トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


エジプト旅行記② ナイル・フェスティバル

エジプト旅行の後半、ナイル・フェスティバル。

周りから、「ナイルは1コマ3時間だし、周りはイントラ級だし、タイヘンだぞ~」と脅かされていたので、無理せずに1日1コマのペースで参加しました。
ルクソール旅行があったので、4日目の木曜日からの参加です。

取ったのは、
MONA EL SAID
AIDA NOUR
HASSAN AFIFI
NESMA
TITO

・・・のはずだったんだけど。
なんと、Hassan Afifiは緊急入院で欠席、TITOは海外WSからの帰国便の欠航だかなんだかで、穴をあけ、5コマのうち2コマが、代行レッスンということに、、、

覚えてます? 今年のイスタンブール・フェスでも、あたしが参加したレッスンは2つも3つも代行でした。


雨オンナ、、、じゃなくて代行オンナかい、あたしは?


なのですが、結果としては2つとも満足できるワークショップで結果オーライ♪
それでは受講順にレポートです。


Mona EL Said
伝説のダンサー、Mona EL Saidによる 「オゥム・カルスーム曲の感情表現」。

ドロンジョ様が歳とったらこんな感じかしらんという、堂々たるお姿とオーラでした。
「私は、オゥム・カルスーム曲は、本人の声かインストゥルメンタルじゃないと踊らない」とおっしゃっていましたが、踊りながら一緒に「おぉぉ~」とか口ずさむその声も貫禄たっぷり。
その感情表現力のすごさに、ちょっと泣きたくなっちゃって、人のダンスをみて泣きたくなるもんなんだと初めての経験でした。

でもその一方で、やっぱりアラビア語できないと、感情表現は無理なんだと強く実感。
例えて言うなら、たとえば私達が美空ひばりさんの「あ~あ~、河の流れのように~」という部分をインストゥルメンタルで聴いても歌詞が思い浮かび、自然に河の流れを表現するしぐさをする、、、そんな感じでしょうか。

なんていうか、「腹の底から感じて踊る」というのを見せていただいた気がしました。


Aida Nour

大ファンなのです、Aida Nourさん。
Egypt Cairo 010
Dance Partyにて

ネスリン先生がエジプシャンだったら、きっとこんな感じに踊られるんじゃないかなぁと、クラシック・オリエンタルに共通する雰囲気を感じます。 Mona el Saidさんのように生々しい感情表現ではなくて、なんて言うのか、「私のダンスを見ている間は浮世のあれこれは忘れて楽しんで♪」っていう雰囲気、、、でしょうか。
教え方も、、、体型までそっくりでございました(あ、言っちゃった☆)
動画も撮らせていただけて、CDも買ったので、じっくり練習したいと思います。


Hassan Afifi Rabia Abo Taleb

会場に着くと、オーガナイザー側からアナウンスがあり、Afifi氏緊急入院のため代行レッスン、振替OKというアナウンスがありました。

超がっくり

友人が以前この方にならった振付を踊っているのを見せてもらい、すごく可愛い振付で気に言ったのですごく楽しみにしていたのに~

やってきたのは、白いよれTシャツに水色ジャージのおっさん

結局20人ぐらいでレッスンが始りましたが、おっさん Taleb氏英語がまったく出来ず、身振り手振りでレッスンを行い、振付をやるのかコンビネーションなのか、なんだかぜんぜんわからない、、、しかも、先生が鏡越しに教えるというスタイルに慣れていないらしく、どうしてもこっちむいて教えるから、左右がごちゃごちゃ。ということで脱落者続出(特に欧米人は全員アウト) 

、、、なんだけど。
インターナショナルのフェスティバルを期待するとアレですが、

カイロでベリーダンスの先生を探したらたまたま出会ったローカルの先生

と思えば、カウントなくても鏡みなくても言葉通じなくても(今さらそんなん驚きもしないゎ)、洗練されていない、ローカルのエジプシャンってこんな感じ、、、っていうのを体験できた、あたしにとっては貴重なレッスンでした。 振付も、スヘイラとかサミアとかフィフィとかのシグネチャー・ムーブメントをが入り、曲も楽しくて、、、とにかく繰り返して何度も何度も踊ったので(10人ぐらいしかいないから、グループ分けとかは当然ないの!)、ものすごーーーーく汗かいて、そして楽しいレッスンでした。
イスタンじゃ、3時間40ドルなんてレッスンは破格なので、得したかも!(したのか?笑)

ですが、ぶっつづけで踊って体力消耗しすぎ、夜のコンペティションを見に行きたかったのですが、Reshmiちゃん差し入れのおにぎりとインスタントのお味噌汁を食べたらもうバタンキュー。 立てませんでした。。。



そしてWSは翌日も続く



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 旅行記☆エジプト
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

豪華だ・・・。

  1. 2010/11/24(水) 04:23:42 |
  2. URL |
  3. きちょーん
  4. [ 編集 ]
MONA EL SAID v-353 AIDA NOURv-353

羨ましすぎる~。悶絶。

生で見たい~~。

オゥム・カルスーム曲の感情表現についてもっとレポして欲しい~。
頭でわかってるような気でいても踊りに反映されないあの世界観。
難しいのよーーーーー。

でもまずは風邪治してくださいまし~。お大事に~~。

No title

  1. 2010/11/24(水) 08:59:50 |
  2. URL |
  3. mayo
  4. [ 編集 ]
お帰りなさい~!
そして、お疲れさまでしたっ!!

スタートから内容の濃いエジプト日記、続きが楽しみでなりません。
Hassan Afifi、残念です~、生きているうち(?)にぜひ受けて欲しかったデス。でも代行のおじさんも気になります(笑)。

風邪が早く良くなりますように~
そういえばショーの会場ってバカみたいにエアコン利かせてますよね。

できるものならしたいが。。。

  1. 2010/11/25(木) 18:39:49 |
  2. URL |
  3. きちょーんさんへ♪
  4. [ 編集 ]
あれは、やはり残念ながら、言葉がわかって内容がわかることがまず前提で、あとは人生経験とか人となりとか、、、

昔、遠藤周作氏が、大学入試問題で「作者の考えを選択しなさい」(もちろん自分の作品ね)をやったら、間違ったっていう有名な逸話がありますが、実際にオウム・カルスームがどう感じていたかは、わからない。

だから、人真似をするぐらいなら、自分の解釈で、と思うのだろうけど、どうだろうね。

ただいま♪

  1. 2010/11/25(木) 18:43:12 |
  2. URL |
  3. mayoさんへ♪
  4. [ 編集 ]
そうなの、ショー会場、エアコン効きすぎ!
なのに、肩丸出しのドレスのヒトとかもいて、防寒ですごいかっこうしていったあたしは、ヘンな目でみられちゃいました。

フェスティバル用に、防寒ばっちりでも派手ドレスを探さねばー!!!

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。