トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



ロマの人々とイスラム教

先日の記事の中で、ロマの人々には非イスラム教徒が多い、、、というのは本当にそうでしょうか?というご指摘をいただきました。

実は、今回の旅行を通じで私自身も思うところがあって、これは調べてみようと思っていたところなので、エディルネ旅行のお楽しみ報告を書く前に、ちょっとリサーチしてみました。


調べてみたところ、トルコに居住しているロマ民族の祖先は、ビザンチン帝国時代にアジア(って、インド北部だよね?)からペルシャを通って、アナトリアの地に移住してきたというのが定説です。
定住型ロマの人々は、定住先の文化や宗教を柔軟に取り入れつつ、その地に定着していったので、トルコに定着し、オスマン帝国時代から現代に至るまで、政教分離はしているものの主流は断然イスラム教であるトルコにおいては、イスラム教徒が多い、、、はず。

ただ一方で、トルコには40万~50万のロマの人々がいると推定されているにもかかわらず、政府指標では、人口の0.05%(つまり4万人弱)のみがロマ人という発表で、非常な隔たりがあります。
トルコの少数民族政策には、クルド問題も含めて、本音と建前がちらつきますね。。。


公式定義はそのくらいにして、私の実感ですが、、、


う~ん、わかんない。


今回の旅行中、エディルネのお祭りに行くのに、トルコ人オーガナイザーの友人がかなり胸の開いた服を着ていたのですが、一緒に踊っていた地元のおばちゃん(明らかにロマの方)に、注意されて胸元を整えられていました。

別の参加者が、果敢にもお清めするのに川に入り、濡れた衣服をそのへんで着替えようとしていたら、やはり地元のおばちゃんグループに見つかり、とんでもない!と、ヒトを集めて輪をつくり、外から男性に見えないように囲って、着替えさせました。

本人達は別にスカーフを被っているわけではなくて、服も普通だけれど(でも、色は派手だけど、確かにカバーされている気はする、、、)、踊りだすと腰振り、、、です。

さすがに初対面のすれ違いの面々に、あなたイスラム教徒?お祈りする?とか聞けないのでわかりませんが、、、そもそもイスラム教は神と本人の契約によるもので、他人の信仰や実践にあれこれ口を出すのはいけないことだそうなので、肌を見せなければ人前踊ってもいいのかとか聞けないし。。。


ということで、元記事のほうは、「元来」非イスラム教徒が多かった、、、と訂正しました。
トルコ人と、ロマ人の、イスラム教の実践については、機会があったらレイハンに聞いてみたいと思っています。
そういばレイハン、エザーンの間は絶対踊らないんだよね。。。



コメントをくださった匿名希望さん、ありがとうございました。
このブログ、みんなでトルコの文化や踊りについて理解を深める一助になればいいなぁと思って書いているので(そのわりにくだらない記事が多いかもー笑)、私が書くのと違う事実やご意見があれば、ぜひみなさんにもシェアできるように、投稿していただければと思います。マイナー・ターキッシュ組、仲良くしましょう♪





テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

きいてみました

  1. 2012/05/11(金) 18:20:08 |
  2. URL |
  3. mitan
  4. [ 編集 ]
たびぃさん研究熱心で尊敬します~
私などいまだにトルコ語が・・赤ちゃんレベルでしてv-356
早速イスタン出身の夫にきいたところ、ロマの方々は、たびぃさんの推測どおり今はムスリムが大半といっていました。
なおHIDRELLEZが、ロマの祭りではあってイスラム教とは関係ないけど、トルコ人にとってもいまや伝統的な春祭り(初夏祭り?)と捉えている地域も多いそうです。短冊だけでなく色々習わしもあるようですが、祭りのいわれはしらない~と・・・(そんなもんですね現地人)。

ただ、祭りの最中はただでさえ祭り騒ぎで治安が悪くなることに加え、メーデーにも便乗してイスタンブールでは小規模テロやデモ騒動などが毎年発生するため警察からの要請で今年はなしにした、という新聞記事をみたそうです。まあイスタンでは、ロマ=治安悪はトルコ人のい固定化されたイメージですしね・・。
エディルネはロマ主体の地域でもっとほのぼのしているのかな??
エディルネでのお祭りの様子を楽しみにお待ちしております♪

Re: ありがとうございます

  1. 2012/05/13(日) 14:00:33 |
  2. URL |
  3. mitanさんへ♪
  4. [ 編集 ]
だんなさま、急に「ねーHIDRELLEZってさ、」とか言われてびっくりなさったんじゃ?(笑)
そうですよね、あたしだって、地元の祭り趣旨とかって、日本だったらわざわざ調べないと思いますもの。盆踊りってなんで盆踊りっていうのか知らないし。。。

どうだろうー、お読みになった新聞の種類にもよると思いますが、、、なぁんとなく政治的な意図の匂いがしますがあくまでも推測です。 でも実際、ものすごい人出で、将棋倒しにでもなったらタイヘンなことになりそうな勢いだったので、警察としてはめんどくさいからやめてくれ、なんでしょうね。

ところが、聞いたところによると、イスタンブルでも当日、人々が自主的に集まって、自主的にお祭りしていたそうです。そういうところも、なんかトルコらしいですよね。

今日は別の地区で、世界ジプシーDAYを受けてのコンサートがあるので行ってきます!
(まだEdirneの記事すら書いてないので、記事になるのはいつのことやら)

No title

  1. 2012/05/15(火) 04:33:55 |
  2. URL |
  3. Azul
  4. [ 編集 ]
興味深い記事ですねー。

木に願い事を結びつける風習って、どこから来たんでしょうね。
日本では、たしか神社でしたよね、
神道ならではの日本固有の風習かな、って思ってました。

トルコって、アナトリア文化とイスラム文化が融合しているからだったのでしょうか、
なんだかわけがわからない・・・って、印象を持ったんです、
前回の初めての旅で。
きっと、混在してしまっていて、トルコ独自の文化になっている所も
あるんでしょうね。

アナトリア文化って調べると面白そうですね。

そういえば、Serapさん、アザーンが流れ出したら、授業休止したんです。
「これが流れている時はできないから・・・」って。
お祈りでもするのかと思ったら、タバコ吸い出したので、
????
でした。

Re: No title

  1. 2012/05/15(火) 08:44:36 |
  2. URL |
  3. Azulさんへ♪
  4. [ 編集 ]
思わず大笑いしちゃいました!
そうなんですよ、それがまさに分からない感覚なのです。。。でも、じゃぁキリスト教圏が厳格かというとそうでもないわけですから、ある意味私達自身の、イスラム教への過大なる期待、、、っていうか思い込みなんでしょうね。。。

トルコってほんと、どれだけ住んでも、いつまでも驚くこととよくわからんことのあるフシギな国です。だからま、楽しいんですけど。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -