トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



カリフォルニア・ロール、かな

さぁ4月! 今月末には早いものでもうフェスティバルが始まりますし、そろそろベリーダンス・モードに切り替えねば、、、

ネスリン先生のLevel3も順調に進んでいます。今回の振付は、今までのとはガラリと雰囲気を替え、ターキッシュな雰囲気です。 いくつかの曲調を組み合わせ(多分誰かの編集)、後半はなんとロマの9/8拍子! ネスリン・トプカプとロマってちょっと意外な組み合わせなので、どんなふうに仕上がるか、楽しみです♪
クラスは10名前後でほぼ固定メンバーに落ち着き、なんと「自主練習会」をスタジオでやるほど、熱心で仲良しで、このままみんなでLevel4がんばりたいね~やろうね~っていう、とってもいい雰囲気なのも嬉しい。


そうそう、最近、ベリーダンスのフォーラムで、Totally Turkishっていう教則DVDの発売が話題になっていました。




こういうのを見ると、ターキッシュ・オリエンタルって、カリフォルニア・ロールみたいだなぁと思います。

日本の「寿司」がアメリカへ渡り、「SUSHI」になり、世界的にも認知されるようになり(おしゃれなトルコ人すらSUSHIって知ってるもん~)、いつのまにやら世界的にカリフォルニア・ロールとかが有名になり、ガイジンさんが「オーセンティックなカリフォルニア・ロールを本場日本で食べたい!」とかになっちゃうの(笑)

でもね~、日本の街角の「へいらっしゃい!」って言うお寿司屋さんに行ったら、カリフォルニア・ロールなんてないじゃない?(笑)

ターキッシュ・オリエンタルもそんな感じ。 本場なはずのイスタンブールでは、少なくともあたしの知る限り、こういうターキッシュ・オリエンタルを教えている先生も、ショーで踊ってるダンサーさんもいない気がする。。。



ただ最近は、それでもいいんじゃないかな~っていう気がします。 SUSHIも寿司だし、好みもあるし。

あたしは、

「え、カリフォルニア・ロール? できますよ~。皆さんお好きですよね~これ。
 でもね、ホントの寿司はこういうのなの。 食べてみて♪」

ってなりたいな。 でもって、いつかは「あそこでしか食べられないたびぃ。巻き」を目指そうっと。



花粉症のクスリのせいでぼぉっとした頭でひとりごと。。。

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・オリエンタル
  2. / trackback:0
  3. / comment:8

  1. 2010/04/02(金) 03:40:54 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナ
  4. [ 編集 ]
>ターキッシュ・オリエンタルって、カリフォルニア・ロールみたいだなぁと思います。


そうか~。正統派を知らないとどれもひっくるめてベリー・ダンスだと思ってしまいますねぇ。

カルフォルニア・ロールが日本オリジナルだと思っているような・・・。
でも、知っている人にとっては邪道よ!みたいな。

それにしても・・・。
たびぃ。さんてば、歌って踊れるショーパブのママの役もハマりそうだけど、寿司屋の女将の役もハマりそう・・・。

>いつかは「あそこでしか食べられないたびぃ。巻き」を目指そうっと。

たびぃ。さんの寿司(踊り)を見たいために、あの店へ(?)・・・!

これからも自分の思い描くダンスを見つけ、踊れますように~

  1. 2010/04/02(金) 04:18:01 |
  2. URL |
  3. かかこ
  4. [ 編集 ]
うんうん、サルサなんかと全く同じことが起こっているんですね
あ、、、サルサ,詳しくないからかなり想像だけれど
アメリカでエスニックダンスが根付く時って、
おのおのの要素を取り出して際立たせて、技術的にはっきりさせて、
さらに元々にはない技術を足して(バレエ的な技術とか)
そうやって洗練させていっちゃうのね

本来、なんだかわからない難しさだけれど、説明のつかない”技術”
っていうのがターキッシュにしてもエジプシャンにしてもあるはずで
それを別なカルチャーの人間が習得しようっていうとき、
どうしても翻訳が必要になるんだけれど、
それだけじゃ本場に完成度(?)の点で及ばないから
さらにお化粧ほどこしちゃうのかなあ、、、、
今、札幌ライブの告知がままならないから、悩んじゃうわ
アラブカルチャーを大胆に解釈!!とか銘打ったほうがいいのかな、
(トルコはアラブじゃない、、ことはもうノータッチ)
別なカルチャーを受け入れる時の一さじってあるのよね

お帰りなさ~い!

  1. 2010/04/02(金) 04:35:59 |
  2. URL |
  3. 日だまり猫
  4. [ 編集 ]
ご無沙汰で~す♪
素敵なインド紀行でリフレッシュ!?されたようで・・・。
たびい。さんのセレブなマダムの一面も見れて羨ましいかぎり。
それもこれも素敵なスルタンさんのおかげ?!というかそのスルタンさんを捕まえたたびぃ。さんの力!?

カリフォルニアロールの解釈、勉強になりました。
本物も知っているからこそ得られる寛大な余裕も持ちたいもの。
そのために日々の積み重ねを大事に、そしていつかはあそこでしか!!を目指したいですね。



Re: タイトルなし

  1. 2010/04/02(金) 10:55:57 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナさんへ♪
  4. [ 編集 ]
う~ん、何が「正統派」なのかもよくわからない。
というか、ベリーダンスが「正統派」であるべきかどうかも、わからない。

だってさ、街の三代続いた寿司屋の大将が、「ウチは江戸前でい!」っていうかもしれないけど「ウチは正統派寿司を出してるぜい!」とは言わないよね、、、

あの~ パブのママとか寿司屋のおかみとか、、、どうせなら銀座のママにしといて(笑)

Re: タイトルなし

  1. 2010/04/02(金) 11:06:57 |
  2. URL |
  3. かかこさんへ♪
  4. [ 編集 ]
おお~さすがなコメント。

> おのおのの要素を取り出して際立たせて、技術的にはっきりさせて、
> さらに元々にはない技術を足して(バレエ的な技術とか)
> そうやって洗練させていっちゃうのね

「大舞台に乗せる」とそうなっちゃうんでしょうね。 アナドルアテシュとかの演目も、むしろアメリカン・キャバレーっぽいもん。

別なカルチャーを、、、って言われるとですね、一個人という単位では、はたして日本のカルチャーが自分に根付いているのかどうか、それが分らないので何ともいえないのですが、「アメリカ人に受け入れられやすいもの」「日本人に受け入れられやすいもの」っていうのはあるような気がする。

そしてその一方で、トルコ人とずっと一緒にレッスンしていると、その環境で自然に身についたものももちろんあるんだけど、ではそれを「鍛錬による習得」で超えることが不可能かというと、、、そうでもないような気もするのよね。。。

結局いきつくところは「自分がどうやりたいか」なのかな。



>
> 本来、なんだかわからない難しさだけれど、説明のつかない”技術”
> っていうのがターキッシュにしてもエジプシャンにしてもあるはずで
> それを別なカルチャーの人間が習得しようっていうとき、
> どうしても翻訳が必要になるんだけれど、
> それだけじゃ本場に完成度(?)の点で及ばないから
> さらにお化粧ほどこしちゃうのかなあ、、、、
> 今、札幌ライブの告知がままならないから、悩んじゃうわ
> アラブカルチャーを大胆に解釈!!とか銘打ったほうがいいのかな、
> (トルコはアラブじゃない、、ことはもうノータッチ)
> 別なカルチャーを受け入れる時の一さじってあるのよね

Re: ただいま!

  1. 2010/04/02(金) 11:14:32 |
  2. URL |
  3. 日だまり猫さんへ♪
  4. [ 編集 ]
う~ん、セレブじゃないと思う。セレブは普段着ユニクロじゃないと思うもん(笑)
でも、インドはホントに楽しくて、素敵でした。 やっぱアジアいいよ~~!!!

日だまり猫さんのおっしゃるとおり、「他をそのまま他として受け入れる寛容な心」って大事だと思います。ベリーダンスも、結局はその人の雰囲気にあっていて素敵で上手ならそれが一番なんでしょうね、きっと。。。

この春は、いろいろな先生のWSに参加するチャンスがあるので、ネスリン先生に教わっていることを軸足に、いろいろなスタイルに触れて自分の幅を広げられればいいなぁと思います。
ダンスのスタイルってほんと、永遠のテーマですよね。。。

  1. 2010/04/06(火) 11:49:51 |
  2. URL |
  3. ♪ あにゃ ♪
  4. [ 編集 ]
いきなり、バッチリベリーネタに戻ってますなぁ~!笑

カリフォルニア・ロールねっ!うまぃ事いぅなぁ~と感心☆
オラも好きだよっ、カリフォルニア・ロール!!
あのアボカドとマヨがえぇ味だしとるよねぇ~って寿司じゃなぃって?爆

ねぇさんが言ぅよぅに…ダンスって、ひとくくりにするのって難しぃよね
同じダンスでも人種が違ぇば体系も好みも違っちゃって…
どんどん独特なオリジナリティーが出ちゃぅだろぅし!!
でも、オラもダンスってそれでえぇと思ぅねん♪
何が正解で何が間違ってるとかじゃなぃと思ぅ!!
何がステキで何が人を惹きつけるかなのかなぁ~ってねっ♪

たびぃ巻き☆ぜひぜひ食してみたぃもんでつなぁ~ふふっ☆
ねぇさんゎ、やっぱ料亭の女将って感じゃと思ぅ!!笑

Re: タイトルなし

  1. 2010/04/07(水) 11:37:50 |
  2. URL |
  3. まとめてあにゃちゃんへ♪
  4. [ 編集 ]
いや~まるで、一緒にインド旅行したかのようなコメントをたくさんありがとう☆
うん、楽しかったよ~

もしチャンスがあったら、ぜひどうぞ!
物価が安いので、キラキラのキレイなものをたぁくさん、買えますよん♪

会いたいね~ ベルギーほんとに行きたいわ~☆☆

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -