トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


ハウスボートで河下り

今回の旅行、「インド行きたい!でもどうせなら行ったことのないとこ、、、ケララ!」と思い立ったものの、はたしてどこへ行ったらいいものやら、、、で、昔の同僚だったインド人がケララ出身であることを思い立ち、連絡を取ってインドの旅行代理店を紹介してもらおうと思ったら、もちろん代理店を紹介してくれただけでなく、旅程まで立ててくれたのでした。超ラッキー♪

その彼が「ゼッタイに経験するべき」と言ったのがこのハウスボートの河下り。
バックウォーター地域から、河を南下して海岸リゾートのKovalamという地域まで、のぉんびりと一泊二日で河下りというプランです。

5日目の朝、ホテルの船着場にハウスボートがお迎えに来てくれ、ジャスミンの花のレイとココナツ・ジュース(ウェルカムドリンクはいっつもコレ)でもてなされて早速出奔。
ボートは、リビングルームとバスルーム付きのベットルーム、そしてキッチンがあり、船長さん、サービス係、コックさんの3人が面倒を見てくれます。

075.jpg

074.jpg

079.jpg


ゆったりと流れる景色は、ココナツの畑や水田地域。
川沿いで生活する人々の暮らしぶりをながめたり、

088.jpg

コックさんのお料理は、ホテルのお料理とは違って素朴なおうちごはんぽくておいしかったです。
キャベツのあえものがおいしかったので、作り方教えてもらいました。(ザンネンながら、タイプど外れなおっちゃんだったけど)

085.jpg

てっきり夜も運行するのかと思いきや、夕方あたりが暗くなってくると、岸辺に停泊し、翌朝8時過ぎに再出奔。
わざわざボートに泊まらなくてもいいんじゃ、、、?な気もしましたが、ま、観光名物ということでよしとしましょう。

さて、お迎えのドライバーさんに聞くと、ホテルのあるリゾート地域までは3~4時間のドライブ。
で、そのリゾート地域の様子もわからないので、車に乗り込むやいなや、

あの、スーパー行きたいんですけど、寄ってくれます?

外国旅行の楽しみといえば、やっぱりスーパーでしょう。その街の人の暮らし(まぁ、中後進国では、アッパーミドルクラスの、でしょうが)が垣間見られて、楽しいんだもん。

街中を通りがかった際に大きなスーパーに寄ってくれ、いろいろと買い込みました。
ところがですね~、欲しかったものがないのですよ。 それはビンディ。

ビンディ買いたいんですけど~

と再度ドライバーさんにお願いすると、ものすごくフシギな顔をされましたが、ケータイで(たぶん)奥さんに確認してくれたらしく、途中で街中の雑貨屋さんに寄ってくれました。調子にのって

あの~タブラも買いたいんだけど、売ってるとこ知ってる?

だって、初めて行くところだから、どこで何を売っているかわからないし、リゾート地域に入っちゃったら、またまたお店なんてぜんぜんないとこかもしれないじゃない~!! チャンスは逃すな、よ(笑)

何軒かおみやげモノ屋さんなどを当たってくれたのですがダメ。 途中で街らしいところでは目を皿のようにして探すも、楽器屋さんが幹線道路にあるわけないわよね、、、ということでホテルできいてみましょ、ということでとりあえずは宿題ということで。

ということで、予定時間をけっこうオーバーして(ちゃんとチップ多めに払いました!w)、ホテルに到着~

あ、お買い物の成果は明日まとめてお見せします、お楽しみに♪♪♪
テーマ : インド    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆インド・ケララ
  2. / trackback:0
  3. / comment:5

ナザボン君

  1. 2010/03/27(土) 17:11:59 |
  2. URL |
  3. おねむ
  4. [ 編集 ]
ナザボンってなんかカワイイな。今度からそう呼ぼう。
で、デザイン、うん前より私の好みになりました!ありがとう!
(だれがオマエのために)。これオリジナルですか?

ハウスボートってイギリスとかにもある奴かなあ?貸し切りなんですか?
なんだか私のイメージするインド旅行とは違う・・・

追伸
読み直していたら愉快な誤植発見 ^^)
出奔って、こんなとこにも龍馬の影響か!?

  1. 2010/03/27(土) 18:52:18 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナ
  4. [ 編集 ]
ハウスボートの旅ですか~、優雅~♪
船酔いするうちのダンナは絶対だめだけど、一度くらいは泊ってみたいです(フェリーはあるけど)。

ビンディ・・・。

ビンディって、インド人街にたいていあるじゃないですか~。
あ、トルコにはインド人街がない?

あのシールみたいなビンディを額につけている人って見たことないです。赤い練り染料みたいなのをつけている人は見たことがあるけど・・・。

私もついつい買ってしまうけど、意外と使い道がないんですよね~。

外国人が思う「あれ」って、現地ではそれほど簡単に見つからない場合が多いですね。

イランの有名な「涙壺」。ほしかったけど、土産物屋にも売ってなかったです。

※涙壺・・・戦場に旦那を送った妻が毎晩涙をためるために使った壺のこと。壺の口が頬に沿うようにカーブしていて独特の形

Re: ナザボン君

  1. 2010/03/28(日) 19:32:29 |
  2. URL |
  3. おねむさんへ♪
  4. [ 編集 ]
うわ~あたし何故か出奔=船がでることだと思っていました(大汗)
まぁインドで行方をくらますのもアリだと思いますが。

いえこのテンプレート、公開のをお借りしたんです。
このデザイン、ナザボン以外をイメージしたとしたら、ナンでしょうね?
目玉のおやじ?(爆)

Re: タイトルなし

  1. 2010/03/28(日) 19:38:05 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナさんへ♪
  4. [ 編集 ]
あはは、「物欲に屈するオンナ」と「ダンナを犠牲にするオンナ」、いいコンビということでwww

あれ、すっぽんぽんダメですか。あたし意外と(意外じゃないかw)平気なんですよ。。。じゃなきゃあんなベリーダンスの衣裳なんか着れるまい。 ちなみに、2つめのホテルの「スパ」にはちゃんと紙パンツありました!

ビンディー、、、そうですね、節約からか自分で書いてる人が多いよね。
でも、ちょっと小金持マダムっぽいひとは、シール(?笑)の人もいたよ!
あれ、大玉のビーズに貼ってネックレスとかにしてもかわいいかも?


> ハウスボートの旅ですか~、優雅~♪
> 船酔いするうちのダンナは絶対だめだけど、一度くらいは泊ってみたいです(フェリーはあるけど)。
>
> ビンディ・・・。
>
> ビンディって、インド人街にたいていあるじゃないですか~。
> あ、トルコにはインド人街がない?
>
> あのシールみたいなビンディを額につけている人って見たことないです。赤い練り染料みたいなのをつけている人は見たことがあるけど・・・。
>
> 私もついつい買ってしまうけど、意外と使い道がないんですよね~。
>
> 外国人が思う「あれ」って、現地ではそれほど簡単に見つからない場合が多いですね。
>
> イランの有名な「涙壺」。ほしかったけど、土産物屋にも売ってなかったです。
>
> ※涙壺・・・戦場に旦那を送った妻が毎晩涙をためるために使った壺のこと。壺の口が頬に沿うようにカーブしていて独特の形

  1. 2010/04/05(月) 23:13:30 |
  2. URL |
  3. ♪ あにゃ ♪
  4. [ 編集 ]
へぇ~”ハウスボート”って、初耳~♪
ってか、優雅よねぇ~!!ス・テ・キ☆

ベッドゎ、もしやの天蓋付??
内装もカワイイなぁ~オラ好き系やわぁ~♪

毎回、コックが自分好みかをちゃっかりチェックしとる
辺りがさすが我が姉貴だと関心しますっ!!爆

スーパー分かる分かる!絶対楽しぃよねぇ~♪
ねぇさんのビンディコレクションがまた増えましたね!

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。