トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


イスタンブールにベリーダンス留学

最近お問い合わせが多いのが、「イスタンブールにベリー留学をしたいのですが」という内容。
個別にお返事をしきれないので、ここでまとめて私の思うところを書くことにしました。


私自身がベリー留学をしているわけではないので、家を借りるとか生活面の事に関してはまったくわかりませんのであしからず。
イスタンブールでベリーダンスを習うことについて思うところをお話しようと思います。
あくまでのあたしの私見です。


ええ、辛口で(笑)


まず、あなたが「ベリーダンスをやってるし、憧れのトルコで生活してみたいの♪」という曖昧なスタンスであれば、まぁよろしいのではないかと思います、テキトウで。
楽しいトルコ生活を送ってくださいね~☆ 

中上級者で、あくまでスキルを磨きたい、というのであれば、やめたほうがいい。場所が違う。効率悪すぎ。 
東京かNYCあるいはLAあたりに留学したほうがよっぽどいいレッスンがあると思います。理由は後述します。

さらに、もうほとんどプロのダンサーの方が、雰囲気やスタイルを磨きたい、あるいは振付を仕入れたい(笑)というのであれば、まずは軍資金を貯めて数週間から1カ月ぐらいで来ることをお勧めしたいと思います。



まず、イスタンブールにはベリーダンス・スタジオなんていうものがあるわけではありません。
JazzやStreetなどもやっているダンス・スクールが、プログラムの一環としてオリエンタルをやっているぐらい。
しかも、決して人気があるわけではないので(タンゴやサルサのほうがよほど盛ん)、スタジオのメニューに書いてあっても、実際に継続してレッスンが行われているのは、非常にまれです。
そしてそもそも、そのスタジオ案内がトルコ語だったりします。

私が通っているDancentrumでさえ、夏と冬の休みが長く、なんだかんだとレッスンがあるのは年に半年ぐらい。
しかも、トルコ人は「ちょいとお金持ちのOLやマダムが余暇に趣味として楽しむ」なので、日本のように、ハフラや発表会目指して、家でも練習して、DVDでも自己練して、、、なんてことはありません。
つまり、クラスとしてのレベルが低い。 これは、外人の多いWSに出たりすると痛感します。

となるとプライベートレッスンになりますが、先生も、英語を話さない方が多いので、まずは予約を取るのがタイヘンです。 そして、レッスンもトルコ語、、、というよりは身振り手振り。
金額的にも、日本でのプライベートレッスンの、倍以上 ふっかけられる かかるかもしれません。
目安としては、1時間100ユーロぐらいからスタートというところでしょうか。

とにかく、イスタンでのプライベート・レッスンにはお金がかかります。
あまり大きな声では言えませんが、「ベリーダンスしたくて!」とトルコにやって来ながら、事前にチェックしていないのでクラスがなく、しかも資金もなくて個人レッスン料が払い切れず、結局ぶらぶらしているだけの方も過去数年間に何人かお見かけしました。(そして消えていった。。。)
それだったら、日本でお金を貯めて、短期間に集中してプライベートを受けたほうがいいと思うのですが、いかがでしょうか?

次に、踊る場所がない。
トルコには「ベリーダンサーが出るトルコ料理レストラン」なんてありませんから、ショーダンサーとして踊れるのは、一流のショー・レストランか、いくつかのメイハネ(飲み屋さん)、そうじゃなければ違うオシゴトがくっついてくるパターンですよ。それにそもそも、ちゃんとしたとこは就労ビザが必要になります。
つまり、日本のように、月に数回踊るプロのベリーダンサーなんて、存在しないわけです。

生徒としても、ハフラや発表会があるわけではないので、踊る場がない。
衣装は安く買えるけど、着て踊る場がないのです。
習っても、踊るチャンスがない。 目標がなくて、それでもレッスンを続けるのは覚悟がいりますよ。
(イカンただの愚痴になってきたw)



今まで見てきた中で、ベリー「留学」として成功しているパターンだな、と思うのは、

フェスティバルや集中WSにからめて来て、数週間~1カ月程度滞在し、集中的にプライベートを受ける

習った振付を日本でガンガン踊る

それを、毎年繰り返す


私のお友達の具体例です。 彼女は、もちろん自身の日頃の努力も大きいと思いますが、明らかに成長している。
もちろん、プロ・ダンサーの方も、ほぼ全員がこのパターンだと思います。




皆さんのイスタンブール滞在が実りの多いものになりますように、あえて苦めに書いてみました。
すこしでも参考になりますように



スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:16


ベリーダンサーとにきび

自分でちょっとびっくりしたんですが、このブログのカテゴリーに「ビューティー系」ありませんでした。。。ベリーダンサーとしての自覚が足りなさすぎるんじゃ(笑)

で、本題です。


にきび、、、っていうと「あんたのその歳では吹き出物でしょうが?!」と、どこからか突っ込みが入りそうですが、、、どっちでもいいけど、悩みです。
ホントの青春時代からずっとなんだけど、シゴトしているときは「不規則な生活」「睡眠不足」「ストレス」が原因だと思っておりましたが、今となってはもう思い当る原因がないんだけど、出るんですよね、、、(嘆)

個人的な感想としては、お米を食べすぎるとたくさん出る気がする。。。1日2食以上米食だと出る気がする。
あと、ベリーさぼってると出るのは、やっぱりベリーって女性ホルモンを活性化するからでしょうか?!
髪の生え際とか、あごとかに出るニキビは、男性ホルモンの影響なんですって。


そんなこんなで、帰国の度に皮膚科で処方限界まで塗り薬を出していただいていたのですが、今回はいつもの薬(抗菌薬)をもらいに病院に行く前に、ニキビ用新薬がでた(っていっても数年前)という情報を得まして、ネットでその新薬を処方してくれる皮膚科を探していってきました。


で、使った感想。


今更こんな薬があるのは、ズルいと思う。



あたしの青春時代には、クレアラシルしかなかったよ?
今のおじょーちゃんたちがお肌ツルツルなわけですわね。。。


このお薬ですが、残念ながら副作用(っていうか、反応)が強いしく、ピリピリする、赤くなる、皮がむけるなどの反応があり、約3カ月をかけて治っていく(にきびって、完治はしないんだって)そうですが、まだ数日しか使ってないけど、たびぃ。さんツラの皮が厚いらしく、初日にちょっとピリピリする?って思ったぐらいで(エステのピーリングぐらいの感覚)、着実ににきびが減ってきた!

なんでも、角質を軟化させる作用がある(だからニキビの詰まりがなくなる)らしく、肌全体が柔らかくなってきたというオマケもあります。

残念なのは、このお薬日本では顔以外の部位への治験がされていないそうで、顔以外への使用が許可されていません。でも、製造元のサイトを確認したら、体もOKでしたゎ、、、ごにょごにょ、、、
さらにこのお薬、妊婦さんや妊娠の可能性のある方は使用不可だそうです、要注意。


それでもなんでも、とにかくニキビで悩んでる方で試したいという方!
皮膚科で「アダパレン」という成分の含まれたお薬について聞いてみてください。

医薬品ですので、具体的な商品名の明記は避けました。ご了承ください


でも効くよ~!!!


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


9/8拍子ドラムソロ

フェスティバルで、Ozgen王子に9/8拍子のドラムソロ(正確にはズルナが入るからドラムソロじゃないんだけど)を習いました。

ロマっていうと歌モノが多いし、基本即興だし(っていうかパーティー踊りだし)、わざわざ振付にして覚えるとかいうものではないのですが、王子に習ったドラムソロは、ちゃんとドラムソロでありながらロマの味を損ねていなくて、しかも2分と短い! と3回おいしい振付でした。

なんで今更そんなことをひっぱりだしてきたかといいますと。。。


忘れていたのさ。

再来週、OzgenのWSのパフォーマンスで何か踊るんだった(汗)


Ozgen王子からのメッセージで「ねードレ踊るの?」と言われて思い出しましたです、ハイ。
しかも、「ドレ」であって「ナニ」ではないのです。

王子のご期待に応えないわけにいかないので、ネスリン先生振付の「オリエンタル + ドラムソロ」構成の振付の後半ドラムソロを、Ozgenの9/8拍子ドラムソロと入れ替え、がっかりさせてから、おおっ♪と驚かす作戦です。ひひひ。

ちなみに、本来のターキッシュロマは別にスカートひらひら踊りではないので、ドラムソロになっても、オリエンタルの衣装で踊っても、特に違和感はないのです。そういうロマって、日本にはないかなぁ。。。
WSに何人も日本のダンサーさんや先生がいらっしゃったので、もしかしたらどこかのステージで見れるかも!


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


お誕生日、、、そして次の1年

お誕生日でした! びっくりするぐらいたくさんお祝いメッセージをいただいて、嬉しかったです♪
プレゼントも! みなさんにお祝いしていただけて、幸せです
ブロガーの自覚がないので、写真がないぞ。。。


さて、どのタイミングで発表しようかと思っていたのですが、お誕生日っていい区切りかなと。
なんとなく、新年よりも「自分の1年」っていう感じするよね。



来年、9月上旬に、イスタンブールで
ベリーダンス・フェスティバルを開催します。


ブログでもチラチラと書いてきたのですが、前回、前々回とお手伝いしたフェスティバルの主催者と、考え方や仕事の進め方に相容れないところがあり、もーやらんとフェス前後に思っていたのですが、はからずもたくさんの講師陣やバザール関係者に、「独立して自分でやりなさい。協力するから」とすすめられ、、、

確かに心くすぐられますが、個人(しかもガイジンだし)が、外国で大きなイベントを開催するときのリスクを考えると、やっぱりリスクが高すぎる。

フェスを一緒に運営した相方と検討し悩んでいたところに、ゴッドマザーが表れました。
とある国で小さな旅行会社を営み、ベリーダンス・ツアーをもう10年も企画運営している方から、「イスタンブールでフェスティバルをやりたい。パートナーになってくれないか」というお申し出をいただきました。
ゴッドマザーと相方と、3人で数回のミーティングを重ね、ついに契約成立。



決定の理由? それはねぇ。。。ゴッドマザーの魔法かな(笑)

こういう大規模イベントは、もちろんビジネスとして成功させなければ、5年10年という単位で継続していけないので、経営という視点も大事ですが、そのためには根底に「ベリーダンスに対するレスペクト」と「お客様だけでなく講師や関係者を大切にすること」があることが大前提。前回、前々回のフェスでは、その大切さを反面教師から学びました。

対するゴッドマザーのツアーは、長年、彼女の方針と人柄に惹かれ、あのAzizaやJillinaが万障繰り合わせて参加してくれ、参加者もリピーターばかりで、まるで毎年同窓会みたいな雰囲気なの。
誰もがハッピーで、しかも、10年続いているからにはちゃんと儲かっているはず、、、その魔法を学びたい!



すでに、会場とホテルの選定、そして講師の選定に入っています。講師については、ゴッドマザーのコネと、私達のツテで、びっくりするような豪華メンバーが内定しています。
運営に関しても、Paypal導入など、経験から得た改善を盛り込んでいきます。
WSの内容も、自分が今まで受けて良かった内容や、こういうことを教えて欲しい思ったものを盛り込んで、単なる「振付お持ちかえり」みたいなWSだけではなく、基礎やテクニックなどのクラスも設けたいと思っています。
あと、「オリエンタル・ダンサーが、ちょっとトライバルを齧ってみる」とかね(笑)


正式なプレスリリースは、8月頃を予定しております。
でも実はすでに、身内系から参加申し込みをいただきました(笑) ツアー組む!って言ってくださった有名ダンサー&講師のお友達も♪ 他にもいくつか素敵なオファーをいただいており、発表できるのが待ち遠しい。
いままでの繋がりがどんどんさらに繋がって、形になっていくのが、不思議なようで、必然なようで、、、


とりあえずは、蟹座新年の抱負、でした!

 







テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


派手じゃないです!

台風ですね~ 日本の台風4年ぶり。
これだけ湿度が高いと、お肌も勝手にもっちりしますね(笑) トルコの友人達に、「なんかねぇ、1日中ハマムにいるような天気だよ~」って説明しちゃいました。


さて本題。

ベリーダンサーのためのパーソナルカラー診断をやった時も、FIGさんでバイト(夏休みのバイト! 何年、、、いや何十年ぶりだ?笑)してる時も思うのですが、その方に似合う色をお勧めすると、お客様から


「派手じゃないですか?!」



というお声をききます。


お客様には、半分冗談っぽく「ベリーダンスですから、派手でもいいじゃないですか! お似合いですよ♪」
とお答えするのですが、誰にでも、似合う明るい色があります。

似合わない明るい色を着るから、色が本人よりも目立って派手という印象になるのです。似合う明るい色を着れば、肌もキレイに見え、若々しく見えるし、何より気分がアガりますよね♪

お客様の中にも、「ええ~こんな色、自分では選びません。。。 あらっ、似あったりします?!」と素直に受け入れてくださる方もいらっしゃいますし、「普段着ないから、、、」と固辞される方も。
普段、着ない色だからこそ、非日常なレッスン着で楽しんでいただきたい(慣れていただきたい)んですが、、、ま、無理強いはできないしね。ザンネン。

あ、押し売りと思われるのがイヤなので、レッスンパンツならレッスンパンツ、チョリならチョリで、探していらっしゃるもので「もっと似合う色」がある場合にだけ、おススメするようにしてます☆

衣装のほうも見ていらっしゃる方にだけ、お客様を見て、色・デザインで選び出し、「これいかがでしょう?」とお勧め。「あら、衣装は見るだけのつもりだったのに、、、困ったわ、、、カード、使えます?」なんてお買い上げいただくと、嬉しくなります♪小さくガッツポーズ。


23日(土)、30日(土)もFIGにおりますので、興味のある方はぜひどうぞ。
お昼過ぎぐらいの開店直後はお客様もまばらなので、ゆっくりお選びいただけますよ♪



さて本題に戻りますが、、、


似合う明るい色   = 素敵

似合わない明るい色 = 派手


キレイ色のお手頃価格なタンクトップやTシャツがたくさん出回るこの時期、お店の鏡でとっかえひっかえ、ぜひお試しください。







テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


ヘルプのたびぃ。です(笑)

本気で暑いですねぇ。。。
日本の夏は4年ぶりなので、少々溶けはじめています。

こう暑いと、約束のない日は①クーラーの効いたお部屋に閉じこもってネットしてるか本読んでる  ②アイスノンに扇風機でお昼寝 のどっちかで、これじゃあ日本にいる意味がないかも、、、

ということで。


FIG@原宿店で、本日より20%OFFセールをしているのをヘルプに行くことになりました。 あ、セールはもうやってるけど、あたしが行くのは明日から日曜、月曜(祝)です。

セール期間中ですし、個別のコンサルティングはできませんが、「どっちが似合います?」の相談にはのってさしあげられるかな~ (あと、後ろ洗濯バサミで止めるとかw)


みなさま暑い中ですが、どうぞお気をつけてお越しください。
(あたしも熱中症に気をつけます。。。)


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. WS・レッスン情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


男性ベリーダンサー

最近ブログで紹介しているお気に入りダンサーさんが、Serkan TutarとかOzgenとかばっかりなので、


男性ダンサー好きなの?


って聞かれるんだけど。。。 はっきり言って


好きなの♪


まずは、センセイとして好き。
女性のダンサーの振付って、なんていうか、「本人が踊って美しい振付」な気がするんですよね。
その店、男性講師の振付は、「誰が踊っても、その人らしさを出しやすい」気がする。 間口が広い感じ?
そして、丁寧に親身に教えてくれる人が多い。

今気がついたのですが、アタクシ、持ちネタがネス先生の以外はことごとく男性振付師のものでございました、、、ちょっと偏り過ぎかしらん?(笑)
そして、エンターテイナーとしても、観客をとても大事にして楽しませてくれるのがスゴイ!



ところでこの男性ベリーダンサー、「女性性を象徴するベリーダンスに男性なんて?!」っていうおじょーさまが時々いらっしゃいますが、


バカおっしゃい



トルコでは、伝統的に、男性のベリーダンサーが存在してきました。
それもたくさん。

kocek2.jpg
wikiからお借りしました。キョチェッキのトループだよん。

彼らはキョチェッキköçekと言われ、男女同席がまかりならないイスラム教のオスマン朝宮廷において、男性席の宴会を盛り上げるエンターテイナーとして活躍しました。

ハレムの女性ダンサー(こっちはチェンギと呼ばれます)は、スルタン以外の男性の前で踊ることが許されず、街中で踊るどころかフラフラ出ていけるわけもありません。

そんな中でも、比較的自由度の高い非イスラム教徒のロマやギリシャ、アルメニア系のチェンギを介して、ハレムで発展したオリエンタルダンスが「外」の世界に出て行く橋渡し役を担ったのが彼らなのです。

kocek.jpg
Hatem Hamdiに似ていると思うのはあたしだけだろうか?

彼らは、宮廷の宴席で踊ったり、市井の結婚式でもエンターテイナーとして活躍したそうなので、ロマの影響を色濃く残すターキッシュ・オリエンタルの元祖は、彼らなのかもしれません。


ザ・正統派ターキッシュ・オリエンタル


ということで、ターキッシュ・オリエンタルを踊ります、、、とか、トルコ大好き♪とかいうベリーダンサーのみなさま、彼らを邪道と思うほうが、邪道ですわよ。 



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・オリエンタル
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


ベリー・カラー診断 無事に終了、のご報告

FIG原宿店での「ベリーダンサーのためのパーソナルカラー診断」、無事に終了いたしました。
今回は、この暑い中、わざわざ新幹線で遠くからお越しくださった方も含め、11名の方のカラー診断をさせていただきました。

「初めてのベリーダンス衣装なので、ネットではなくて店舗で、プロの方に選んで欲しくて」なんて、しかもわざわざ安い衣装なら1着買えちゃうような交通費をかけて来てくださったりすると、もうそう考えていただけただけで嬉しいし、緊張するし、真剣になります。

今回は、1着は持っているんだけれど、2着目以降をそろえる参考にしたくて、、、というお客様が多く、なるべく今後の展開ということを念頭に、「一番似合う色」「似合う傾向」「これだけは買わないで」という方向でお話しさせていただきました。

全体的な感想としては、やっぱり、

1着目を買う前にカラー診断したほうが対費用効果が高いw
かな~


特に意識せずに、普段から自分に似合う色を選択しているケースも多いのですが、残念ながら



う~む。。。



という1着目をお持ちの方も多くて、、、そういうお手持ちの衣装には、アクセサリやベールでごまかす方法も伝授したのですが、中にはおすすめ「ヤフオク」なケースもありまして、、、
ちょっとキツいかと思ったのですが、その似合わない色と、私がおすすめの色での顔色の差を鏡でお見せして、どのぐらいの差がでるのかを体験していただきました。

だって、お金と時間をかけてレッスンして、せっかくの晴れ舞台なのに、似合わない衣装じゃもったいない!

カラー診断って、実は私達はほとんど一目見ただけで、タイプや似合う色がわかるのです。
あの布を宛てて見ていくのは、「ご自身に客観的に納得していただくため」なのですよ。。。(とかバラしていいかしら?)それに、本人が納得していないと、「○○色が似合います」って言われても、結局自分の「好きな色」を選んじゃうような気がするので、とにかくご本人に納得してもらうこと!を大切にしています。


そんなお話の内容でも、最後にはみなさん、鏡に向かって目を輝かせながら、「ゼンゼン違う~」「すごい素敵!」と声に出しておっしゃるのを聞いていると、本当に嬉しくなります。ベリーダンサーは、まず自分が自分を素敵と思わなくちゃね!


、、、ということで、無事に3日間を終了することができました。
ご来店くださったお客様、ありがとうございました!

記事を読んで興味を持たれた方、今回逃しちゃた方、、、実はやってほしいというリクエストが来ているので、FIGさんとも要調整ですが、も~しかしたらあと1回ぐらい設定するかも。
なので、興味のある方は、studiokraliche@hotmail.co.jp まで、お問い合わせくだされば調整できるかもしれません。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


ベリー・カラー診断 完売御礼

ただいまーの日本です!!!

飛んでる間に、無事にパーソナルカラー診断、ご予約完売したしました。
ありがとうございました!!!(いや、過去形じゃなくてございます、か)

限りなくサクラに近い(感謝です☆)内輪なメンバーのお名前も見かけますが、一般のちゃんとしたお客様も来てくださって、本当に嬉しいやらありがたいやら。。。

今回は個人診断なので、臨機応変にお客様それぞれのご要望になるべくお応えできるように努め、みなさんが素敵な一着に出会えるよう、がんばってサポートしたいと思います。
結果はあらためてご報告しますねー♪





テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


ベリー・カラー診断 ただいま準備中

ベリーダンサーのためのパーソナルカラー診断
7月8日~10日 
ベリーダンスショップ FIG原宿店にて
詳細はこちら→FIG

プライベート、もしくはお友達と2人でセミプライベートで、パーソナルカラー診断を行います。
あなたが似合う色、素材、デザイン、アクセサリのつけ方やメイクの色の選び方などのアドバイスを差し上げた上で、ご希望の方には、具体的にコスチュームを選ぶお手伝いをさせていただきます。

診断を受けた方は当日、ベリーダンスコスチュームが新着100着も含めて特別価格になりますので、ぜひ!衣装買う予定のある方には、見逃すには惜しい本当にお得な太っ腹企画デス!

お陰さまで、ご予約が埋まりつつあるそうですので、お申込みはお早めに♪
※7月8日(金)、アフター5の時間帯OKです! オシゴト帰りにどうぞ~☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


、、、っていうか、来週だよ?(大汗)
あまりにも急な告知なので、集客がちょっと心配、、、で、この記事を書いている途中で24時間でもう1/3埋まったとの「申込み状況報告」がFIGさんからありまして、ちょっとホッとしています。。。。

別に告知が急なんじゃなくて、オーナーのSちゃんと開催決めたのが数日前なの。
でも大丈夫です。内容は保証します(当社比)


さて、今回のカラー診断ですが、秘密兵器登場!!!


じゃーん


P1020205.jpg


一般のパーソナルカラー診断では、コットンもしくはポリエステルのドレープ(あて布)で診断をするのですが、実際にベリーダンスの衣装に使用される素材では、発色が異なったり、色の選択が限られていたり、、、

何度か診断をするうちに、そこがとても気になっていたのです。
まぁ、2時間コースだと多少余裕があるし、普段のオシャレにも応用できる内容ではありますが。。。

でも、今回は1時間コースなので、前から考えていた(ほんとだってば)アイデアに挑戦してみることにしました。


studio KRALICHE独自の手法による
ベリー・カラー診断

実際の衣装用素材「そのもの」を利用して、お客様のカラーの診断をさせていただきます。
これなら、短時間でお客様に色x素材の組み合わせを実際に体験しながら理解していただくことができるので、衣装選びに直結したアドバイスができるだけでなく、こちらからの説明時間が浮くので、お客様それぞれが「知りたいこと」にお答えする時間がとれるはず。

ということで、かなりの自信作です。 ご期待ください。



そして、ブログを読んでくださっている方はもう想像がついていると思いますが、

120%スポンサード・バイ・「おやじの店」

だって、店に端切れのなかった色なんか、布屋さんに一緒に行って買ってもらった んだもん。。。  みなさんのご厚意と期待に応えられるようにがんばります~☆



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


ベリーダンサーのためのパーソナルカラー診断

7月8日(金)、9日(土)、10日(日)の3日間、FIG@原宿店にて、


ベリーダンサーのためのパーソナルカラー診断


を実施します。

お客様のカラーのタイプを判定し、その結果に基づいて、お似合いになる色、素材、デザイン、アクセサリ、、、などをトータルでアドバイスさせていただきます。


前回のカラーセミナーは「講習」スタイルでしたが、今回は「パーソナル診断」ということで、がっちりプライベートでいきます。
会場となるFIGさんには、新作ベリーダンス衣装がなんと100着は届くそうなので(今、彼女ガツガツ買ってます笑)、 「ボーナス出たし、買うわよっ!」 っていう方のためには具体的に衣装を選ぶお手伝いもできますし(当日のみ特別価格ですって)、手持ちの衣装の整理をしたいかたは、写真を持ってきてくだされば、ベールとの組み合わせやアクセサリのあわせかたなどのアドバイスが可能です。

一人じゃコワイ(笑)方は、お友達と2人でおいでくださいね。



会場が衣装屋さんなのは、FIGさんからお声をかけていただいたからなんだけど、似合わないものの押し売りはゼッタイにしませんのでご安心ください。 よく、お店とかで売り子さんがゼンゼン似合っていないのに「まぁ~お似合いですこと~」ってやってるのを見かけるのですが、あれ、本当にイヤなの。

本当に似合うものだけをお勧めします。

欲しい色があって、残念ながらそれがベストの選択ではない場合には、どうやってその色をあなたに近づけるかをご一緒に考えましょう。(実は、そっちのほうがずっと難しいの。 詳細は企業秘密❤)

そして、どうにもならない、やめたほうがいい色の場合には、はっきりお伝えします。だって、もったいないもん。前回のセミナー講習の際に、みなさんに具体的なアドバイスを差し上げたのですが、「ベールで似合う色を足しましょう」から、「、、、ヤフオクで売っちゃえ?」まで、いろいろでした。



お時間と興味のあるかたは、FIGサイトで詳細を → FIGへ飛ぶ
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2011 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。