トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


鏡よ鏡

今、「自分でできるパーソナルカラー診断チャート」とその解説を制作しているところです。ホントはプロに診てもらうのがいいんだけど、自己診断で簡易的にやってみましょう!っていうやつね。自分でみる手相占いみたいな? 巷のカラリストの方もご自分のWEBサイトなどに掲載されている方が多く、たまに女性雑誌でも見かけますよね。「パーソナルカラー 自己診断」とかでググると、たくさんヒットします。


☆☆☆
パーソナルカラーとは

肌や髪、目や唇などの色味や特徴を元に判断した、その方に特に似合う色、似合う色のグループのことです。
色の鮮やかさ、明るさなどによってグループの特徴が異なり、それを四季のイメージになぞらえて春夏秋冬で表現する、フォーシーズンカラー方式が主流です。

☆☆☆


カラー見本
こんな感じのグルーピングです。

診断で、自分の身体の色の傾向が分かれば、それと調和する自分に似合う色が分かる、という論理です。
あら面白そう?、、、と思ってくださった方は、過去ログ「ヒップスカーフの選び方」 →コチラも読んでみてください。も少し詳しく書いています。


診断のポイントもある程度は決まっているので、ヒトサマのサイトを参考にしながら(いいのかそんなこと書いて)、自分が診断する際の目安を分かりやすく書けばいいだけでしょ、カンタンカンタン、、、とさらりと完成させ、念のためにと思って、Facebookでお友達に「試しにやってみて?」とお願したらあっという間にたくさんの方がご協力くださり、、、くださったのはいいのですが、、、とんでもない事態発生。


誤診率が50%以上


ガクゼン。

ありえん。

これじゃ、使えん。 自分がどのグループなのか間違ったら、どんなに詳しく解説したってゼンゼン役に立たない!!


こんなこというとアレですが(笑)、そんなに悪い出来ではなかったのですよ。だってホラ、いろんなサイト参考にしたもん。ただ、見返してみると自分のも人様のも、ほぼ共通して言えることは、


プロの指標を、簡単な言葉で書きなおしただけ


私達は、「個体比較」をしなれているので、判定のガイドラインと経験を元に判断することができます。でも普通は「私の虹彩(瞳と白目の境目)はくっきりしている」かどうかなんて、気にしたこともないはず! 眼球のサンプル写真でもないかぎり、分からないくてあたりまえ。ほぼすべての診断リストが、全員がものすごく客観的に自己判断ができるという、ありえない前提の上で書かれているのです。

とりあえず自己診断表という体裁のものが完成すればいいので、そのまま逃げちゃえ、、、という心の悪魔のささやきもあったのですが、これはきっとカラーの神様の「勉強しなおしなさいよ」という思し召しと思うことにして、全面的に独自のものを制作しました。

これがアナタ、すんごい大変だったんですよ!久しぶりにアタマ使った。
どうしたら「希望的観測」ではなくて「客観的事実」を引き出せるか。形容詞ひとつの使い方で、違う結果になってしまうことにガクゼン。

ご協力くださった方の特徴を思い浮かべながら、全員分を検証し、ご本人にもやってもらい、誤差を追いかけて、なぜ違う選択を本人がしたのか、設問のどの言葉が誤誘導してしまったのか、、、設問を手直ししながら何度もアップデートする、という作業を繰り返すことによってようやく完成しました。その過程で思い知ったのは


自分が自分に対して持っているイメージと、ヒトが持っているイメージは異なる


ということ。

客観的に「可愛いタイプ」の方が、「自分は大人でゴージャスな雰囲気」と感じている場合、自分が表現したいものと、私たちアナリスト/コンサルタントが引き出したいものは、そもそも違っている、ということです。

正直、今回その数の多さにちょっと驚きました。「自分は個性的で華がある」という選択肢を選択した方の数の多さにもちょっとびっくりしたんだけど笑。 一般人ではありえない。ありえないのですが、それを選んだ彼女達の多くも、普段生活のすっぴんの自分というよりも、「踊っている時の自分」「表現したい自分」のイメージを無意識に選択しているのではないでしょうか。ま、一般に比べて、ベリーダンサーは「華やか」グループが多いのも事実です。

これは、目からうろこ。
アナリストとして、「分析して事実を述べるだけ」では、「本人が気づいていない魅力を引き出す」ところまで。コンサルタントとしては、そこに留まらず「本人が演出したい魅力を実現するサポートをする」べきなのかも、、、なんだかちょっと、視野が広がった経験でした。今後のアドバイスにも自分で変化がありそうな予感。



本題のチャートですが、お友達が「もー勘弁してくれや」とつぶやいたに違いないほどしつこく追いかけてまわして、2日2晩寝食踊りを忘れて没頭した結果、自分でも納得の内容になりました。 プロが対面で診断しても誤診や迷いがあるので、超かんたん自己診断チャートでここまで精度があれば、上出来。上出来。


おつきあいくださった方に、この場を借りて心から御礼申し上げます。本当にありがとう、みんな❤LOVE


諸般の事情で今ここで公開できないのが残念ですが、発表OKになったら告知しますね♪ KRALICHE のサイトでも、いずれ公開できればと思います。



スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:14


アサヤのワークショップ、、、のはずが

イスタンブールではなかなか受けるチャンスのない、エジプシャンスタイルのレッスン。ワークショップは絶好のチャンスです。

今回は、初アサヤに挑戦。知らない先生だとさすがに初○○をワークショップでというのチャレンジャーすぎますが、セルカンはイスタンブールのベリーダンスのレッスン(がない)事情を知っているので、混ぜてくれました。アサヤはもうずいぶん前に買って、自分にあった長さに調整してもらったり、多少振りまわしたりはしていましたので、初めて触ったわけではありません(いくらなんでも)

1コマが1時間半と短いため、一曲分を二回、二日に分けてのプログラムでした。おもな対象者がマレーシアからの団体さんで、アサヤ持ってきてないので、エアーアサヤでレッスンが進んだのですが、家に帰って実際にアサヤを使って復習してみたところ、できないとことかわからないところが結構あったので、2日目は、本物アサヤを手にワークショップへ。

アサヤ持って歩いてたら、電車で席を譲られちゃったよ~なんで笑い話をしていたら、セルカン登場。

「あれ、来たんだ?!」
「あたりまえでしょう、アサヤ持ってきたよ~」
「、、、ワークショップ、終わったよ? 」
「終わったって、どーゆーことよ?!?!」


何の間違いか、連絡されたスケジュールと、違う順番でレッスンしちゃったそうで!
セルカンは、あれれイスタン組がいないなぁ、振付好きじゃなかったのかなぁ、、、って思いながらレッスンしたんですって。

あちらの手違いでこうなってしまったため、特別措置として、残り1分ぶんの振付をビデオで送ってくれることになり、せっかく来たので、次のギュルニハルねぇさんのWSを受けていくことに。そしたらこれが、


大当たり


ギュルニハルの振付、久しぶりでしたがあたしやっぱり好き! 基本がネスリン・スタイルなので、そもそも慣れもあって踊りやすいし、振り付けも複雑すぎず、でもドラマティックで美しい。で、オトナ可愛いの。

セルカン、時間割間違えてくれてありがとう
感謝します。


これは本気でちゃんと踊れるようになろう、と思う一品でした。
7月半ばぐらいで9月までレッスンが夏休みでないので、これは夏休みの宿題として取り組むことにしました。現地人の特権で、振付を覚えたら、ギュルねぇさんに見てもらう約束です。

これはぜひ、いつかどこかで踊りたい、と思っています。

☆☆☆


この間オズゲンのワークショップを受けた時から考えているのですが、ダンサーさんって実は、自分の得意あるいは好きなコンビネーションで振り付けに使うものって、よくよく分析すると実は意外と限られているのかも? セルカンの振付も、もう7、8曲習いましたが「ああこれね」というのが出てきたりします。

いよいよ五年生にもなったことですし、そろそろ自分で振付とかしてみなくちゃならない時期なんじゃないかと思っているのですが、どっから手をつけていいかわからない。 同じ音にも、こんなのもあり?あれもあり得るんじゃ、、、とか考えるはじめるとキリがなく、何が最適なのかものすごく迷うし、決められない。でその結果、まとまらないままごにょごにょ。

ここはひとつ、初心、、、ではなくて初級ぐらいまで戻って、自分が好きあるいは自分のスタイルにあったコンビネーションを整理する、それをキレイにする、ほうが遠くて近道なんじゃないかとか思い始めているのです。
もういっそ、このリズムパターンならコレにしとく、ぐらいの割り切り。

どこで聞いたのか忘れましたが、かのアイダ・ヌール先生が「5曲ぐらい違う雰囲気のを踊れればあとはどうにかなるわよ」とおっしゃったとかおっしゃらないとか、、、でも、事実かも。



いつどこで請われても踊れる5曲、あなたにはありますか?


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


ダンススタジオ発表会

ダンススタジオの発表会で踊ってきました!

前々日に連絡があり、「6時半開場、3時過ぎぐらいからリハできるようにするから適当に来てね」ということで、行きがけに腹ごしらえをしてから、4時前ぐらいに会場入り。どうせ、きちんと時間割したゲネプロとかになっているわけがないので、こちらものんびりしたものです。

会場に到着すると、そこは芸術・スポーツ関連の学校施設で、楽屋や控室まで備えたかなり本格的なシアターでちょっとびっくり。そういえばアタクシ、観客の顔が見えない大きさの舞台でベリーダンス踊るの初めてでした。

嬉しかったのは、去年の年末パーティーで踊ったのを覚えていてくれた人達が何人も声をかけてくれたこと。こういうときガイジンはお得ですね。小さい女のコたちも、「あなたのこと覚えてる!今日もオリエンタル踊るの!楽しみ!!」っていって、声をかけてくれました。で、リハでは舞台にかじりついて見てた(可愛い♪)




会場設営に忙しくしているオーナーに来たよ~と声をかけると、

「楽屋にメークさん入っているから、君達もやってもらって」

「そうなんだ、はーい」(って、聞いてなかったけど?)

なんでもメーク商品のメーカーがスポンサーに入ってくれたとかで、そこのメイクアップアーティストさん達が大人から子供まで全員をメークしてくれるとのこと。あらラッキー☆☆

じゃ座って、ということで「何踊るの?」「オリエンタル(ベリーダンス)です」「おお、了解!ステージメークだからね!」という会話を交わしたあと、さっそくメーク開始です。


、、、で。

このステージメークですが。ステージメークの定義が、彼とあたしでは違ったようでございまして。

トルコで一番有名な舞踊団と言えば、アナドル・アテシュ。ベリーダンスを含む、トルコの民族舞踊をシアトリカルに構成したステージで、世界中で公演をしている有名舞踊団です。

、、、で。

彼らのメークはこんな感じ。
anadolu atesi


、、、で。

例えば「オスカル役をやります!」と言われれば、日本人なら多分もれなく宝塚のあのメークを想像するように、担当メークさんの「ステージでオリエンタルを踊ります!」のイメージは↑コレだったらしく、こんなことになりました。

anadolu atesi make
あら、これだけ引いた写真だと、あんまりヘンじゃない?

寄ってみましょう。
anadolu atesi make
目にひげがある、、、
リハ後に撮ったので、ちょっとヨレてます

まぁ、いわゆる「素敵なステージメーク」はハナから期待しておらず、むしろ記念に超トルコっぽいのを期待してたので(笑)、大成功と言えましょう。髪型も、実はアナドルアテシュを意識したので、バランス良し。本人、実は結構気に行ってたりします。。。

お兄さんもものすごく気に行ったらしく、チョク ギュゼル@「すごいキレイ」を連発してました。マネージャさんにお願いされて、タテ看をバックに記念撮影したのが↑この写真です。こんなメイク、人生最初で最後でしょう。たぶん。彼らにしてみると、「日本人のステージメイクもやった!」は宣伝になるので、ご協力いたしました。


さてさて、本題のダンスですが、二幕目の中盤が出番でした。
観客は主にサルサとかモダンダンスとか子供バレエとかを習っている生徒のご両親や、学校の案内を見た近所のおじさんおばさんだったので、

オリエンタルものすごくうけた

オープニングはイシスウィングにしたのですが、狙い通り「見たことないもの」だったらしく、「おおお~」という驚きの声が会場からあがり、つかみはバッチリ。テンポの良い定番ターキッシュ・オリエンタル曲に切り替わるとすぐに手拍子が始まり、ロマの曲ではちゃんと9/8で手拍子、最後のアゲアゲなドラムソロでもずーっと手拍子がやまず、本当に楽しく楽しく踊れました。 ちょっと間違ったとか、ぶれちゃったとか、そんな小さいことはどうでもよくて、手拍子してくださる観客と一緒に楽しむ、という感覚が大好き!

全体的には、おちびちゃん達のターキッシュ・ポップスのちょいオリエンタル風味もかわいかったし、サルサのチームのパフォーマンスは本格的、ギターやフルートの演奏とか、歌とか、ほんとうに盛りだくさん。
観客を飽きさせないように、プログラムが上手に組まれていました。

楽屋袖も、こんなに騒いでいいのか?というぐらい自分達で盛り上がり、歌だの演奏の時には即興でダンサーが出て行っちゃったりして、自分達のイベントとして全員が本当に楽しんでいて、あっというまの2時間ちょっと。

本当に楽しかった!
最後には舞台で記念撮影、素敵な思い出がまたひとつできました。


追伸)そしてこれが、自分でフリンジしたりリメイクしたブラベルトのセットよん♪



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. パフォーマンス 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


週末からたくさん踊ります!

この週末は、いよいよ発表会!

今回は、先日のOZGENのWSで同じ振り付けを習った友人と一緒にデュオで踊ります。
発表会会場のステージが大きいそうで ソロだとちょっと厳しいかもよ、というアドバイスをスタジオオーナーから事前にもらったので、お友達を誘ってデュオ初挑戦!
ちなみに、その大きいステージがどのくらい大きいかは、当日の直前リハまでわかりません。
だってトルコですからゲネプロとかないのよもちろん。

構成は、こんな感じ。

ターキッシュオリエンタル (イントロはイシスウィング初挑戦!)
  ↓
ターキッシュロマ
  ↓
ドラムソロ

切ったり繋げたりで、7分間(ちょっと欲張りすぎました、ハイ)
家で自主練しているのを見ていたスルタンの「トルコ人にものすごく受けそう」というお墨付き(笑)です。

OZGENの了解を得たうえで、二人で相談にしながらオリジナル振付をデュオ用にアレンジしたりしたのですが、面白いものでバックグラウンドの異なるオリエンタルは、細かく打ち合わせが必要、、、それでも、踊り方がやっぱりどことなく違うのです。それに比べて、同じ先生に習っているロマは、あれやってこれやって、ここ何回ね、だけでちゃんとタイミングとかが合うのが面白い。 そして、ちゃんと統一感があるの!!!
先生の影響って、すごいものだと改めて実感しました。

☆☆☆

発表会翌日から、セルカン・トゥタール主催のWSへ二日間。
このWS、人数があまり集まらずやるのやらないのすったーもんだしたあげくの、開催です。 先日の記事でも書きましたが、彼のお誕生日パーティーで踊らせていただきます。
WSは、ここではゼッタイ習えないサイーディなので楽しみ☆

、、、そして。
実はこのセルカンのお誕生日って、あたしのベリーダンス記念日なんです。(偶然一緒なだけだけど)もう4年前ですが、始めてレッスンを受けた日なのー! 一緒にレッスンを始めた友人達は、みんなもう帰国しちゃって、誰もベリーダンスやってないけどね。。。 あたしが続けてこられたのは、サイバー・ベリ友の皆さんと、イスタンにいるリアルベリ友のみんながいてくれたからです、感謝です。みんな、ありがとね☆


ということで、もう五年生です。
まだまだ五年生、かもしれないけど。


皆様も素敵な週末をお過ごしください♪



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・オリエンタル
  2. / trackback:0
  3. / comment:8


トルコ人雑感

イスタンブルはすっかり夏の陽気です。 日差しが目にイタイぐらいの青空(と、紫外線) で、おでかけには日焼け止めとサングラスが欠かせない時期になりました。
ブログのデザインも、夏らしく涼しげにしてみました!いかが?

さて、今日のつぶやき。

今に始まったことではありませんが、なんでトルコ人って、こんなにツメが甘いんだろう??? きちんとメモをとったり、確認したりすれば一回で済む用事なのに、それをサボるんですよね。。。

いや、サボるというよりも、もしかしたらこのヒト達、そもそも一回で完結させるつもりもないんじゃないだろうか?と思うんですよ。 ダメならやり直せばいいだけでしょ?なにか問題でも?的な、、、

主観的で根拠レスですが、これって遊牧民の思想なんじゃないかと。。。 一匹や二匹逃げても死んじゃってもまだまだたくさんいるから大丈夫、、、農耕民族は、何か仕損じるとその年の収穫に多大なる影響があるから、何事も慎重に、、、そんな感じ?
それともなんでしょうね、やはり子供の頃からのしつけとか、学校教育でしょうか。

まったく、いつまでたっても、手こずります。。。
言ったことちゃんとやってちょーだいな、トルコ人達よーーー!



テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


誰のために踊るのか

自主練中のつぶやき。

セルカンお誕生日パーティーで踊る予定の、セルカン振付ちょっとターキッシュ風味エジプシャン、なんかちっとサマにならないので、いっそのこと差し替えてロマ踊っちゃおうかと思ったのですが、友人と話をしていて、こう言われました。

「どんなにへたっぴでも、自分のお誕生日パーティーで生徒が自分の振付を踊ってくれたら、それが一番嬉しいはず」

で、思った。

上手いとか下手とかにあまりにも執着すると、誰のために、何のためにその踊りを踊るのか、という一番大切なことを忘れますね。。。セルカンの前で踊るんだからセルカンの振付で、、、と、言わば義務的に考えていたんだけど、そうじゃないんだ。


その踊りは、誰のために踊るのですか?


そういえば、誰か個人のパーティーで踊るって、初めての経験です。仲間うちのハフラとも、身内の発表会とも、一期一会のお客様の前のレストランとも違うシチュエーション。

誰か「だけ」のため(もちろん周りにパーティー客もいるけど)に踊る。
会場全体に向けて、みんなが楽しんでくれるように踊る。


ダンスって、奥が深いですね。。。
さて、練習せねば。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


一週間前だぞー

先週ぐらいまで、なんだかはっきりしないお天気が続いていたイスタンブールにも、ようやく夏がやってきました!

P1030863.jpg

うっかりコーヒーの買い置きを切らしてしまったので、買いに行くついでに朝ごはんも。
ほんとはトルコ式フルブレックファーストがよかったのですが、コーヒーショップのお庭がジャスミン満開で、甘い匂いに惹かれてそのままそこでカプチーノとサンドイッチをお庭でいただくことに。

帰り道にいくつか用事を済ませて、家にもどったら眠くなってきたのでそのまま二度寝、、、



、、、してる場合じゃないんですホントはっ!!



来週の日曜日は、通いのスタジオの発表会、で、翌日月曜日はSerkan Tutarのお誕生日パーティーで踊る予定です。で、なんかまだ振付アヤシイのよ~!!!

スタジオの発表会はデュオで、二人の衣装でお揃い感のあるものを、、、と探したのですが手持ちの衣装でどうにか揃いそうなのは、、、あたしの作りかけの銀のブラベルト。 え?作りかけ?

☆☆☆

この前の冬、某衣装店さんに遊びに行った時にちょうど店が材料戸棚の整理をしていて、そのまま手伝わされた時に、なんと奥から作りかけのブラだのベルトだのがゾロゾロ出てきまして、、、半端だから捨てるという中に


あたしを待っててくれた?


という程ピッタリサイズの、昔のターキッシュ・デザイン(ベルトが▽のやつね)の銀のブラベルトセットが出てきたので、ありがた~くいただいてまいりました。
正確には、ブラとベルトのデザインがちょっと違うんだけど、、、気にしない、気にしない。

ただですね~、ベルトが、ベルトだけ だったのよ。仮面ライダーの変身ベルト状態とでもいいましょうか。お店には、フリンジに出せばと言われたのですが、クラリチェとしましても一度ぐらいは自分でやってみようかと思い、、、

、、、思い、、、

、、、思ったのが間違いで、、、


とんでもなく時間のかかる作業でした。衣装って、高いと思うけど、一度でも自分でやってみると、高くないと思うようになるよね。。。

P1030584.jpg

この、ビーズをあなた、ひとつひとつ通すのですよ!!!
(正確には、お皿によそって、針ですくうように拾っていきます)
挫折して半分ぐらいで放っておいたのですが、出番が来たので、残り半分を完成させることに、、、

P1030585.jpg
そしてようやく完成!


人間ってアレです、期限が設けられるとがんばるものです。。。
振付の中にターキッシュ・ロマのパートも入れたので、どうしてもシフォンスカートの衣装が必要だったのですよ。じゃなかったら、お店からウチの戸棚に横移動しただけで終わっていたかも、、、

で、せっかく作ったので、翌日のセルカンのパーティーもこれにしようかと思ったのですが、セルカンの振付のエジプシャンを、ガチにターキッシュな衣装で踊って動画撮りしてみたら、


オールド・スクールなトルコ衣装で踊るモダン・エジプシャンって、ヘン。


ということを発見。 今更ですが、振付x曲x衣装って、やっぱり組み合わせが大事なのね、、、



ということであと一週間、踊りこみます!


  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2012 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。