トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



世界であなたはひとりだけだから

考えが上手くまとまっていないので、ちゃんと表現できるかどうかわからないのですが、、、書き留めておきたいので、メモ代わりに。

***

あるダルブッカ奏者の方のレッスンで、奏法の勉強のためにビデオを撮っていいかと聞いたら、こう言われました。(あ、あたしのレッスンじゃないです。あたしはダルブッカ脱落した、、、^^;)

「もちろんいいけど、それはあくまでも僕の奏法で、ダルブッカ自体も、皮も、奏者の体格も力もすべて違うのだから、参考にならないよ。 正しいポジションは必要、でもそこから先は自分で、「その楽器と自分が出せるベストな音」を探さないとダメだよ」

「でもそしたら集団演奏のときはどうするの?」

「みんな、一人一人が違ってあたりまえじゃない? 誰でも世界で一人しかいないんだから。 各人のベストが集まれば素晴らしい音楽を生み出せるんだ」

***

ラナ先生のレッスンにて。 
昨日は、1.5時間のレッスンで1曲振り付けしました。 なんでも明日から先生WSだそうで、「ちょっとね~踊ったらどんな感じか、時間枠に入るか、予行練習させてもらったわ~」だって(汗) センセイあたしたち、モルモットじゃないですよぉ~!!!

その振り付けの中に、進行方向の腰のダウンをしながら横に進むというのがありました。
あたし、腰のダウンができないのです。 縦の下から上へのfig8になっちゃうの。 で、そこだけ教えてもらったのですが、やっぱりイマイチ、、、で悩んでいたら先生が、

「い~わよ、キレイに見えるんだからそのままでも」

ラナ先生、よっぽどヒドくないと注意しないのです。技術的なコトは指導なさいますが、手はこのぐらいの位置とか、そういう細かい指示はあんまりしない。 見本と違っても、あらそういうのもありね~なんて言ったりするの。最初は手抜きをされてるんじゃないかとか思ったのですが(ゴメンナサイ笑)、そうじゃなくて、実は個性を重視する先生なんだ、、、とふと気がついたのです。


その手の位置で、あなたが一番キレイですか?
そのバランスで伸びたら、あなたが一番しなやかに見えますか?

あ、もちろん手持ちのカードを増やしたいので、いろんな基礎はキチンと身につけたいと思います。(誰か腰のダウンのコツを教えて~!!!)

でも、音楽もダンスも、見本どおりに出きていればいいわけじゃないんですよね。。。(あたりまえでスミマセン) なんとなく「一糸乱れず」みたいなのが「正解」という考えが私のなかにあったのです。群舞だったら、全員手の高さ同じに!ピシっ!みたいな。 でもそれって、実は西洋的な考え方なのかも、、、 もちろん群舞とソロでは違うのだと思いますが、、、


正解は、常に自分の中にしかない。


以上、メモ書きでした。
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6

No title

  1. 2009/10/10(土) 14:49:09 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナ
  4. [ 編集 ]
日本舞踊とか茶道とか、所作が美しい・・・とかいうものには絶対求められるスタイルがあるんでしょうが、心の内面を表に出して表現するダンス、十人十色だから、それぞれの表現・スタイルがあって当然ってことなんですかね~。いや、想像ですが。

でも、考えたらそうだよな~って思います。機械じかけのロボットじゃないんだし・・・。

フラダンスとかフラメンコとか、そういうのもそうなのかな~

踊りが単に揃っている、美しいと言っても「美しいけど・・・でもピンと心にこない」ってこと、あると思うんですよね~。踊る人の人柄とかその人なりの解釈がにじみ出て、それに共感する人が感動したりするんじゃないかな・・・って、素人なんでほんとわからないんですが。

・・・だよね。

  1. 2009/10/10(土) 19:45:37 |
  2. URL |
  3. KA☆RU
  4. [ 編集 ]
心に刻みます。


No title

  1. 2009/10/12(月) 17:35:48 |
  2. URL |
  3. ライラ
  4. [ 編集 ]
ベリーはもともとソロの踊りですからね~。私もラナ先生と同じく、一糸乱れずという教え方はしません。音で合わせる、ってことはしますが、振りの一挙一投足を全く同じにするようにしたら、見ててつまんないでしょうし。

ところで、腰のダウン、何がどういう風にできないのか見てみたいです。実際に見たら、ここをこうして~って言えると思うのですが、文字だと難しいです・・・。ダウンの時、お尻を締めて、軸足に乗ってますか?

確かに、、、

  1. 2009/10/12(月) 19:06:18 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナさんへ♪
  4. [ 編集 ]
手の動きなどは、特にネスリン先生のダンスは日本舞踊や茶道に通じる「所作」に近いものを感じる時が多いです。 でも、ベリーダンスはさらに「心の内から湧き上がるもの」があるのかも、、、

なんていうか、日本の教育のせいか(いいのかヒトのせいにして笑)、「揃っていると安心」みたいなところありません? そこをつきぬけて、滲み出るもの、湧き上がるもの、、、まだまだ修行が足りんなぁ。。。 (ごめんグチになった)

Re: でしょ(笑)

  1. 2009/10/12(月) 19:10:52 |
  2. URL |
  3. KA☆RUさんへ♪
  4. [ 編集 ]
ダンスや音楽って、分野が違っても、そういう「心」は一緒だよね。
共にがんばりましょう。。。。 んで、村ハフラ(笑)

もうちょっと早く出合いたかった

  1. 2009/10/12(月) 19:19:20 |
  2. URL |
  3. ライラ先生~!!!
  4. [ 編集 ]
そしたら生でレッスンしていただけたのに---!!!
「個を尊重する」先生って、素敵ですね、、、自分のコピーかミニチュアじゃない生徒を育てるって、実はすごく大変そう。 そういうライラ先生にめぐり合った生徒さんは幸せですね♪

例えば、左腰ダウンしながら左へすすむと、「右腰で下から上のfig8をしながら左に進んでいる」みたいに見えるのです。 左腰がくっきりとダウンしないというか、、、 動画、、、はみっともなさすぎてのせられませんが(汗) 左足に乗り切れてないからでしょうか、、、 ちょっと研究してみます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -