トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スマートになったベリー☆ベリー☆イスタンブール

スマートフォン用のテンプレートを(正確には「も」のはず)を適用してみました。スマートフォンからご覧になっている方は、見やすくなりました? ??

おお!でかした!という方は拍手ください。拍手が20以上あったら、今後のせる写真のサイズを最適化するとか、広告消すとか、気合いれてカストマイズします、、、

<追記>
GWだということを忘れておりました。。。 ページビュー自体がすごい少ない時期でした。

今週は、いよいよロマニ・ツアーでバタバタしておりますので、次記事はGW明けにそのレポートなど。
そういえば、みんなブログ読むのって、どのタイミングなんだろう。。。 書くヒトは自分の記事アップでPCに向かったついでに、、、かな?(それはあたし) 読むヒトは、電車を待ちながら、、とかの空き時間?



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


ベリーダンサー柄の絨緞!

旧市街のとある絨緞屋さんで、今まで見たことのないものを発見。

P1030398.jpg


寄ってみると、、、


P1030397.jpg


ベリーダンサー!!!


ちなみにこちら、トルコの絨毯名産地ヘレケ製のシルク絨緞だそうです。 サイズ的にも柄的にも、物好きな外人需要か、お店での展示用? 私は絨緞を壁に飾るのが好きではないので(だって、絨緞って敷くものでしょう?)買いませんが、どんな方が買うのか気になります。やっぱり、ベリーダンサーかしら。。。


連れては帰れないので、お店の方におねだりしたら写真を撮らせてくださいました。
踊り子さん、可愛いでしょ♪



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


先生は誰を見ているのか?

ちょっと酔っ払っている勢いで書いちゃいます。 ひひひ。

今日のロマのレッスンの時に思ったのですが、先生って、誰を、、、というか、何を見て何を注意するんでしょう?
この間のオリエンタルのレッスンの時に、なぜか集中攻撃的に注意されたんですよ。手の角度、浮かせた足のつま先の角度、体重の移動のタイミング、、、

ごく客観的に、クラスにはその基本ステップすら怪しいヒトもいるわけです。
なのに、なのに、、、


で、今日のロマのレッスン。今度は一度も注意してもらえないの。
ロマは最近復活したので、できてないとこいっぱいあるはずなのに。しょぼん。


どちらの先生もですが、同じ授業料を払って来ている生徒なんだから、同じように目を配って、同じように注意してあげるべきだと思うのですよ、違いますか?
ちょっとならいいのよ、人間だから「ちょっとコイツは可愛い」とかあってもしょうがないじゃない?
でも、同じ生徒である以上、その人のレベルにあったアドバイスを、均等にするべきなんじゃないかと思うのです。
そのほうが、生徒も居心地がいいと思う。
百万がイチにも、私が教えるなんてことになったら、全員均等に目を配りたいし、アドバイスしたいと思う。

それとも、そこそこ踊れるようになるまで先生に個別のアドバイスはもらえないってことか、、、

逆にHadiaのWSは、一番できないあたしが一番注意されて、プロのダンサーさんばっかりだったので、申し訳なくて、本当に困りました。 日本人に戻っても、あそことあそこのスタジオへはいけませぬ。。。


ということで、先生はいったい誰を見て、誰に注意をするんでしょうか?
ヒトによって、出来てる人をさらに磨きたがる先生と、できない人をどうにかするほうに注力する先生と、傾向が分かれるのでしょうか。


先生にはニュートラルであっていただきたいと切に思います。


以上

この記事、センセイ達からはコメントこないだろうなーーー





テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:12


わかった

IKUYOさんからいただいたお返事を書いていて、気がつきました。


あたし、木になったり風になったりするよりも、

月影千草のマネしたり、姫川亜弓になりきったりするほうがはずかしくないかも


こりゃ、ミスティカル系のダンサーにはなれんわけだ。。。
ツイッターやってないので、ブログでつぶやいてみました。

みなさまよい週末を♪
トルコは三連休です!
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


かたつむりの呪い

ウワサのかたつむりクリーム、遅ればせながら試してみました。
なんとなく生臭いものを想像していたのですが、あら意外といいじゃない、、、なんて思いながら塗り塗り。

ベッドに入り、うとうとしはじめたところ、、、



顔中に、ものすごいかゆみが!!!



慌てて鏡を見たら、すごい蕁麻疹!!! 慌てて洗い流し、余りのかゆみにかゆみ止めを塗りまくり、アレルギー薬を飲んで冷やすこと一時間。。。 泣

これはぜったい、犠牲になったかたつむり達の呪いに違いない。
だって、製造工程とか想像すると、、、

、、、というのは冗談としても、あたしはどうも、動物系美容モノは体にあわないようです。
蛇シャンプー、ぜったい試すのやめておこう。


これはあくまでも個人の経験であり、特定の商品を誹謗中傷する目的ではありませんから!
テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:1
  3. / comment:8


2012 HIDRELLEZ

ロマねたが続きます。なぜか春になるとロマが踊りたくなる、、、のは、一昨年のHIDRELLEZのロマのお祭りが本当に楽しくて、忘れられない思い出になっているからでしょうか。(ね、mayoさん♪)
じぶんの意識が飛ぶほど(失神したわけじゃありません)音楽と踊りの渦にまきこまれた経験は、忘れられません。

そのAHIRKAPIのHIDRELLEZのお祭り、去年は開催の数日前にキャンセルが発表され、すごくがっかりしたのですが、なんと、去年だけ中止になったのではなくて、開催自体が取り止めになったそうです。


、、、ということを数日前に知りました。


それは残念すぎる。。。


そもそも、街中で開催されていたころに比べ、AHIRKAPI公園で実施されるようになった時点で、屋台が出たり大きなステージで演奏があったり、「ホンモノじゃない!ただの観光イベントだ!」という批判もありましたが、ロマの人たちもトルコの若者も観光客も交じって一緒に楽しめる、素敵なイベントだったのにーーー

まぁ、あの夜の交通渋滞と、ここで将棋倒しになったらヤバいかも、な人混みを考えると、テロの標的になりやすかったり事故が予想されたりして安全面で問題がありそうだったのは事実ですし(たしか直前にテロがあったはず)、そんなこんなでイスラム回帰の進むトルコでは、なるべくなら「浮かれすぎ」イベントを自粛したいのかな、、、というのは深読みしすぎかしらん。


さて、いずれにせよもしやイスタンブールでのロマ祭り参加を考えている旅行者の方は、たぶんやっていないと思われますのでご注意ください。

なんでも、マスラックのほうで、有名アーティストを呼んで入場料を取って商業イベントとして大きな会場でやるみたいです。でも、入場料を取る時点で、ロマの人達はわざわざ来ないだろうなぁ。。。野外コンサートと思えば安くて楽しそうだけど。あの、ピクニック気分の開放感はなくなっちゃうのかしら、、、「ロマのミュージシャンとダンサーは入場無料」「ロマっぽい格好してたら半額」とかやったらどうかしら?

あたしはEdirneまで遠征して踊ってきます。
願掛けをしながら、焚き火を飛び越す、、、のには挑戦しません。たぶん。











テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


下を向いて踊ろう

ロマのレッスン。
数年前の入門・初級のレッスンの時には、ひたすらステップだったのですが、今月から通い始めたクラスでは、振付を習っています。

ロマのステップって、そんなに複雑怪奇なものではないので、振付もステップを覚えるための手段、のような感じです。先生も、曲が変わっても即座に組み替えて踊れるようにしておくこと、と常に言っていらっしゃるし。それに、毎回のレッスンのはじめに、ウォームアップがわりに数分ですが即興の時間があります。

ステップそのものはあまり苦労していないのですが、今とっても困っているのは、


前を向いて、キレイに踊らないこと


オリエンタルで、前を向いて~上体を持ち上げて~腕は伸ばして柔らかく~上品に~優雅に~、、、って練習してきたのに、いきなり突然、


前見て踊るな!~

って言われてもねぇ、、、あなた。


腕は力強く、前を見ずに大地をみつめ、自分自身(のため)に踊る、、、 確かにフラメンコに通じるジプシーの流れでありますねぇ。。。 わかっちゃいるけど、できないもんです。
亜弓さんのように、「ばあや、これからゲジェコンドゥに引っ越しますから」と生活から全とっかえするわけにもいかないので(オリエンタルあるし)、ひたすら見て真似するのみ。精進精進。

そんなこんなで、振付も「あれどこ見るの?姿勢は?」と考えながらやってるので、なかなか踊れるようになりません。前屈み気味で踊るのって、どうしても違和感を感じる。 本人が違和感あるんだから、外から見たらもっとワザトラシイんだろうなぁ。。。。

でも、それが自然にできるようにならないと、ロマらしいロマンダンスにならないので、週2回のレッスンと、ReyhanのDVDで復習します。 Hidrellez(ロマの夏祭り)までにどうにかなるか?!






テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:10


ちょっと、もちあがる

フェスティバルがない、、、ということは、オープンステージで踊るチャンスもないということで、、、とがっかりしていたところへ、スタジオから電話が。


「たびぃ。さ、六月って、イスタンブルにいる?」

「いるよー なに?」

「スタジオで、発表会やるんだ。パーティーじゃなくて、ちゃんとステージのある会場借りて。出ない?」

「でま~~~す」


即答w。 hiphop兄さんとか、フラメンコ美人とか、キッズとかと、ステージって楽しそう!!!
それに、年末パーティで顔見知りになった人も多いので、なんとなく気楽だしネ♪

、、、で、何を踊りましょうかねぇ、、、
多分またクラスとしては出演しないので、ソロになっちゃうかな?
ドラムソロはこないだあんまり受けなかったし、さすがにコテコテのシャービ(Dinaの桃の歌、フェスティバルで踊ろうかと思ってたの)はちょっと違うし、トルコ人の好みとしてはリズミカルなオリエンタルかノリのいいpops系がいいかな、、、実は、次のパーティーのチャンスではRAKKASでジルやったら受けるだろうとか思ってたんだけど、ステージだとちょっと違う感じかなーーー

OZGENに去年習った、トルコのオリエンタルにするか、今Serapにならってるエジpopsにするか、悩んでます。。。いっそのこと、ロマとか踊ったら、ガイジンが炭坑節踊ってるみたいで面白い??


ないとつまんないし、あるとタイヘンだわねぇ、ステージって。


今月はなにをどうしたのか週四回レッスンという、イスタンブルではありえない贅沢月間なのですが、あっちもこっちも新しい振り付けをやっていて、もう一つ詰め込めるか不安です。。。


暗記パンほしーー


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


、、、がっかり。すごく。

このブログでも、Raks TURKEYのサイトでもお知らせしていました、6月にアンタルヤで開催されるはずだった Orient Dance Universe が、キャンセルとなった旨の連絡が来ました。



、、、なんと、申込も問い合わせも、日本人からしか来ていないらしい、、、




いやはや。


宣伝期間が短すぎたこともありますが、ヨーロッパの景気の悪さと、何よりも最近はどこの都市でもベリーダンス・フェスティバルが開催され、わざわざトルコくんだりまで行かなくても、有名どころの先生がたのレッスンが自分の国で受けられるから、、、というところでしょうか。 

確か、昨年秋に、エジプトで「第3のフェスティバル」が計画されたのも、ポシャりましたよねぇ。。。 ヨーロッパでも、フェスティバルが乱立していて、流れたりしているみたい。特に、ギリシャ、イタリアあたりはヤバいらしい。。。

私自身も楽しみにしていたのでとても残念だし、何よりも宣伝を見てくださって申し込まれた方にはなんとも申し訳なく、恐縮です。

Raks TURKEY、なるべく多くの情報を提供しようとすると、今後もきっとこういうことって起きますよね。
情報サイトって、もうそこは割り切って、たくさんの情報を提供するほうがいいのか、信用できるとこだけに絞るべきなのか、、、いろいろと考えてしまいます。
市役所の看板じゃないしなーーー



その一方で、5月ゴールデンウィークのロマ漬けツアーは、無事に開催できるだけの人数が集まり、なんと遠くはトリニダード・トバゴ(ってカリブ海?)からまで申し込みがあったそうで、イギリス、ドイツ、スペイン、、、と、国際色豊かな小人数ツアーで、参加するのがとても楽しみです。
「せっかくだから」とオリエンタルのレッスンの希望も来ているそうなので、Ozgenのオリエンタルもオプションとしてちゃっかり開催になりそうなんだって、ラッキー♪
これはやっぱり、「ロマ」「地元もお祭りに参加」「イスタンブール観光つき」という、イスタンブールに来ないと体験できないものが含まれているからでしょうか。

なんと、とある大御所から「来年先生になりたい!」というお申し出があり、しかも来たい生徒さんもいらっしゃるそうで、2013年の開催もほぼ決まっているそうです。

先日の記事にも書いたとおり、9月のTarazadeツアーも、好調な出だしで、開催確定してるし。
こちらはオリエンタルの玉手箱で、いろんなジャンルのいろんな先生がいらっしゃるのですが、Aziaみたいな大物から、Didemのようなサプライズ、日本に生徒さんのたくさんいるSemaや、SerkanやSerapみたいにいい先生も来るからかなぁ。。。
アンタルヤも、ほんとにいい先生ばっかりなのになぁ。。。


今回は本当に残念ですが、これに懲りずに、トルコ・イスタンブールにたくさんのいいフェスティバルに来て欲しいものです。





テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:6

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2012 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -