トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



少しずつ

少しずつ、ブログのヒット数が戻ってきました。
物資不足で大変な中でも、輪番停電も緩和され、少しずつネットを見る余裕が出てきたということでしょうか。
「ただいま!」「無事だよ!」「がんばってるよ!」そんな声が聞こえてくるようで、、、嬉しい。



少しずつ、仲間のブログも、節電を気にしながらも戻ってきました。
彼女たちも踊り始め、チャリティ・イベントやチャリティー・レッスンに向けて進んでいます。


お知らせ

盛岡のライラ舞踊団のライラ先生が、3月27日に盛岡市内 プラザおでっで (地図はコチラ) にてチャリティー・レッスンを開催するとのことです。

①13:10-13:50 入門クラス(体験可)
②14:00-15:00  基礎クラス(オールレベル)
③15:00-16:00 タブラによるリズムレッスン
 (タブラ奏者と一緒にアラブのリズムの理解、それぞれのリズムに合った動きをマスターするクラスです)

交通網もガソリンもままならない状況ですが、体験OK,被災地区から避難中の方は特別待遇がありますので、近郊の方、情報交換や息抜きの場としてでも構わないので、ぜひご参加くださいとのことです。

行かれそう!という方は連絡の取れる携帯かPCメアドを記載し、コメントください。ライラ先生のご連絡先を折り返しご連絡しますね。



こんな時にベリーダンスなんて、、、

そんな声があるかもしれません。でも、少しずつ日常を取り戻す中で、踊りが日常にある私達が、踊る時間を取り戻すのはとても自然なことだと思うのです。
心身ともにリラックスする時間があることは、とても大切なはず。
暖房がままならないと思いますので、皆さん体を冷やさないように気をつけてくださいね。



あたし自身も、気がつくとずーーーっとネットでTVをにらんでいる生活から、少しずつ踊りのある生活に戻りつつあります。 5月のフェスで、チャリティ・バザーなどの企画運営で当日さらに忙しそうなので、自分で踊るのをやめようかと思ったのですが、、、
たくさんいらっしゃる日本人参加者の方に「オネガイ手伝って!」ってお願いすればいいんだと、、、チャリティなのだから、主催者参加者関係なく、日本人みんなで協力できればそれはきっと素敵なこと。

ということで、出ない言い訳がなくなったため、今習っている振付を(無謀にも)1カ月半後に踊ろうと練習をはじめました。 

まだ踊る気持ちになれない、踊る状況には戻れない、そんなみなさまにも、一日も早く「踊りの時間」が戻りますように。。。


、、、と 書き終わってからネットを見ていたら、被災地では物資不足や復旧の遅れで、大変な状況がさらに深刻になっているようです。 
その一方で、個人ボランティアの是非も取り沙汰されていて、本当に今、何が必要なのか、何が自分にできるのか、、、きっとみなさんも思い悩んでいらっしゃることと思います。

みんなで、自分がラクにできることよりももう少しだけがんばって、誰かの役に立つことをすればそれでいいんじゃないかな、と自分にも言い聞かせています。


テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:5

チャリティーレッスン

  1. 2011/03/21(月) 04:53:37 |
  2. URL |
  3. ライラ
  4. [ 編集 ]
紹介してくださってありがとうーー!

今朝、探していた方から直接生電話いただいて、
本当に嬉しかったの!

被災地から避難なさっている方は、無料でレッスンが受けられます。
皆様の心の癒しになれるように。

たびぃ。さん、ありがとう。

Re: チャリティーレッスン

  1. 2011/03/21(月) 09:32:54 |
  2. URL |
  3. ライラさんへ♪
  4. [ 編集 ]
お友達、連絡が取れてよかったです。。。 私も、ライラさんや盛岡組の安全が確認できるまで、ずーーーっとネットに貼りついていたから、ちょっとだけ気持ちがわかるし、ましてや被災者の方ならば、どれだけ、、、

ニュースでも、被災者の方々の精神的肉体的ストレスが報道されていますね。
体を動かして、ストレス・リリースしてください、、、みなさんも、ライラさんもね!



No title

  1. 2011/03/21(月) 18:12:30 |
  2. URL |
  3. サラ
  4. [ 編集 ]
すばらしいアイディアだと思います。

物質的な援助ももちろんですが、こういうときにこそ、心の支えが必要だと思います。

ライラさんのレッスンを受けて、明るい希望を持てる人がたくさん出てくるイベントになることと思います。

私も、先週のダンスに行くときに、「こんなときに、ちょっと気が重いなぁ・・・」と思ったものの、行って、踊ってる間は、踊りのことだけ考えて、すごくスッキリしました。

たびぃ。さんのおっしゃるとおり、「踊りが日常にある」ことが、いろんな意味で糧になっている、と思います。

Re: No title

  1. 2011/03/21(月) 22:19:35 |
  2. URL |
  3. サラさんへ♪
  4. [ 編集 ]
そうなの、あたしも「こんな時に踊ってていいのか」と未だに自問自答しながら踊っています。
でも、踊って、日常を取り戻しながら、自分がラクにできるよりちょっとがんばって貢献できるようなことをしていく、、、と決めたから。

そして、あたしたちよりも、被災地である盛岡でレッスンを復活しようというライラさんの心意気を素晴らしいと思います。 泣いているのは簡単。見ないふりも簡単。でも、立ちあがって、先に進もうとする気持ちに感動します。 盛岡組、すごいでしょ☆(と、自慢してみる)

No title

  1. 2011/03/22(火) 07:22:10 |
  2. URL |
  3. ライラ
  4. [ 編集 ]
サラさん、ありがとうございます!

盛岡では、地震の直接的影響、
停電や断水などは、大丈夫ですが、
物流のストップで、お店もやっていないところが多く、
まるでゴーストタウンの如く、重苦しい感じがたちこめて
いて、八方塞がりの感があります。

なので、今後、間接的影響、
精神的なことが、いろいろ出て来ると思うのです。

だから、このチャリティーレッスンは、
義援金としての役割と、
心の癒しの役割がある、
と考えています。

人間、希望がないと心を閉ざしてしまいます。

なので、せめて、
踊れる場を作りたいと思いました。

正直、私自身も、全く踊る気にはなれないのですが、
自分を奮い立たせてます。

たびぃ。さんも応援ありがとうございます!



 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -