トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


ベリーダンスとイスラム教

これ、話題自体が禁忌かもしれませんが。
もしイスラム教徒の方でこれをお読みになって、ご意見ご感想のある方は、コメントをお願いします。


先日Simでお昼をご馳走になったときのこと。
お店のオーナーのおっちゃんが、

「ごはんできたから食べてけや。 オレちょっとでかけてくっから」  と言われ

「ごはんできたのに出かけるの???」 と聞き返すと

「うん、ちょっとジャーミへ行ってくる」



なんと、Simのおっちゃん、きちんと日に5回、お祈りをし、金曜日はジャーミへ行っているんですって。
(詳しいことはちゃんと学んでおりませんが、金曜日が一番神聖な日で、敬虔なイスラム教徒はジャーミ/モスクへ行ってお祈りをする日です)

どうりで、時々Simってトイレがビショビショしているわけです。。。おっちゃんが簡易沐浴してるのね、、、



でも、非イスラム教徒の私にはどうしても理解できないのが、敬虔なイスラム教徒でありながら、ベリーダンス衣装を手広く商売している、、、っていうのは、どう「折り合いをつける」んでしょうね?

例えば、おなじみの「おやじの店」のおやじは、お酒も飲むしタバコも吸うしナルギレ好きだし、世俗的ですが、なんていうか、まじめで相手を思いやる気持ちが深く、本当にいい人。
でも、商売人としては抜け目がない、、、一見のお客様だと、その人の服装や状況で定価が変わる(笑)

Simのおっちゃんは、タバコも吸わない、お酒も飲まない、お祈りもきちんとする、でもそれ以外の普段の言動を見ている限りでは、う~ん。。。
なのに、こと商売に関しては、品質にこだわり、価格も愚直。



もちろん宗教というバックグラウンドだけでなく、個人の性格とか考え方というものがあるので、ひとくくりでは言えないのは承知の上ですが、、、よくわからないの。

宗教観ってなかなか面と向かっては聞きにくい質問ですが、いつか聞いてみなくっちゃ、と思っています。
でもこの話題、周りに他人がいる場所ではしにくい話だよねぇ。。。


ところで、そんなお二人、実は仲良しだったりします。
イスタンブールの衣装店勢力図、なかなかフクザツだったりしますけど(笑)


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:6

お邪魔します

  1. 2011/09/28(水) 06:54:16 |
  2. URL |
  3. 二夜
  4. [ 編集 ]
たびぃさん、こんにちは

イスラム教のお話・・・  難しいですよね(^-^;;;
トルコは確かに、イスラム教でもお酒飲む人が多いって聞きますし
見ているとそのようですね

同じ感じで、イスラム教しっかり守っている
レストラン経営をしているチュニジア人とヨルダン人
休憩時間にはしっかりお祈りもかかしません
いつぞや「お酒出していいの~?」
みたいないことを聞いたときに
「僕はやらないけど、これは「商売」だから」
っと、仕事と宗教は切り離してるようでした
ヨルダン人経営者はもっと厳格で『お酒部門』別のパートナー雇って
その人にお任せしてましたけどね(^-^;;;

生きていくため、人々の要望のため
いろいろ折り合いを付けてやっているのかな~  と感じました。

たーーーーだーーーーーーー
守ってる人、守ってない人でいろいろ言い合ったりしてるみたいですけどね(爆

(^-^)


Re: いつでも歓迎です♪

  1. 2011/09/28(水) 20:53:24 |
  2. URL |
  3. 二夜さんへ♪
  4. [ 編集 ]
コメントしにくいトピックスに、コメントありがとうございます。

そうですね、まさに、生きていくためにいろいろ折り合いつけてる、、、っていう感じですかね。。。

トルコは確かに、お酒を飲む人多いですよね。
スーパーとかでも普通に売ってるし、レストランでも大抵お酒出しますし。。。

「敬虔さ」というのは一般生活をしている限り、信条ももちろんあるでしょうが、生活環境に左右される(というか制限される)ことも多いのかもしれませんね。

でも、アメリカやイギリスなどのキリスト教国では、「この人はどのくらい敬虔か」なんていちいち考えたことなかったら、もしかしたら私自身がイスラム教を特別視してしまっているのかなぁ、、、なんてちょっと考えてしまいました。

No title

  1. 2011/09/29(木) 02:50:01 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナ
  4. [ 編集 ]
ん~、イランではお酒が売ってないからそういうのは目にしたことがないけど、外国に出たら飲む人もいるようですけどね・・

ラマダンは運転手さんとか周りの人は実践してました。
日本に出稼ぎに出た人は肉体労働で体力を損なわないように、その時だけは食事していたようです。
でも、イランに戻ったらまた実践していました。

生きていく上で何を優先順位に持ってくるか・・・
人によって違うだろうし、信仰心の度合いまではわからないけど、自分の中で筋が通っていればオッケーなのかな

No title

  1. 2011/09/29(木) 02:52:58 |
  2. URL |
  3. ラーダ・ドゥーナ
  4. [ 編集 ]
>でも、商売人としては抜け目がない、、、一見のお客様だと、その人の服装や状況で定価が変わる(笑)


イスラムでもそうだし、タイでもそうだけど、


富める人から取るって考えはあるようです。

持っている人は貧しい人などに分け与えるべき、という考え・・・。

だから、おっちゃんの中では筋が通っているのかな~

イスラム教は特別じゃないから~

  1. 2011/10/06(木) 18:45:22 |
  2. URL |
  3. ライラ
  4. [ 編集 ]
私もいろんなアラブでいろんな人に会って(さすがに豚を食べてる人を見た時はビックリ)、こんな質問をいつもぶつけてきましたが・・。

結論は、そうです。

イスラム教を特別視したい気持ちは、すごーくよくわかるけど、
キリスト教だって、ユダヤ教だって、
元は同じだし、
説いている事は、結構厳しいし、
すごい敬虔な信者~全然そうじゃない人もいるわけで。

ただ、他の宗教と違って、いろんな面白い点があるから
ホントに守ってんの??とか
疑問に感じることが多いですよね。

でも、イスラム教自体は、
信じるも信じないもアナタの自由。
強制ではない。
こうすべき、な宗教ではなく、
「こうこうこう生きるように努力しなさい。
そうすれば、天国に行けますよ~。
という、サジェスチョン。

死んだ後に地獄に行く(って本当にみんな信じてる)から。

それに、周りがうるさいから(というのもある)かな。

おでこにお祈りの跡がついている人ほど、
外面だけだったりします。


Re: そうなんですよね~

  1. 2011/10/06(木) 20:27:17 |
  2. URL |
  3. ライラさんへ♪
  4. [ 編集 ]
豚食だって、「生命の維持を優先するためなら許される」わけで、、、
直接クルアーンを読めるわけでもないので、あくまでも解釈本からの理解ですが、決して無理難題を言っている宗教じゃないですよね、、、むしろ大概においては「ヒトとして正しい道」を説いている気もするし。


でも、イスラム教文化ほど建前と本音の差の大きい文化もないんじゃないかなぁ。。。という気もします。
人目、気にするよね~ 見栄張るし。 いい意味でも悪い意味でも、他人を気にしないし。
いろんな意味で、「異なる文化」というのを感じます。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。