fc2ブログ

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

Entries

Day8 ジラフ・センター

前日夕方ナイロビに戻り、夕食はいろいろなお肉を食べさてくれる「カーニバル」というレストランへ。あらゆる種類のお肉が串焼きになっていて、おにーさんたちが櫛から削いでお皿にくれます。「ごめんもう食べられない」というまで、ノンストップでテーブルにお肉たちがやってきます。

食べたお肉は
・ビーフ
・ポーク
・ポークのスペアリブ
・ポークのソーセージ
・鶏
・鶏手羽

・ワニ (サカナくさい鶏肉っぽい)
・オーストリッチの肉団子 (赤身の鶏肉っていう感じ)

えっと、お肉としては、トルコのほうがおいしいかな。
でも、エンターテイメント性があって、お店の雰囲気もよく、これで25$はお値打ちです。
イスタンブルでこの手のお店があったら、軽~く70YTL越すでしょう。バブリーなイスタンでは、結構流行るかも。

                   * * * 

翌日は、飛行機が午後発なので、午前中に「ジラフ・センター」というところへ行きました。

キリンにエサをやれる

なんて、なかなか出来ないじゃない?!

この「ジラフ・センター」、なんでも「ナイロビの子供たちに、自国の野生動物に親しみ、自国を愛する気持ちを育むために創設された」そうで、私達が行ったときも、地元の学校から遠足(?)に来ていました。

子供達は無料、外国人は入場料10$ぐらいで、「食べさせ放題」。
飼育係のおにいさんたちが丁寧に対応してくれます。

全部で10匹(頭?)いるキリンさんたちを、こーんな間近で見ることができました。
P1010166.jpg

そして、こぉんなことして、キリンさんが遊んでくれます。
これはsakinちゃん へのおみやげショット。 (※おみやげにダンナは含まれません)
P1010161.jpg

エサをやりながら、なでなでしたり(キリンの地毛って、すべすべでかわいい♪)、首にぎゅうしたりできました。 う~ん、ゾウ派からキリン派に転向しそうになっちゃった☆

キリン、ペットにしたらかわいいなぁ・・・


Comment

いや~ん 

キリン、もち好きッスv-10
超可愛いv-238
でもキリンちゃん、小顔かと思いきや近くに寄るとかなりデカい!!!のね。

あー餌もあげたい・・・でも私にはケニアの旅はできそうにないので
近所のロシナンテ(=ドンキー)に餌をあげることにしますv-8
  • posted by sakin 
  • URL 
  • 2008.09/22 11:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうなの~意外とデカい 

そして、おめめパッチリ。 知らなかったけど、キリンって、長~いまつげがびっしり生えているの!

キリンって、鳴かないの知っていた? 耳を動かして仲間とコミュニケショーンするんだってさ。

ケニア、フランスから直行便あるよ!ぜひオススメです。
  • posted by sakinちゃんへ♪ 
  • URL 
  • 2008.09/22 11:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

くゎわゎいぃぃぃぃ~~~~!

なでなでや首にぎゅう。。。羨ましい。。。

私はダントツ象派ですが、キリンや草食動物って、上品でとっても理知的で賢そうなんで、好きです。
ヤクザな草食動物はいない気がする。
肉食ちゃん達は、カツアゲとされそうだもん。。。すねに傷持つ感じがする。
ま、絶対近づけないですけどね。。。


「象さんラヴ」になったのは、エレナっていう野生の象さんを映画と本から知ってからですねぇ。。。
象さんの偉大さに即効ラヴになってしまいました。

しかし、ケニア。。。そそられる。。。
次の旅はトルコ飛ばしてケニアにしようかしら。。。



  • posted by プリティローザ 
  • URL 
  • 2008.09/23 04:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

却下。
  • posted by プリティさんへ♪ 
  • URL 
  • 2008.09/23 07:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

えへ。
伊豆でキリンさんにエサあげられるのよん♪
でも、ケニアで豹見てみたい!

No title 

伊豆のどこ?!
サボテン園にキリンがいたら笑えるな~☆温泉入ってるキリンとか。
  • posted by もな&あいちゃん♪ 
  • URL 
  • 2008.09/23 20:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

最近の記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg