トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


奥様と呼ばないで

トルコ語では、人に呼び掛ける時にいくつかの言い方があります。

Hanım Efendi(ハヌム・エフェンディ)という言い方は、日本語にしたら「奥様」とか「お嬢様」とか。
Bayan(バヤン)-女性-という言い方もよく耳にします。「そこの女性の方」とかそんな感じ?

高級ホテルやブティック、レストランに行くと、ハヌム・エフェンディと声をかけられることが多いでしょうか。
一般の人が一般の人に、「あなた、XX落としましたよ!」なんて声をかけるときはバヤンかな。

これが下町だともっとくだけた言い方、Abla(アブラ)-おねーさん-とか、自分の娘ぐらいの歳だとKızım(クズム)-私の娘-という呼びかけになります。

知り合いだと、Canım(ジャヌム)が多いです。これは訳がムズカシくて、「私の大切な人」という意味ですが、あまり重い意味はなくて普通に使うの。 英語でいうとMy dearとか?-
もっと仲がいいと、Kardeşim(カルデシム)-私の兄弟-とかもあるかな。 あとはDostum(私の親友)とか。


で。
先日、携帯電話屋さんに用事で行きまして、レシートをもらい忘れてお店のヒトに「ハヌム・エフェンディ!」と呼びかけられ、


、、、反応できませんでした



ヤバいわ~、あたしマダムのはずなのに(笑) 一瞬自分が呼ばれたと気がつかなかった。 いかんいかん。

「腹へってる?ケバブサンド食うか?」「ねーさん、お茶飲む?」とか最近そんなのばっかりなので、マダムの化けの皮がはがれきらないうちに、おしゃれしてどっか行ってこようっと。

といいながら、来週1週間もベリー漬け。忙しいです~☆☆








テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. ベリーダンス・トルコ語講座
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

No title

  1. 2011/11/20(日) 17:21:04 |
  2. URL |
  3. ラーダ
  4. [ 編集 ]
イランに住んでいた時は「マダム」って呼ばれていたのに、タイではお手伝いさんに「オクサン」・・・

「まだ~む」って呼んでぇ~!って思ったものでした

※日本人家庭で働いているお手伝いさんは雇い主の奥様のことを「オクサン」って日本語で言うことが多い


しばらく「まだ~む」な世界からかけ離れています・・・

オクサンって、、、

  1. 2011/11/20(日) 17:59:02 |
  2. URL |
  3. ラーダさんへ♪
  4. [ 編集 ]
なんか、アヤシゲな電話勧誘みたいじゃないですか?(笑)

いや~どうも行動範囲が「優雅なマダム」とかけ離れたところにあるのがイカンですな。
最近友人が来ていて、ものっすごく久しぶりに「値札のついているお店」で買物をし、ちゃんとしたレストランで食事をし、反省した次第です、、、

いかんわ~やらねば、マダムごっこ。


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。