FC2ブログ

トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



ひとりじゃないです。いつも一緒です。

kizilayi2.png

http://www.kizilay.org.tr/


題名は、トルコの赤月社 TÜRK KIZILAYI のトップページの、日本援助呼び掛けのキャッチコピーです。
(イスラム圏では、キリスト教を連想する赤十字社ではなく、イスラムの象徴三日月から赤月社という名称だそうです。)
オンラインでの募金活動が始まりました。

一昨日、私が住んでいるレジデンスの玄関に、募金箱をおかせてもらえないかと募金箱を作って住人組合の役員の方にお願いに行ったところ、「こういう募金活動は、トルコではあまりしないので、ぜひ、オンライン振込(というよりもデビットカードで引き落としになり、受取書が発行される)の情報をくれれば、各住居に配布します。 私も個人的に友人に転送するし、、、」と言われました。

そういえば、街頭募金ってイスタンブールではあまり見かけないかも?
実は友人が街頭募金できないかと役所に交渉に行ったところ、受取書を発行できない私的な募金活動は、物乞い行為にあたり法に抵触する、、、と言われたそうで、残念ながら諦めたところでした。
ずいぶんとトルコ生活になれていたつもりでしたが、思わぬ習慣の違いにびっくり、、、

もし、トルコ在住の方でブログやツイッター、SNSをやっていらっしゃる方がこのブログを読んでくださっていたら、よろしければぜひ上記リンクを転載してください。


☆☆☆


昨日は、引き続き衣装屋さんを巡って、チャリティー・オークションへのご協力のお願いに行きました。

いつもお世話になっている衣装屋のおやじにお願いしたところ、
「もちろん協力する、あたりまえだろう!」と言ってくれました。

別の衣装屋のおねえさんに、
「あのね、余っている衣装があったら寄付して欲しいの」とお願いしたら、
「あんた何言ってるの、日本のために新しいのを1着作るわよ!」
思わず涙がこぼれました。

別のお店のおばちゃんは
「あたしも、1999年のトルコ大地震で被災しているの。だから、TVのニュースを見ると胸が痛い」
と、目を潤ませながら応えてくれました。
「あんた、家族は大丈夫なの? ウチは2階建てで広いから、滞在できるのよ?ホントに来ていいのよ!」


みなさん、普段から日本人との取引や観光客が来ているので、日本に対しても深い思い入れがあるのだと思います。温かい気持ちをいただいたことを、皆さんとシェアしたいと思います。


テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2011 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -