トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


伝える

通訳、という作業は、とてもエネルギーを使います。
話し手が伝えようとしていることをまず自分が理解し、それを、別の言語になおして、他人に伝える。

自分が理解する作業で30パーセントぐらい、これを他の言語にまずは脳内で直訳変換するのに30パーセントぐらい、残りの40%は、聞き手が分かりやすいようにいかに「伝える」か、という作業。

同じ「他人の表現を介する」という作業でも、翻訳が、推敲を重ね、言葉を選び、完成度の高さが求められる「振付」によるパフォーマンスだとすれば、通訳は「即興」のようなもの。話し手がいて、訳者がいて、聞き手がいて初めて成立する、一期一会の、伝達。

書物なら好きな時に読んだり中断したりできるけれど、通訳が入る場では、聞き手はカンヅメで逃げられない。途中でわからなくても、ちょっとググッてみたりできない。

だから通訳は、というよりもあたしの通訳は、話し手が「聞き手は知っていると思い込んでいるけれど、多分みんなは知らないこと」を補足説明したり、通訳が入ってもたつきがちな進行中、飽きないようにちょっと面白い表現をしてみたり、そんな工夫をちりばめています。 まぁそれは、話題自体に自分の興味があったり知識があったりするからできることですし、ビジネス通訳ではやらないけれど、文化的な話では「隠れた背景」がとても大きいし、聞き手に知ってもらいたい、伝えたい、という思い入れのある内容であればあるほど、「超訳」になってしまうんですよね。



でね、本題。
ワークショップ終了後に、楽しい通訳でしたありがとう、と参加者の方達に声をかけていただけました。もちろん、褒めていただけたこと自体とても嬉しかったのですが、それよりも、

よかったよ、と相手に伝えること

が素直にできるひとって、素敵だなぁって思ったの。 だって、お金を払って来ているワークショップなのですから、対価に見合うサービスを受けられるのは、あたりまえのこと。 それに、知らない人にわざわざ声をかけるのって、ちょっと恥ずかしいというか、億劫というか、、、よかったなと思って、そこでおしまいにしちゃうことない?

でもそれを相手に伝えることで、もちろん褒めてもらった本人は嬉しいし、人を褒める言葉って、口に出していうと、言った人もいい気分になれる気がする。あたし、情報を伝えるということは饒舌なのですが、気持ちを素直に口に出すのは、わりとニガテなのです。。。

よかったね、素敵だね、って、素直に伝えられるひとになりたいな、と思いました。

スポンサーサイト
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


Serkan&Serap 来日SHOW&W@東京withFIG

2013SEP セルセラ

この連休は、Rakkas Istanbul フェスティバルのオーガナイザー Serkan TutarとSerap Suが来日、金曜日のショーでのパフォーマンスと、土日のワークショップで通訳に行ってきました。

場所は、驢馬駱駝さんと新宿村、、、というベリーダンサーの超定番スポットでしたが、実はアタクシどちらも初めてで、、、迷った迷った、驢馬駱駝なんか、セラップに、「ここ、去年来たのここだよ!」って言われる始末。

ショーは、MIHOさん、ノーラさん、IKUYOさんと、普段トルコでお会いする面々ばかりで、みんなに「なんか、日本で会うのへんな感じよね〜」とヘンな感想をいただきながらも、アウェイなはずの楽屋がお知り合いばかりでとってもリラックスできたし、楽しかったです。

翌日からのWSでは、2日間で合計7.5時間の通訳!集中するのでさすがにちょっとくたびれましたが、学ぶことも多く、あっという間の2日間。

でもやっぱ疲れたw 最後に4人で記念撮影の写真、目がうつろ、、、そしてIKUYOさんとのミニ打ち上げは、目がイッちゃってる。。。笑


とにかく、前半戦は無事に終了、今週末は札幌へ行ってきます!!!
台風、大丈夫だよね?!


そしてそして、10/6の東京WSは、まだ若干空きがあるそうです。そして、豪華な参加者。っていうか、あたしがあなたのWSに出たいですよ?!な、メンバーです。そんなスターな彼女達が、無名の講師のWSに参加しようという学びの意欲に尊敬を覚えます。気をひきしめてがんばろう。
そんなフシギなWSのご案内はコチラです♪


追伸)今回一番嬉しかったのは、デリちゃんに「メイクちょっとまともになった」って誉められたこと❤ でもやっぱり、ちょっとこっち向いてと手直しされました、、、次、がんばる。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. パフォーマンス 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:6


滋賀WS&SHOW、、、は大騒動

「数十年に一度の大雨」と言われた台風18号が近畿地方をかすめていった9月16日、、、滋賀・大津でWSとショーを行いました。

前日夜のショー・リハこそ大雨だったものの、WSとショー当日は、大津は曇り、時々青空さえ見えました。

ohtsu
当日朝は、こんなお天気


公共交通機関がストップしているものの、すでに大津の天候は峠を越しています。
徒歩(!)や車で参加可能な、主催者Mikko先生の生徒さんが十数名はいらっしゃり、そして、既に「とりあえず向かっています、行けるところまで行きます」という遠方からの参加者の方もいらっしゃって、とりあえずやろう、ということになりました。

それでも開始予定時間に集まったのは数名、みんな向かっている途中、、、ということで、開始時間を1時間繰り延べての開催を決定。レッスン中も、鳴りっぱなしで火を噴きそうなケータイ片手のMikko先生とあれこれ相談しながらです。

というのも、夜のショーにゲスト出演してくださる岐阜のネシェ先生は高速でカンズメ、大阪の千尋ちゃんも電車復旧のめどが立たず、、、な状態。
最悪の場合いくらなんでも3曲でショーってありえないよね?!という状況なのに、レストランではiPODが使えない!!!

つまり、今手元にあるCD(休憩時間用)にある曲で、即興できるか?!


、、、って衣装ロマなのに、ライレット・ホブとかヘンでしょう~! あ、参加者の方のCDにロンピ入ってる!これ貸していただこうか!でもどんなバージョンだ?!とかいう 小声でものすごくせっぱつまった相談をしてるわけです。

まさに、想定外中の想定外。今回に懲りて、ナニがあってもいいように、自分が踊れる曲のCD集を持ちあるこうと心に誓いました。と、日記には書いておこう。


そして、夜のショー。
幸い交通機関も復旧し、超ギリギリすべりこみで来てくれた大阪のChihiroちゃんも間にあって、ショーのスタート!出だしは、振付クラスでやった振付を、Mikko先生と色違いのロマ衣装でデュエット。、、、なんですが、とにかくバタバタで写真ありません。。。とほほ。

ソロのロマはといいますね、、、

曲が、歪んでいて、音は飛ぶわ、リズムは超変拍子だわ、さんざん。
そして、踊っている途中で、衣装の袖がとれた。

敗因は、押せ押せで時間なくて、音チェックすらできなかった、しなかった自分のミス。痛恨。
観客の皆様にはお粗末なパフォーマンスで本当に申し訳なかったのですが、ダンサーの経験としてはもうね、踊ってる途中で心臓発作でも起こさない限り、ナニがあっても大丈夫な気がする、あたし(笑)


ショー終了後に、やっとやっと「とりあえず、顔見にいくわ~」と、引き返さずに悪路を来てくださった岐阜のNese先生が到着、そのままお食事をご一緒し、場所を移動して夜が更けるのも忘れておしゃべり、そして夜はMikko先生宅に泊めていただいて、興奮と安堵と疲労ハイで、明るくなるまで飲んでしゃべって、、、


とにかく、もう、2013年はおろか、ベリーダンス人生事件簿TOP10に入りそうな、濃い思い出になりました。
いろんな意味で、いろんな学びがありました。
もうね、フェスのステージで踊るなんて、へでもない感じよ(笑)
そして本当に、イベントっていろんな方に助けていただいて成り立つものだと、痛感しました。
ご協力くださった、IさんはじめMikko先生の生徒のみなさま、本当にありがとうございました。

幸い参加者の方達から「よかったよ、次回楽しみにしています」と声をかけていただいたので、次回はもっといいレッスンが、ショーができるように、成長しなくっちゃ、と思いました。


そして、次こそ琵琶湖観光するんだー!!


明日はFIGのショー@ろまらくだ。 音源はスタッフの方に再確認していただき(トラウマ)、衣装は縫いなおし、万全の体制で行ってきます!!!



  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


9/16 本日の滋賀WS&ショー、実施します!

台風18号、、、近畿地方は、

数十年に一度の大雨

だそうです。。。 

10時現在、大津市付近は雨がやんでおりまして、なんせもうあたしが来ちゃってるのと、参加者の欠席のご連絡が現時点ではなく、これから徐々に天気が回復に向かうと思われますので、

WSやります


みなさま、お気をつけてお越しください。
なお、参加者の集合状況をみながら、開始時間の調整も考えますし、基礎WSの前半のレクチャーを休憩時間に繰り返すとか、善処しますので、遅れてもお気にせずにどうぞおいでください!

お待ちしております。



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


ロマの名物、指ぱっちん!

ベリーダンスJapan25号のジプシー・フュージョン特集の、レイハンによるターキッシュ・ロマの誌上レッスンの中でロマ名物の指ぱっちん!を取り上げました。

でも、実はこの指ぱっちん、何通りもの鳴らし方があるのです。要は、音がでれば何でもいいわけ(笑)レイハンは左利きなので、右利きの人にはちょっとやりにくいかも、、、


、、、ということで


<ロマの指ぱっちん!講座>

Step1 
Roma hand 1
両手の人さし指と中指で、「V」を作り重ねます。
薬指と小指は2本一組で、、、

Step2
Roma hand 2
写真のように、薬指と小指をおります。


Step3
Roma hand 4
右手人差し指の第3関節と左手人差し指の第一関節が重なるぐらいの位置で、
右手人差し指の「はら」で、左手人差し指の「付け根」をこするように横にすべらせ、
左右中指が重なっているあたりへ、スナップします。

ちなみに、音が出るようになるまで、時間かかります。練習あるのみ。
爪が長いと、指の「はら」の面積を十分に取れないので鳴らしにくくなります。


さて、実はここから先が隠れ本題。

この構え。
Roma hand 3

ロマのダンスでは、頻繁に出てくるのですが、慣れない方は、踊りながらとっさに、組むのが難しいようです。
とりあえず鳴らなくてもいいので、一瞬で組む練習をぜひしてみてください。


振付でやります(笑)


WSって、「落ち着いて考えれば別に難しくないのに、慣れてないからアワアワしちゃう」ことって、ありませんか? で、そのせいで、脚の運びとか、肝心なところが覚えきれないの。

なので、「ふふん、あたし出来るもんね~♪」と、余裕で踊っていただきたいので


宿題です。
あ違う、予習、かな、、、





テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


【矯正】 調整2回目 養成ギブス

本日第2回目の調整日でした。
前回がラクだったので、今日も楽勝かと思いきや、、、


甘かった。

口の中が、

hyuma
こんなです。

上の左右4番(犬歯の奥)を抜いたのですが、そのスペースへと犬歯を誘導するために、ひっぱるためのコイルが入りました。で、それでずっと力をかけて引っ張るわけ。

冗談抜きで、口の中が、星飛雄馬状態。
ギブス自体は痛くないのですが、噛むと相当イタイ。装着して数時間であっという間に動きはじめたのか?、今朝までそれなりに噛み合っていたのに、ギブス装着後数時間たった夕食時(しかも外食だ)には痛いわ噛み合わないわで、噛めずに小さく切って丸呑みしたら、今度は胃がイタイ。こりゃ、しばらくまた離乳食です。

試練の道です。
ど根性です。

鎮痛剤飲んで寝よう。。。。


テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. おとなの歯列矯正
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


Izmir(イズミール)へ夏の小旅行

『エーゲ海の真珠』イズミールへ小旅行に行ってきました。(そういえば、『エーゲ海の真珠』と言われる街はこの地方にいくつあるのでしょうか。。。ギリシャにもあるよね、ぜったい。)

アンカラ在住のトルコ人ご夫妻と現地集合、本当はイズミールから車で1時間ちょっとの海岸リゾート、チェシメという街に行くはずだったのですが、なんと、


行ってみたら、レンタカーが出払っていてない!!!


8月中旬、夏休みまっさかりの時期ですが、まさかレンタカーがないなんて想定外。なんで事前に予約しておかなかったの!と奥様に怒られ、旦那様しきりに恐縮していらっしゃいましたが、まぁトルコですから、いきあたりばったり、ノープロブレム。

プールでのんびりする、というご夫妻とは別行動、博物館に行ってきました。1年間有効の博物館フリーパスMusekart活用しなくっちゃ☆

P1100067.jpg
コナックというバスターミナル付近の高台の上に、博物館と民族博物館が隣接しています。(写真は民族博物館)

P1100064.jpg
アフロディテと

P1100065.jpg
ニケ。あたし、こっちのほうが好みかも。可憐な感じ。


イズミールは、有名な古代遺跡エフェスに近い場所にあります。。。が、この博物館、エフェスに行った帰りとか、イスタンブルの考古学博物館に行った後に行くと、ちょっとがっかりしちゃうかも。トルコ第3の都市の博物館としては、もう少し、充実してもいいのではないでしょうか。。。

P1100084.jpg
めずらしいヘブライ語の石碑発見。トルコでもこのあたりにはユダヤ人が住んでいたんですね。



お隣の民族博物館は、結構おもしろかったです。
P1100069.jpg
民族博物館のお約束、へんなマネキン

トルコ伝統の手工芸の製作現場や、伝統家屋のお部屋の様子などが、ゆる~い感じで展示してあります。こちらは無料です。、、、うん、ちょっとね、有料にはできないかもね、な感じでした。

博物館の後はそのまま歩いて、小さなお店が密集する地域へお散歩しながらお買いもの。近隣からも買い出しに来るのか、小売りも問屋も、、、というお店が多くて、多種雑多、見ていて飽きません。イスタンブルの問屋街とちょっと違うのは、ガイコクからの買付人をほとんどみかけないことでしょうか。なんとものんびりした雰囲気です。


お夕飯は、もちろんシーフード。
P1100087.jpg
イスタンブルの街頭でもよく見かけるミディエ・ドルマスは、ここが本場! んまいっ♪

P1100118.jpg
夜景がキレイ。対岸への渡しフェリーが手軽でお勧め。
最近のボスポラス海峡のように、高いビルがニョキニョキないので、海岸線が美しい。


なぁんにもしない、のんびり旅行でした。。。
なのであまり書くことがない
テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆トルコ国内
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


初のファンベール♪

遅ればせながら、初めてファンベールというものに挑戦してみました。
先生はニコルさん、フェスティバルのWSに、混ぜていただきました。


むずかしい!



思ってたより、楽しい!!

扇子なんて日本にいたってそう使うものじゃないけれど、なんていうか、しっくりくる感じ。イシスウィングとかよりも違和感がないような。。。 これはちょっとやってみたいかも、と思ったものの(すぐその気になるのだ)トルコではファンベール売ってないので、日本で買おうかと検索中デス。 ちょっとファンベールって、高くない?

オススメのブランド・ショップがあったら教えてくださいね〜⭐
ネット見てて、気に入ったのが、扇子部分が白いの。汚れが目立ちすぎるかな???

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2013 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。