トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


2013 HIDRELLEZ 踊るエディルネ

ツアー3日目、いよいよEdirne(エディルネ)へ向けて出発です。 

午前中にレッスンを2時間、旧市街へ移動してグランドバザールでショッピング・タイムをとり、エディルネに向けてイスタンブールを出発したのが4時頃。イスタンブル名物の夕方の渋滞にはまったものの、市街地を抜けてからは順調な行程で、新緑のハイウェイを走ること数時間、ホテル到着はまだ明るい8時前ぐらいでした。

道中、予定通りアルテミスが「トルコにおけるベリーダンスとロマのダンスの歴史について」の車中講義をしてくださろうとしたのですが、

生徒の大部分が爆睡

知識欲 <旅行満喫したい欲< 睡眠欲 という人間本来のプライオリティに勝てず、企画倒れになりました。。。


エディルネ到着後は自由行動だったのですが、よかったらみんなで一緒に夕食を、、、ということで総勢44名のうち、30名ぐらいでエディルネ名物のキョフテ(肉だんご)とレバーのから揚げを食べに行き、解散後の帰り道でビールを買って、大阪からツアーに参加してくれたお友達2人にいただいた日本のお土産のおつまみ♪で部屋飲み。EFESとチーズ鱈、それに柿の種って最高♪♪

今回のツアーは、アメリカからの、しかも古くからのアルテミスの生徒さんが多く、また昨年のツアーのリピーター参加者もいたり、和気あいあいとした雰囲気。宿泊したのは小さなホテルで、ツアーでほぼ貸し切りだったのですが、あちこちの部屋から談笑する声が夜遅くまで聞こえていました。同窓会兼修学旅行、というところでしょうか。

さて翌朝、いよいよお祭り当日です!
朝イチはロマのレッスンから。ロマの振付のクラスでしたが、最後にアルテミスが講師レベルのお弟子さん達を何人も同時に踊らせて、同じ振付を違う人が踊った時の雰囲気の違いをみせてくれました。

レッスン終了後は、晴天の夏日の中、エディルネ観光へと繰り出しました。バルカン戦争の戦場跡や、ブルガリアとの国境、去年は素通りしただけだった世界遺産セリミエ・モスクなどを観光し、いよいよのお祭り会場へ行く前に、ホテルへ。

え、ナニしにって?
そりゃあなた、仮装 着替えにですよ!!!
お祭りは、地元のロマの人達もオシャレしてくるし、ガイジン観光客は、「あたし踊りますからっ!」っていう格好のほうが、ミュージシャンとかが構ってくれて楽しいのです。

hidrellez 3
会場に到着した頃にはもう、点火されていたかがり火。

会場はすでに大勢の観光客と地元の参加者、そして彼らのチップ目当ての音楽隊やダンサーで大盛り上がり!
うろうろしていると、さっそく、新聞やTVの取材にあいました。そりゃだってあなた、ガイジンがロマの衣装着て、ロマのダンス踊ってたら、目立ちますよね~☆ ここ数年、求められるままにポーズをして、結果「手元に写真がないじゃない!」だったのですが、今年はネットのニュース・サイトなどで採用に至ったらしく(笑)、プロが撮ってくれた写真をいくつも手に入れちゃいました☆

しかも、本年度の快挙!!!

チップもらったの!(感動)
会場では、寄ってきて演奏してくれたミュージシャンがほぼ必ずチップを請求してくるのですが、なぁんと、観客のおじさんがあたしのおでこにペタと、5リラ札を貼ってくれました!


こりゃ、うれしい

ちなみに、基本的にチップはおでこにペタか、手裏剣みたいにシュシュシュと頭の上からまき散らします。ガジノやクラブみたいに、はさんだりしちゃいけません。ちなみにロマのダンスで、おでこを自分でペシペシ叩くのはチップのおねだりのしぐさです。

そうこうするうちに、ディナーの時間。
本当は、ロマのご家庭を訪問してそこでディナーのはずだったのですが、人数が多すぎて楽団まで収まりきらないということが発覚しまして、お祭り会場を仕切って、特別ディナー席を設けました。

hidrellez 2
結構な人数。こりゃ庭には入らない。。。
hidrellez 1
楽団をおねがいしました。ダブルがいないのが残念!

このツアーのグループ、なんせプロダンサー率も高いので、生演奏となったらもう、食事もそこそこにみんな踊りまくっていました。通りすがりのヒトも、なんだなんだと見物したり、一緒に踊ったり、夜が更けて会場が暗がりになるにつれ、ここだけは大盛り上がり!

hidrellez 4
Photo:Yoko Habe
素敵な写真ありがとうございます♪

周囲はほとんど引き上げてしまい(だって真っ暗!)、私達も11時ぐらいには会場を後にしたのですが、そのまま大人しく寝るわけもなく、スタッフチームに男性がいるのをいいことに、そのまま街へ繰り出しました。当然のように中心街は大騒ぎの真っ最中、数名で1チームの音楽隊があちこちを流し歩いていてチップを稼いでいて、あっちこっちで踊りの輪ができていました。

喉かわいたし、座ろうよ、、、と座った店先の歩道にテーブルを並べたレストランでは、店内から生演奏が聞こえてきます。なんでも誰かのお誕生日パーティーだとか。楽しそう!! 面白がってちょっと覗きに行ったら、そりゃ、この格好です、踊っていたお姉さんに引き入れられました。誘われるままにフロアでヒト踊り。で、誘われるままに、ラクをご馳走になり、外に友達がいるんだ~と言ったら、なんと音楽隊とパーティーが路上に出てきて、歩道にまでパーティー拡大、、、笑

ホテルへの帰りみち、踊りすぎ飲みすぎで、まっすぐ歩けませんでしたとさ、、、



翌朝は寝たんだか寝ないんだかのまま5時起きで、早朝の儀式へ参加、ホテルへ戻って朝食をとった後、帰りのバスは爆睡のはずが、役得でアルテミスの隣の席になりまして、ベリーダンスの歴史プライベート講座に! 今まで疑問に思っていたこと、ぶっちゃけどうなんですか?という質問にもいろいろと答えていただき、最後の最後まで、濃いツアーでした。

来年はなんと、ご縁があって野外ステージで「ちゃんと」踊らせてもらえることになっています。そのうち、エディルネにロマ留学しちゃったりしてネ。

スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 旅行記☆トルコ国内
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


2013 HIDRELLEZ ~ ロマン・ダンスのたどった道~

Rakkas Istanbul クロージング・ガーラで乾杯~の翌朝から、いよいよ待ちに待ったHIDRELLEZロマ・ツアーがはじまりました。

Hıdrellezフドゥレレズとは、夏の到来を祝うトルコのお祭り。イスラム教以前からの土着の風習で、伝統的にはイスラム教徒が少なかったロマ民族を中心に伝えられてきたお祝いなので、ロマの音楽やダンスが中心となります。詳しくは昨年のフドゥレレズの記事(コチラ)に書いたので、よろしければこちらも併せてお読みください。

さて、2013年は、メイン講師にアメリカからArtemis Mourat(アルテミス・ムラット)をお招きし、常連講師Reyhan Tuzsuz(レイハン・トゥズスズ)も含め合計8時間のレッスン、そしてエディルネの観光もしてお祭りも楽しんで2泊、と充実の内容になりました。


【ワークショップ】

アルテミスとと言えばアメリカでは「ターキッシュの大御所」として知られた存在。特にジルの名手として有名です。

、、、と聞いてはいたものの、実演は見たことなかったのですが、ラッカスのクロージング・ガーラで、なんと、

ジル・ソロ

をやってくださいました。すごい、すごすぎる、初めて見たよ、あんなの!!! ジルといえば、小道具ぐらいの位置付けと思っていたのですが、彼女のパフォーマンスは、ジルを「演奏」しながら踊るというもの。すごい、ベリーダンサーって、楽器奏者いなくても音楽なくても一人でパフォーマンスが成立するんだ!!!と、かなり目からウロコでした。

、、、で、そのアルテミスには、ロマ・ツアーなのにちゃっかりジルのクラスも入れていただきまして、いろんな演奏パターンを教えていただきました。

s-P1080461.jpg
鏡のあるスタジオはやっぱりレッスン受けやすいよね♪

アルテミスのロマは、「アメリカにおけるターキッシュ・ロマ」という印象。ターキッシュ・スタイルが海を渡り、アメリカのシアターやキャバレエで踊られていくにつれ、洗練され変化していったんだ、、、という時代と地域の流れの見本のようなダンス。次のクラスでのレイハンの生ロマな踊りと比較して体感することができるようにデザインした思惑的中でニンマリ。

ロマ振付のクラスもあったのですが、振付はオリエンタルの衣装を着ていても踊れそうな、洗練されていて軽い印象。土着トルコ風のコンビネーション(笑)をいくつか取り入れて、自分用にアレンジしてみたいなと思っています。

余談ですがこの「自分用アレンジ」、オリエンタルだと「あんたそりゃ振付師の著作権侵害じゃ」と思うのですが、なんかロマだとアリな気がしちゃうんです。それは多分、自分の先生が徹底的に「音にあっていて、かつ、自分に似合うかどうかを考えろ」という指導方針だからなのかもしれません。

もっと余談ですが、今回のフェスでのパフォーマンスの振付も、もともとは男性ステップが中心の振付なのですが、私は自分のキャラを考えてずいぶん女性っぽく倒して踊ったんです。(そしたら、影像を見たスルタンの感想が「なんか酒場のトウの立った悪い姐さんっぽい」だったので、あながち失敗じゃなかったかも笑)

でも、クラスメート達はまったく同じ振付なのに、元気な少女っぽかったり、楽しいおばちゃん風だったり、全然違う雰囲気で踊るの。その違いがすごく個性的で、おもしろい! ロマのダンスの面白さはこういうところにあるんじゃないかなぁと思います。


、、、話が逸れすぎたので、ここで休憩。
エディルネ行きに続きます。



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4


Rakkas Istanbul 2013 レポート後篇

さて、ひきつづき、Rakkas Istanbul 2013のレポートです。
P1080468.jpg
参加者に配布されたスケジュール表。
豪華すぎて選ぶのに困る。。。


☆5/1 WS Days & オープンステージ☆

朝一番のメルセデス2つ目クラス。 前日のは中級でしたが、あれでホントに中級なわけ?!な振り付けでゼンゼンついていけませんでした、、、が、今朝のクラスは一応オールレベルなので、再挑戦。
振付自体は、多分落ち着いて振り返ればそんなに複雑ではないのだと思うのですが、彼女の身体能力の高さと訓練の賜物な感じの技巧に裏打ちされたジャジーなスタイル(と、書いて慣れていないと読む)に、アワアワしちゃいました。相当練習しないと、踊れるようにならなさそう、、、このままお蔵入りの可能性大、でございます。


2コマ目は休憩。フェスの時は、耐久レースだと最後まで持たないので、潔くいくつか捨てます。(自慢になりません。でも、経験から得た知恵だw)

3コマ目は、イスラエルのTamar Bar Gilのバラディのクラス。
タマールは大好きなダンサーさんです。しかもバラディはフェスででもない限りトルコでは習えないので、体力をふりしぼってがんばって出席しました。美人で小顔なのに、おなかはマシュマロみたいにぷるぷるで、もう、彼女のバラディなんてよだれでそうだった。。。 

4コマ目は、Serap Suのアラベスク。
3つ連続目でかなりヘトヘトですが、セラップ姐さんのクラス、しかも歌モノなので、通訳として出席です。
自分が習っている先生なので、動きも説明もなれがあるのでまだいいですが、自分で振付覚えながら通訳ってしんどい。クラスに参加した方、聞きずらい点があったと思いますご容赦ください。
(来年からは、当日は自分は踊らないかわりに別途レッスンしてもらうとか、考えようかな。。。)

5コマ目は、オープンステージで踊る準備もあるので、パス。


そして夜はいよいよオープンステージ。
今回は、ターキッシュ・ロマで踊りました♪

Rakkas Openstage
エアー・バイオリン弾いてます

ベリジャパ連載で、ターキッシュ・ロマについて偉そうに語った以上、25ヤードのスカートで踊るわけにはいかん!と、おやじの店にデザイン持ち込み、パターンおこしてもらって衣装特注しました。かなり、お気に入り。

会場からも手拍子をいただき(ちゃんと8/9拍子♪)、リラックスして楽しく踊れました。応援してくださった皆様ありがとう


☆5/2 WS & クロージング・ガーラ☆

息切れの3日目。
そろそろ参加者も疲れてくる頃です。気のせいか、各クラス人数が減ってきているような、、、?笑 まぁでも、みなさんイスタンブールを堪能していらっしゃるということでよしといたしましょう。

1コマ目は、Suzan Ayvasというスウェーデン在住トルコ人ダンサー。実は彼女ノーマークだったのですが、昨晩のオープンステージの後で、最後まで残った先生達が生ドラムソロ即興をやってくださり(ていうか、要するにハフラ状態で大騒ぎしたわけで)、そこで見かけた彼女の即興が、大人チャーミングで素敵で、ヒトメボレ。

Rakkasはパスポート制で、予約なしで好きなクラスに好きに行けるのが、ウリのひとつ。メルセデスみたいなガチ本命は別として、オープニングガーラで見かけて、「このダンサーさんに習いたい!」って思うことありますよね? 実は、セルカンやオズゲンとの出会いも、過去のフェスのガーラで、「おお!」と思ったところから始まったのです。ですので、あたしが運営チームにいるメリットは、「参加者目線の意見を提供すること」にあると思っているので、このパスポート制は譲れない。一期一会の出会いを、参加者の皆さんに逃してほしくないのです。つまんないクラスだとどんどん生徒が抜けるので、先生にはキビシイんだろうけどネ。
どのクラスに人数が多くなるか、そしてどのサイズの部屋をあてるか、アドミン側としては課題が残りますが、来年もこの制度が続くはずです。

2コマ目はAsena!
交通渋滞で開始が30分ほど遅れましたが、急遽セラップがシミー講座で場をもたせる場面も。セラップ姐さん、がんばってます。。。
Asena登場で、タイトルのとおりアセナのスタイルと技法を伝授してくれました。「私ははばたく鳥!」、、、とか自分で使えるかどうかは別として、あのカリスマ性にはホレボレ。


3コマ目は、GulNihalのドラムソロ。
ターキッシュらしい、エネルギッシュでありながらコケティッシュな雰囲気のドラムソロ。 ギュルも地元お馴染みの先生なので基本的には覚えやすいんだけど、いかんせん、3日目の後半でドラムソロ、、、ほとんどゾンビ状態でした。あとでゆっくり復習しよう。。。

ここで、夜のクロージング・ガーラのパフォーマンスもあることですし、ルームメートのIKUYOさんと一緒にスパへ逃げました。
スパ施設のあるホテルでフェスって、いいわ~ 極楽♪極楽


クロージング・ガーラでは、Serapの生徒トゥループとして、チフテテッリを踊りました。

SerapSU Oasis
Serap Su & OASIS

イスタンブルでセラップのクラスを一緒に受けた仲間と、セラップの日本WSに参加して同じ振付を習ったメンバーです。お揃いの衣装はレンタルしました。みんなで「ちゃんと揃った」衣装で群舞って初めてで、なんかすごく楽しかったです!
ちなみに、Serap(蜃気楼) Su(水)のトループなので、まんまオアシス、というグループ名になりました。

パフォーマンスの後は、観客席からショー観賞。やっと。しかも、座って。ごはん食べて、ビール飲んで、やっと一息ついた感じ!

Rakkas Closing
講師の先生方と、スタッフで記念撮影


毎度のことながら、フェスの度にいろいろと大変で「もーやるもんか」と思います。笑。
今回も何度思ったことやら、、、ですが、セルカンともセラップとも仲間という感じで、一緒に困ったりイライラしたり怒鳴っちゃったり、いろいろひっくるめて、素晴らしい思い出。

もはや客観的には見られないイベントですが、参加者の方からは、「1回目にしちゃ上出来」「すごく楽しかった!」というフィードバックをいただき、とても嬉しかったです。がんばった甲斐があった!うん!


2014年は、4月9日から13日の開催です。
もう今から、また世界中のみんなと再会できるのが楽しみです。
すでに講師の選定に入っていますが、さ・ら・に豪華絢爛になる予定ですわよん。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


Rakkas Istanbul 2013 レポート前編

みなさまご無沙汰いたしております。
Rakkas Istanbulにひきづづき、Oriental Istanbulロマ・ツアーと、準備だの本番だと後片付けだの打ち上げだの、原稿〆切だの、ぜぇんぶ終わってやっとひと息つきました!

まずは、Rakkas Istanbulのレポートから。
あ、その前に、、、


フェスに向けてイスタンブールに早めに来るお友達がたくさんいらっしゃって、「ランチしましょ♪」なのですが個別に会ってるとフェスがはじまっちゃうので、

全員集合~♪

Istanbul grils lunch
よく考えたらすごい豪華メンバーでした。ランチじゃなくてショーをオーガナイズ
してチケット売ればよかったかもしれん。。。


☆4/29 Opening Gala☆
初日は、参加者のホテル入りと、オープニングガーラ・ショー。
あたしは、バザールの会場設置とファッションショーのコーディネートと司会があったので、午後一ぐらいでホテル入りしました。

バザーは、ワークショップ会場の目の前。今年は新しいお店、シンガポールやイスラエルからの出店もあり、スタンドは壮観。ちなみに、午後からショーがはじまるまで、あたしのケータイ鳴りっぱなし。火吹くかとおもった。。。


そして始まったオープニング・ガーラ。
、、、は、ステージ上が楽屋でバタバタしているうちに終わってしまいました。笑

Rakkas Defile
ファッションショーより

今回は、モロッコ、コロンビア、シンガポール、日本(IKUYOさん♪)と国際色豊かなメンバーにモデルをお願いし、なんと8アトリエが参加!
詳しい様子は、5月末発売のベリーダンスJapanでレポートしますのでお楽しみに♪


rakkas backstage
忙しくてもこういう写真を撮ってる時間はあるのダ

通訳のはずだったバーバラさんは、いつのまにかメイン司会(しかもバイリンガル)になっていました。
バーバラさん、お疲れ様さま!!!

昼過ぎから食いっぱぐれ、ようやく夕食にありついたのは夜中の12時過ぎ。
来年はおにぎり持参しよう。。。


☆5/1 WS Days☆

Rakkas Istanbulはパスポート制で、どのワークショップも受け放題!
なのですが、1コマ目はなにかといろいろありまして、パス。

2コマ目は、Serkanのシャービを受けました。
実はこの振付、2回目の受講なのですが、3日目のオープンステージで

世界中のSerkanの生徒全員で一緒に踊る

という企画があり、セルカンWS@イスタンブールで出会ったいろいろな国のダンサーさんと一緒に踊るなんてなかなかないチャンスなので、参加したい!
ウォーミングアップもかねて、振付思い出すために参加してひと汗かきました♪

3コマ目は初メルセデス。
日本でのWSの評判を聞いていたので、楽しみにしていました。
彼女プロジュースのオゥム・カルスーム曲にあわせて、素敵なオリエンタル。
すごく素敵な踊りと曲に感激してしまい、WSサポートで歌詞の意味を通訳したときに思わずボロボロ泣いてしまい、参加者の方を驚かせてしまいました(笑)
でもメルセデスっていい人~、「いいのよ、私と同じように感じてくれる人がいてくれて嬉しい!ダンサーは感情を出してもいいの」と、なぐさめてくれましたよ。。。

4コマ目は休憩して、5コマ目はReyhanのロマ振付。
レイハン、あいかわらず可愛いです。しーかーし、4時間踊った後の、ロマ繰り返し練はしんどい。。。

お友達とホテルでバイキングの夕食を済ませた後、コンペ見にいくだけの体力がなく、寝てしまいましたとさ。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2013 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。