トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


い、いてて

寝違えました、、、で、セミプライベートだったので、ちょっと無理して雨の寒い中レッスンに行ったら、、、


首が動かない(涙) 肩甲骨から後頭部までガチガチ


しかもお月様まで来ちゃうし、ここ2日ほどぐずぐず寝たきりでございました。。。やっとぼちぼちPCに向かっています、、、

上半身動かなくって、オナカもイタイで、とりあえず脚は動くかとシミーしてみようかと思ったけど、そこまでど根性ないので2分でやめた(笑)

ごめんちょっとブログも休みます~☆


誰かイスタンブールでちゃんとした整体師ご存知でしたらご紹介ください!
スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


髪の毛切りました(切られました)

久しぶりに、イスタンブルのヘア・サロンへ行ってきました。

日本にお気に入りの美容師さんがいて、帰国時にはそこへ行くのですが、さすがに1年とか切らないとボサボサ、、、で、その美容師さんにも髪のためには、ハサミ入れたほうがいいよと言われたのですが、、、

トルコの美容院って、たくさんあるけどイマイチなの(いや、イマニかイマサン)

1度行って切ってもらったら、髪を束ねて「横にジョキっ」ってやられて以来、敬遠していたのですが、前回毛先にゆるぅくパーマかけたらそこが傷んでバサバサしてきたので、思い切って行ってみました。

「どうします?」

「伸ばしてるんで、なるべく傷んでるところだけ切ってください」

「OK、スタイルは?」

「まっすぐじゃなくて、レイヤーにして。。。。あとはまかす、似合わせて」

(にーちゃん、はりきる)


というのもですね、ここで「見えないもの」に細かく注文だしても、ゼッタイにそのとおりにはならないので、下手に口出すよりは、まかせちゃったほうが、まだマシ、、、という生活の知恵でございます(笑)

そしたらですね~こんなになりました。
076.jpg

こんなアタマのおねーさん、そのへんにたくさんいるな~
でもって、こんなアタマのおねーさん、イマドキ日本にはいないよな~


でもまぁ、トルコでオシャレならそれでいいか(笑)
ちなみに、シャンプー・カット・ブローで、70リラ(4000円ちょい)でした。

かなり透きバサミを入れていたので(イマドキに日本でそんなワザ使わないよね~)、はたして自分でうまくブローできるか不安だし、伸びてきたら手に負えないことになりそうですが、この金額なら、マメに月イチで通う、特にキレイにしたいときはブローしてもらいに行く(1000円ちょっと)という、トルコ・マダム方式に替えてもいいかも、、、

明日髪の毛洗ったら、泣きながら「どーにもならない、助けて~」って記事書くことになりませんように。。。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:10


RAKS BEDEYA

ネスリン先生のLevel4のクラス、課題曲が有名なRAKS BEDEYAでした。 BDSSも編曲を踊ったりしてるので、ご存知の方も多いのでは。(YouTube貼ろうと思ったんだけど、開きませんでした。最近イスタンのネット回線異常に重くて、動画が「運が良ければ見られる」状態。どーにかしてほしい)

ターキッシュのお家芸、ベールとジルの両刀使いで素敵な振付なのですが


半分までしかいかなかった(汗、、、いや涙)


Level3の振付は奇跡的にも(笑)最後まで終わったのですが、やっぱ8分弱というのはダメでした、、、ネスリン先生はムリに振付を終わらせることよりも、キチンと出来るようになることを優先するので、、、でもセンセイ2ヶ月あるんだから1曲終わらせましょ~よ~


せっかくの振付なので、最後まで終わらせたい。。。
レッスンで、何度か最後まで曲をかけて、先生が適当に即興で踊るのを見ていたので、記憶の糸をたぐってどーにかならないかと苦戦中です、、、

実は、最後数回のレッスンで、曲の最後までインプロする時の参考に事前にRAKS BEDEYAの振付を漁ってみたのですが、そもそもスタイルがゼンゼン違うと、くっつかない(アタリマエ)。 レッスン中にいくつかのコンビネーションをパクって踊ってみたんだけど、先生に「TOO MUCH」と言われて撃沈。 しかも、ジル持ってるから、叩きながら踊らなきゃならないし。。。

基本路線は

・シンプルで美しい動作 (髪の毛ぶん回したりは、先生ゼッタイしないから)

・ネスリン先生のシグネチャー・ムーブを取り入れて

・ジルのリズムも決めてそれと動作をあわせなくっちゃ


ということで、YouTubeでネスリン先生ご本人はもちろん、同時期に活躍したターキッシュ・ダンサーさんの動画を見まくってネタ集めしています。


はてさて、完成はいつになりますことやら。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


アメリカから、、、届くかな~(届くよね?!)

イスタンブール、夏まっさかりです!
初夏、、、とかなくて、いきなりボンっ!と真夏が来た。しかも、5・6年前はクーラーいらずだったそうですが、今年はものすごく蒸し暑い。 日陰に入ればスーっと、、、しなくて結構ツライです(って、灼熱地獄の日本のみなさんに愚痴ってもダメよねw)

さて、夏になると、もうすぐ学校も約3ヶ月の夏休みになり(トルコの子達はいつ勉強するんだろ?!)、お稽古系もほとんどお休みになってしまいます。

3ヶ月もレッスンないの、ヤバイよね。。。 ということで、例のオンライン・レッスンをやりつつ、補助教材が欲しいなぁ、、、と思って、コレを買いました♪

ava_drum_tn.jpg

Ava Flemingさん、アメリカのダンサーさんで、2004年のBellydancer of Universe で優勝された方です。
彼女のダンススタイル、オリエンタルはクラシックなのに、ドラムソロは他ジャンルの動きを取り入れてすごくモダンなの! そのギャップが素敵なのです。。。

あとね、彼女小柄であたしと同じようなの体型なのですよ。ネスせんせ含め、トルコの先生方は肉感的な方が多いので、なんか動きがよく見えないし同じコトしても同じ効果が得られないんですよ~(技術の差に違いないが)
なので、そのままそっくり真似できそうなテクニック解説DVDが欲しかったのです。

このドラムソロ以外にも、Sizzlin'シリーズという体幹と腰の使い方を解説したDVDも併せて買いました。
このシリーズ、同じ動きを違う筋肉を使った場合の見え方の違いとかやってくれるという評判なので、楽しみです!
見たら改めて感想をご報告しますね~☆


で・す・が、その前に。。。。


はたしてアメリカから無事に荷物がつくだろうか?

念のため、EMSみたいに追跡No.が着く郵便を指定しました、、、ので大丈夫なはず。きっと届くはず。うん。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


鯨さんのベリーダンス道場から

「鯨のベリーダンス道場」を書いていらっしゃる鯨さんに話題を振ってみたら、彼女のブログで詳しくお返事を書いてくださいました。 スヘイラ式ってなに?って興味のある方は、ぜひ読んでください♪

なんと、鯨さん、Suhaila系列なんですね~知らなかった! 偶然と言うか、あたしたちの出会いは運命?(笑)


さて、そのブログの中でも鯨さんに「8カウント???」(ヘンじゃないか?ってはっきり書かないのは鯨さんの優しさねぇ)ってコメントしていらっしゃって、あたしもこないだから自分でもなんかヘンじゃん?って思っていたので、映像に戻って確認してきました。

そしたら、わかりました。 スヘイラ先生、、、


1.振り写しの時に、8カウント16ビートで教える

2.口カウントで、数回繰り返して生徒に覚えさせる

3.曲をかけて踊らせる (それがマクスームの曲なのだ)


だから何かヘンなんじゃん~!!!


って、声だしちゃいました。


スヘイラ式は「エアロビみたい」とか、批判が多いのは、まさにこういうところなんでしょうね、、、
彼女自身、「バレエだって、いきなりフロアで踊らないでしょ?まずはバーレッスンから。それと一緒よ」って言ってるのですが、、、うん、それは一理ある。 スヘイラ式で鍛えたら、カラダの動きは基礎からみっちり覚えられそう。


でも、これ「だけ」のレッスンだと、、、ほんとにエアロビみたいなベリーダンスになりそう。。。


スヘイラさんの踊りを見る限りでは、自分で踊るときにはそいうふうにカウントしているようには見えないのですが、、、残念ながら、Level3以上のクラスは資格者でないとアクセスできないので、スヘイラさんがMusicalityとかをどういうふうに教えているのかはわかりません。

ただ、基本のベリーダンスのレッスンに「加えて」、クロストレーニングのつもりでやるには、かなりいいと思うので、、、

誰かいっしょにやりません?(笑)



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:9


16拍の薫陶

Level4のレッスンもあと数回を残すところとなり、振付も追い込みに入ってきました。
今までのレベルと違うなぁと思うのは、時々

「じゃ、ここ好きに踊って」 

と、インプロが入るのです。


で、先日のレッスンのこと。
タッ ティキ タッ ティキ タッ - x 4 の16拍分というリズムのところで、
drop     drop     drop kick(ここにアンジュレーションが入る)

というのを基本に「好きに踊れ」と言われたので、右2つ、ターンで入れ替えて左2つ、とやったら、


「ん~ トゥーマッチ」

と言われました(凹)
だってさ~、16拍分drop&kickだけって、間がもたないじゃない。。。(練習ドリルみたいじゃない?)


それがそうじゃないのがオドロキなのだ、この方は


「こういう感じでネ」と見本を見せてくれたのは、同じ動作を繰り返しながら、カラダを反らせるパターン。
そして、微妙にダウンするパターン。シンプルなのに、とってもネスリン先生らしい雰囲気。

そしてその16拍分、うっとり見ちゃうの。。。(口開けてw)


以前どなたかに「そういうのを『薫陶をうける』と言うんだよ~」と言われましたが、ほんとにそうだなぁとしみじみ思いました。

実は今回いろんなWSで、あまりにもたくさんやってないワザがあり(だってエジプシャン・シミーなんてしないもんwww)、あたしは2年間ナニしてたんだろう、、、と、かなり焦っておりまして。だって、omiってナニとか言ってるのあたしぐらいだったもの~(凹)
でね、正直なところネスせんせももうちょっといろんな複雑なワザを教えてくれてもいいのに~とか思っていたのですよ。 さらにはフェスから帰ってきてからのレッスンで先生に、やれわざとらしすぎるの、動きが大きすぎるのとさんざん注意をされ、どーしっろっちゅうーねん?!ってもがいていたところだったので、、、


でもこの16拍の間に、ネスリン・トプカプの踊りの本質とは何かにもう1度気がつきました。
ウルトラC級のワザは出ないけど、違う意味で目が離せない、まさに「アート」の世界。

そういえば最近のレッスンでは、基本の振付の上にのせて、細かな音楽の変化をとらえる「ふりかけ」なワザも教えてくださるようになりました。「ここの、カーヌンの音の振るえをつかまえて」みたいなね。


でもね~、ネスリン流オリエンタルは、基本が相当美しくないと、ただの「コンビネーション」のまま、なんですよ。
ほんとに。ステップはほんとに基本的だから。 でも、だからこそ、アイソレーションとかポスチャーがすごくキレイじゃないと、美しくは見えないのね。


ということで。
実は前回文句を書いたSuhailaのオンライン・レッスン、3日続けてやったら(ヒマなんで、6レッスンぐらいやってみた)、何か、いい感じなんです。 ネス先生のレッスンで、自分でちょっとあらっ?!って思った。
ベリーに効かなくても、小尻効果はありそう!!!

なんで前言撤回(爆)。ベリーダンスのレッスンというよりは、ベリーダンスのための「クロストレーニング」みたいな感じで、コンディショニングとインナーマッスル強化に、夏の間続けてみようと思ってます。カラダ、変わるかな。
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


オンライン・クラスに挑戦

スルタンが3泊4日で出張に、、、ということで(なんかいま、いいな~っていう合唱が聞こえたようなw)、かねてより挑戦してみようと思っていた、

Suhaila Salimpour Online Class

の3日間フリートライアルに申込み、さっそく試してみました!(っていうか今レッスン?中のはずなんだけど)


Suailaのレッスン、なんでも「ダンス・スタイルに関係なく、ベリーダンスに必要なテクニックを身につける」ことができるそうで、サブタイトルがなんと


Creating better dancers through better technique (よりよい技術でよりよいダンサーを育成する)


これは参加しない手はないでしょう(お試し3日間はタダだし)



・・・ところがですねぇ。
トルコのADSLでは、ストリーミングがブツブツ切れすぎて、レッスンにならん。しょうがないのでダウンロードしようと思ったら、90分をDLするのに、すでに2時間でまだ65%。圧縮ファイルを置いてほしかったデス。。。

で、レッスン自体も、「90分のレッスンを、固定カメラでクラス全体を録画しただけ」で、先生の動きをズームアップするでもなし、、、たれながし臨場感あふれすぎ。 う~ん。 これで月50ドル、、、 う~~ん。

これなら、いいDVDを何本か買ったほうがいいな。。。と、思いました。特にネット環境の整っていない国ではムリだわ。。。(幻)
 
そういえば、Ansuyaのオンラインレッスンも、いつの間にか消えてしまったような。。。 やっぱり、ダンスをオンラインで教えるっていうのは、まだまだ技術的あるいはコストに見合うように作るのは難しいんでしょうかね?

何年かしたら、3Dでおうちでレッスンとかできるようになるのかしら。。。(夢)




さてこのスヘイラのオンラインレッスンですが、面白いな~っていうかさすがアメリカ?!って思ったことがひとつ。

8カウントを1&2&3&4&、、、って16ビートでカウントしていて、それに動きをあてているんです。 3/4シミーも、そうやって教えてる。

そういえば、JillinaもAzizaも教えるとき基本16ビートでカウントしてました。。。 アメリカはそうなのかな?(って、鯨さんにふってみようか。)



ネスリン先生のレッスンは、カウントしないんですよ。 っていうか、

・ぁ どぅん どぅん ちかじゃ~ こしゅ ちかじゃ~

・・・っていうのをカウントと呼ぶかどうかわかりませんが(笑)基本が、どぅん とか てぃきてぃき とか、あくまでも「ドラムの音」です。 それか、メロディーの「た~ららた~ら♪」とか。
だから、マクスームのリズムを16ビートに刻むという基本的なこと(っていうか、アメリカ的なこと?)ができないことに気がつきました。。。(でも、AsiもSerkanもカウントしてなかったはず。中近東人はしないのかも)
※友達に「そりゃ刻みすぎじゃ」ってつっこまれました(笑) マクスームは4拍子だから8ビートが正解?
 振り写しの時って、四分音符ぐらいのスピードなので、つい16に刻みたくなったのさー☆


ですが。
実は今やってる課題曲で、6カウント分直立腰シミーがあるのですが、なんか間抜けっぽくて、、、
でも、今16ビートにのっけてハッキリ振ってみたら、そっちのほうが見栄えがいい!
(いや、単に32ビート級の美しい腰シミーができないだけなのですが、、、ははは汗)


食わず嫌いをせずに、こだわらずに、なんでも試してみるって、大切かも。



・・が、スヘイラの「お尻の肉をキュっキュって締めてシミーするGlute Shimmy」だけは食ってみたけどダメでした・・・あれがエジプシャン・シミーの替わりにできるようになるとは思えん。


ということで、ホントはオンラインレッスンに明け暮れる3日間、、、の予定でしたが、怒涛の10曲振付の復習にあてることになりましたとさ。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:10


究極のトルコ衣裳、、、だよね

Asi Haskal

フェスティバルで大ファンになりました、イスラエル在住ダンサー Asi Haskalの、オープニング・ガーラからの1ショットです。

顧客サービス度200%のAsiの衣裳はなんと、


ナザール・ボンジュとファティマの手のモチーフ


ステージから降りて、客席をまわってパフォーマンスを繰り広げていたAsi、私達のところにも来てくれました!
・・・っていうか、3人で座っていて、真ん中の友人の


膝の上に座っちゃった!?!?


Asi、結構重かったらしい(笑) これは、その時に取れちゃった 「Asiのしっぽ」
P1000513.jpg
WSで購入したCDと「記念写真」


実はターキッシュ・デライト フェスティバル、主宰者の1人がイスラエル人であることもあり、AsiやTamarなどの講師はもちろん、参加者も多く、イスラエルとは関係が深いのです。

そしてこの、ガザ地区問題。

あの地域での紛争は、ユダヤ人の誕生の歴史まで遡ると、複雑すぎて一概に語れない、、、もちろん民間人の犠牲者というのはあってはならないことだと思うのですが、、、

在イスタンブールのイスラエル領事館付近では、ここ数日真夜中過ぎまで抗議デモが続いています。


以前、どこかで読んだ言葉をみなさんとシェアしたいと思います。

「世界中のすべての人が、どんなダンスでもかまわないから、踊る喜びを知れば、世界は平和になるはず」




テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


「トプカプの住人達」 夜の宴

ネスリン・トプカプの生徒、、、ということで「トプカプの住人達」という集まりがあるのですが、昨晩はその住人を中心に、ネスリン先生を囲んで、ボスポラス・クルーズに行ってきました! 

船着場のそばに住んでいる、ハーピストの友人が、早めに来てお茶していかない?と声をかけてくれたので、友人数人と、ハープの演奏を聞かせてもらいながらお茶をご馳走になる、、、という絵に描いたようなマダム時間(笑)を過ごした後で、いよいよ乗船の時間に。

まだまだ日も高い6時過ぎにヨーロッパ側を出発し、アジア側の船着場に寄ってそこから乗船する人達を乗せて、いよいよクルーズ開始。

P1000568.jpg

まずはこの上階のテラスでお茶やワインでくつろぎ、ネスリン先生が各テーブルを回って歓談タイム。

日が陰ってくると、下階のホールに移動して、お食事をしながらなんと


ネスリン・トプカプ オンステージ


いえいえ、ダンスではありません。 先生のカラオケ・タイム!!!
先生、ほんとに歌が上手で、レッスンでも、そうとう振付が進むまで先生の歌にあわせてレッスンなのですが(笑)、事前に録音したCDを準備する凝りっぷりで、トルコの歌謡曲を披露してくださいました。

食事が済むと、また上のテラスに移動して、今度はダンスタイム。

それがまた、「はぁい、じゃLevel1のみなさん~」 と、習った振付を踊ったのですが



波のせいか、ワインのせいか、ふ~らふら(笑)



ま、いいか。パーティーだもんね。

その後は、だってトルコだもん、恒例ディスコタイムです。

P1000579.jpg
みんな、振付踊ってる時より全然上手~☆


最近、眉間にしわ寄せて(笑)踊ってることが多かったので、ものすごくいい気分転換でした!






  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2010 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。