トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


Rythm, Feeling and Personality

ふぅー ヨースリー・シャリフ氏の集中WS4日間、無事に(か?)終了しました。

バラディ、マクスーム、サイーディ、エジプシャン・ポップス、最後にオリエンタル、最後のオリエンタルとサイーディを組み合わせると、1曲分の振付になるというはからい。

エジプシャン・ポップスはほぼ1曲完成したので、これらとターキッシュ・オリエンタル1曲、あわせて3曲を4日間で習ったことに。

カラダも疲れたけど、アタマがもっと疲れた。。。

日本人があたしを含め5人いて、先生をなさってる方やショーに出るレベルの方ばかりだったので、わからないところや振付など、親切に教えていただきました。 この場を借りて御礼申し上げます、ありがと~ あなたたちがいなかったら、あたし乗り切れなかったよぉ(涙)

さて。
今回のWSで得たもの。
まずは、エジプシャン・オリエンタルというものを一通り経験することが出来た、ということ、、、しかもそれを天下の(笑)ヨースリー氏からですから、ありがたや、ありがたや。

それとは逆に、ターキッシュ・オリエンタルの良さも再認識しました。
動きが大きくてドラマチック。カン、カン、カンとキメキメで音にのせていく感じ。 カンってロック入れて、パッってアクセント。 エジプシャンの「滲み出るような」ではなくて、もっとわかりやすい、「見て見て!ほらあたし、くるくる回ってキレイでしょ~!」っていう、感じ。
オスマン帝国唯我独尊の時代からの、単純直情型でプライドの高いトルコ人そのものな踊り!
それがターキッシュ・オリエンタルの心意気なのだ!と、エジプシャンを習ったことで、逆にそれを理解しました。 まぁあたしの勝手な解釈ですが、自分のターキッシュの踊り方が変わりそうな予感。



最後にね、ヨースリー氏が言っていらっしゃって、心に響いた一言を。

Learn rythm and feeling from me, then add your personality
(私からリズムとフィーリングを学び、そして自分のパーソナリティを付け加えなさい)

教える時、決して大きい動きではないけれども(肉襦袢ちょっと脱いで欲しかったよ、見えないんだもん)、リズムの捕らえ方が絶妙。先取りでもなく、遅れているわけでもなく、、、あれは何だろう、、、
そして、あんな毛むくじゃらなおじさんなのに、一瞬少女が恥ずかしがっているような表情や、さそうような女性の目つきをするのにびっくり! 
それを写した上で、自分の中から滲み出る雰囲気でダンスを完成していく、、、

年齢や経験を重ねてこそ、ベリーダンスに味がでてくるのは、そういうところなのかもしれません。
そしてそれがベリーダンスの魅力なのかも。
そんなことも感じたWSでした。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

No title

  1. 2009/06/21(日) 13:13:04 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
こんにちは!
私もターキッシュ・オリエンタルをTaniaから指導してもらっています。
ブログを読んで、納得致しました。
個人レッスンはエジプシャンのOlgaから習う予定です。
これだけ、踊りに違いがあるのはベリーだけでしょうね!でもそこが魅力的で心を捉えて、離さない!!!

VICTORIA

はじめまして

  1. 2009/06/22(月) 02:26:56 |
  2. URL |
  3. VICTORIAさんへ♪
  4. [ 編集 ]
ようこそいらっしゃいました。

VICTORIAさんは、ターキッシュもエジプシャンもやってるんですね、すごい!ターキッシュって少数派なので、お互いがんばりましょう♪

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。