トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



フィーリングって

バルカン音楽のフェスティバルに行ってきました。
ロマのオーケストラもあったのですが、お目当てはYaişar Akpençeというダルブッカ奏者さんが組んだグループ。 彼のダルブッカ演奏をどうしても生で聞いてみたかったのです!
場所はタクシム近くのマチカというところにある小さな遊園地。野外コンサートです。
っていうか、トルコ人てこういう音楽フェスティバルは「踊って楽しむ」ために行くから、イス席なんてありえないの(笑)

遠くから聞こえるダルブッカの音に誘われて会場に到着し、だらだらとリハーサルが続く中、ビール飲みながら待つこと1時間、これからやりますとか案内もなしにいきなり演奏開始、、、それまで、周りの階段やベンチで待っていた人たちも少しずつステージ前へ移動していきました。

まずはチャナッカレ(トルコの一地域)のロマのオーケストラ。 盛り上げるためにトルコ人ならぜったいに知っているロマの曲「ille de Roman Olsun」がはじまると、観客大喜び、当然、踊りだす。
ステップとか、リズムにあってるとかあってないとか、そんなのはどうでもいい。 ただ、聴こえてくる音楽にあわせて踊るだけ。 いいな~こういうの。

続いてお目当てのパーカッション・チーム。
観客が飽きないように、バイオリンやクラリネットが入っていますが、合間にドラム・ソロを入れてきます。 うわ~大音量生ダルブッカ☆☆☆

シミーしちゃうよん♪

周りで見てたヒトは、なんでコイツはぜんぜん違う踊り方してるんだ?!と思ったかも(笑)
さすがにコンサート会場ではドロップキックとかしないだろうフツウ。 でも、あれを聞いたらベリーやってる皆さんはぜったいその場でドラム・ソロやりたくなったはず。

その後もロマ音楽やチフテテッリが続くなか、会場踊りまくる。 そのうち、隣で踊っていたグループに引っ張り込まれて一緒に踊る踊る。 楽しかったよ~☆☆☆

帰り道、同行した友人にこんなことを言われました。

「あれはさ、みんな知ってる曲?」
「ううん、最初のはすごい有名な曲だけど、、、それ以外は知らない」
「じゃあさ、なんで「こっから盛り上がるっ!」って分かるの?」
「???」
「いや、たびぃ。さん、トルコ人とおんなじとこで盛り上がって反応するのに驚いたから」
「ほぉ~」
「いいよね、こういうのは、レッスンに行って教えたり習ったりできるものじゃないから、貴重だよ」

へぇぇぇぇ、、、、それは自分で気がつかなかった!!!
それは、そういう音楽を聴きなれているからでしょうか、、、サビがくるぞっ!みたいなのは自然と感じるのです。

よく「本場で培ったフィーリング」とかプロフィールに書いてありますけど、それってどんなん?って思っておりましたが、、、そうか~こういうのなのかぁ~と、逆にちょっとびっくり。



ああ、これでテクニックさえあれば、今頃あたしは、、、(遠い目)



楽しいフェスでしたが、これのために来るっていう程ではないかも、、、盛り上がり度は5月のフェスタのほうがゼンゼン上でした。 ああ、春が待ち遠しい。









テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:3

No title

  1. 2009/10/04(日) 13:10:21 |
  2. URL |
  3. あ~にゃ
  4. [ 編集 ]
何も驚きゎ、しませんな。

だって、たびぃねぇゎ既にいゃずっと前から…
もぅトルコ人ですからぁ~

いゃ…トルコ人よりベリーを愛するあなたゎ
トルコ人以上にトルコ人なのでつ。

自分じゃ気づいてぃなぃよーでつがねっ!!爆

だって

  1. 2009/10/09(金) 06:13:49 |
  2. URL |
  3. KA☆RU
  4. [ 編集 ]
日本人と並んでても たびぃ。さんはトルコ語で話し掛けられるんでしょ?
だから全然驚かないョ。

…といいつつ、目の当たりにしたら、やっぱ驚く? じゃなくて、感動するかも。


お友達、さらに帰ってきたくなくなってることでしょうね。

最近気がついた

  1. 2009/10/10(土) 07:16:09 |
  2. URL |
  3. KA☆RUさんへ♪
  4. [ 編集 ]
「ベリーダンス・ジャパン」のステージメーク特集の写真より、自分の普段メイクのほうが濃いかもしれない。。。(^^;) 最近、日本人の方に、「あらっ、日本の方ですかっ?!」って言われるの。いいかげんヤバイわ。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -