トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



ケララ旅行記 ~最終回~

今回宿泊した2つめのホテル、TAJというインドでは大きなホテルチェーンのリゾートでした。
プライベート・ビーチを含む広大な敷地に、コテージが59棟しかないので、サービス満点、注目度バツグン。

・・・って言うか。
やっちまったんです、あたくし。

到着初日に、前泊が船の中+ドライブ数時間で結構疲れていたところへ、ジャグジー+サウナに入り、すきっ腹にクククイっとピニャ・コラーダをバーで飲んでからレストランへ行ったら、、、

う、クラクラする。

ちょ、ちょっとトイレへ、、、

と、立ち上がりちょっと歩いたら、すんごい具合悪い。 「スルターン、ぐ、具合悪い」と言ったきり、


ブラックアウト


・・・気がついたときには(一瞬だったらしいのですが)、ウェイター、ウェイトレスのおにーさんおねーさん、コック長のおじさんまで出てきちゃって、囲まれていました。

とりあえずもう注文しちゃったお料理を、「大変申し訳ないが、部屋へ届けてほしい」とお願いし、コテージへ帰る道すがら、果たしてこのホテルどういうシステムになってるのか、通りすがり順に

スパから人がでてきて 「大丈夫ですか? お水持ってきますか?」
フロントで 「大丈夫ですか、お医者さん呼ばなくていいですか?」
ガードマンが 「大丈夫ですか?お部屋までお送りしますか?」


全員トランシーバ持ってるのか?


翌朝はありとあらゆるホテルスタッフに「マダム、もう顔色いいようですが、大丈夫ですか?」と声をかけられるしまつ。以降4日間の滞在中、どこへ行っても部屋番号を聞かれることはありませんでした。。。



hotel.jpg
コテージへの小道。 リスとテン(?)を見かけました

pool.jpg
プールサイド。 暑過ぎてとても日向にはいられません、、、

lobby.jpg
ロビーにて。 ラブリ~

119.jpg
ビーチ側からホテル建物を臨む。 どんだけ広いんでしょ


長い旅行記になりましたが(だって楽しかったんだもん♪)これで最終回。
ビニールシートの掘っ立て小屋のスラム街も、信号で止まると寄って来るストリート・チルドレンもいない、美しく豊かな南インドのリゾート旅行でした。 これがぐちゃぐちゃインドの姿だと思っちゃだめよぉ(笑)



ラストは今回の旅行のベストショット1枚で締めくくりたいと思います。

sunset2.jpg


 


テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:3


タブラを買いに

到着した2つ目のホテル(の、話をまだしていないが)のコンシェルジュに相談。

「あの~タブラ買いたいんですけど」

「ええっと、このタブラですか?(おにーさん手で叩くマネ)」

「そう、そのタブラです!(あたしも叩くマネ)」


あんたソレどーすんの?! と、おにーさんの顔に書いてありましたが、「調べてみますので、少々時間をください」とのこと。 そして、楽器屋さんを調べてくれました。

ホテルのパッケージを利用して宿泊したのですが、なんでもそのパッケージには「半日市内観光」が含まれているとかで、その市内観光のついでに、楽器屋さんにも寄ってもらえることに。

ドライバーさんが一生懸命探してくれ、やっと見つけた楽器屋さん! バイオリンやシタールに囲まれて、

あった!あった! タブラ!

139.jpg
楽器屋のおっちゃん。 ちゃんとタブラのチューニングもしてくれました♪

144.jpg
♪フルセット♪


楽器屋さんで、教則本やDVDも売っていたので、ついで買い。
もっとついでにCD屋さんで、CDも買い込んで来ました。




ところが、大騒ぎして買って運んできた、タブラちゃん。


イスタンブールの気候がキライみたい。。。


やはり、湿度や気圧が違うのでしょうか、旅行から戻ってすぐは、なんだかかさかさしたヘンな音!
インドから無理矢理連れてこられて約一週間、なんだかやっと落ち着いてきたような、、、(最近雨多いし) 
以前から、皮張りのダルブッカを「息しているからね」って太鼓屋さんが言うのを聞いてふぅん。。。って思っていたのですが、ほんとにそうでした、、、ちょっとビックリした。 

でもなんかちょっと違うよナァ、、、と、友人の友人でタブラ奏者を探し出したので、近いうちにチューニングしてもらえることになりました。

叩けるようになるかしら。
(「ふふふ、いらないなら引き取りますよぉ~♪」って言われないようにガンバリマス☆)


ダメならEminに行って何かと物々交換してもらおう。




テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:7


マラカイト(孔雀石)

262.jpg

ブログリンクしていただいているラーダ・ドゥーナさん、アクセサリ作家さんでエキゾチックで素敵な作品をブログで紹介していらっしゃいます。
最新記事を読んでいたら、、、

おお!この石!
インドで買いました!
マラカイトって言うんだ~

パワーストーンに詳しくないのでどんな石だか効能だかも知らずに、ふらっと入ったホテルのショップで


ヒトメボレ


おそろいの指輪は、実は2つめのホテルのショップでぽつんと売られていたのを見つけてしまい、あまりにもおそろいだったので、「これはセットにするしかないんじゃ」とショップのお兄さんもスルタンもあたしも満場一致で即決、お買い上げ。 偶然ってフシギ。

不思議といえば、パワーストーンって、「XXだからコレを身につけよう」とは別に思いませんが、ビビビとくるものは、不思議とその効能を必要としている時期、、、な気がします。

これもまたひとつのシンクロ、なのかな?



テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


旅行の楽しみ「お買い物」

今回インドでぜったい買おうと思っていたのがコレ。

001.jpg

そう、アイライナーです。どっちも100ルピー(200円)ぐらいでした。
するするっと書けてすごくいいんだけど、涙目ぎみなあたしは滲んじゃう~(涙)下まぶたは無理っぽい。

しょうがないので、帰りにドバイの空港でこっちも買いました。

MAC.jpg
ひょっとしたら、アラブ仕様? 隈取3点セット

Bindi.jpg
ビンディーいろいろ

udewa.jpg
じゃらじゃら腕輪いろいろ これは衣裳に合わせて使えるかな

腕輪はこれ以外にもにせダイヤなやつを数本買って、全部で600円ぐらいでした、、、たまらん。


街一番の大きいデパートでは、衣料品、日用品、家電、食品もあって、大賑わい。
衣料品のフロアは、街中の服屋さんよりも、ちょっとシャレたものがある感じでした。インドの服って、ほんっとに色がキレイで、キラキラで、それを日常着として着ているのだから、うらやましい。。。
ついつい、目がくらんで3着お買い上げ。我ながら、コレどーすんのかわかんない(笑)

142.jpg
デパートでは、買ったものを袋に入れて、口を縛ってからくれます。万引き防止だよね。。。

ほんとはキラキラアクセとかも欲しかったのですが、田舎のせいかデザインいまいち。
やっぱりファッション系はムンバイが一番充実しています!
次回はムンバイ経由便にしよう、、、
テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


ハウスボートで河下り

今回の旅行、「インド行きたい!でもどうせなら行ったことのないとこ、、、ケララ!」と思い立ったものの、はたしてどこへ行ったらいいものやら、、、で、昔の同僚だったインド人がケララ出身であることを思い立ち、連絡を取ってインドの旅行代理店を紹介してもらおうと思ったら、もちろん代理店を紹介してくれただけでなく、旅程まで立ててくれたのでした。超ラッキー♪

その彼が「ゼッタイに経験するべき」と言ったのがこのハウスボートの河下り。
バックウォーター地域から、河を南下して海岸リゾートのKovalamという地域まで、のぉんびりと一泊二日で河下りというプランです。

5日目の朝、ホテルの船着場にハウスボートがお迎えに来てくれ、ジャスミンの花のレイとココナツ・ジュース(ウェルカムドリンクはいっつもコレ)でもてなされて早速出奔。
ボートは、リビングルームとバスルーム付きのベットルーム、そしてキッチンがあり、船長さん、サービス係、コックさんの3人が面倒を見てくれます。

075.jpg

074.jpg

079.jpg


ゆったりと流れる景色は、ココナツの畑や水田地域。
川沿いで生活する人々の暮らしぶりをながめたり、

088.jpg

コックさんのお料理は、ホテルのお料理とは違って素朴なおうちごはんぽくておいしかったです。
キャベツのあえものがおいしかったので、作り方教えてもらいました。(ザンネンながら、タイプど外れなおっちゃんだったけど)

085.jpg

てっきり夜も運行するのかと思いきや、夕方あたりが暗くなってくると、岸辺に停泊し、翌朝8時過ぎに再出奔。
わざわざボートに泊まらなくてもいいんじゃ、、、?な気もしましたが、ま、観光名物ということでよしとしましょう。

さて、お迎えのドライバーさんに聞くと、ホテルのあるリゾート地域までは3~4時間のドライブ。
で、そのリゾート地域の様子もわからないので、車に乗り込むやいなや、

あの、スーパー行きたいんですけど、寄ってくれます?

外国旅行の楽しみといえば、やっぱりスーパーでしょう。その街の人の暮らし(まぁ、中後進国では、アッパーミドルクラスの、でしょうが)が垣間見られて、楽しいんだもん。

街中を通りがかった際に大きなスーパーに寄ってくれ、いろいろと買い込みました。
ところがですね~、欲しかったものがないのですよ。 それはビンディ。

ビンディ買いたいんですけど~

と再度ドライバーさんにお願いすると、ものすごくフシギな顔をされましたが、ケータイで(たぶん)奥さんに確認してくれたらしく、途中で街中の雑貨屋さんに寄ってくれました。調子にのって

あの~タブラも買いたいんだけど、売ってるとこ知ってる?

だって、初めて行くところだから、どこで何を売っているかわからないし、リゾート地域に入っちゃったら、またまたお店なんてぜんぜんないとこかもしれないじゃない~!! チャンスは逃すな、よ(笑)

何軒かおみやげモノ屋さんなどを当たってくれたのですがダメ。 途中で街らしいところでは目を皿のようにして探すも、楽器屋さんが幹線道路にあるわけないわよね、、、ということでホテルできいてみましょ、ということでとりあえずは宿題ということで。

ということで、予定時間をけっこうオーバーして(ちゃんとチップ多めに払いました!w)、ホテルに到着~

あ、お買い物の成果は明日まとめてお見せします、お楽しみに♪♪♪
テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:5


やっぱアーユルベーダよね

ayurveda.jpg
ホテルのサイトからお借りしました。

アーユルベーダと言えばケララ、ケララといえばアーユルベーダ、、、せっかく本場に来ているのですから、これはゼッタイやらねば! ということで、機内1泊後の到着したその日にさっそく行きました。

湖からわたる風が気持いい、「スパ」じゃなくて「治療所」な雰囲気。お値段も、スクラブ・マッサージ・スチームと約2時間で、5000円ぐらい。 「約」なのは、治療なので、状態によって所要時間が変わるから、だそうです。

アーユルベーダ医の問診と血圧測定のあと、個室へ連れていかれまして、「はぁい、全部脱いでください~」と、スパにある紙パンツみたいなのはもちろんなくて、すっぽんぽんに布1枚巻いて治療開始です。 

まずは木の腰掛で肩~首のマッサージ。もうこの時点で気持よくなって船をこぎはじめ、何度も転げ落ちそうになっちゃいました。 で、しばらくしてからやっと木のマッサージ台に移動し、なにやらガラムマサラくさいものでスクラブ。 そのまま、おいそりゃごま油じゃっていうものでマッサージ。

たびぃ。の天ぷら カレー風味

とかくだらないことを考えているうちに、またまた夢の中へ、、、



で、ふと気がつくと

おねーさんの手が4本に増えていた


・・・わけはなくて、寝ているうちに2人マッサージになっていました(なんか寝てて損した気分www)こんなの日本のスパでやったら高いだろうな~とか思いながら、またうとうと(極楽)。

この後、スチームがあり、こんどはツブツブ感の強いスクラブでごしごしされ、髪の毛も洗ってもらって終了でした。


なんともナチュラルで、都会のしゃれたスパの雰囲気とはぜんぜん違いますが、マッサージ自体はやっぱり上手。
ちなみに、2つめのホテルにあったのは完全なる「ホテルのスパ」で、それはそれで超ゴージャス気分を味わえて素敵でした。


・・・ゴチになっておいて言うのなんなんですけどね。
あたし、昔は超スパ・フリークだったのですが(アジアの主なスパは制覇したと思う)、ベリーダンスをはじめてから、肩こり・腰痛のトラブルがなくなって、あんまりマッサージ必要じゃないんですよね、、、
やっぱり、自分で身体を動かして、汗をかいて、、、っていうのがイチバン身体にいい気がします。
ということで、ベリーダンス万歳!(と、無理矢理ベリーブログであることを強調して今日はおしまい♪)
テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


踊る(えせ)インドマダム

ホテルのレストランでは、伝統舞踊や伝統音楽の演奏などのショーをやっていました。

014.jpg

上は、ケララ州の伝統舞踊だと思うのですが、面白かったのは、踊り手(男性)も太鼓奏者も両方が順番に歌うの!伝統舞踊に詳しいわけではありませんが、歌いながら、しかも奏者と掛け合いで歌いながらのダンスって初めて見た!!!

そしてこの踊り手、なんていうか、、、なんとも中性的。男性らしい力強いステップが入ったり、女性らしい「しな」を作ってみたり、いきなり「サル」になって、マイムで木の実をとって観客に投げたり。 木の実を投げられたので、投げ返したら、取って食べた!(笑)

驚いたのが、

眉毛のアンジュレーション

左から右へ、ウェーブしていくの!!! どーやってるの?!?!

ほっぺたのシミーも!

ほっぺが、細か~くシミーするんです。 いや~すごいもん見ちゃった。 ダンス全体の構成は伝統芸能からは少しずれたホテルのエンターテイメントなんだと思いますが、とても楽しませていただきました。


040.jpg

こちらは別の夜の、伝統音楽の演奏。

別のレストランで食事を済ませ、通りがかったらやっていたので、スタッフに声をかけると、かぶりつきに椅子を用意してくれました。

しばらく見ていると、スルタンがとんでもないことを言い出した。



あのさ、ちょっと踊ってみなよ。 喜ぶよ。


。。。をい! なんでエンターテイナーをエンターテインしなくちゃいけないんだと固辞すると、テキはいたいところをついてきた。


踊ったら、タブラ買って運んであげる


、、、うう、、、「買う」はどうにかなっても、「運ぶ」は一人じゃどうにもならない、、、

であたくし、欲に目がくらんで


ちょっとだけ


なんせ、その日はちゃんとディナーだったので盛装(インド服にビンディーつけてましたが、何か?)していたので、


インド服で踊るナゾのアジアマダム


スタッフ大喜び。なんせこのホテル、滞在客数が7,80人でしかもほとんどがイギリス人老カップルなので、それでなくてもアジア人のゲストは目立つのに~☆  しかも、スタッフも小規模で回しているらしく、翌日プールサイドでジュースを頼んだらウェイターさんに

マダム、昨日のダンス素敵でした

と声をかけられる始末、、、しかもマダム毎日ロビーで太鼓の練習しているし(笑)

残り2日間、必要以上のスタッフの笑顔と親切を堪能いたしましたとさ、、、
テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


インドカレーはお好き?

みなさん、辛いものはお好きですか?

あたし、辛いの大丈夫なんです。そしてケララのある南インドはインドでも辛めな地域なので、期待して行ったのですが、、、ゲストのほとんどがイギリス人なリゾートホテルは、ゼンゼンだめ。辛くないの!

Buffe.jpg
初日のビュッフェ。
手前のボールは、ダールという豆の煮込み、奥は大好きなパラック・パニール
鮮やかなグリーンは、ほうれん草のソースで、チーズ入りです。激ウマ♪

初日はビュッフェにしたのですが、

あまりにも辛くなさすぎて物足りない

ということで、翌日からはア・ラ・カルトのレストランで、なんでもかんでも

ちゃんと、地元らしく辛くして!

と特注することに。

Lagoon Dinner
アラカルトのレストランはシーフードが売り物。
海老のスパイス炒めをバナナの葉で蒸して(これほんとおいしかった♪)


ホテルのかんたんクッキング・レッスン(試食・レシピ付き♪)にも参加してみました。

cooking lesson
講師のコックさんが、ど真ん中好みのタイプで、レシピよりコックさんお持ち帰りしたかったです。

Banana Curry
バナナ・カレーって?!?!って思ったけど、意外とおいしかった

他にも海老・カレーなどを教わり、もともとインド料理好きもあって、旅行中に買い込んだスパイス類は、、、
spice.jpg

すごいことに。
この夏、本場のインドカレーを食べたいかた、イスタンブールまでおいでませ。








テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


太鼓センセイ -インドタブラのレッスンー

到着翌朝、遅めの朝食後にロビーを通りかかると、インドタブラを叩いているおじいさんが。

みなさん、インドタブラってご存知ですか?
インドの太鼓なのですが、トルコのダルブッカでモダン・スタイルと言われるスプリットフィンガー奏法(指をバラバラに使い、いろいろな音を出します)は、インドのタブラ奏法に強く影響されている、、、と聞いていたので、私も興味深々!

じーっと見る。

見続ける。

ガン見(笑)


そしたらおじいさんが、「・・・やってみる?」と声をかけてくれました。

「はい!」

叩く。

・・・・音出ないし。

でも、あきらめない。

おじいさんが反対側から見本を見せてくれます。

ひたすら叩く。出ない。あ、ちょっと音出てきたかも。


どうやら、ホテルの余興として、「試しにちょっと叩いてみる?」をやっているらしいのです。
で、フツーのゲストは、数回やって音がでないとあはは、ってやめちゃうらしい(普通はそうだろう)

あまりにも真剣に音を出そうとしているあたしを見て、センセイは(ここからおじいさん、でなくてセンセイになりますw)はフロントから紙を1枚持ってきて、書いてくれました。

NA DIN GA GEA

わかりやすく言うと、これがダルブッカならいわゆるDum T Kなんですね。
センセイは、NA DIN(は右側の太鼓)とGA GEA(左側の大きい太鼓)の音の出し方を教えてくれました。

叩く、叩く、ひたすら叩く
汗がしたたる

・・・あたし、リゾートに何しに来たんだろ、と思いながら、実はインドタブラ、今回の旅行の密かなテーマだったので、すごくラッキー♪♪

なんですが、ダルブッカに比較したら(ダルブッカ奏者のみなさまゴメンナサイ)、半端なく音が出ない!!!

「パワー、パワー」とセンセイに何度も何度も注意されながら(この時点でセンセイもリゾートのお遊びであることを忘れている)、センセイの手拍子に合わせて練習すること小一時間。さすがに疲れてギブアップ。

「キミ、何日ここに滞在するの?」

「4日間です」

「じゃ、毎日来なさいね。教えてあげます」

ええ、毎日通いました~(ヘン?あたし笑) 
翌日、ツメを切ってきたあたしの本気度を見たセンセイにも火がついたらしく、、、(っていうか、センセイにもいい暇つぶし? だって、ゲストお迎えの太鼓か笛しかおシゴトなさそうだもん)

あるリズムができるようになると次のリズムへステップ・アップ。
ちょっと音が出るようになってくると、センセイも「グット・サウンド」と声をかけてくれます。そして手拍子のリズムが早くなり、本来の高速リズムまで、、、は届かないが(笑)
合計6つのリズムパターンを習ったところで時間切れ。。。。ううう、ザンネン。

tabla lesson
ロビーの片隅で毎日レッスン。
通りすがりのゲストがフシギそうに見ていきます、、、


これだけ練習したら、、、


これは買うしかないだろう


いそいそと毎日レッスンに通うあたしを半ば呆れて見ていたスルタンも、レッスン後にもリズムの練習をしているのを見て「コイツ本気で買うらしい」と悟ったようです、どのくらい重いモノか、確認していた(笑)
こうして、今回の「お土産リスト」のトップに、インドタブラが加わったのでした。



テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:1
  3. / comment:9


「神の国」インド・ケララ州へ

さてさてインド・ケララ州旅行記のはじまりです。

夕方イスタンブールを出発し、ドバイでエミレーツ航空を乗り継いで、いざインドはケララ州COCHINへ。
そう、ドバイ乗継で思い出すのは、永くこのブログにお付き合いくださっている方はご記憶のとおり、「優雅なケニア・サファリの休日」を「着たきりすずめ サバイバル・ツアー」に一瞬で塗り替えたロスト・ラゲージの恐怖(を、知りたい方は、「ケニア旅行記」を後で読んでね♪笑)万一の場合に備えて、使い捨てコンタクト、化粧品、下着や寝巻きを手荷物に入れて出発です。

真夜中の乗継では、エミレーツの地上職員が待機していて乗継ゲートまで案内してくれ、非常にスムーズ。まぁ、巨大なドバイ空港で迷子になられて探し回るよりはラク、なんだと思いますが。今回は荷物もちゃんと一緒に到着し、エミレーツ航空の信用回復しました(笑)

翌朝着いたCOCHINで驚いたこと。

空港に物乞いがいない!

以前行ったことのあるデリーやムンバイ、チェンナイなどでは、空港に到着してまず驚くのは、お迎えの人込といきなりの物乞い攻撃。 それがまったくないCOCHIN、、、ケララ州が識字率100%、インド一豊かな州と言われるのを実感しました。

さっそくお迎えの車で今回最初に滞在するKUMARAKOMにあるバックウォーター(水郷)にあるリゾートへ。
道も整備されていて、道端に物乞いやスラムみたいな地域もなく、ホントに豊かな地域なんだと実感しながら約2時間、、、到着したのは船着場! 水郷地帯のため、車で行けるのはここまでだそうです。

way to hotel
ホテルのボートがお迎えに

on the way to the hotel
こんな風景を見ながら約20分ほど。
家の前に川に向かって階段があり、洗濯したり沐浴したり、食事の支度をしたり、、、

welcome.jpg
太鼓とお花の歓迎♪

宿泊したのは、アーユルベーダ・センターもある、エコ・ナチュラルなコテージ。
敷地内を歩くだけでも、お散歩気分です♪

garden.jpg

cotage.jpg

bedroom.jpg
お部屋はこんなナチュラルな雰囲気

木のドアを開けたら、、、あらら
open bathroom
オープン・エアーなバスルームでした。

open toilet
かなぁりお気に入りな場所。開放感アリアリでしょw

ものすごく辺鄙な場所で、ちょっと街までお買い物なんてこともできず、することといえば「のぉんびりお昼寝」「アーユルベーダ三昧」のはずでしたが、(皆さまご期待のとおり)あたしがおとなしくしているわけもなく、、、

出会ってしまいましたの♪


誰に? ふふふそれは次回のお楽しみ♪


テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:5


ただいま!

ただいま~☆

昨晩無事に、9泊10日インド・ケララ州から帰宅しました。
旅行中にイスタンブールはすっかり春に、、、気分一新でテンプレートも変えてみました。

・・・このテンプレート。
どうみてもナザール・ボンジュウに見えるのはあたしだけではないはず。。。すごいインパクトじゃない?この春・夏はこれでいってみたいと思います。

さて肝心の旅行記(って、これベリーダンスのブログのはずだからスレ違い?w)ですが、只今写真の整理中なのでぼちぼちアップしていきますね♪

もうね、すんごく楽しかった

からながぁい旅行記になると思いますので、ベリーダンスねたをご期待の皆さまはしばらくつまんないかも(笑)

ではちょっと旅行記の予告編。。。

・森と湖のリゾート
・太鼓センセイと私の4日間
・ケララといえば、アーユルベーダ
・インド衣裳で即興ダンス
・ハウスボートでリバークルーズ
・お買い物三昧、、、上から下までインドマダムたびぃ。
・やっぱり買っちゃいました、アレ
・インド料理、あれこれ(うますぎ)

お楽しみに~♪
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


ベリー☆ベリー☆インディア!

明日から旅行に出ます。 行く先は、、、

インディア!

kerala-map.gif

インド最南部にあるケララ州という、アーユルヴェーダの本場へ! 久しぶりのインドなので嬉しい。。。
 
行き先選定の際に、「イスタンブールから直行か1回乗継で行けるところ」「海岸リゾート」「ごはんがおいしい」「スパ充実」ということで選んでみました。インドは以前シゴトで大都会には何度か行ったことがあるのですが、リゾートは初めてなので、わくわく。あたしは旅行というと、観光よりも地元のヒトに混じって市場ウロウロとか、ジモティーなレストランでごはんたべるとかが好きなので、地方がどんなか楽しみです。
(あ、肝炎・破傷風・インフルエンザ、ついでに黄熱病、、、はアフリカか、までワクチン接種済だし、お腹は丈夫なので基本へーきですが、体調と衛生管理はちゃんとします!)

おいしいものを食べて(インド料理大好き~)、お買い物して(やっぱインドといえばキラキラアクセサリーを買わなくっちゃ!)、のぉんびりしてきます。あとは、インド舞踊やインドタブラの演奏も見るチャンスがあるといいなぁ。。。

スルタンがPC持って行くそうなので、チャンスがあったら経過報告しますね~☆
帰ってきたらゆっくり旅行記書きますので、お楽しみに。


行ってきまーす♪
テーマ : 海外情報    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行
  2. / trackback:0
  3. / comment:12


ダルブッカ

dhavir_doumbek_TB.gif

このブログを読んでくださるベリーなみなさんは、おなじみのダルブッカ。 トルコなみなさん(笑)も、もちろんご存知ですよね。。。TVで音楽番組見れば、必ず見かけるもんね。

で、この楽器。ダイスキです
もう2年ぐらい前に買ったのですが、いっこうに振り向いてもらえず(笑)、片思いですが。

・・・が!

その片思いを解消してくれそうなDVDが発売になりましたので、ご紹介したいと思います。
DVDを協賛しているEmin PercussionのEmin兄さんとご縁があってお友達で、、、ガラタの音楽街でこの、「Emin兄さんの友達」っていうのは、水戸黄門様のご紋みたいなもので、安心してあのへんフラフラできます。なので、日頃お世話になっている恩返し(大げさ)


で、本題のDVDです。


Arabic Percussion with Faisal Zedan:
Derbakki Fundamentals

dvd-cover_2-175x250.jpg


<内容>
収録時間=120分
ダルブッカの持ち方/ポジションからはじまり、Dum,Tek,Kaの音の出し方、TekとKaのバリエーション、サイーディやマクスームなどの基礎的なアラブリズムはもちろん、合計27のアラブリズムやロールの入れ方などのさまざまなバリエーションをを網羅し、手元のクローズアップやスローモーションを駆使して、英語版とはいえ、非常にわかりやすい内容になっています。(英語もカタカナ英語でわかりやすい♪)

さらには、ベリーダンスのためのドラムソロや、即興のコツなどもカバーされ、ダルブッカ初心者の方はもちろん、中・上級者の方にもお楽しみいただけます。

もちろんベリーダンサーにも! リズム名とかちゃんと覚えていると、WSの時とか、ノート取るのラクだよね。
生ドラムソロとかやるときも、奏者の方とコミュニケーションしやすい!

とにかくわかりやすいので、オススメです。 で、ダルブッカもやってみたくなること請け合い♪♪
ちなみに仲間ウチではない一般のお客様からも「これいい!」のコメントをいただいているので、単なる手前ミソではないと思います~☆
実はですね、、、このDVDと日本滞在中のライブやドラムソロでやけぼっくいに火をつけたいキモチが高まってきちゃいまして、ツメ切りました、アタクシ、、、。そして、ぽつぽつDVD見ながら叩いてみたら、アラ、音でるかも?! そのぐらい良くできてるDVDです。オススメ☆☆☆



どんなか見たい? はいどうぞ!




<オーダー情報>
金額 : 45US$ 
(日本までは、メール便代4.2US$が別途かかります。お急ぎ便、その他国はオーダーサイトを参照ください)

オーダーはこちらのサイトから↓
http://www.dhavir.com/cds-and-dvds/


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:13


ハ~リカなお土産いただきました☆

みてみて~♪

harika.jpg

お友達の umiちゃんに、エジプト土産にヒップスカーフいただいちゃいました!!!

じつはコレ、あたしにとって

初エジプトもの

あたりまえだが、Made in Egypt はトルコでは売っていません、、、


明るい空とか海とかを連想させるような、とってもキレイな色なの~ (すごいお気に入り♪)

イスタンブールもまだまだ寒い日が続いていますが、もうすぐ春!そしたら夏!
っていうことで、この春夏シーズンにヘビロテさせていただきたいと思います。 umiちゃんありがとう
5月に、トルコ南部の海外リゾートで、JillinaとAiziaの合宿に参加するので、その時に持っていく~♪♪

ちなみに、 umiちゃんは、harika(ハリカ)っていうベリーグッズのWEBショップの店長さんでして。
トウゼン選択眼はすばらしい。 あ、harikaってトルコ語で、「素晴らしい!」っていう褒めコトバです。

harika のサイトはこちら♪

これから、今回の買い付けで仕入れた新作がアップロードされるそうですので、みなさんぜひ覗いてみてくださいね☆


余談ですが、衣裳屋のおやじに見せると見本に取られそうなので、ナイショにしとくぞ、と。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


いよいよLevel3

ただいま!、、、って言い忘れてたけど、ただいまです。
木曜日の夜中に帰宅し、時差ぼけでぐずぐずしながら家事をしたりして二日間を過ごしておりました、、、、そして


今日からいよいよLevel3のレッスンへ♪


レッスン自体は既に2月下旬から始まっていて、全部で15人ぐらいだそうです。
ほぼ全員がLevel2からの持ち上がりで、しかも「あ、このヒト上手」って思ってた方や、プロのダンサーさんばっかりが残ったみたい。多分最後まで脱落することなく行くんだろうな、、、っていうメンツです。

あらでも、後ろにいるヒトは知らない、、、ん?でもどっかで見たことあるよ?と思ったら


GARで踊ってる Gülnihalさん 
(お休み時間に声かけてみた)
さすがになんで今さらグループ・レッスン?とは聞けなかった。。。もしかしたら、教えることを習いにきたのかも?


お連れの方もGARのダンサーさんだそうで、そもそもクラスにも、Al Jamalで踊ってるダンサーさんや、民族舞踊のダンサーさんがいるので、


ふと気がつくと、いつのまにやらプロ・クラス?(笑) 
Level2では、おばちゃんたちが「み~ぎ、ひだり、、、」とかやってたのに、なんだこの差は(^^;)


振付も数回のレッスンで既にLevel2でやった分量ぐらい進んでいて、びっくり!!!
振付自体も、そのレベルで習うテクニックを並べましたという感じではなく、そのままパフォーマンスに使えそうな感じの構成です。


なんとなく、いよいよきたわね~ っていう感じ。 がんばるぞー☆
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


小さな孔雀で初パフォーマンス

幻の孔雀の発表会からほぼ1ヶ月。
実は日本で、プチなパフォーマンスをしました。


生ドラムソロ


場所は、高円寺にあるぱちか村という、パーカッションが楽しいアフリカンテイストなカフェ。
小さなお店ですが、アフリカの太陽みたいにあったかい感じの村長さんと、ヘルシーでおいしいお料理が迎えてくれる、素敵な場所です。

こんなにね、知らないお客同士でも気軽におしゃべりして楽しく過ごせる場所をあたしは他に知らない!っていうぐらい、あったかい雰囲気の場所ですよん♪ 帰国のたびに顔出してますが、「ただいまぁ」って言いたくなるの。みなさんも、お近くだったら是非是非行ってみてくださいな。

そしてここのカフェではいろいろなイベントが催されてます。アフリカ系のパーカッションやダンスものはもちろん、最近はタブラクワイエサさんのイベントなどもあって、「だってエジプトはアフリカじゃん?」、、、かどうかはわかりませんが(笑)、ダルブッカやベリーダンスのイベントも増えてきているみたいです。

ここで、毎月第一月曜日20:00~21:30に、「わいわいダルブッカ」 (っていうものすごーーーくベタなネーミングの)ダルブッカ愛好者の集い をやっています。 予約なしでふらっと立ち寄れるので、ダルブッカやる方で、お仲間が欲しい方や誰かとセッションしてみたいなんて方は、ぜひぜひ顔を出してみてください。きっと温かく仲間に入れてもらえると思います♪(常連さんはだいたいお友達なので、このブログ見てって声かけてね~☆)


で、その「わいわいダルブッカ」、友人がファシリテーターをしていることもあり、集いの余興として、ちゃっかり踊らせてもらったのです。日本に帰国しちゃってから「やろっか」っていうことになったので、衣裳ないし(孔雀色のヒップスカーフとベールしかない)、さすがに「即興」はムリすぎるので、打ち合わせして、音あわせして、ちょいと練習しただけだったので、とてもとてもパフォーマンスというほどの出来にはならなかったのですが、ごく数人のお友達に囲まれて、あたたかい雰囲気の中で踊れて、幸せでした。

よく、「楽しんで」と言いますが、あたしが最後に人前で踊ったのは「競技ダンス」で「人と競う、順位がつく」というものだったので、「人前で楽しんで踊る」というイメージが実感できなかったんだけど、、、


あっという間で、なんか踊ってるときの記憶はあんまりないのですが、楽しかった気がする、、、よ?
ダルブッカ奏者に「本番が一番よかった」とお世辞を言ってもらえたので(笑)、とりあえず合格ということにしましょう!


いきなり大舞台で衣裳で、、、という、逃した孔雀は大きいですが、踊るのってやっぱり楽しいな、しかも、お仲間が叩いてくれる太鼓で踊れるってほんとに素敵って思えたこのプチ・パフォーマンスは、今のあたしにはふさわしかったのかもと思うのです。

で、これに味をしめたアタクシは、次回の帰国には衣裳持込で、もうちょっとちゃんと踊りたいし、もしできるなら、このブログでアナウンスして、プチ・ハフラみたいにできたら楽しいなぁなんて、夢が広がっています。


夢は強く願うと叶うと信じて


たまたま居合わせた見知らぬお客さんに、「いや~ 今日はいいもん見せてもらいました」って言っていただけたのはうれしいおまけでした♪


追伸)写真、、、載せたくてもないんだこれが。
   みんな動画撮ってくれてて、踊ってる写真がないのです。ザンネン。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. パフォーマンス 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:10

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2010 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -