トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



Rakkas Istanbul 2016 パフォーマンス編

<前編から続きます>
そして最後のお仕事は、クロージングガーラでのパフォーマンス。

昨晩のコンペで、私よりも数段上手い選手(もはやダンサーではない方々も)がたくさんいたので、、、

201606110408396dd.jpeg
支度途中で、いやになって放棄してみる

が、いつまでもベッドに隠れているわけにもいかず、ごそごそ支度。
会期はじまってから届いたおNEWな衣装です。

201606110404051fb.jpeg
まだ写真の納品が届かないので見本を拝借

本当は2曲踊る予定だったのですが、ちょっとまだ腰に自信がないので、1曲目を短くして2曲目にくっつけて、1曲だけ、にしてもらいました。

今回は本当に参加人数が少なくて、ガーラは講師が楽屋にいるので、オープンステージやコンペよりも会場に人が少なくて、しーかーもー前のテーブルのグループはずっとスマホいじってて見てない。。。(だったら後ろに行けや?)
なんかソデから見ていて会場の雰囲気があまりにもでビビっておりましたが、

日本人で、よかった。

日本からのみなさんが、大声援で応援してくだしました。ありがとうございました💓らぶ

あとでビデオ見ると、やっぱり腰が動いてない、、、というか、へっぴり腰。 しょうがないです、もうほとんど痛くはないんだけど、やっぱりコワいから腰がひけちゃってる感じ(笑、、、いや笑ってる場合ではないが) とりあえずは、出ただけでも良しとして、7月に日本でリベンジです。

そして踊り終わっちゃったらこっちのもの、楽屋で撮影会♪
20160611040416711.jpeg

今回、アメリカ在住のレバノン人シモンとの出会いがありました。 アメリカで、本来は手をつないで踊ることの多い湾岸の民族舞踊を、ステージ用に、しかもソロ用にアレンジしたりして踊っているダンサーさんで、もう話が尽きない!!!出席しようと思っていたとあるワークショップ前に講師の溜まり場で話はじめちゃったらとまんなくって、WS前半をサボっちゃったぐらい!

でも、サボった甲斐があって、地味な民族舞踊をどうにかステージパフォーマンスにしようと努力研鑽している同志がいるのはすっごい心強い出会いでした。

、、、そんでなんか、衣装が似ているのは気のせいか?笑


ガーラショー、最後は大盛り上がり、みんなで我らがロッシーのゲッツ!!でぐるぐる踊って、夜の更けるのも忘れて踊りまくりました。


Rakkas Istanbul。
毎年、いろいろタイヘンすぎて文句ばっかり言ってますが、終われば必ず、何かしら次の目標が見つかって、なんとなくベリーダンス新年の気分になります。

今回、偶然見に来ていたトルコ人の方に、「すっごい良かった、日本人って言われて信じられなかった。ホンモノだ」って褒めていただいたのですが、ターキッシュロマを見たことのない皆さんは、はぁナニコレ?っていう感じでした。

エディルネのロマの人達も、トルコ人も褒めてくれるのになぁ。。。

ということで、今年の目標は、ロマを見たことのない人の目も引くことができるような、ステージパフォーマンスを目指してがんばります。

さて、あと10日で日本だーーーーー!!!!





  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


2016Rakkas Istambul 無事に終了

早いものでもう4回目、今年のRakkasが無事に終了しました。

今年は、講師の一人として参加させていただきました。 もう何年前?今はなきTurkish Delightというイスタンブールで最初に開催されたフェスティバルでSerkanと出会ってから8年?かな?、続けてきた甲斐があったというものでしょう。Reyhanなんか当時、普通のセーターでショーに出てたからね。8年の間に、私達みんな、成長してきたんですね。。。

ということで、張り切りすぎまして、直前に腰を痛めまして、、、

201606080622004d2.jpeg
お土産に湿布をたくさんいただきました。みなさんありがとうございます。

Romalicheメンバーの薫さんの魔法の手のおかげで、なんとか無事に乗り切ることができましたが、張り切って踊るのはいいけどちゃんとストレッチとかしないとダメですね。。。メンテナンス大事!

初日の1限目だったWSは、誰も来てくれなかったらどーしよーかと思っていましたが、みんな優しくて応援に来てくれました!
2016060806215490a.jpeg

基礎クラスで1.5hのWSって慣れてるし大丈夫と思っていたのですが、、、

日本語英語の両方でしゃべってたら時間が倍かかる

というのを忘れておりまして、ちょっと慌てました。 これって通訳が入っても同じよね。通訳入る場合って、先生たちはその分時間を延ばしているのかな、内容削っているのかな、、、っていうか、やっぱ2言語でレッスンするのはかなり無謀でした、ハイ。えらい疲れた。。。

今回は、審査員というものも体験させていただきました。
これがまた、2時間ここまで気を張ってベリーを見ることってないので、大変だった! ショーの時ってもっと楽しんで見ていられるのですが、全員を3分間じっと見てすぐ判定って、すごい集中力使う、、、、夜中にやるにはしんどい仕事ですねこりゃ。
201606080639043af.jpeg

今回は、審査員13人(たぶん)が、全カテゴリーを全員で審査する方式に変更になりました。
なので、こんなに首をブンブンするのがラクスシャルキらしいのかどうかようわからん私がいたり、アジザオブカイロがターキッシュオリエンタルを採点したりと面白いことになっていましたが、結果はほぼ予想どうり。レベルの高いダンスは誰がみてもやっぱり順当に評価されるものですね。

順番かわるけど、前の晩のオープンステージでは、Istanbul was Constantinople という曲を臆面もなくバーレスクもどきに踊っていたおばさまと、我らがロッシーのゲッツ!が会場の人気をさらっていました。

自分が心から楽しんで踊っている人のダンスって、観客にもぜったい伝わる。
でも、先生やプロとしては、それだけでは力不足。

そんなことを思いながら、自分の本番、クロージングガーラを迎えました。

(続)

  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2016 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -