トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



宣伝です、ハイ。

孔雀姫を見せびらかすのに夢中で、大切なことを忘れておりました。

あたくし、こっそりひっそりやっております。


ベリーコスチューム ~クラリチェ~

孔雀姫も、もちろんここの工房で作りました。(あ、例の「おやじ」が工房の主です)

ここ立て続けに3着ほど作りまして、いろいろドタバタしながら、ものすごく意思の疎通が図れるようになってまいりました、お互い。

たびぃ。 「これ、今まで作ったのに比較したら、最高とは言えないよね、、、 どうお?」
おやじ。 「そうだな、、、もっといいの、出来るな」

とかね。
ここのおやじ、最近のイスタン商人にありがちな「とにかく金が稼げればいい」というスタンスのヒトと違うのですよ。そこが気に入って、お願いしてます。
カネカネカネ、、、なイスタンブルでも、最近ご縁があって出会う方には、不思議とそういう方が多いです。 そして、そういう出会いは宝物ですよね。

「人間そりゃお金はあったほうがいい。 でも、人生には、お金以上に価値のあるものがある」


あたしも最近心からそう思います。

なんかね、昔シゴトしてた頃には、「あたしが○○をしてあげたら、あなたはどうやってその借りを返してくれるの?」みたいな仕事っぷり(笑)だったんですよ。(当時の仕事仲間の皆さまゴメンナサイ)でも最近、もうこれは時間と気持に余裕があるから以外のなにものでもないのだとは思うのですが、ヘンな期待をせずに誠意を尽くしたり、相手が喜んでくれそうなことをして差し上げれば、それは必ず巡り巡ってどこかから帰ってくる、そんな気がします。。。しかも、ずっと大きくなって、ね。

そんな想いから、数あるベリーダンス衣裳店からクラリチェを信頼してオーダーしてくださった方のために、やっぱり自信を持ってお届けできるもの「だけ」を売りたい、というあたしのこだわりにつきあってくれるおやじに感謝です。(といっても、このブログは読めませんけどねw)

感謝なので、おやじのとこの商品をたくさん売りたい、ということでクラリチェも宣伝しておこう♪

skirt.jpg
試作して検討して、やっと出来上がったスカート、新作です♪
回転するとダブルのフレアとフリルが超キレイです。

  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:10


このアタマを作りたい!

hair.jpg

孔雀のドレスを着たときにしみじみ思いました。

「すんごい”盛り”にしないと、衣裳とバランス悪い、、、」


で、毛質的にも、ボリューム的にも、コレ↑、いけると思うのですよ、、、

で、この髪飾りが欲しいなぁ。。。
どうやって作るのかなぁ。。。

おやじに相談する、というテもあるのですが、また何か

とんでもないもの

が出来上がりそうなので、自分で作れないかなぁとか思っております、、、
この、額に飾りが来るの、好きなのよね~(←ただのインド好き)

円錐形にして、中にちょっと綿をつめて、ちょんちょりんを包むように後ろで留めるようにしたら、いけるかしらね。。。
手芸意外と好きなので、がんばってみようかな。
(ミス・ユニバース冠を解体して材料にしたら、おやじ泣くかなwww)


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:14


孔雀物語 <終章> 限定期間終了につき(笑)

孔雀物語、期間限定スペシャルでおへそ見せちゃったりしましたが、期間終了につき、差し替えです。 なになに、たびぃ。のお腹、見損ねた?残念でしたわね~(笑)

ええっと、スペシャル見てくださった方は内容重複しますので、スルーなさって。



孔雀の衣裳、いよいよできました!
実はスカートが、「右足前をスリットにして」と言ったのが「左足前」だったので、変更してもらっていて時間がかかってしまいました。。。

ついでに、アームを、1つは長いぴたっとしたもの、1つはフリフリにしてもらいました。

005.jpg

もともとは両方ともこの刺繍入りだったのですが、両腕デコだとうるさすぎたので、孔雀(大)がまだお店にあったので、お姉さん孔雀と半分こしました(笑)

ブラはこんな感じ。
peacokbra.jpg
これでもかというほどストーン付き♪


スカート
peacok skirt
ねっ、ギラギラ孔雀でしょ♪♪


さて、一段落したので、このドレスに見合うように、もっとダンスを磨かねば!!

ということで、孔雀はアラジンの魔法のランプの中で一眠り。。。


blog3.jpg



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:10


見直したぞ、トルコ

続報です。

受取りにサインしたとき、「そういえば1品未納」って一筆書いてもらえばよかった、、、と後で後悔しましたが、とりあえずは「欠品してましたけど、どうするんですか?」というメールを送ってみることに。

そしたら数時間後に返事が来たんですよ!びっくり!
ここ、ほんとにトルコだっけか?(笑)

「一時的に欠品しており、納品についてはまたご連絡します。 責任をもってお届けしますのでよろしくご了承ください」

すごーい、トルコもWEBの世界は進んでるんだ~と感心してしまいました。
っていうかイスタン来て2年半、初めて「まともな対応」に出会った気がする。。。

ラーダ・ドゥーナさん、やっぱり孔雀の女王姿で「大儀であった。褒めてつかわす」って言ってあげようかしらね(冗談だってば)
テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


ネットショッピング届いた!! 。。。んだけどやっぱトルコ(笑)

みなさま

孔雀の女王への熱い応援メッセージの数々、ありがとうございます。
被った時に、何か足りない、、、と思ったのは、マントと杖だったのね~!!!(違うって)
おやじ、遊び心ならいいんだけど、本気で自慢そうだったんです。

戴冠した(笑)写真撮って、あげるべきでしょうか?

いやでもそんなもんお店の見本帳に入れられたら困るわね。。。(^^;)


     *   *   *   *

今朝10時頃、ケータイが鳴りました。 知らない番号。

「どちらさま?」
「DEPOです。 これからお品物を届けにいきますが、ご在宅ですか?」

すんごい、びっくりした。 
やればできるんじゃん、トルコっ!!!


到着時間を確認すると、「一番早くて12時ぐらいです、よろしく」

日本の皆さんにはおわかりいただけないと思うのですが、トルコって、業者が何時に来るって言ってその時間に来ることはまずないんです。 っていうか、待てど暮らせど、、、っていうことのほうが多いのでは?
なので、孔雀の撮影しようかと思ったのですが、宅配を受け取る女王様というのはやはりまずかろうと思い、衣裳の撮影は後回しにして待つこと2時間。。。

そしてほんとに12時来た!!!


んまぁびっくり~ ~ ~

なんだけど。
そう、どうしてもこの「なんだけど」の続きがあるところが、トルコなんです。

5枚かったのですが、1枚が本命、4枚がついで買いで、

その本命がストックになかったそうです(泣)

054.jpg
<こんな袋で来たよ? イスタンブル市内配送1リラっていうのは、自分とこで配ってるからなのね>



あの~、このCDが欲しかったからあなたのサイトから買ったんですよね。。。
そして、サイトでは「在庫アリ」になってから、お金も払ってますよね。。。
欠品してるのにサイトの個人情報では、さりげなぁく「配送済」になってますよね。。。


さぁて、この1枚、返金になるのか後から来るのか。
ドキドキしますね~ 楽しみですね~ 引っ張りますね~ 

それではまた、さよなら、さよなら、さよなら。



テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


フシギの国の孔雀の女王

とうとう! 衣裳完成しました。

取りに行ったら、おやじが得意そうにコレを出してきました。



クラリチェのために王冠を作ったからさっ!


036.jpg



  ・・・ ええっと ・・・ コレ、ドウスルンデスカ? 




ネタとして被ってみた。

032.jpg

ラマさん、ヘッドバンドじゃなくて、女王様の冠が出てくるとは思わなかったでしょ。
・・・あたしも(笑)


<まだまだ続く>


  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:21


トルコで初めてのネットショッピング

ネットショッピング、、、こんなに便利なものはありませんよね。
日本帰国前には、amazonだのユニクロだの、実家の母に「宅配受取で外出できない」と文句言われるほど買い漁ります。

でもね、実はイスタンブールに住んで2年半、トルコでネットショッピングしたことなかったのです。
だって、異国(笑)でネットショッピングって、ちょっと不安じゃない?

なのですが、どうしても欲しいCDがありまして、それが廃盤でストックあるのみ、イスタンブールのお店をあっちこっち探して歩いたのですが、どうしても見つからず、、、唯一ネットで見つかりました。


これは、挑戦してみなくっちゃ!


ということで、挑戦したところ、予想どおりにすんなりは行きませんでした。

サイトで品物を選び、顧客登録し、そこまではどうにか問題なくいったのですが、いざ支払いの段になって

トルコの銀行決済のクレジットカードじゃないと支払えない

ってどーいうことよ。VISAはVISAだろーと叫んだところでどうにもなりません。
まぁ、レアものCDがあるような、超ドメスティックなサイトでトルコ・ネットショッピング デビューしようとしているあたしが無謀なのですが(^^;) だって、大手のCD販売サイトはフツウにVISA使えるみたいだもの。しょうがないので、スルタンに相談したところ、VISAマークのついたトルコの大手銀行のクレジットカードらしきものが出てきた(←使ったことない)のでこれを借用。 なのに、、、

「このカードは無効です」

いや、お金は入ってるよ?有効期限内だよ?と思い、知人に相談したら

「あ、トルコのキャッシュ・カードって、全部VISAマーク入ってるのよ。それ、クレジット・カードじゃなくてキャッシュ・カードなんじゃない? トルコのキャッシュカードって有効期限が入ってる もんよ」

どうやらトルコでは、キャッシュ・カードでお店で支払いができる(つまりはデビット・カード機能ってことですね)らしいのです。 クレジット・カードは分割払いを可能にするために使うものらしい、、、 これは知りませんでした。 っていうか、だったらなんでVISAマーク入ってるの?! いや~トルコの常識には未だに驚かされます。。。

しょうがないので再度支払いを「振込み」に変更し、オーダー。 「48時間以内に振込みしてください」というので、口座のある銀行を選択し(違う銀行からとか、現金で振込みは気が遠くなりそうなので)、無人のATMはムリめなので(辞書引きながら手続きしてたら目立つよね)、最寄の銀行に行って、銀行のおねえさんに助けてもらい無事振込み完了。

そうしたら、「注文受けた日」「支払いを受けた日」が驚くほどスムーズにメールで連絡が来たのですが、肝心のお届けは


只今配送手続中



「発送しました」メールがまた来るのかしら。 それともいきなりブツが来るの?
購入時にお届け日を指定できたりする日本のサイトって、実はスゴイことだったのですね、、、

もし届いたら、値段も安くなってるし、送料と手数料の合計もタクシムまで行く電車賃より安いし、ベリーダンス関連のCDってそんなにたくさんお店に置いてないので、また利用しようかな。
もし届かなかったら、、、それは新たな「トルコ修行」になることでしょう。


  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


トルコ秋の味覚 feat. 日本の美味

008.jpg
※うわ~魚は頭が左だそうです。教えてくださったかた、ありがとうございます。

さんまの塩焼き、栗ごはん、梨も好き、、、日本の皆さま、秋の味覚を満喫していらっしゃいますか?生さんまのお刺身を食べに飛んで帰りたいのはやまやまですが、なかなかそうもいきません。。。

ということで、本日はトルコの秋の恵みで日本食です。
普段踊り呆けているので、たまぁにはご馳走を作らないとね♪

・鯛の酒蒸し
・ブロッコリーとトマトをごましょうゆマヨで
・マツタケのお吸い物
・マツタケごはん
・水果(みかん、キウイ、葡萄、、、見ればわかるか)

トルコ秋の味覚ですが、夏は禁漁期間のため、魚類のお値段もびっくりするほど高いのです。
だからイメージ的に魚は秋から冬の味覚。でもね~こんなに海が近いのにナゼなのかわかりませんが、お魚あんまりおいしくないんですよ~イスタンブールって。 それに冬でも日本の感覚からすると高いの。 鶏や野菜がとてもおいしいので、自然とお魚を食べる回数も減ってしまいます。。。

ところが!
この鯛、たまたま寄ったスーパーで1匹1.7リラ(100円強)の特売だったのですよ~
激安!!! さんまみたいな値段じゃない? でもってマツタケさんも、トルコでは「ただのキノコ」なので、大きいの8つで15リラ(1000円強)でした。 ちなみに、最近「しいたけ」が買えるようになりましたが、同じぐらいの値段なんです。。。 

鯛の横にあるのはなぁんと、「かぼす」(たぶん 笑)です。 先日たまたまスーパーで見かけて、「コレ、トルコ人はどうやって食べるんだろ?!」と思いながら買っておいたもの。 くだものは、みかんも日本と同じものがあります(オレンジのほうがゼンゼンおいしいけど)

「秋の味覚膳」、材料費1500円ぐらいでした、いよっ主婦の鑑!(自分で褒めとく)

015.jpg

翌日(今日)は、残りのまつたけで「土瓶のない土瓶蒸し」です、、、
お菜は「鶏手羽と大根の炊き合わせ」、昨日のマツタケごはんにしたので、本日は材料費500円ぐらいかな? 皆さま、あたしのこと、「素敵な奥さん」って呼んでくださいな♪ いや、配膳の基礎も忘れてるぐらいだから、「なんちゃって」か「トルコの素敵な奥さん」にしておきます。。。(^^;)
テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:14


孔雀物語 ~オープニング~

        peacock kol

オープニングは、観客の期待を高めるように。。。




と、言いたいところですが、諸般の事情により(お願い聞かないで)本体がまだ完成しませんでした。。。


<続く>



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:12


初級クラス、、、あなどれません

ネスリン先生のレッスン、前回は夜&週末のクラスしかなかったのですが、今回は平日の昼間のコースも新設されたため、昼間のクラスへ通っています。 昼間のクラスって、なんとなくちょっとぽっちゃりめな有閑マダムばっかり、っていう感じしない?

ということで、復習レッスンということもあって、ちょっとなめて油断しておりました。。。



そしたらとんでものぅございました(汗)
夜のコースは「30代ちょっとリッチなOL」集団だったのですが、昼のコースはすごいバラエティ。

前コマのバレエのレッスンから流れてくるバレリーナちゃん(16歳ぐらい) とか

レッスンの後に「これから教えに行くの~」って言うヨガの先生 とか

もう3年もベリーやってて、空いてる時間にバレエもやってるフランスマダム とか


なんだかレオタード着慣れてるヒトがいっぱいいるの(汗) 今日が6回目のレッスンだったのですが、皆さん教えられたコトがどんどん出来るので、進みがゼンゼン早い。 月曜日に用事でお休みしたら、振り付けはそんなに進んでないんだけど、皆さんちゃんと踊りこんでる。 多分家でちゃんと練習してる。 ええっと~とか振り付けうろ覚えで踊っていたら、数人ずつグループ分けされて踊る時に、


第一グループに呼ばれなかった


これはかなりショックでした。 しかも、次のグループで踊った時に振り付け入ってないから、えらく情けないことに。 実は、あたしそんなにヒドイか?と思い、家に帰ってビデオに撮って見たら


実際ヒドかった。 ほんとに情けなかった。 こりゃ見本にならないわけだ、、、


と、ガツンと目が覚めました。
そうえいば、前回のタームでは、ホントにホントに毎日一生懸命練習してたのに。 今回は復習じゃ~んなんて思ってなめてかかっていたかも、、、ダレてたかも、、、 ああ、300回踊った初々しい(笑)あたしはどこへ。


たびぃ。猛反省


一念発起、もう一度初心に帰って、毎回キチンと復習して、第一グループ復帰を目指します(押忍!)


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


孔雀9人姉妹になる

先日別件でアトリエに顔を出したときに、おやじにこう言われました。

「いや~あのドレスさ、デザインすごい良くない?
 あと7着作る ことにしたよ~」

「ええっ?!?!?! あの色合いとバランスはあたしの著作権じゃーーー!!!」

「まぁほら、硬いこと言わず」(と、トルコ語で言ったかどうかは定かではありませんが)

「あ、あのね」(と話題を変えるおやじ)

「新作のヒップスカーフできたよ。 ほら、たびぃ。のサイズで作っといたからさ」

と、モノでつられてしまう女子なアタクシでございます。
だって、すんごいキレイなヒップスカーフだったんだもん。
030.jpg

写真では「孔雀色」がキレイに出ないのが残念ですが、クリスタル・ビーズを使用していて、振ったり回転したりするとすっごく綺麗です。っていうか、これ、下にシフォンスカートつけたら衣裳としても使えそうなクオリティ。 こんな高級ヒップスカーフ、売れるんでしょうか。。。


さて。
ホントは今日孔雀ちゃんが完成するはずだったのだけれど、、、昨日工房から電話が入りました。

「あのさ、明日来る?」
「うん、そのつもりなんだけど」
「ごめん、来ないで」
「はい?!」
「まだ完成してないんだよ~ ごめ~ん」

実はクラリチェで2着ほど押し込んで、しかも涙が出るほど細かい作業を指定したので(鬼たびぃ。)、本人の分が遅れております、、、
まぁ、あたしは待てるからよいのですが。 ということで、みなさまもしばしお待ちください。

あ、ちなみにおやじとは、「残り8着はトルコと日本には売らない」約束です。
もしかして将来どこかで、姉妹(笑)に出会ったら「それあたしのデザインなのよっ!」って恩着せがましく挨拶することにいたしましょう。



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:9


世界であなたはひとりだけだから

考えが上手くまとまっていないので、ちゃんと表現できるかどうかわからないのですが、、、書き留めておきたいので、メモ代わりに。

***

あるダルブッカ奏者の方のレッスンで、奏法の勉強のためにビデオを撮っていいかと聞いたら、こう言われました。(あ、あたしのレッスンじゃないです。あたしはダルブッカ脱落した、、、^^;)

「もちろんいいけど、それはあくまでも僕の奏法で、ダルブッカ自体も、皮も、奏者の体格も力もすべて違うのだから、参考にならないよ。 正しいポジションは必要、でもそこから先は自分で、「その楽器と自分が出せるベストな音」を探さないとダメだよ」

「でもそしたら集団演奏のときはどうするの?」

「みんな、一人一人が違ってあたりまえじゃない? 誰でも世界で一人しかいないんだから。 各人のベストが集まれば素晴らしい音楽を生み出せるんだ」

***

ラナ先生のレッスンにて。 
昨日は、1.5時間のレッスンで1曲振り付けしました。 なんでも明日から先生WSだそうで、「ちょっとね~踊ったらどんな感じか、時間枠に入るか、予行練習させてもらったわ~」だって(汗) センセイあたしたち、モルモットじゃないですよぉ~!!!

その振り付けの中に、進行方向の腰のダウンをしながら横に進むというのがありました。
あたし、腰のダウンができないのです。 縦の下から上へのfig8になっちゃうの。 で、そこだけ教えてもらったのですが、やっぱりイマイチ、、、で悩んでいたら先生が、

「い~わよ、キレイに見えるんだからそのままでも」

ラナ先生、よっぽどヒドくないと注意しないのです。技術的なコトは指導なさいますが、手はこのぐらいの位置とか、そういう細かい指示はあんまりしない。 見本と違っても、あらそういうのもありね~なんて言ったりするの。最初は手抜きをされてるんじゃないかとか思ったのですが(ゴメンナサイ笑)、そうじゃなくて、実は個性を重視する先生なんだ、、、とふと気がついたのです。


その手の位置で、あなたが一番キレイですか?
そのバランスで伸びたら、あなたが一番しなやかに見えますか?

あ、もちろん手持ちのカードを増やしたいので、いろんな基礎はキチンと身につけたいと思います。(誰か腰のダウンのコツを教えて~!!!)

でも、音楽もダンスも、見本どおりに出きていればいいわけじゃないんですよね。。。(あたりまえでスミマセン) なんとなく「一糸乱れず」みたいなのが「正解」という考えが私のなかにあったのです。群舞だったら、全員手の高さ同じに!ピシっ!みたいな。 でもそれって、実は西洋的な考え方なのかも、、、 もちろん群舞とソロでは違うのだと思いますが、、、


正解は、常に自分の中にしかない。


以上、メモ書きでした。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


ネスリン先生に再会、そしてレッスン再開

上のレベルのクラスがなくなってしまい、途方にくれつつも、ネスリン先生の初級クラスへ。


センセイ、迷ったりしたあたしがバカでした。もう一生ついていきます!


もう半年以上ネスリン先生にはお会いしていなくて、その間にいろいろな方のレッスンやWSを受けてきましたが、やっぱりあたしはネスリン先生のレッスンとダンスが一番好きなんだってしみじみ思いました。。。 もうね、センセイと同じ空間で踊っていられるだけで幸せなの(って、発言ヤバい?笑)

初級クラスなのでやっていることはごく基礎的なことなのですが、その基礎的なことを「見せる/魅せる」技術がとにかくすごい、のがすごい。 肩をまわすだけの動作がなぜあんなにチャーミングなんだろう?!fig8しながら歩いているだけ、なのになんか誘われてるみたいな気分になるのはナゼ?

ラナ先生のレッスンでは、先日も書いたとおり、何にでもレイヤーが入ってくるので、今の私の実力では技術を追いかけるだけで精一杯(そしてヘトヘト笑) もちろんそういう技術も習得したいので充実したレッスンなのですが、イッパイイッパイで大事なことを忘れていたような気がします。


ということで結果オーライ、次回の上のクラス開催を期待しつつ、初級クラスで「ネスリン・マジック」の吸収に励み、ラナ先生のとこでシミーしまくることにいたします。


追伸 : 「孔雀」ちゃんは今週末に取り行きま~す。 請御期待。
      そして、今回の課題曲&ベールの振付が合いそうなので楽しみ♪
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:19


フィーリングって

バルカン音楽のフェスティバルに行ってきました。
ロマのオーケストラもあったのですが、お目当てはYaişar Akpençeというダルブッカ奏者さんが組んだグループ。 彼のダルブッカ演奏をどうしても生で聞いてみたかったのです!
場所はタクシム近くのマチカというところにある小さな遊園地。野外コンサートです。
っていうか、トルコ人てこういう音楽フェスティバルは「踊って楽しむ」ために行くから、イス席なんてありえないの(笑)

遠くから聞こえるダルブッカの音に誘われて会場に到着し、だらだらとリハーサルが続く中、ビール飲みながら待つこと1時間、これからやりますとか案内もなしにいきなり演奏開始、、、それまで、周りの階段やベンチで待っていた人たちも少しずつステージ前へ移動していきました。

まずはチャナッカレ(トルコの一地域)のロマのオーケストラ。 盛り上げるためにトルコ人ならぜったいに知っているロマの曲「ille de Roman Olsun」がはじまると、観客大喜び、当然、踊りだす。
ステップとか、リズムにあってるとかあってないとか、そんなのはどうでもいい。 ただ、聴こえてくる音楽にあわせて踊るだけ。 いいな~こういうの。

続いてお目当てのパーカッション・チーム。
観客が飽きないように、バイオリンやクラリネットが入っていますが、合間にドラム・ソロを入れてきます。 うわ~大音量生ダルブッカ☆☆☆

シミーしちゃうよん♪

周りで見てたヒトは、なんでコイツはぜんぜん違う踊り方してるんだ?!と思ったかも(笑)
さすがにコンサート会場ではドロップキックとかしないだろうフツウ。 でも、あれを聞いたらベリーやってる皆さんはぜったいその場でドラム・ソロやりたくなったはず。

その後もロマ音楽やチフテテッリが続くなか、会場踊りまくる。 そのうち、隣で踊っていたグループに引っ張り込まれて一緒に踊る踊る。 楽しかったよ~☆☆☆

帰り道、同行した友人にこんなことを言われました。

「あれはさ、みんな知ってる曲?」
「ううん、最初のはすごい有名な曲だけど、、、それ以外は知らない」
「じゃあさ、なんで「こっから盛り上がるっ!」って分かるの?」
「???」
「いや、たびぃ。さん、トルコ人とおんなじとこで盛り上がって反応するのに驚いたから」
「ほぉ~」
「いいよね、こういうのは、レッスンに行って教えたり習ったりできるものじゃないから、貴重だよ」

へぇぇぇぇ、、、、それは自分で気がつかなかった!!!
それは、そういう音楽を聴きなれているからでしょうか、、、サビがくるぞっ!みたいなのは自然と感じるのです。

よく「本場で培ったフィーリング」とかプロフィールに書いてありますけど、それってどんなん?って思っておりましたが、、、そうか~こういうのなのかぁ~と、逆にちょっとびっくり。



ああ、これでテクニックさえあれば、今頃あたしは、、、(遠い目)



楽しいフェスでしたが、これのために来るっていう程ではないかも、、、盛り上がり度は5月のフェスタのほうがゼンゼン上でした。 ああ、春が待ち遠しい。









テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


Krispy Kreme がイスタンブールに!!!

Krispy.jpg

なぁあああんと、イスタンブルにKrispy Kreme Doughnuts ができました!!!


いや~~ん、おいしい~~♪♪♪


トルコのお菓子って、バクラヴァに代表されるようにものすご~く甘~いお菓子がほとんどで、西洋風のケーキも、どんだけ砂糖入れたのさ?っていうのが多いのです。。。
いえ、あたしもバクラヴァ好きですよ、でもチャイと一緒にひとかけぐらいが精一杯。

でもやっぱりおいしいお菓子は食べたいのです。。。

そしてクリスピークリームのドーナッツ!!!!
出店情報をききつけたおいしいもの好きの友人が、さっそく行ってあたしの分も買ってきてくれました


お菓子食べて、ちょっとウルってしちゃったのは、生まれてはじめての経験です。


トルコ在住の方、 お店はバーダット ジャッデシのマークス&スペンサーとDIVANの間ぐらいだそうです。 http://www.krispykreme.com.tr
潰れないように(笑)、ぜひみなさまおいでください♪♪(といいながら、平日も込んでたそうですので、暫くの間は、「えぇっ?!潰れちゃったのっ?!」は、なさそう)
テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:5

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2009 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31