トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


無題



10の出会いがあったなら、1つぐらいハズレもある。


9つの素敵な出会いに感謝して、先へ進もう。


11番目の、素敵な出会いを見つけるために。
スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:14


Tarazade ファッションショー

もうあと一月半ほどになりました、イスタンブールの新しいベリーダンスフェスティバルTarazadeで、オープニング・ガーラでのファッションショーをプロデュースします!

、、、って書くとカッコイけど、要は単に


衣装屋さんたちのおもり


ですね。ハイ。
お目付役といったところでしょうか。


ファッションショーのプロデュースって何すればいいのかよくわからないのに引き受けちゃったのですが(笑)、とりあえず2年前のフェスティバルの時にやっていたファッションショーで、「こうすればいいのにな」と思ったことを改善するところから。

まずは、ダンサーさんをモデルに起用しました。
前フェスでは、プロのモデルさんを雇っていたせいで、

衣装を知らない人が着ているので、衣装の特徴を見せられない

っていうのがすごく気になったのです。
例えば、マーメイドなら、そのラインを強調するポーズをとか、フレアスカートなら、ターンしてみせるとか、そういう、ベリーダンサーなら誰でも自然にできることができないわけ。
やたらと背が高いし(笑)

ということで今回は、参加者の人種分布にあわせて、日本人、ドイツ人、オーストラリア人、おやせさんからぽっちゃりさん、背の高い方、、、と本当に衣装を着て踊る、衣装を知っているベリーダンサーさん達にお願いすることに。日本人は、お客様が多いこともあって、お二人に。お友達のIKUYOさんとMarianちゃんが快く引き受けてくださいました(らぶ♪)

衣装店側は、トルコを代表するブランドが勢ぞろい(ただし、女王陛下を除く)。
とりあえず、モデルさんたちの写真とサイズを配布して、各店に進捗状況を聞きまわっているところです。それぞれのモデルさん達に似合う色やデザインを相談してくるお店、他店の動きを探ろうとするお店(笑)、、、性格が出ます。面白すぎる。まるで「家政婦は見た!」みたいな状況を楽しんでおります。


そんな中、とある衣装店で聞かれました。

「、、、で、キミは何着るわけ?」


、、、、コイツ賢い!!!!
モデルさん達は、とっかえひっかえ衣装を替えてしまいますが、会場をうろうろしているあたしは何か一着、着たままなわけです。

いくらなんでも衣装は着ないわよ、と言ったら、いやいや新しいデザイン考えててさ、、、ということで、衣装みたいで衣装じゃないドレスができるそうです。

オトナのドレス

こんなのとか
P1030892.jpg

こんなのとか
P1030954.jpg

を想像しておりますが、、、

若いおじょーさまがた向けの派手デザインとはちょっと違う、オトナのダンサーの方にこそ着こなしていただきたいドレス風になる、らしい。実はそういうドレス「欲しいのよねー」という声をチラホラと聞くので、素敵なのができたら面白いことになるかも! できたら、、、、ね。

最新トルコ衣装ファッションショー、どんな形でご紹介できるかわかりませんが、ぜひ日本の皆様にもお目にかけられるようにしたいと思います。 衣装のトレンドって、気になるでしょ?でしょでしょ??

なお、Tarazadeにおいでになる方で、ファッションショーに登場した衣装が気にいった衣装があれば、モデルさんご本人がお買上げの場合を除き、そのまま各店ブースで販売となりますので、ヒトメボレものがあったら、早めにお店でお取り置きをどうぞ。



それにしても、目の付けどころはシャープなんだけど、仕事最後までちゃんとして欲しいんだよね、おやじ、、、(つぶやき)







テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


「もっと知りたい!ターキッシュ・ベリーダンス」 あれこれ

、、、という、題名を編集部の方につけていただいて、Bellydance Japanで記事の連載がはじまりました。
第一回目は、トルコの歴代ベリーダンサーさん達のご紹介を。第二回目その他もろもろ、8月号の入校がほぼ目途が立ったので、自分の覚書も兼ねて、後書きなど書いておこうかと。

なにせ、「お金を払って買っていただく出版物」ですから、ブログのようにつれづれなるままに、、、というわけにもいかず、なるべく客観的にダンサーを網羅するように心がけたつもりです。 、、、が、今思うと、抜けてるヒトもいたなぁ。。。(汗)

あと、やはり仲良くして可愛がってくださっている先生方、先輩方はやっぱりつい書いちゃいます。
現在日本滞在中のSerap Suなんか、2枚も写真に顔出してるのに


「なんでカラーじゃないの?」
だとさ。
まったくもう。


セラップねーさん、現在初日本!でワークショップとショーで奮闘中です。フェースブックなどで楽しそうな写真がたくさんあがっているので、実りの多い時間になっていることでしょう。 日本に、本場トルコのダンサーが行って、WSやショーをしてくれるのは、日本でターキッシュが広まるためにも、嬉しいかぎり。

だって、今までが偏り過ぎだったでしょう?  ターキッシュは、「これがザ☆ターキッシュスタイル」というのが確立していないので、トルコでベリーダンスを習っていても、いろいろな人の踊りを見て、共通点を考えながら学ぶしかないのです。さらにトルコ国外にまで出て行って教える先生はものすごく数が限られているので、偏るのも当然だと思います。
ですので、話を戻しまして記事の中でも、なるべく客観的・中立的に、今現在トルコで活躍していらっしゃるダンサーさんを取り上げたつもりです。 文字数の関係で、次世代の若手ダンサーがご紹介しきれなかったのはちょっと残念ですが、いつかまたチャンスがあれば、と思います。



さて、そんなセラップねえさん、来日する前に、お茶飲み話で、なんのハナシしようか?と聞くので


ターキッシュと、ロマ・フュージョンと、本物のターキッシュ・ロマと、カルシラマの違い

の話をするべき、というお願いをしておきました。
参加者のつぶやきをみると、ちゃんと説明してくれたみたいで、よかった!☆

ロマとカルシラマは、アメリカ経由で日本へ入っていったようなので、なんだかどっちもごっちゃのままで伝わってしまっているようですが、トルコではカルシラマの曲がかかってロマの踊り方をする人はいません。そういう、文字で説明するのが難しい継承文化のようなものを、きちんと説明できる先生って貴重だと思います。

ただ実際のところ、最近はロマ風のアレンジをしたカルシラマ曲とかも出ているので、そういう時に、フュージョンっていうのはアリですよね。っていうか、そういうのはフュージョンで踊らないと、合わないよね?

その一方で、真偽のほどはわかりませんが、とある有名なロマのミュージシャンが、カルシラマ風に踊るとある有名なダンサーとの共演を拒んだ、というエピソードを聞いたことがあります。「それはロマの踊りではない」って断言したらしい。。。 本物に対したときには、生粋のスタイル「も」ちゃんと踊れるダンサーになれるように、ホンモノも知っているダンサーになりたいと思っています。



第二回も、引き続きターキッシュ・オリエンタルのお話です。
編集部さんからのご依頼で、今度は「ダンススタイル」についてなのですが、


そりゃ、おこがましすぎる


、、、なんだけど、プロのダンサーは、ご本人のスタイルについて語り、当然ながらそれをターキッシュスタイルと称するわけです。逆に、あたしのような立場(どんな?笑)のほうが、客観的に見ているのかもしれない。
悩んで考えた末に、あくまでも、あたしがターキッシュ・オリエンタルの生徒としての目線から、気がついたこと、驚いたこと、について書いてみることにしました。
もちろんあたしの限定された経験に基づいているので、足りないところや、もしかしたら間違っているところもあるかもしれません。 でも、そこからまた学ぶこともあるはず。

9月のTarazadeフェスティバルで、日本のターキッシュを代表されるような先生方がみなさんイスタンブールにおいでになるので、チャンスをつかまえて、先生方にもお話を伺ってみたいと思っています。
そういうのも、まとめてレポートしてみると、面白いかも! ネットでターキッシュ祭り、みたいな?

でもさ、出版物って、「あんたそりゃ違うんじゃ」とかコメント来ないからつまんないよね。。。
ということで、もし第一回連載を読んでくださった方で、ご感想・ご意見はぜひこちらのコメント欄へいただけたらとても嬉しいです。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・オリエンタル
  2. / trackback:0
  3. / comment:15


自家製ジンジャーエール

イスタンブール、35度を超す猛暑が続いています。
もうすぐ断食期間が始まるのですが、、、世の中大丈夫かしら、、、

P1030834.jpg

タクシムにお気に入りのカフェがありまして、そこのイチオシが「自家製ジンジャーエール」。ジンジャーエール好きなんですけど、なぜかトルコでは市販品もあんまり見かけません。冬に風邪ひいたときに飲むお茶っぽいからかしら?


で、この自家製ジンジャーエールですが。

、、、「自家製」って、、、

、、、ウチでも作れるっていうことですよね?



クーラーがあまり好きではないので、なるべくつけずに過ごそうとすると、やっぱり水分補給が大切。でもって、市販飲料は甘すぎるし、水や炭酸水ばっかりって飲みにくいので、作ってみました!

<材料>
しょうが
レモン
はちみつ
香辛料

香り付けに、ナツメグとかシナモンの入った粉(ホントはカレー作る時に入れるやつね)をちょっと隠し味に入れてみました。

P1040411.jpg
はちみつの優しい色


水で割っても、炭酸で割ってもおいしいです。
これ、シャンティガフ風にビールで割ってもおいしいよね、きっと。

テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


ベリー☆ベリー☆ロンドン!

休暇でロンドンに行ってきました!イスタンブールがあまりにも暑いので、ちょいと避暑に、、、と思ったら、


さ、寒い


涼しいを通り越して、寒いの!!! 


今時期はお庭や窓辺にお花があふれ、一年で一番美しい時期のはずなのですが、今年はあいにくと例年の2倍の雨量だそうで、毎日曇ったりしとしと雨降り続き。


お天気にはあまり恵まれませんでしたが、

バーゲン時期❤

街中が50%OFF!そして円高!、、、

cath.jpg
ロンドンお嬢様御用達 キャスキッドソン
後で日本サイトの定価見てビックリのお値段でした


saifu.jpg
このお財布、「ベリーベリー」(Bellyじゃなくて果物のBerryですが)っていうの!
紫xピンクxざくろ花色でLOVELY

エンジンかかっちゃって、他にもアレとかコレとか靴3足とか、、新しいお財布の中でカードが火を噴きそうになりました。でもだってほら、イスタンブールで買えないものばっかりなんだもの。


観光は、何度目かのロンドンなので、ロンドン塔とかバッキンガム宮殿などはパス。ちょっと足を伸ばしてピーターラビットがひょっこり出てきそうなコッツウォルズ地方へは日帰りで行ってきました。市内観光は、あたしの好きな街、ノッティングヒルやコベントガーデンをぶらぶらお散歩。あとは、今時期は本当に街がキレイなので、どこへ行くにもなるべくバスを使い、街並みを眺めながらの移動が何よりの観光です。


そして本題、レッスン@ロンドンにも参加してきました!
去年イスタンブールで知り合った方に「ランチでも」とお声をかけたところ、「せっかくならレッスンに来れば?」と誘っていただき(嬉)、ドロップインで、2クラス参加させていただきました。

しかも、上級クラスなんです。あたしったらずうずうしい、、、っていうハナシは棚にあげておきまして、上級クラスでもドロップインできるというのが、ロンドンすごい!!! 生徒数の厚さを感じます。

クラスも、アングロサクソン、ラテン系、多分中東系、黒人、東洋人、、、とフェス並みにバラエティ豊か。さすがインターナショナル都市ロンドン! 

さらに、ロンドン在住のプロ~アマチュアダンサーさんを含めた、コンペティションの最終戦も観賞(観戦?)に連れて行っていただきました。観客はほとんどがベリーダンサー、、、一昨年のフェスで会った方とトイレでばったり再会! あ、やっぱりヨーロッパのベリーダンス界はそんなに大きくないかも?笑

ダンススタイルの印象としては、全体的に、エジプシャンをシアトリカルにした感じでしょうか。
おじゃましたレッスンの先生もそうでしたし、コンペ出場者も、どこかバレエチックで、華やか。土地柄的に、バレエやミュージカル、演劇の影響を受けるのかなぁ、、、アラブリズムにのって、、、というよりは、スポットライトを浴びて!っていうイメージでした。
昨年お邪魔したギリシャでは、リズムの取り方も踊り方も(テンポ早いけど)エジプシャンに近かったので、やっぱり中近東との距離って影響するのかなぁ。。。と思ってみたり。
それにしても、どこの国にしろエジプトよりもトルコよりも、趣味レベルでは外国の国際都市のほうが充実しているのがベリーダンスの面白いところです。やっぱり趣味って、それなりに金銭的余裕のある場所じゃないと発展充実しないのよね。。。(そしてイスラム教圏であるということも、もちろんありますね)

今回の体験から、ブリティッシュ・ベリーダンスはちょっとてんこ盛り過ぎてあたしには難しすぎるかも、、、でしたが、取り入れられることとしては、「私ももうちょいドラマティックに踊ったほうがいいかも?」でした。もちろん曲にもよると思いますが、トルコって、割と「平常顔」のままで踊る人が多いように思うのですが、ロンドンのダンサーさんたち、ミュージカルスターみたいなドラマチックな踊り方の人が多かった気がします。ドラマチックって、あんまり考えたことなかったので、ちょっと課題にしてみようかな。


そんなこんなで休暇満喫、ついでにご禁制ベーコンなども密輸して、遊びすぎ食べ過ぎ飲みすぎのロンドン滞在から、灼熱のイスタンブルへ無事に戻ってきました!

さて、いろいろやることやらねば。。。




テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 旅行記☆オーストリア
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


チャリティーヒップスカーフ 限定発売のお知らせ@Figさん

なんでこんなに遅くなっちゃったのか、、、それはトルコだから、としか説明のしようがございませぬ。。。KRALICHEとして協力させていただきました、Figxクラリチェ 東日本大震災チャリティーのためのヒップスカーフが限定発売になりました。


コチラからお店のサイトにとびます ポチ
私のお気に入りはこちらのGreen Redです。(redよりフーシャピンクっぽいんだけどナ)
fig charity hipskirf

サンプル作品は気に入りすぎたので手元に残しました!
レッスン用はもったいないので、ステージ用かな~
P1030021.jpg



ちょっと凝ってみたら、素材が予定数分確保できませんで、、、予想以上の数量限定になってしまいました。
すでに「残りわずか」になったものもあるようですので、気になった方はお早目にチェックくださいネ☆


☆☆☆

日本の原発再稼働問題。。。

そりゃ、再稼働しないのがいいに決まってます。ただ実際、電力供給(配電網の問題かもしれませんが)イマイチ不安定な国に住んでいて、「ありゃー電気つかんわ」「電車とまっちゃったよー」他にも「断水」だの「ネットワーク落ちたまま」を日常茶飯事として体験していますと、やっぱり気になるのは、

全部停めたままだったら、どのぐらいの影響が予想され、代替エネルギーでどのくらい補うことができて、どの位生活に影響するのか。 不便になるぐらいなのか、景気や雇用に大打撃ぐらいのインパクトなのか。


誰か、教えて???


なんでこれ、政府から「国民に分かるように」説明できないんだろうか。
代替エネルギーって、現実的にはまだ輸入化石燃料ですよね? そちらに切り替えた場合の、環境への影響はどうなるの? 原発停止したからって、ヘンな言い訳できちゃって、別の地球破壊が進んだりしないの?

ドイツは、2022年に完全停止を決め、10年のスパンで取り組むことにしたそうですね。人口や隣国環境(原発使うフランスから安い電力を供給してもらい補うんだって)が異なるので、そのまま日本には当てはめられないと思うけど、当事国なのにどうしてそういう政府方針が出せないんでしょうね。 いや、「ださない」んだろ?

アンタ日本に住んでいないからそんな悠長なこと言えるのよ、と言われるとそうかもしれません。 でも、外国に住んでるからこそわかることもあると思います。

人間、不便な生活も慣れるもんです。
不便な生活から、別の良さがみつかることもあったりします。


実は今、ロンドン滞在中です。
かつての大英帝国が、現在GDP世界6位。今の日本は第3位です。ちなみにトルコは17位。そこまで落ちるのはちょっとアレですが、イギリスぐらいのレベルなら、日本も安心してダウンできそうな気がします。 GDP比較なんて乱暴かもしれないけど、普通の主婦の感覚からしても、あんまりズレてないように思います、、、
原発停止したら、この国ぐらいのレベルになりますよ、って言われたら、わかりやすいのにね。

と、珍しくカタめ記事でしたが、次回はベリー☆ベリー☆ロンドン! です。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. KRALICHE
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2012 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。