トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


ベールのサイズ?

ワークショップで習ったベールの2曲を復習中なのですが、、、 スルタンいわく

「あの~ ダンスじゃなくて布見てるみたいなんだけど。。。 長くない?」


・・・ええ、あたしもそう思いマス


トルコで売っている標準のシルクベールは、120cmx270cmぐらいで、最初にベールを買ったときに友人に相談したら「シルクベールはそんなもんじゃない?」って言われたのですが、どーにもこーにも長いのでおやじに長さを詰めてもらい、120cmx255cmぐらいで使っているのですが、、、156cmのあたしにはまだ大きい?


ワークショップでAZIZAが「最適なベールのサイズ」について説明していたのは、

長さは、腕をまっすぐのばしてベールをかけて、膝下以下、足首以上

幅は、おなじく腕にかけて、余りすぎないこと


と、言いながら、彼女がパフォーマンスで使っていたシルク・ベール、結構小さめだったような気がするんですよね、、、彼女がVeilのDVDで使用しているの(は、ポリのシフォンぽいけど)も、小さめだった、、、
アメリカン・オリエンタルって、ベール小さめかしら???

そしてこのあいだ、友達が「思い切って縦10cm横10cm詰めました!」っていうのを貸してもらって振ったら、かなり振りやすかった、、、10cmの差って、大きい~☆

まぁ単に技術不足練習不足のため、と思われますが、1枚「ちょいと小さめ」にしてみようかと思案中です。
スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


耐久20時間ベリーダンス合宿

ただいま~☆
ベリーダンス合宿から無事に生還しました。
なんていったって、

3日で20時間踊った

んですもの、ほとんど「シゴキ」の世界です。。。まさにベリーズ・ブート・キャンプ。


合宿所(じゃ、なくてリゾート・ホテル 笑)は、イスタンブールから国内線で1時間程度飛んだフェティエという街にあり、空港からはバスで1時間弱ぐらい、、、海もプールもあるキレイなリゾートでしたが、のんびりと日光浴をする老夫婦や家族連れを横目にひたすら屋内で過ごす毎日、、、会場となった宴会場が、海を臨むレストランの2Fで、とても明るくて開放的だったのがせめてもでした。

さてさて、到着してツアーの主催者に挨拶して支払いとスケジュールの確認をしようとしたら、、、なんと、

Technique by Jillina

というのが追加になっているじゃありませんか!


数週間前のフェスティバルで、自分のテクニックのなさを自覚しどうにかしたいと思っていたところで、あのJillinaのテクニック・クラス!!! これは逃すまいと追加して申し込みました。 その結果が

<1日目>
Jillina テクニック 2h
Aziza  テクニック 3h
Jillina タブラソロ 3h

<2日目>
Jillina オリエンタル  4h
Aziza  ポップス    3h

<3日目>
Aziza  ベール   2h
Jillina ミライヤ  3h

こうやって書くと、自分でも立っていられただけでもフシギな感じがしますが。。。。 すごくない?(笑)
多分、100人クラスサイズのレッスンだったら絶対に脱落していたと思いますが、どのクラスも30人前後なので、逃げも隠れもできず、お互い励ましあいながらがんばりました、、、

さてさて、レッスンですが、


Jillina
最初のテクニックのクラスで、「あたしもうクラス・レッスンを持ってなくて、振付のWSばっかりだから何か楽しい~♪」とか言いながら、シミーの基礎からコンビネーションまでをやってくれました。
20人ぐらい(なんてゼイタク♪)だったので、最初に名前とダンス暦、そしてこのクラスで何を得たいかを全員が自己紹介し、それをちゃんと覚えてて、レッスン中もその箇所になると、その人の傍で丁寧に説明してくれて、、、最初は

うわ~ DVDが3Dだよ~

とかヘンな感動と緊張をしていましたが、だんだんと「生身のセンセイ」(笑)という感覚に。
クラスのみんなも同じように慣れてくると、「もう1回やって~」とか声をかけるようになり、とてもいい雰囲気の素敵なクラスでした。

その後のオリエンタル、タブラソロのレッスンは、とにかく振付が複雑でタイヘンでしたが、時間に余裕があったので、何度も何度も復習しながらレッスンを進めてくれました。
ビデオを撮らせてくれないかわりに、レッスン前に振付シートを配布してくれたので、早めに振りおこしすれば、迷子にならなさそう、、、でもちょっと踊るのはまだムリかな~


Aziza
何が驚いたって!!! Azizaって、ちっちゃいんだ~!!!!!
もっと背が高くて堂々とした体型かと思っていたので、会場に入ってきたAzizaを見てびっくり!多分、あたしと同じくらいの身長!!! Azizaはとにかく手やポーズが綺麗で素敵だと思っているのですが、、、上手く言えませんが「サイズ的に不可能ではない」お手本というのはものすごく勉強になりました。

そして、彼女は教えるのがとても上手な先生でした。
ホントに、レッスン自体が「彼女のDVDをナマでやってる」感じなの。非常に良く構成されていて、コンビネーションの区切りも上手くて、しかも都度ちょっとしたコツも教えてくれる。 そして、「あたし元チアリーダーだったの!」って言ってましたが、数時間のレッスンでへばってくる生徒を「がんばれ~! YES WE CAN!」とか言いながら、引っ張ってくれました。 それにしても、、、「20分シミー」は死にました(笑)ご本人も一緒にやってくれるのがすごい。。。

そして、この方って太っ腹!って思ったのは、公開しない条件で、振付を本人が踊りそれをビデオ撮りさせてくれました。「あたしは、xx年ダンスをしてて、未だに生徒だった時間のほうが長くて、みんなの苦労がわかるの。で、みんなが費やしたお金と時間の分、ちゃんと身につけて欲しいから!」、、、ううう、懐が広い、、、

Azizaの振付は、Jillinaのに比較して、「がんばれば手が届きそう」な感じ。
ポップスもすごく可愛かったし、ベールも素敵だったので、この2つはぜひともどうにかしたいと思います。

そうそう、欲しかったDVDゲットできました! 最初のレッスンで彼女が入ってきたときまだ数名しか生徒がいなかったのですが、「あ、あなた見覚えある!DVDあるわよ!」って声をかけてくれたの~☆ すごい記憶力!



最終日には、クロージング・ガーラで、講師によるショーが開催されました。
講師、、、つまりJillinaとAzizaを、3m先ぐらいで見れちゃった~☆

Jillinaは、衣裳を3回替えてオリエンタル、ポップス、ドラムソロと大判振る舞い。
もうねぇ、、、

アレがベリーダンスというものならば、あたしがやってる「右、左、右、、、っていうのはナニ?!」って思いましたよ、、、とにかく、とにかく、素敵でした。


Azizaは、衣裳を2回替えて、ベール&オリエンタル、 ベール&ポップス とやってくれたのですが、彼女、本当に素晴らしい先生なんだと思う。どちらにも、今回のWSでやったコンビネーションや振付を要所要所に入れて見せてくれた上に、最後のポップスは、ポップスのクラスでやった振付をそのまま踊ってくれました!


素敵な振付をもらえただけじゃなくて、いろいろな収穫のあった合宿、、、
フェスティバルも含めて、踊りきれないほどの振付ももらって、自分でこれからやらなくちゃいけないことも認識できて、本当に実りの多い1ヶ月間でした。これを「身につける」ことができるかどうかは、自分次第。

これから夏に向けて、定期レッスンもお休みになってしまうので、この一月で学んだことを、この夏じっくりと、自分のものにしていきたい、、、そして、それができるかどうかが、次の段階へ進めるかどうかの要だと自分でも思っています。

そうそう、今回のツアーで、数名の「イスタンブールに住んでいる外人で、ベリーダンスを踊る人」に会うことができました! 中には「ベリーダンスして22年」っていうベテランのおばさまもいて、これからの交流が楽しみです。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


こりずに、、、ベリーダンス・マラソン続きます!

火曜日から、トルコ南部 Fetiyeというリゾート地で開催される、インテンシブ・ワークショップに行ってきます。

実はこのWS、ドイツの旅行社主宰の2週間ツアーなのですが、たまたまツテがあって、(拝み倒してw)最後の3日間だけお願いして参加させてもらえることに!


だって、先生AzizaJillinaなんだもん♪

日本は(あ、東京はって言わないとおこられるかw)、それこそ世界中から著名なマスターティーチャーがWSに来ているようですが、イスタンブールには、欧米の先生なんてそうそう来ないのよ~。
だから、フェスの直後でスルタンに白~い目で見られましたが、強行突破いたしました!


Jillinaはベリーダンスを始めたころから大好きなので、ぜひ受けてみたかった!
特に彼女の「おちゃめでかわいい感じ」が好きなので、初ミライヤのレッスンが楽しみです!
あ、オリエンタルとドラムソロもやるのでした、、、(汗)

YouTubeで、Jillinaがブタペストでやったワークショップの様子を紹介したものがありましたので貼っときます。
タイヘンそうだけど、楽しそう♪ おお~アイツ今頃こんなんやってるんだ~とか思って見てくださいませ。





Azizaは、なんといってもベールが素敵。 ベールの振付、楽しみです。
AzizaのベールのDVDとても良かったので、Azizaの他のDVDも欲しいのですが、トルコで「アメリカから個人輸入」する勇気がない、、、(行方不明になる確率が高いし、しかも関税がバカ高い)


これと最新のDVDが欲しい~★

なのでアタクシ、コワいもん知らずにも、Azizaにメールを打ってみました。

「フェティエでお世話になります。DVDの販売はなさいますか?」


そしたらなんと、翌日返事が来たのっ!!(ビックリして椅子からころげおちそうになったw)

「トルコは、今回のツアーの3箇所目なので、残っているかどうか、、でも、顔をみたらすぐ声をかけてね!」


いいヒトすぎる~

WSもきっと、楽しくて素敵なんだろうな~(目がハート)



またまたの6時間x3日間、ただもう勢いだけで(笑)乗り切りたいと思います。
いってきま~す!


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:10


振付復習中、、、そしてシミー

フェスティバルとハーレさんのレッスン、それにネスリン先生のレッスンの振付も、、、

脳ミソ飽和状態(汗)

アタマにUSBスティック差せたらいいのにねぇ。。。
とかくだらないことを言っていないで、さっさと習った振付をおこしておかないと、ゼッタイに忘れちゃう(汗)ので、家にこもって振付の復習(っていうか、動画を見ながら復元?)をしています。

自分のメモも兼ねてリストにしますと

・Hale  ドラムソロ
・Serkan オリエンタル
・Serkan ドラムソロ
・Serkan ベール

以上は、曲も3分前後で、チャンスがあれば踊れそう!な振付ばかりなので、これはちゃんとフリおこししました。

・Asi   ポップス2曲
・Serkan GulNihal代行のレッスン
・Gul   ドラムソロ

以上は、Asiの1曲はフリおこしするかな~ でも、残りは多分「素敵なトコをパクる」感じかな。



さて、、、
フリはおこしてみたものの、なんせシミーがちゃんと出来てないので、どれもこれも「踊りこなせない」のです。
シミー向上委員会 イスタンブールサミット(まよさん命名w)で、どうしたら出来るようになる?と相談したところ
「う~ん、振付の中に入っているので、そこで練習を重ねるからなぁ、、、」

ネス先生の振付、エジプシャンシミー入らないんだよね(あたりまえ)

これは、今回習った振付を復習しつつ、本気で練習しないと、この先どんなWSでどんな素敵な振り付けをいただいても、自分のものにはならない、、 悲しすぎる、、、っていうか前途ないじゃん。

ということで、もう一回最初から、シミー強化練はじめました。
ネスリン先生の振り付けは基本腰シミーなので、そっちもやらないといかん、、、

いろいろと調べてみたら、シミーにもいろいろあって、
・エジプシャン・シミー
・Freeze(バイブレーション)・シミー
・Glute(大臀筋)シミー
・oblique(斜筋)シミー
と、いろいろあるんですね、、、 

あたしは「ベリーにはお肉がないけど、お尻は大きくて垂れている」タイプで、そのタイプの人にはobliqueシミーが適しているんだとか、、、(揺れが見えやすいらしい) 只今研究中です。 本音は、


なんでもいいからブルブルしたレイヤーができればいい


んだけどね~ 多分基礎をないがしろにすると後で痛い思いをするのは本人なので、ちゃんとやりたいと思います。
あれだけ先生に笑われたキャメルができるようになったんだから、ぜった出来るようになるはずーーー!!!☆

、、、と信じてがんばろう。
とにかく、シミーの壁をやぶらないと次のステージに進めないから。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


Hale Sultanのレッスン受けました(書き忘れてたけどw)

そういえば、フェスティバル前にHale Sultanさんのレッスンを受けました。(のを、一緒に行った友人のブログを読んで思い出しました。だってもう記憶のかなた~)

Haleさんのレッスン、LEGEND(あるいはSIMI、どっちが見せの名前なのか未だによくわからん)というベリーダンス衣裳屋さんの一角でやってくれます。 Haleさん、海外巡業が多くてなかなかつかまらず、名前も連絡先も知っていたのですが、実はこれが初レッスンでした。

レッスン当日の朝、携帯に見知らぬ番号から電話が。

「アリョ?」

「、、、たびぃ。さん?(とわ言わないがw)」

「ええ、、、どなた?」

「ハーレです! 今日、レッスンやるんだよね?!」

、、、流れがとってもトルコ的。電話でられなかったら、どーなってたんだ?(笑)


今回は3時間のレッスンを、1.5時間x2回に分けて、ドラムソロをお願いしました。
緩慢の差が絶妙な振付、、、というか、さすがプロダンサー、「ここ、休むとこね」とか、1曲を踊りきるためのコツみたいなことも教えてくださいました。 なんていうか、全力疾走じゃないドラムソロ。でも可愛いの♪

「この振付踊っていいからね~♪」

最後にはハーレも一緒に踊ってくれて、ビデオ撮影。
うわ~これも振付おこさねば!!!


レッスン自体も楽しかったのですが、ハーレのお友達ダンサーさんが、新しく振付ける曲の相談に来ていてあたしたちのレッスン見学してたり、なんだかよくわからないけどいついってもアフメット・オーレンがお茶飲んでたり、衣裳屋のおねえさんも一緒に踊ったり、、、とても不思議な(=とってもトルコ)な時間が流れていきました。。。

最大の収穫(?)は、ハーレさんと冗談かと思うほど、曲の好みが一致していたこと!

「このアルバムの中では、、、」

「xxxxが好き!」(同時に発言!!!)

な~んと、あたしが「いつかはぜひ踊りたい曲リスト」の中からすでに3曲も、すでにハーレさん振付をしているそうで、、、ただ、あまりにも好きな曲なので、自分がまずは振付して、それを直してもらう、、、とかがいいかな?と思っています。

予定では、この春・夏で5月のWS三昧を消化して、夏休み明けぐらいに、、、でしょうか。
それまでにシミーあれこれ出来るようになっていますように。。。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


Ahırkapıで踊りましょう♪

5月5日のイスタンブール名物、AHIRKAPI HIDRELLEZ ŞENLİKLERİ へ、「北国でシエスタ」のまよさんと一緒に行ってきました! 2人ともまだフェスティバルのお疲れモードだったのですが、まよさんの滞在もあと数日ということで、お祭りの前に旧市街の問屋街をぶらつくことに。

ベリーに使えそうなアクセサリを物色したりしながら、ふと入った洋服問屋で出会ってしまいました


花柄パッチワークの10ヤードスカート


しかも、コンサート入場料ぐらいの金額! せっかくだからおそろいで買ってお祭りで着よう♪衣裳にもなるし♪ということでお買い上げ、早速お祭り会場へ向かいます。

このお祭り、メインコンサートは夜8時頃始まるのですが、その頃には会場は激込み、とても踊れません。
踊りたいヒトは、まだ明るいうちに行って、会場を演奏しながら練り歩いている素人~セミプロの楽団に構ってもらうのが一番楽しい!!

早速スカートをはいてお祭り会場をうろうろしはじめると、すでにあっちこっちで楽団の演奏が始まっていました。
楽団の構成はだいたいが10人前後、ダブル(大太鼓)数名、ダルブッカ数名、ズルナ(チャルメラね)数名、あとは楽団によって、アコーディオンやバイオリンやクラリネットが入ります。

P1000520.jpg
どの楽団も衣裳に工夫をこらして。この楽団が一番のせ上手でした!

なんていったって、1人はタンバリンをもって、1人はジルをつけて、アジア女性2人組がうろうろしているのですから、どの楽団からも引き入れてもらい、踊りまくりました~♪♪♪

今回のフェスのWSでロマ制覇をしていたまよさんから、「ダブル」「ダルブッカ」「クラ」などの仕草を教えてもらっていたので、試したくなった!

クラリネットのお兄さんと目が合ったので、ステップを踏みながらクラの仕草をしたら、、、


「よしっ!俺の番!!」とばかりに寄って来た~!!!!


ダブルもダルブッカも試してみたら(笑)やっぱりすごく喜んでくれて、おじさんたちノリノリ♪♪
暫く踊って疲れたら、「疲れちゃった~」の仕草をして、「ありがとね~」の投げキスの仕草をしてバイバイ、、、早速WSで習ったことを実践している(ってあたしはWS受けてないんだけどw)あたし達をみたら、レイハンは泣いて喜んだと思います♪♪♪

う~ロマのダンスって、やっぱり舞台で踊るものじゃなくて、楽団と一緒に自分達が踊って楽しむものだわ~☆☆




あまりにもお祭りのコンセプトにマッチした格好の「なりきりシスターズ」なあたし達、どこへ行っても「写真撮っていい?」「一緒に写真撮ってくれる?」「踊ってるとこ撮りたいから踊って!」と気がつけば一眼レフに囲まれて、大撮影大会(驚)


一生で一番モテた(笑)


なんていったって、芝生に座り込んでキョフテ・サンドにかぶりついてるとこまで写真撮るんだもん(爆)
途中で、「自分達の手元に写真がない」ことに気がつきw、一眼レフ兄さんたちに、デジカメで写真を撮ってもらったところ、やっぱプロってすごいね~ 素敵な写真が何枚も残りました!!!

Roma2010.jpg
会場にいた(同じく)コスプレなお姉さん達と。スカート可愛いでしょ♪


一緒に踊ったおじさんから、ピーナツ一掴みもらったり(ごほうび?笑)、休憩してたらそばのおじさんがビールくれたり、通りすがりのグループと一緒に踊ったり、お祭り大・大・大満喫!!! がんばったWSの打ち上げとして、最高に楽しい夜を過ごしました、、、



さて、充実した一週間を過ごし、テクニックや振付はもちろんのことですが(あたし本気でシミーどうにかしなくっちゃ!!!)、ダンスに一番大切なのは、Asiが繰り返し言っていたように、

Good technique, no feeling, no dance
Emotion, smile, important

ネスリン先生のLevel4も始まったことですし、2週間後にはJillinaとAzizaの合宿に参加するので、たくさん出来ないこともあってめげることもあるけれど、ダンスって楽しい♪を忘れずにいたい、と思います。

まよさん、一緒にたくさん遊んでくれてありがとう~♪ セニ オプヨルム


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:12


Turkish Delight フェスティバル終了

みなさま、ご無沙汰しております。お元気ですか?あたしは、、、疲れてます(笑)


4月29日から5月3日にかけて開催されたTurkish Delightフェスティバル、無事に(でもないんだけどw)終了いたしました。

なんせ初回開催なもので、主催側も慣れていず至らないところや思わぬハプニングもありましたが、参加者も総勢100名強というこじんまりしたフェスティバルだったので、アットホームな感じで楽しかった、、、と思います、、、いや、、、思いたい。

29日はオープニング・ガーラで始まり、講師陣がパフォーマンスを披露してくださいました。
で、このフェスティバル、WSが「一応事前申込だけど、土壇場で変更OK」という、少人数だからこそできるシステム。で、友人とオープニング・ガーラで講師審査(爆 どんだけ)して、最終的に受講するものを決めました。

WS初日、ヨースリーのテクニッククラスを皮切りに、ガーラでとっても気に入ったAsi HaskalとSerkan Tutarのレッスンを受けて

2人をおっかけることに方針変更!


あたし、男性講師の振付が好きだ、ということに気付きました。
女性ダンサーさん(大抵がボンキュッボンッ)の振付って、なんていうんだろう、自分で踊ることを主眼に作られている気がしませんか? で、あのブリンブリンがないと、サマにならない。 例えばアフリカン・シミーだって、ゆっさゆっさ揺れるものがあるから素敵なんであって、あたしがやると子供が駄々こねてるみたいだもん(涙)

その点、男性講師って、なんていうか、そのセンセイの女性理想像みたいな、振付が多くない?
例えば、「うふ♪」とか「いやん♪」とかいう感じのフリは、男性講師のほうが多い気がするなぁ。。。そして、肉のないカラダで見本が見られるので、彼らの体型に近い(涙)あたしも、真似がしやすい。

で、あたしが今回おっかけたAsiは、とにかくレッスンがパワフルで楽しくて、「やっぱりダンスは楽しくなくっちゃ」っていうことを教わりました。彼、時間配分はアレだけどw、あらゆる意味でのエンターテイナー。1.5時間のコマが、あっという間!

Asiといえば、実は初日のAsiのレッスンの次のコマが、Birgülというトルコ現役トップダンサーだったのですが、体調不良で開始後10分ぐらいで倒れるというアクシデントが発生! 大事には至らなかったのですが、なんだかんだで30分は経過し、いまさら他のレッスンにもぐりこむのも、、、と、Asiの振付の復習をしていたら、そこへなんと本人とセルカン登場!(2人は仲良し♪w)

「キミ達なにしてんの?」

「これこれこういう理由でWS中断しちゃって、、、」

「もったいないじゃん、、、 よし!続きやるぞ!
 セルカン、俺が半分やるから残りお前やれ!」

ということになりまして、なぁんと、8人ぐらいでAsi&セルカンのセミプライベートレッスンに!!!
アクシデントがチャンスになった!!! Asiは、曲をかけてどんどん踊り、みんなができないテクニックをブレイクダウンするという感じでこれまた楽しく踊れました。
Serkanは、彼のマジメな性格のとおり、

「本来このレッスンはフロアワークだったから、フロアをやろう」

ということで、床への降り方、床での動作、立ち上がり方、の大まかな動きを教わりました。


そうなんです~Serkan Tutarは、ベルギー在住のトルコ人ダンサーさんですが、とにかくまじめで控えめで優しい性格が振付にも教え方にもあらわれている感じ。 

優しいといえば、実は他にもアクシデントが発生し、ネスリン先生の一番弟子で、現役ダンサーでもあるGülNihalさんが、身内に不幸があり、最終日のレッスンで、開始したもののやはり続行することができず(トルコ人ってエモーショナルなの)、、、レッスンに、AsiとかSerkanとかSerap Suとかぞろぞろ来たので、なんだろ?!と思っていたら、そういう事情を心配して、仲間が応援に来たらしい。


素敵~みんないい人たちだ~


そして正義の味方セルカン登壇!

SerkanTutar.jpg
Serkan Tutar


「こういう事情で続行が難しい状況です。僕が代行させてもらってもいいですか?」
もともと3日の最終コマということもあって少人数だったので、みんなも快く承諾し、セルカンのレッスンに変更になりました。

、、、つまりあたし、5コマ目(笑) フェスの1/3の時間を、セルカンと過ごしてしまいました、、、


セルカンが代行でやってくれた曲、実はネスリン先生でも使った曲で、気に入ってる曲なので、もう顔見知りだったこともあり、レッスン終了後に声をかけて(トルコ語で。ずるいでしょwww)、区切りまでまでさらっと1回教えてもらっちゃいました。

「この曲好きなんです~」

「そうなの? じゃ、次はこれフルでやろうね」

次?!次って、、、あたし、次のレッスンの約束しちゃった!!(笑)
セルカンどうやら頻繁にトルコに来るらしく、実現しそうです。。。



そんなこんなで、ターキッシュ・デライトならぬセルカン・デライトなフェスティバルでしたが、お友達が一緒だったし、日本からの参加者のみなさまともお知り合いになれたし、(わざわざお土産くださった皆さんありがとう!!!)本当に楽しい3日間でした。

今回のWSでは、自分が振付をその場で覚える能力が欠如している(みんなアタマ良すぎ~!!!)のと、あまりにもシミーができないので、振付を踊りこなせないことを痛感したので、今回もらった7曲の振付を練習するとともに、やっぱり本気で今度こそシミーできるようにぜったいなろう、と思いました。

でも、自分が好きなスタイルを確信できたのは大きな収穫だったし、ベリーダンス3年生をどう過ごすか、目標が定まった感じで、とても意義のあるフェスティバルでした。


次回のフェスティバルは、9月末に開催の予定です。
初回開催だった今回は主催側も慣れていないためかなりドタバタしたり、セマ・ユルドゥスやプリンセス・バヌなどターキッシュの大御所が直前にキャンセルになったり、いろいろなトラブルがありましたが、これから回を重ねるにつれ、次第に落ち着いていくことでしょう。

私個人の意見としては、やっぱりターキッシュ・デライトを名乗るからには、もう少しターキッシュ・オリエンタルの、しかもトルコ在住のセンセイを揃えて、本当の意味でのターキッシュの祭典になったらいいなぁ、、、と思います。今後に期待ですね。



参加なさったみなさん、お疲れさまでした!!!
またみなさんにお目にかかれますように、、、



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:9

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2010 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。