トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


秋のターキッシュロマWS 東京・北九州・大阪で!

201609231938450d2.jpeg
イスタンブルも秋の気配、、、そしてもうすぐ日本の秋の味覚です、うふふ🎶

うふふの前に、この秋のWS振付を仕上げています。

今回は、初開催の会場もありますし、某企画のためにエジプシャンを練習していて、1回数時間のWSで習った違うスタイルの振付を踊りこなすのがどのぐらいタイヘンか身にしみたので

違うスタイルの人にも踊りやすいこと

を特に意識して振付ています。
わたし的には、ちょっと新しい視点。
ずっと「本物らしさを伝えること」にこだわっていたので、いろいろな人に踊りやすいこと、そして再現しやすいこと、、、というのは新しいテーマです。ロマダンスらしさとの両立は、腕の見せどころ。今後の研究テーマでもあります。

今回の振付は、ちょっとトルコ民族舞踊らしい面白いコトを盛り込んだので、WSぜったい楽しいです!
いずれの会場もまだ受付中なので、お待ちしております💗

10/15土 東京・新宿 (Kutla主催)
10/23日 北九州 (RakkasBDC Marian先生主催)
11/06日 東京・平井 (KIYOKO先生主催、私にはめずらしく日曜夜の時間帯!)
11/12土 大阪(MAYUKO先生主催)


※ 各詳細は、www.kraliche.comかFacebook YOKO of Istanbul ページをご参照ください(左上の紫のバラをポチってね🎶)


スポンサーサイト
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


愛しのシミー

やってますよー、毎日シミー!
雨ニモマケズ風ニモマケナイ、強いシミーができる、そういう人に私ハナリタイ。

あ、強いシミーって、表現が悪いな。
くっきりしたシミー? 見えるシミー?
テクニック的な難点もなのですが、さらに大きな課題、、、

感情を表現するためのシミー
ができない

今さらナニ言ってるねんと突っ込まれそうですが、このエジプシャンの感情表現ってすごいですね。

ターキッシュってあんまりダンスで感情を表現しない気がするんです。 なんていうか、笑顔とかもエラそう(笑)で、女王さまのアタクシが踊ってあげるのよ、ありがたくご覧なさい?的な、超上から目線的な印象じゃない? 観客の目線を惹きつけるオーラ全開で踊っているんだけど、何考えてるか心の底までは見せない感じ。 AsenaとかDidemとかを見ていても、常に女王さまポジション。ターキッシュは、歌モノをあんまりやらないからかな。。。


そんなターキッシュで育った私には

切なさが伝わってくるシミーとか、愛しさに震えるシミーとか、
かなりハズカシイ

ターキッシュって、感情を身体表現するならば手を使うような気がするんですよー。体幹じゃない。。。そしてロマダンスは基本的にずっとステップを踏んでいるので、8カウント止まったまま同じ動きで感情を表現するとか、やらないんだもの!!!

そしてロマダンスって、曲にのめり込むことはあっても、あくまでも素の自分が踊ってる感じで、誰か他の人の感情を代わりに表現するとかじゃない気がする。。。この差は、すごい修行です。ほとんど梅の谷で風になったり木になったりしている気分です。


そして修行の日々が続く。。。
どーにかなんのかコレ、、、(不安)







  1. 初めてのエジプシャン
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2016 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。