トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



Tarazade フェスティバル あとがき2

【Reyhan Tuzsuz レッスン通訳もしました】

Tarazadeフェスティバル、日本人の参加者が過半数と非常に多かったため、日本人の多いクラスのいくつかに通訳が入りました。


、、、っていうか、頼まれたの数日前だし。


Azizaのクラスとかだったら、まずは自分が学びたいのでお断りしたのですが、Reyhanのレッスンは受けたことも通訳したこともあるので、気がラク。というよりも、満員で登録できなかったクラスに入れてもらる♪という特典付きなので、いそいそと(笑)

reyhan.jpg
レイハン・トゥズスズ クロージング・ガーラにて

オーガナイザーからは、トルコ語→日本語だけの通訳でいいと言われたのですが、参加者の中には当然ガイジンさんもいるわけで、日本語の通訳を始めたら当然英語のリクエストが参加者から来ました。あたりまえだよねぇ。。。ということで、がんばって


3カ国語通訳


3ヶ国語を頭の中で回すってかなりしんどいんです、ハイ。 これゼッタイ、何をどう説明するか知らない先生だったらできない。幸いReyhan自身があんまり説明しないで「見せて真似させる」方式なので、通訳するボリュームが少なかったのがせめてもでした。

最初は自分も踊りながらやってたのですが、なんとなく振付を理解したところで、自分リタイア。あとは座って通訳とレッスン見学。そしたらまぁ、日本でも名だたるターキッシュの先生方がほとんどそこにいらっしゃるじゃありませんか。


んまぁ、豪華❤


ロマのダンスは、基本的なステップや動作に約束事はありますが、後はフィーリング。それぞれの先生の違うフィーリングの踊り方をじっくり見せていただけて、これはまた別の勉強になりました。

振付自体は、川で洗濯をして、終わったらそのまま踊り始めちゃうというなんともロマ生活的な内容。洗濯物で自分自身も洗っちゃってから(笑)洗濯物を洗う、、、なんて振付は、華やかなスカートを振りまわすジプシーダンスを想像していた方にはちょっと衝撃だったかもしれません。

振付自体はあまりフクザツではなかったので、何度も何度も繰り返すうちにみなさん結構覚えられた様子。ただ、あまりにも生活感丸出しの振付に、かなりとまどっている方もいらっしゃいました。途中リタイア組も結構いたし。でも、ターキッシュ・ロマらしい振付だったので、日本でどなたかが踊ってくださるといいなと思います。


2時間のレッスンが終了したところで、あたしは次のAzizaのレッスンに向けて小休止、そしてそのレッスンの後には、オープンステージでパフォーマンスという強行スケジュールが続きます。


(続)



テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:1

No title

  1. 2012/10/25(木) 19:19:07 |
  2. URL |
  3. 株とfx
  4. [ 編集 ]
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -