがあったような・・・ということでお邪魔しました。

それで見つけたhttp://www.lastfm.jp
今これで遊んでるところです。

無料登録の上、自分の好きなアーティストを15人以上登録すると、彼らの音楽がランダムで楽しめたりします。「タグ」を立てるとグルーピングできるみたいなのですが、まだよくわからないので、Fergieの次にロマがかかって、次がjazzだったりして、闇鍋状態(笑)です。

<追記:いじくりまわして、わかったこと>
・アルバムの写真に再生マークがあるものは、右上のBOXで視聴ができます。
・著作権が開放されている曲は、フル・ナンバー聴けます(プロのにはほとんどない)
・ラジオステーションで○○に似た曲を選ぶと、ランダムでフル・ナンバー聴けます。

そして
・オリエンタルで使えそうなのは、ほとんど視聴できない

(いや個人的にはいいもの見つけた。あれはんどろさん Muchas gracias con besos!)
あれはんどろさん、あたし以外にも楽しんでいるコメント届いています~ ありがとうございました。見てる~?踊り子みんなで感謝の踊りを捧げますわ~

で、結論としては目的のものが見つからない(涙)
イメージとしては、
「ブログに簡単に貼り付けられて、無料で(長めに)視聴できて、気に入った人は購入できる」
みたいなのが欲しいんですが。 著作権侵害する気はもうとうないので、「さわり」だけ聴ければいいんだけど・・・ やっぱないかなぁ・・・

誰か知恵があったら授けてください~
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


サワサワ~

いいえ、麦畑を風が渡る音ではありません。
れっきとした、スワヒリ語でございます。

私、旅行したときに現地語を覚えてちょっと使ってみるのが大好きです。
例えば、バリのインドネシア語では、「スラマッ・パギー」(Good morning)のくだけたお返事は、「パギー」(mornin)だけでした。それって英語でも一緒だ~
・・・とか、そういうのが楽しい♪(←ハイ、ただの語学オタクです)

今回ケニアに行ってすごく気にいったフレーズが、

サワサワ~ 
どうやら直訳すると、「もういいよ」に近いみたいなのです。


空になったお皿を、下げてもいいですかとジェスチャーされたら 「サワサワ~」

ぶつかっちゃって、ごめんなさいって言われたら 「サワサワ~」

ハクナ・マタタ(問題ないよ~)って言われたら、こちらも 「サワサワ~」


なんか、ゆる~い感じが好きです。
トルコ語にはないねぇ、こういうの。 
テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:7


Akdenizli Büyük Ustalar

akdenizli.jpg

昨日、CDショップでようやく入手いたしました。

Akdenizli Büyük Ustalar
Mısırlı Ahmet(2005)

動画でばかり見ていたので(=PCのスピーカー)、やっとやっと、CDで聞けました。
イスタンブルに引っ越して来るときに電化製品はみんな処分してきたのですが、唯一ウッドコーンのステレオだけは「どうしても」と持って来て、変圧器かませて使っているのですが、

いや~持ってきてよかったわ☆

大音量で堪能しております。
朝はだいたい、気分で音楽選んで家事をするのですが、いや、これ聴きながら家事はできません・・・

カイロで録音したという曲 3a.m. in Cairo、Reshmiさんこれで踊って!すんごい、いい。

他はThe story of 6/8、 Time in 9/8 、world 7/8? (Where's the "one"?) と、変拍子が目白押しです。

・・・と煽っておいて。
日本では発売していないのね・・・

欲しい人、いる? (いるよね~☆)
年明け帰る時に、販売会しましょうか。


P.S.ムスルル・ベイの、オリエンタル用CDがあるそうです(廃盤らしい)。 これも探さねば!

P.S.IZUMIさん、やっぱEminです。 ジャケット(といっても、本みたいに30pぐらいある)に、謝辞が出てた。zil(シンバル)系は、イスタンブルだって。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:9


いよいよ

おはようございます。

今日はこれから、ネスリンさんのレッスン代を払いに行ってきます。
振付のクラスとテクニックのクラス、週3回3ヶ月分で、〆て1040YTL(10万円弱)なり。
トルコではクレジットカードで払うと1割増しぐらいに手数料取られちゃうので、現金払い。

・・・でもね。
トルコ人のフツーのOLさんって、月収1000YTLぐらいなんですよね。
これって結構なお値段っていうことですよね。
ということは、やっぱりマジでレッスンしたい人達が来るんだろうな・・・楽しみです。

最近、9拍子に浸っているので、ロマもやりたいな~

ドバイで、エジプト系のCDを何枚か買ってきたのですが、聞いてみたらなんだかちょっとリズムに違和感を感じている自分に、かなり驚きました。
最初はターキッシュが「あの、最後の一拍、余るんですけど・・・」っていう感じだったのですが、だんだんあの割り切れなさが良い感じに。ああ、染まっていく・・・(笑)

そういえば先日、WSで行ったスタジオのオーナーが、「ターキッシュのカルシラマのリズムと、ロマの9拍子のリズムを混同している人がほとんど」みたいなことを言っていました。
このへんはまだよくわかりません。研究課題です。
かかこさ~ん、もし見てたらコメくださ~い。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


ジプシー音楽レストラン

ふぅ。しばらく「ベリー★ベリー★ケニア」だったのですが、今日からまた、「ベリー☆ベリー☆イスタンブール」でございます。


ただいま、イスラム世界はラマザン(断食)期間中です。
敬虔なイスラム教徒の皆さんは、日の出から日暮れまで、食事も水も取りません。
そして、日暮れとともに「いっせーのせっ!」で始まる食事をイフタールといい、ご馳走が出ます。

これは絶対に盛り上がるはず!、ということで、昨晩友人とタクシムにあるジプシー音楽レストランに行ってきました。

BEYZADE RESTAURANT
http://www.beyzade.net/index.html
場所は、イスティクラール通りしばらく行って、トゥネル手前の「パシャバフチェ」の路地を入り、あやしげ~な夜店を通って行った、ビルの屋上。
私達がお店についたのは、「いっせーのせっ! 3分前」だったので、すでに20代~30代ぐらいのグループで一杯でした。

イフタールでは、十数時間の空腹時間後の胃がびっくりしないように、前菜の前に「朝ごはんメニュー」(パン、チーズ、きゅうり、トマト、オリーブ、ジャムなど)が並びます。
P1010211.jpg

これにあとスープが出て、食べているうちに、バンド入場。
バンドと言っても、

アラビックシンセサイザー
カーヌン
ダルブッカ

の3人編成。アンプの音も割れてるし、音響もイマイチですが、生ダルブッカのカルシラマのリズムが響き渡ります。しばらく演奏の後、歌手登場!

も~その後がタイヘン。 最初は席でタンバリン(レクじゃなくて、おもちゃのタンバリン♪ お客さん用に壁にたくさん掛かっていた)叩いたり、一緒に歌ったりしていましたが、盛り上がる(そしてお腹が一杯になるにつれて)

Hadi! Hadi! Hadi! Hadi!
で踊り始めます。

私はなぜ~か、カーヌンを弾いていたお兄さんの目に留まってしまい(そりゃそうだ。100人~いて、外人私達だけだもん、目立ちますわ)、席でタンバリン叩きながらリズムを取っていると、

「踊んなよ」(お兄さんが目で合図してくる)
「どーしよう。ふふ」(ちょっと肩をすくめてみせたりして)
「Hadi! Hadi!」(手で合図。ちょっとおにーさん、演奏は!)

最後はもう、お店中この状態。
P1010222.jpg

この頃には、メイン料理が出て、デザートが出て、チャイがどんどん出ます。
隣のテーブルの女のコがお誕生日だったらしく、ケーキが出て、おすそわけが回ってきました。

これが夜中の2時ぐらいまで続くんですから・・・ハイ。
11時ぐらいにはベリーダンサーも出るらしいのですが、同行した友人が体調があまりよくなくて、その前に帰りました。(残念!次回のお楽しみ)

帰り道のステップはもちろん、

タン・タン・タン・タ・ター

これで占めて25YTL(2000円ちょっと)!若い人が多いわけです。
演奏というよりも、「歌って踊ってイスタンブル」を楽しむにはオススメです。
ジプシースタイルで踊ってる方は、トルコ人の観客の前でデビューする絶好のチャンス!!!

追加:イフタールなので、お酒が出ません。チャイだけであれだけ盛り上がるトルコ人ってすごい。
    断食明けて、お酒が出る時期に行ったら、どんなことになるんだろう。

<おまけ>
帰りのイスティクラル通りで、「ダルブッカとファイアー・ダンス」目撃。
P1010224.jpg








テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


ゴール: ドバイへ

だんだん息切れしてきたので巻きます。
サファリ旅行記、最終回です。


夕方の便で、ドバイに到着しました。
飛行機を出た途端・・・あまりの熱波におどろいた。40数度あるそうです。ふえ~

さっそく、ラゲッジ・サービスのカウンターへ、そして

スーツケースと涙の対面


HotelはHilton Resortに宿泊です。赴任前の2,3年、たびぃ夫が年の半分ぐらいIstanbul Hiltonに住んでいた(笑)おかげで、スイートにアップグレードしてくれました♪

ドバイでスイートに宿泊。
することと言えば、お買物でしょう♪

・・・ところが
広大な大地と野生動物、豊かな自然と、そこに暮らす経済的には決して豊かとは言えない人々の生活の中で時を過ごしたあとではいっこうに物欲が湧かない・・・

むしろ、本当は砂漠の真ん中に無理矢理作った人工都市が悪魔的に思えて、早くそこを出たかったです。 とにかく、不自然な街だった。ものすごい建築ラッシュだったのですが、いったい誰が住むんだろう。数十年後には、ゴーストタウンになっていたりして。

P1010204.jpg
<ドバイの街並。建築ラッシュ>

イスタンブルに帰り、ごちゃごちゃとした街並と雑踏を見て、心からほっとしました。


ただいま、イスタンブル。



テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


Day8 ジラフ・センター

前日夕方ナイロビに戻り、夕食はいろいろなお肉を食べさてくれる「カーニバル」というレストランへ。あらゆる種類のお肉が串焼きになっていて、おにーさんたちが櫛から削いでお皿にくれます。「ごめんもう食べられない」というまで、ノンストップでテーブルにお肉たちがやってきます。

食べたお肉は
・ビーフ
・ポーク
・ポークのスペアリブ
・ポークのソーセージ
・鶏
・鶏手羽

・ワニ (サカナくさい鶏肉っぽい)
・オーストリッチの肉団子 (赤身の鶏肉っていう感じ)

えっと、お肉としては、トルコのほうがおいしいかな。
でも、エンターテイメント性があって、お店の雰囲気もよく、これで25$はお値打ちです。
イスタンブルでこの手のお店があったら、軽~く70YTL越すでしょう。バブリーなイスタンでは、結構流行るかも。

                   * * * 

翌日は、飛行機が午後発なので、午前中に「ジラフ・センター」というところへ行きました。

キリンにエサをやれる

なんて、なかなか出来ないじゃない?!

この「ジラフ・センター」、なんでも「ナイロビの子供たちに、自国の野生動物に親しみ、自国を愛する気持ちを育むために創設された」そうで、私達が行ったときも、地元の学校から遠足(?)に来ていました。

子供達は無料、外国人は入場料10$ぐらいで、「食べさせ放題」。
飼育係のおにいさんたちが丁寧に対応してくれます。

全部で10匹(頭?)いるキリンさんたちを、こーんな間近で見ることができました。
P1010166.jpg

そして、こぉんなことして、キリンさんが遊んでくれます。
これはsakinちゃん へのおみやげショット。 (※おみやげにダンナは含まれません)
P1010161.jpg

エサをやりながら、なでなでしたり(キリンの地毛って、すべすべでかわいい♪)、首にぎゅうしたりできました。 う~ん、ゾウ派からキリン派に転向しそうになっちゃった☆

キリン、ペットにしたらかわいいなぁ・・・



テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


Day7 Big5

サファリの「Big5」って知ってますか?

ゾウ
サイ
ライオン
バッファロー
レオパード(豹)

前4つは、1週間もいれば確実に見られるそうですが、豹は、「見られたらものすごくラッキー」なんですって。

そして、私達のドライバーのJimmyさんは、猫科系好きらしく、チーターやレオパードを、シゴトを忘れて(笑)おいかけてくれました。

P1010083.jpg
<運転をしながら「獲物」を探す目はまさに、狩人>

Jimmyさん、そりゃー当然ですがものすごーく目がよくて、私達が望遠鏡で確認できるかできないかという距離の獲物を肉眼で探してくれます。

そして、私たちはついに、発見したのです!!! じゃじゃーーーーん!

leopard.jpg

このショットは、豹柄の似合いそうな(←勝手に想像してる)Reshmiさんにおみやげでーす。
なんたって、Jimmyが興奮していたぐらいの、貴重品なのよ!!!

豹柄、ものすごくキレイでした。ホントにキレイで、稀少なので、ものすごく高価なのね~と納得してしまいました。できれば、なでなでしてみたかった。。。。


テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


Day6 マサイ・マラへ

「荷物が出たぞっ!」

毎日電話してやっと6日目、荷物が確認できました。

・・・ドバイで、待ってるって。

ナイロビまで送ってもらうこともできたらしいのですが、あと数日なので、またロストされるよりは、と大事をとって、ドバイで受け取りになりました。(たびぃ。夫の独断)

そりゃね、正しいよ。
でもさ、オトコはパンツとTシャツがあればいいかもだけど。

・・・慣れない化粧品使ったから、なんかお肌がぶつぶつしてきた。
・・・コンディショナーしてないから、髪の毛バサバサしてきた。
・・・眼鏡ざる、もういイヤ。

このあたりからもう、ゾウやキリンに見られるのはまだしも、ヒトに会うのが結構苦痛になってきました。 
あたしって、見栄っ張り。


さてさてこの日は、ナクル湖から、有名なマサイ・マラへ移動です。

マサイ・マラは、最大の(たぶん)国立公園だけあって、なんだかちょっと観光化された感じ。
公園内も、たくさんのサファリ・カーが走っていて、それにまったくおびえるそぶりのない動物達は、ちょっと不思議。 ぜんぜん逃げないんですよ~ なんか、不自然じゃない?

P1010062.jpg
<すみませ~ん、通りますぅ。 どいて~>

P1010065.jpg
<サファリ一のぐうたらさんたち>


マサイ・マラの美しい夕焼けは、きちょーんさんへおみやげ♪
P1010054.jpg



  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:1


Day4&5 ナクル湖へ

「まさにサバンナ!」というサンブル国立公園を後にし、3つ目の国立公園は、フラミンゴで有名なナクル湖のある国立公園へ。(またここで魔の6時間ドライブ

ここは、ナイロビから比較的近いせいか、比較的お歳を召したカップルが多いような。
余談ですが、この旅行中、見るからに「一生に一度、インディ・ジョーンズのカッコウをしてみたかったのさっ」っていう服装のおじさまたちを、たくさん見かけました。「おじさん、カウボーイはここじゃないよ」っていうカッコの方もいらっしゃいましたけど(笑)。

さて、ナクル湖ですが、「フラミンゴでピンク色に染まる湖」はホントにピンクでした。

P1010038.jpg

そして、この国立公園でのもう1つの目玉は、サイ。
ここには、「白サイ」と「黒サイ」の両方がいます。

これはおねむさんへのおみやげ・ショット。 「おねむのサイ」どうどう?
P1010045.jpg

ナクル湖のロッジ、なんとスパまであって、かなりリゾートしてました。
っていうか、むこうのほうにビルが見えるところにライオンがいるのも不思議な光景・・・

私は、いかにもアフリカの大地っていう感じのサンブル国立公園が一番好きだったかな。
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


ちょっと休憩:ベリーダンスのその後

サファリ旅行はちょっと休憩して、本題のベリーダンス・ネタです。



ケニアから帰ってきたら、レッスン仲間からメールが来ていました。

センセイ辞めちゃったよ!!!
今日初めて聞かされて、今日が最後のレッスンだった!


・・・ってあなた
いや~、トルコらしすぎて、怒る気にもなれません。

センセイあなた、あたしがケニア行く前に「ジルやりたいんですけど」って言ったら、「そーだねーやろうねー」って言ってなかった?!

なんでも、次の先生候補は土曜日の夕方しか空いていなくて、それは「全員主婦」の生徒達には参加できないスケジュール・・・ということで、現行のクラスは

いったんお開き

ということになりました。


私自身は、10月から別スクールで開講される、「あの」ネスリン・トプカプさんのレッスンに浮気しようと思っていたので、むしろ3ヶ月間休む言い訳しなくてよくなったのですが・・・

う~ん・・・年明けから踊るところがないなぁ・・・

まあ、トルコですから、そんな先の心配をしてもしょうがない。どこか見つかるでしょう、インシャアッラー



ということで、10月~12月まで、ネスリンさんのレッスンに行ってまいります。
毎週土曜日の夕方と月曜の夜に「基礎クラス」、隔週日曜日の夕方に「テクニック」のクラスを受講することにしました!

あれ・・・夕ごはん、誰が作るのかしら・・・

ネスリン・トプカプに、1日WSとかじゃなくて、3ヶ月間教わるなんて、ほんとうにラッキーです。
それだけやったら、「ネスリンさんの直弟子」って名乗れるよね・・・?!
初めて、「イスタンブルがベリーダンスの本場である」という実感が湧いてきました。

がんばろっと。



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


ケニア、好きかも

ケニアって・・・旅行前はあまりイメージがわかなかったのですが、すごくいいところでした。
ちょっと挙げてみます。

<コーヒーがおいしい~ケニア山やキリマンジャロ山の麓、コーヒー産地のケニアは、もーどこへ行ってもコーヒーがおいしい!トルコでは、フィルターコーヒーは亜流でおいしいのを売っていないので、大量購入して来ました。
(ハイ当然スーパーの袋のまま帰りの機内お持込です)

<どこへ行ってもトイレがキレイ
ホテルやレストランはもちろん、長距離ドライブの途中に立ち寄るガソリンスタンドや御土産物屋さんのトイレが、どこもとってもキレイで、ちょっと感動。
同じぐらいの発展度(って言うと怒られるかもですが)のインドや中国のと比較しても、比較にならない。

<英語が通じる!←学校が多い
ドライブ中に、ずいぶんたくさんの学校を見かけました。 ほとんどが、○○ミッション・スクールという名前だったような。 ケニアは人口の70%ぐらいがキリスト教徒だそうです。

今ぐぐってみたら、各国の就学率はこんな感じでした。
ケニア 80%
トルコ 95%
インド 82%
中国  97%

あれ~、インドや中国より、ケニアの方がたくさん学校を見かけた気がするんだけどなぁ・・・

いずれにせよ、ケニアは英語とスワヒリ語が公用語のため、ほんとにどこでも英語が通じました。
聞いたら、「英語とスワヒリ語の授業は別々にあり、その他の科目はぜんぶ英語で教える」んだって。
当然、スーパーの店員さんでも英語が通じるわけです。 トルコでは夢だわ~

そして掃除ですが。
ミッション・スクールって、実は私も行ったのですが、掃除にキビシイんです(笑)
私女子高だったのですが、「嫁にいけなければ、掃除婦になれる」と言われるぐらい、掃除させられました。だって、週1回の大掃除の日には、トイレの床とかモップでこすって、タイルを1個ずつ乾拭きするんだよっ! 木の床は、オイルつけて毛雑巾で磨きこむの。ドアの取っ手とかも、真鍮磨き粉で、ピッカピカに。

・・・もしかしたら、そんなミッションスクールの教育が滲み込んでいるので、キレイなトイレ文化が根付いているのかしら、と思いました。

そしてそして、マナーがいい。 
トルコみたいに「やたらめったらクラクションをならす」なんてことしないので、ドライブも快適。
それに、(もしかしたら失礼発言かもですが)、一度ドライバーさん達の食事テーブルの傍で食事をしたのですが、皆さん食事マナーが良かったよ。 トルコだったら・・・
もしかしたら、サファリガイドというのは、比較的レベルの高い職業なのかしら。



ということで、かなりケニア、気に入りました。
来年からケニア転勤、でもいいなぁ・・・

テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


Day3 雄インパラに、きゅん

imparaimage.jpg
<イメージ写真出典:Hello World! 世界一周旅行

今回の旅行で、いちばん感動したのは、

雄のインパラ

そう、大好きなゾウさんでも、かわいいキリンさんでも、百獣の王でも、見られるとものすごくラッキーな豹でもなく、

雄のインパラ

彼らはハーレムを形成し、雌のインパラを数十匹引き連れているのですが、



敵から逃げるときは雌たちを先に行かせて最後尾

先に進む時には、自分が先頭に立ち

雌たちが草を噛むあいだは、見張りに立ち


も~ カッコいいったら!!!


そのへんでごろごろとだらけているライオンの雄が、しょぼくれたサラリーマンのおやじに見えるぐらい、サバンナでのりりしいお姿が際立っていました。


どうしよう、動物にホレちゃった。
生まれて初めての経験だわ。


そのお姿を上手く写真に撮れなかったので、転載OKのサイトからいただきました。
偶然出合ったこのサイト、皆さん好きそうな方が多いので、ぜひ訪ねてみてください。Hello World! 世界一周旅行あたしも後でゆっくり見せていただくつもり。




テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


Day3 サンブル国立公園へ

3日目、サンブル国立公園へ移動です。
「ちょっと遠いからね」
「どのくらい?」
「ん~ 6時間ぐらい」
「!?%&$!!」
それって、成田からバンコクに着いちゃうじゃ~ん!

そしてこれ以降、「ちょっと遠い」とは6時間ぐらいという意味になるとは・・・
・・・ご存知の方もいらっしゃいますが、あたしは乗物キライなの。
飛行機は恐怖症に近く、「まっすぐ速い」だけなら耐えられるのですが、「速くて胃に重力(G)を感じる上下振動」がある場合、ものすごくコワイです。気持ち悪くはならないのですが、心臓バクバク。
(ジェットコースターありえない。お金払ってコワイ思いするなんて、みんなヘンなんじゃない?!)

なので、飛行機に乗るときには、恐怖心を抑えるための精神安定剤が手放せません。
(適当に処方してくれる、知り合いのドクターに感謝です)
ハーバル系の睡眠導入剤もなぜか手荷物に入れていたので、これにも助けられました。(神様の思し召し?でもどうせならビタミン剤もこっちに入れて欲しかったよぉ)


さて、ナイロビを出発後、しばらくはこんな道が続きます。
P1000981.jpg
しばらくして、赤道を越えました(高地で涼しいのでうそみたい)
P1000972.jpg
数時間すると、道はこんなふうになり
P1010148.jpg
最後の2時間は、ものすごいガタガタ道になり、



(あまりのボンピングぶりに画像はありません)



国立公園内に入ると、道を横切っていくこんなみなさんを避けながら進むことに。

P1000995.jpg


P1010025.jpg

こうして、2泊するサンブルのロッジに着いたのは午後2時ぐらい。
ランチの後、午後4時にゲーム・ドライブ(動物を見にぐるぐる走り回る)までお昼寝です。
テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


I am a Japanese !!!

みなさま、ヒトの不幸を楽しんでくださってありがとう

「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」
「思い出はハプニングの顔をしてやってくる」

あたしとだんなとJimmyの「3人とも着たきりすずめ8日間サファリの旅」は、一生忘れられない思い出になりました。

・・・でもね。
サファリ・パンツ、買ったのに。
ピンクのシャツにあわせて、ピンクのバンダナも買ったのに。
カクテル&ディナータイム用に、ワンピースだって入れたのに。

駐在マダムの優雅なアフリカの休日のはずだったのに。

KENYAってロゴ入りのTシャツを着て、NIKEのトレーニングウェアを着て、眼鏡をかけて、ちゃんとお化粧してなくて、髪をゴムでまとめただけのあたしは

どこから見ても中国人旅行者(しかも田舎から出ててきた)

何度「ニーハオ」と声をかけられたことか(泣)
中国人にまで「ニィ シィ・・・」と言われ、思わず大きな声で「我是日本人!」と返事してしまいました。
もう最後はめんどくさくなって、「ニーハオ」って返事しときましたよ、ハイ。

そして、出会う日本人女性たちの清楚でキレイに見えること。
やっぱり日本人女性は美しいわ・・・(ここで遠い目)


・・・とはいっても、確かに笑える体験だったけどね。
ただ、慣れない化粧品を使ったせいで、今、顔中ブツブツで泣きそうです。
お願いだから、これだけは同情してちょーだいよぉ・・・



テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


Day2おまけ アフリカ太鼓

2日目の途中で、Gikuyu族という、ケニア最大かつナイロビ付近中心の原住民の村を訪れました。
ここで、土壁わらぶき屋根の家の見学と、太鼓とダンスのパフォーマンスを見ました。

家の中を見学中、焚き火のそばに・・・

太鼓が置いてある!
火にかざして、皮のハリを調整しているんだ~~!!!
なんてワイルドな~と、ちょっと感動。
・・・が、判ってくれるのは太鼓叩きだけだろうなぁ・・・

ということで、IZUMIさん太鼓かかこさんへの「おみやげショット」はこちら!
P1000924.jpg
P1000942.jpg

アフリカン・ダンスのショットはサラさんへ。こんなのやってたの?(笑)
P1000937.jpg

テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


DAY2 いよいよサファリへ

さて、気をとりなおして(笑)本題へ。
今回は、4つの国立公園を巡るツアーでした。
ルートはこんな↓感じでした(日本のツアーサイトから無断借用。WEBって便利~☆)
route_kenya05.gif

ナイロビから、アーバディア国立公園までは2時間ぐらい。
車窓から見える街並は、どこかで見たことがあるような雰囲気・・・(いや、デジャブじゃなくて)

あ!そうか!インド!!!
特に緑が多くITの中心地である、バンガロールという街にとても良く似ているのです。
・・・と、たびぃ夫に言うと、「それが植民地統治というものかもしれないな~」だって。なるほど~ 目からうろこでした。

到着したアーバディアは、ちょっとした避暑地という雰囲気で、ランチをとったホテルも、お庭は完全にイングリッシュ・ガーデン。 ウェイターさんのマナーもカンペキ。「マダム、ティーにミルクは入れますか?」なんて、自分が一瞬どこにいるのかわからなくなりました。
大英帝国は、こうやって植民地を広げ、自国の生活をあくまでも固持しつづけたのだと、学校では教えてくれない歴史を感じました。
P1000920.jpg

さて、その日は、国立公園内にあるロッジに宿泊です。
ランチをとったホテルは、ロッジの玄関とレストランの役目をしていて、ロッジはほんとうに夜寝るだけの場所。トイレとシャワーも共同なぐらいで、ロッジというよりバンガロー。元々は、イギリス紳士ハンターたちが宿泊した場所だったんですって。

P1000961.jpg

動物たちが水を飲みに集まってくる「水場」の前に立っていて、夜はライトアップするので、水を飲みにやってくる動物達(ゾウ、バッファロー、いぼイノシシなど)が見られました。なんと、豹などのなかなか見られない動物が来ると、夜中にベルで知らせてくれる、という仕掛けアリ!
他の宿泊者(ほとんどがイギリス人老若カップル。とにかくケニア観光者はイギリス人が多い!)と一緒に夕食を取り、毛布をかぶってがんばっていたのですが、あまりの寒さにリタイア。

こうして2日目の夜が更けていったのでした・・・ 

sakinちゃんのリクエストに応えて、「水場に来たぞうさん」を追加!
P1000963.jpg



★ABERDARE SAFARI HOTELS LTD. TREETOPS★
夜のサファリと、雰囲気のあるバンガローを楽しめます。
その後に泊まった国立公園のロッジとは趣が異なり、ハンター気分が楽しめました。
御飯はここで食べたのが今回の旅行で一番おいしかったです。



テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


Day1 いきなり、サバイバル

みなさま、ただいま!
昨夜、無事に帰国いたしました。
ケニアに8日、ドバイに2日という旅程でしたが、いろいろな意味で、いままでにない体験でした。 
みなさまにお話したいことがたくさんあるので、ぼちぼち書いてみたいと思います。



初日は、夜7時過ぎにイスタンブルを出る便で出発しました。
そして、エミレーツ航空いきなりやってくれました。

乗継地ドバイでラゲージ・ロスト

イスタンブル-ケニア間は、便の接続が悪くてドバイで1泊するため、中継地ドバイで一旦荷物を出そうとしたら・・・いつまでたっても出てこない! ラゲージのカウンターに行くと、「明日の出発までにチェックしますので、また来てください。」ですと。この時点で夜中の2時、翌朝は10時の便なので、とりあえずはホテルに行くことに。この時点ではまだ、「明日になれば出てくるでしょう」と楽観。

ところが。
翌朝再度カウンターに行ったら、「どこにあるか、わかりません」
なんで?!エミレーツからエミレーツに中継するだけなのに、どうして「わからない」なのよっ?!?!
この時点で、私達が乗る便には荷物は乗らず、次の便が来るころにはもう私達はサファリに出発した後ということで、

手荷物だけでサファリ8日間、決定

・・・ありえない。どーすんのよ。
手荷物に入っているのは

・お財布/パスポート
・iPOD
・カメラ
・双眼鏡
・化粧品
・シルクのパジャマ(半泊用にこっちに入れてた)
・パシュミナ
・イスタンブルのDFSで買ったベリーのCD3枚(笑)

どう考えても、これではどーにもなりません。
どうにもならないけど、悩んでもどうにかなるものでもないので、この時点で旅行のテーマを「優雅なサファリの休日」から、

最低限のモノでサバイバル生活@サファリ に急遽変更。

まずはエミレーツから、Overnight Kitをもらい、歯ブラシや櫛を確保。
ドバイのDFSで最低限の化粧品と、NIKEショップを見つけて、防寒用に、シャカシャカの上下をたびぃ。夫の分も含めて調達。(あたし寒がりなの。Tシャツはナイロビでも売ってるだろうけど、上着はないと困るので、この時点で確保。)

ナイロビ空港でも一応チェックしましたが、やっぱりダメ。
迎えに来てくれた旅行会社のおばちゃんに事情を話し、ホテルに一旦チェックインしてから、近くのショッピングセンターに連れて行ってもらい、衣料品を2人分確保。 それぞれ、

・下着 3組
・長袖Tシャツ 1枚、半袖 1枚 (サイズが合うのがそれしかない!アフリカ女性は大きいわ)
・運動靴 1足 (履いてきたのはミュール)
・靴下 3足

・・・しかも、かばんがないから、スーパーの袋のまま(笑)
今回のツアーは、私達2人とドライバー兼サファリガイドのJimmyさんの3人きりで、ずっと同じ車で移動だったのが、不幸中の幸いでした。

こうして、ジューシークチュールのベロアの上下、Victoria’s Secretのインナー、Kate Spadeのバッグにエミレーツから取って来た洗面道具を入れ、スーパーの袋を手に提げて、パリス・ヒルトン顔負けの場違いな格好でナイロビを出発したのでした・・・
テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


アフリカの休日

elephant.jpg

みなさま

ちょっと遅い夏休みで、旅行に行ってきます。
行き先は・・・・ケニア!!!

アフリカの風にインスパイアされちゃったら、アフリカン・ダンスのブログに変更になるかもしれません(笑)

ではまた、ジャンボ!
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:5


ヒップスカーフの選び方(3) 

前回、コインと生地の色味の調和のおハナシをしましたが、あれは「基礎編」、きょうは、「上級編」です。これ、コスチューム・ドレスを選ぶ際にも当てはまりますので、プロ・ダンサーさんよく聞いて。(Reshmiさんいますか~)

この2つを比べてみてください。 どっちが見栄えがする?
bv3w_vgc_Lthumb.jpg

3shw_vsc_Lthmb.jpg

・・・どう、  の方がオリエンタルっぽくて素敵じゃない?
ここで、「え、前回言っていたこととちがうじゃない?!」と思ったアナタは優秀です。

では種明かし。ちょっと色彩学をかじります。
これ↓は、色彩学で「色相環」(しきそうかん)といい、簡単に言うと「色はこういう順番にならんでいる」というお約束事です。(光をプリズムで分光するとこういう順番に分かれてみえます、虹を思い出してみて)

color-1.gif

基本的には、この環で「隣り合う色」「すぐ近くの色」が調和がとれて美しい。

例えば

 とか  とか  とか。

ところが、180度反対の色(お互いを補色といいます)を選ぶと、「ビビットで華やかなイメージ」が出るのです。

そう、「紫の生地に金のコイン」はまさに、上表の12時と6時の組み合わせ、
の補色の組み合わせなのです。

「補色」は、違和感があるのでヒトの目を引きます。だから、例えば舞台での衣装は、「補色」配色のほうがゼッタイ人より目立ちます。 あ、あとは大勢のレッスンで、センセイの注目を引きたいときも(笑) 逆に、レストランのように観客のすぐ傍で踊るときには、すでに注目はアナタのものですから、調和のとれた配色のほうが、お客様も落ち着いてじっくり「技術」を見てもらえるのじゃないかなぁ、と思います。

・・・グランド・パザールの衣装屋で、売り子に雇ってくれないかしらん。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


ヒップスカーフの選び方(2) 金のコインと銀のコイン

え~拍手が少なかったのですが(笑)、プリティさんとReshmiさんのご要望にお応えして2回目です。
(もしかしてこのサイト、ベリーちゃんはほとんで来てくれてなかったりして(泣))

パーソナルカラーではまず、アンダートーン(基調色)を「イエローベース」「ブルーベース」に見分けます。ヒップスカーフにありそうな色だと、こんな感じかな。


イエローベース :      

ブルーベース  :  ■ ■ ■ ■ 
なんとなく、イメージわかりますか?

そして次に組み合わせるコインですが、色の世界では「調和の美」を基本としますので(なぜなら「不調和の美」はセンスが要求されるので理論化しにくいから^^;)、

イエローベースには金のコイン
ブルーベースには銀のコイン

が、一番「しっくり」見えるはずです。

ではここで実例をお見せします。

kirmizi_altin.jpg
kirmizi_gumus.jpg

この2つのヒップスカーフ、生地は同じでコインの色が違いますよね。
どっちが素敵に見えますか?

・・・、じゃない?
(ちなみにこれ、英語のサイトから無断で持ってきたのですが、上が拍手9で下が拍手3でした。)

なぜかというと、「生地が黄みがかかった赤で金のコインと調和している」からなんです。
ちなみに単に「赤」といっても、朱赤からスカーレットまで、いろんな赤があります、こんなふうに。

   

ちなみに、ブルーベースの組み合わせで美しい調和をしている例はこれ
3shw_vsc_Lthmb.jpg

こんな感じで、「生地の色み」と「コインの色」の色の調和を見てください。
え、あなたに似合うのはどっちかって?それはまた次回ね。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


ハレム(男子禁制)ネタ : めぇぇ

最近うすうす感じていたのですが、昨日のレッスンで確信しました。


あたし、けものくさい・・・(涙)


自分の汗が、けもののにおいがするん~で~すぅ~

ハイ、確かに前の晩、お肉食べました。
トルコって、農業国・畜産国なので、お肉が安くておいしいんです。
例えば、特上のフィレ肉とかサーロインが、1キロ3000円ぐらいで買えます。
でね、たぶん広い放牧場とかでより野生に近い感じで育てているんだと思うんですけど、味が濃くて、「肉々しい」味なの。日本のお肉って、味がしないと思っちゃうぐらい。
卵も、サルモネラ菌とかが心配なので、生食はできないのですが、やっぱり生臭いんですよ。

そしてそれを毎日食べているあたしは・・・ 

ちなみに、ちゃんとデオドラントしてますよぉ。毎日ちゃんとシャワーもしてるのに。
トルコのデオドラントは「トイレの芳香剤」のにおいなので、日本からもってきた8x〇を使っているのですが、

日本の無香料のデオドラントでは対抗できない


ってどういうことよ(涙)
つまり、全身の毛穴からにおっているっていうことか?

いや~ん。


  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2008 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -