トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



I am a Japanese !!!

みなさま、ヒトの不幸を楽しんでくださってありがとう

「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」
「思い出はハプニングの顔をしてやってくる」

あたしとだんなとJimmyの「3人とも着たきりすずめ8日間サファリの旅」は、一生忘れられない思い出になりました。

・・・でもね。
サファリ・パンツ、買ったのに。
ピンクのシャツにあわせて、ピンクのバンダナも買ったのに。
カクテル&ディナータイム用に、ワンピースだって入れたのに。

駐在マダムの優雅なアフリカの休日のはずだったのに。

KENYAってロゴ入りのTシャツを着て、NIKEのトレーニングウェアを着て、眼鏡をかけて、ちゃんとお化粧してなくて、髪をゴムでまとめただけのあたしは

どこから見ても中国人旅行者(しかも田舎から出ててきた)

何度「ニーハオ」と声をかけられたことか(泣)
中国人にまで「ニィ シィ・・・」と言われ、思わず大きな声で「我是日本人!」と返事してしまいました。
もう最後はめんどくさくなって、「ニーハオ」って返事しときましたよ、ハイ。

そして、出会う日本人女性たちの清楚でキレイに見えること。
やっぱり日本人女性は美しいわ・・・(ここで遠い目)


・・・とはいっても、確かに笑える体験だったけどね。
ただ、慣れない化粧品を使ったせいで、今、顔中ブツブツで泣きそうです。
お願いだから、これだけは同情してちょーだいよぉ・・・



テーマ : ケニア    ジャンル : 海外情報
  1. 旅行記☆サファリ
  2. / trackback:0
  3. / comment:3

No title

  1. 2008/09/19(金) 09:54:06 |
  2. URL |
  3. プリティローザ
  4. [ 編集 ]
ほぉぉ。。。

あなたも中国人ですかぁ。。。
私も実は中国人に見られます。

香港ではキャッチセールスに話しかけられ、全く中国語理解不能なためノーアクションでいたら、首をかしげながら彼は去っていきました。

香港から台湾経由名古屋の便に一人で搭乗中、
隣に座った気の良い台湾人のおじさんに、何の疑いもなく台湾語(中国語?)でかなりの時間話しかけられました。
その間、私は一言も発せず。
おじさんの隣に座った台湾人の青年が、「彼女は日本人だと思う。」という言葉に、おじさんは目を見開き、
「そう?」と私に確認し、
「そうです。」と答えるや、
おじさんはかなりの驚きの表情で、青年に、「君はどうして、彼女が日本人だとわかったんだ!凄い!」
とたずねていました。
青年は私の持っていた小説本のタイトルを指差し、
「日本字が混ざっている。。。」(ひらがな入りのタイトルだった。)
という、私的には全く腑に落ちない理由を述べたのでありました。

「そこかよ!!!」

おじさんと青年の会話は全て台湾語ゆえ想像内のことですが、ほとんどあっている思います。



顔のぶつぶつ。。。ご愁傷様です。
慣れない化粧品を使うより、すっぴんでより中国人化したほうが、旅の醍醐味を味わえたかもしれないなぁ。。。
と人事だから平気で言ってのけてしまう私を許して。。。
いや、マジ、アフリカの気候に素肌をさらけ出すと、お肌が鍛えられて、丈夫になりそうな気が。。。



KENYA-T、ありえん(笑)

  1. 2008/09/19(金) 10:12:14 |
  2. URL |
  3. sakin
  4. [ 編集 ]
>KENYAってロゴ入りのTシャツを着て、NIKEのトレーニングウェアを着て、
>眼鏡をかけて、ちゃんとお化粧してなくて、髪をゴムでまとめただけのあたしは
・・・いやぁねー、こんなにリアルに書いて貰うと 想像しちゃうんですってばーー!!(笑)
普段のオサレーなおねーさまからしたらありえないお姿、、、v-12
ぜひとも 実際間近で拝見しとうございました(爆)。

ただ、服はどうでもいいけど 肌だけは心配よ。お大事にねv-254

フツーは国籍不明アジア人

  1. 2008/09/19(金) 10:49:02 |
  2. URL |
  3. たびぃ。
  4. [ 編集 ]
普通(かどうかは別として)は、シンガポールでタイ人のタクシー運転手さんに「キミって何人?」って聞かれるぐらい、国籍不明のアジア人です。
でもって、アメリカ英語を話し、中国語もちょいとしゃべれたりするので、ますますもって国籍不明です。 

雲南省昆明で、民族衣装を着て記念写真を撮っていたら、回りの見知らぬ中国人旅行者に「一緒に写真を撮りたい」と中国語で言われ、「可以(OK)」と返事してパチリ。

インドに出張に行った時は、前の都市でプレス発表がありサリーを着て、めんどくさいからそのまま国内線に乗ったら、イミグレで「どこから来たの」「何してるの」と、大変でございました。

・・・でも今回の「いけてない中国人の田舎者」はかな~りキツかったです。

そんな写真をのせたら、「妖艶なベリーダンサー」を目指すあたくしとしてはイメージダウンですから、ぜったいに、今後一切、ありえません。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -