トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


ベールあれこれ

先日のWSで、ダブルベールに初めて挑戦!
その時に先生が使っていたベールが、なんであんなにキレイに飛ぶのかと思ったら、、、ベールが違う!
振付記憶用の動画で先生と一緒に踊っていた生徒さんもみんな、シルクの半円にぐるりの銀バイヤステープの縁どり。

この縁があると、重みで飛びやすい!つかみやすい!くぐりやすい!!
(と、自分の技術は高い棚の上にあげておいて道具のせいにしてみる)

ということで、先生と顔見知りなのをいいことに、「センセーこのベール、明日まで貸してくださいません?」とお願いし、そのままそれを持ってフェス出店中のおやじのコーナーに直行し、


おやじ、これとおんなじの作って


、、、ちょっと(かなり)ずうずうしい?(爆)
できあがったのは、お財布との相談の結果ハリのあるオーガンジーを使った素材を選んだので、しなやかさには欠けますが、Wingほど大げさではなく派手華やかで目新しい感じで、シルクベールとはまた一味違った面白いものができました♪
本気でダブルベールやるなら、シルクのちゃんとしたセットが必要かも、、、でも、あんまり「マジック系ベール」には興味ないんですよね、、、


ベールといえば本命のシルクベール❤LOVEです。
フェスティバルで、素敵なベール使いをしていらっしゃったダンサーさんをつかまえてはお話を伺ったのですが、やっぱり皆さん口をそろえて


練習です。 これしかありません。


はい。。。


でも、ターキッシュのベール使いって、なんていうか、ショールに近い感じとでもいいましょうか。。。
先日Jillinaとの夕食で、「ターキッシュとエジプシャンにおけるベールの違い」という話題が出たのですが、彼女も最初の頃にならった先生はターキッシュ色の濃いAmCabスタイルの方で、やっぱりベールをまとってエントランスし、2曲目で外して踊るパターンだったそうです。 その際に先生に、

「パーティーに行って、纏ってきたマントをさりげなく、優雅に外すように踊りなさい」

と教わったそうです。
「ある人に、イスラム教では脱ぐところをヒトに見せるのはアウトだからエジプシャンでは体に巻いていたのを外すことはしないって聞いたんだけど、、、」と質問したら、

「どうだろう~ ベリーダンス踊る時点で、すでに一線を越しちゃってるから、関係ないんじゃないかな~」

っていう回答でしたが、真相はどこに? どなたかご存じでしたらぜひ教えてください。



そうそう、今流行の「マジック・ショーのようなベール使いはアメリカン・ベリー特有だよね~」っていうセリフをAmerican ベリーダンスの権化のような彼女から聞いたときには、さすがにつっこめませんでしたが(笑)ちょっと面白かったです☆ あでも、彼女あんまりベール使わない?かも?




テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。