トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



いきなりラクダが歩き出す

ふ~疲れた。さっきレッスンから帰ってきました。

そういえば先生のお話をしていないかも。私の先生、Anadolu Atesiというトルコの舞踊団で踊っている現役ダンサーで、若くて美人ですごく素敵な方なんです。

トルコでは、色が白くてちょっとプルプルしたタイプが好まれるらしく、トルコの名物菓子ロクム(う~ん、固めの羽二重餅みたいなやつ?)になぞらえて、「ターキッシュ・デライト」と言われるとか。
でも、あんまりデライトだと、ブルンブルン揺れる脂肪が気になっちゃうんですよね(笑)
でも私の先生は、無駄なくキレイでしかも筋肉ばってない、すてきなベリーなんです♪
ほんと、みとれちゃう・・・

さてさて、今日で2回目のレッスンですが、驚くほどどんどん先に進みます。
多分これが日本なら、まだ基礎錬とかじゃないかしらん。

ところがここはトルコ、なあんとなく型を教えるとどんどん「振り付け」が進んでいきます。
今日はキャメルを習ったのですが、

「は~い、そうそう、胃から順番にゆうっくりひっこめて~ ためてためて~ は~い背中のラインキレイにね~ ゆっくりよ~ そうそう上手上手!」

「じゃ歩きながらやってみて!
へっ! セ、センセイ、ちゃ、ちゃんと「ラクダ」になるまで動かないで~~!!!
まだ赤ちゃんラクダです、う、動けません~

シミーもそんな感じ。いきなり振り付けに組み込まれ
「は~い、チカラ抜いて~ チカラ抜いて~ は~い ギュゼルよ~」

・・・まあ、トルコ語で細かく説明されてもわからないのですが、なんていうか、習っているというより
「皆で踊って楽しんでいる」っていう感じ。

多分キビシイ基礎錬からやったら、トルコ人はみんな逃げちゃうんだろうけど。こんなもんなのかな~
かれこれ十数年前にやっていた学生競技ダンス経験の時は、最初は泣くほど基礎錬だったので、
かなり拍子ぬけです。。。

ま、「競技」じゃないし、趣味だしね

<今週の宿題>
赤ちゃんラクダの歩行訓練

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -