トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



ベリー衣装屋さんへ

「日本の友人に頼まれてベリーの衣装を買うんだけれど、つきあってくれる?」

はい、喜んで~♪
・・・ということで、グランド・パザールへ行ってきました。

まずはおなじみのEnderベイのお店へ、だいたいの目安を掴みに。
朝イチに行って、まだお店の準備をしているところだったのですが、もちろん入れてくれます。チャイをお願いし、(「朝ごはん食べた?トースト頼もうか?」というのを断り)、衣装を買いに来たこと、購入主の身長とサイズ、色を伝えると、「生徒用」「プロ用」の両方を見せてくれました。

こちら↓はプロ用
※追記 2008年当時、定価350ユーロと書きましたが、その後インフレやお針子不足から大幅に値上がりしていますので、参考にしないでね~☆
maycostum21b.jpg

で、それがどのくらいの価格になるのかは、ヒトの商売のジャマはしたくないので書きませんが・・・まあねぇ、ほら。 あたしの運命の人ですから(笑)
ちなみに、やっぱり忘れてくれていなくて、彼があたしに着せたい色の衣装の写真がちゃんと撮ってあり、「これだよね~」って見せてくれました。。。ああ。。。逃げられない。。。

次に、一番最初にヒップスカーフを買ったGÜLSERENおばちゃんのお店へ。
ここはBD Japanのイスタンブル特集でも紹介されていた大きいお店です。

驚いたことに、おばちゃん、私達のことを覚えていて、「あら、1人足りなくない?」だって。恐ろしい記憶力。っていうか、トルコ語しゃべる日本人が4、5人で行ったら目立つんだろうな~

ここのお店は、吊るしの衣装がたぁくさんあって、いろいろと出して見せてくれました。
最初は、日本の彼女のための品物選びと写真撮影でしたが、いろいろ見ているうちに・・・いろいろ見ているうちに・・・

mavi.jpg

こうなりました(笑)だってさ~ たびぃ。at Candyshop状態だよ~ ガマンできませんよぉ。

でも、一番楽しそうだったのは、ギュルセレンさんご本人♪ 
「あらっ、アナタ脱いだらイイ体してるんじゃないの!」(ありがとうございます)とお気に召したらしく、もうなんか商売そっちのけで、いろいろ着せてくれました。っていうか、完全にあたしは彼女の「着せ替え人形」・・・ もう1人彼女好みのコがいて、しきりと「ちょっとそのセーター脱いでちゃんと着てごらんよ!」とくどいてました(笑)
彼女自身がデザインをしているので、「も~ね、頭の中にデザインが一杯なの!」とすんごく楽しそうで、「もっと、倉庫にあるのよ、見たい?見たい?」って何度も聞かれて断るのに一苦労(笑)

おつかいものの衣装は、写真を日本の彼女に送って選んでもらうためにお取り置き。
「あなたは?買わないの?値段だったら負けたげるわよ~」と言うので、
「う~ん、トルコだと、着るところがないのよ・・・」と言い逃げようとしたら、

「オリエント・ハウス知ってる?」
「ええ、見に行ったことある」
「あそこのオーナとはもう二十数年の付き合いなのよ~。 ちょっと会ってみる?これから電話しようか?」

は、はぁ~???
衣装売るために、オーディションのセッティング?! ・・・これだからトルコは面白くてやめられません。

そりゃ~大変心惹かれるお申し出ですが、駐在員が接待でたくさん行くのに、駐在マダムがそこで踊ってちゃ、やばいっす  お気持ちだけ、ありがたく頂戴いたしまして・・・

まだまだそんなレベルじゃありません、ということで丁寧にお断りし(笑)、まだ衣装見せたがっているので後ずさりしながら帰ってきました・・・

このお店のドレス、私サイズで新しく作ってもらっても、イスタンブルの高級レストランでディナーぐらいのお値段。今密かに、

おうちでクリスマス・ディナーショー計画中


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ベリーダンス・ショッピング
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

No title

  1. 2008/11/22(土) 10:39:54 |
  2. URL |
  3. たいこかかこ
  4. [ 編集 ]
赤系の衣装ステキです・・・うむ、ユーロ安をさしひいても、安いですなあ・・・
うーむ欲しい(まて、着るところはナイ!)
そしてロイヤルブルーの衣装をお召しになっているのは、たびぃ。さん?
色白、肉感的で、セクシィだぞーーー!
オーディション、受けられたら面白いことになってただろうに(残念!)
おうちでディナーショー、セレブっぽいわーーー!

いやん(笑)

  1. 2008/11/22(土) 20:46:01 |
  2. URL |
  3. かかこさんへ♪
  4. [ 編集 ]
まーかかこさんたら、オジサンみたいな(笑)お世辞ありがとうございます。
オーディションね~、受けたらブログのネタとしてはすっごく面白いと思うのですが、なんせ技量がついていかないので(汗)・・・
数年後のイスタンブル卒業記念に、ということで。お楽しみに♪(←けっこう本気だったりする)

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -