トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06


Rakkas Istanbul 2013 レポート後篇

さて、ひきつづき、Rakkas Istanbul 2013のレポートです。
P1080468.jpg
参加者に配布されたスケジュール表。
豪華すぎて選ぶのに困る。。。


☆5/1 WS Days & オープンステージ☆

朝一番のメルセデス2つ目クラス。 前日のは中級でしたが、あれでホントに中級なわけ?!な振り付けでゼンゼンついていけませんでした、、、が、今朝のクラスは一応オールレベルなので、再挑戦。
振付自体は、多分落ち着いて振り返ればそんなに複雑ではないのだと思うのですが、彼女の身体能力の高さと訓練の賜物な感じの技巧に裏打ちされたジャジーなスタイル(と、書いて慣れていないと読む)に、アワアワしちゃいました。相当練習しないと、踊れるようにならなさそう、、、このままお蔵入りの可能性大、でございます。


2コマ目は休憩。フェスの時は、耐久レースだと最後まで持たないので、潔くいくつか捨てます。(自慢になりません。でも、経験から得た知恵だw)

3コマ目は、イスラエルのTamar Bar Gilのバラディのクラス。
タマールは大好きなダンサーさんです。しかもバラディはフェスででもない限りトルコでは習えないので、体力をふりしぼってがんばって出席しました。美人で小顔なのに、おなかはマシュマロみたいにぷるぷるで、もう、彼女のバラディなんてよだれでそうだった。。。 

4コマ目は、Serap Suのアラベスク。
3つ連続目でかなりヘトヘトですが、セラップ姐さんのクラス、しかも歌モノなので、通訳として出席です。
自分が習っている先生なので、動きも説明もなれがあるのでまだいいですが、自分で振付覚えながら通訳ってしんどい。クラスに参加した方、聞きずらい点があったと思いますご容赦ください。
(来年からは、当日は自分は踊らないかわりに別途レッスンしてもらうとか、考えようかな。。。)

5コマ目は、オープンステージで踊る準備もあるので、パス。


そして夜はいよいよオープンステージ。
今回は、ターキッシュ・ロマで踊りました♪

Rakkas Openstage
エアー・バイオリン弾いてます

ベリジャパ連載で、ターキッシュ・ロマについて偉そうに語った以上、25ヤードのスカートで踊るわけにはいかん!と、おやじの店にデザイン持ち込み、パターンおこしてもらって衣装特注しました。かなり、お気に入り。

会場からも手拍子をいただき(ちゃんと8/9拍子♪)、リラックスして楽しく踊れました。応援してくださった皆様ありがとう


☆5/2 WS & クロージング・ガーラ☆

息切れの3日目。
そろそろ参加者も疲れてくる頃です。気のせいか、各クラス人数が減ってきているような、、、?笑 まぁでも、みなさんイスタンブールを堪能していらっしゃるということでよしといたしましょう。

1コマ目は、Suzan Ayvasというスウェーデン在住トルコ人ダンサー。実は彼女ノーマークだったのですが、昨晩のオープンステージの後で、最後まで残った先生達が生ドラムソロ即興をやってくださり(ていうか、要するにハフラ状態で大騒ぎしたわけで)、そこで見かけた彼女の即興が、大人チャーミングで素敵で、ヒトメボレ。

Rakkasはパスポート制で、予約なしで好きなクラスに好きに行けるのが、ウリのひとつ。メルセデスみたいなガチ本命は別として、オープニングガーラで見かけて、「このダンサーさんに習いたい!」って思うことありますよね? 実は、セルカンやオズゲンとの出会いも、過去のフェスのガーラで、「おお!」と思ったところから始まったのです。ですので、あたしが運営チームにいるメリットは、「参加者目線の意見を提供すること」にあると思っているので、このパスポート制は譲れない。一期一会の出会いを、参加者の皆さんに逃してほしくないのです。つまんないクラスだとどんどん生徒が抜けるので、先生にはキビシイんだろうけどネ。
どのクラスに人数が多くなるか、そしてどのサイズの部屋をあてるか、アドミン側としては課題が残りますが、来年もこの制度が続くはずです。

2コマ目はAsena!
交通渋滞で開始が30分ほど遅れましたが、急遽セラップがシミー講座で場をもたせる場面も。セラップ姐さん、がんばってます。。。
Asena登場で、タイトルのとおりアセナのスタイルと技法を伝授してくれました。「私ははばたく鳥!」、、、とか自分で使えるかどうかは別として、あのカリスマ性にはホレボレ。


3コマ目は、GulNihalのドラムソロ。
ターキッシュらしい、エネルギッシュでありながらコケティッシュな雰囲気のドラムソロ。 ギュルも地元お馴染みの先生なので基本的には覚えやすいんだけど、いかんせん、3日目の後半でドラムソロ、、、ほとんどゾンビ状態でした。あとでゆっくり復習しよう。。。

ここで、夜のクロージング・ガーラのパフォーマンスもあることですし、ルームメートのIKUYOさんと一緒にスパへ逃げました。
スパ施設のあるホテルでフェスって、いいわ~ 極楽♪極楽


クロージング・ガーラでは、Serapの生徒トゥループとして、チフテテッリを踊りました。

SerapSU Oasis
Serap Su & OASIS

イスタンブルでセラップのクラスを一緒に受けた仲間と、セラップの日本WSに参加して同じ振付を習ったメンバーです。お揃いの衣装はレンタルしました。みんなで「ちゃんと揃った」衣装で群舞って初めてで、なんかすごく楽しかったです!
ちなみに、Serap(蜃気楼) Su(水)のトループなので、まんまオアシス、というグループ名になりました。

パフォーマンスの後は、観客席からショー観賞。やっと。しかも、座って。ごはん食べて、ビール飲んで、やっと一息ついた感じ!

Rakkas Closing
講師の先生方と、スタッフで記念撮影


毎度のことながら、フェスの度にいろいろと大変で「もーやるもんか」と思います。笑。
今回も何度思ったことやら、、、ですが、セルカンともセラップとも仲間という感じで、一緒に困ったりイライラしたり怒鳴っちゃったり、いろいろひっくるめて、素晴らしい思い出。

もはや客観的には見られないイベントですが、参加者の方からは、「1回目にしちゃ上出来」「すごく楽しかった!」というフィードバックをいただき、とても嬉しかったです。がんばった甲斐があった!うん!


2014年は、4月9日から13日の開催です。
もう今から、また世界中のみんなと再会できるのが楽しみです。
すでに講師の選定に入っていますが、さ・ら・に豪華絢爛になる予定ですわよん。


テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. イスタンブール・ベリー情報
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

No title

  1. 2013/05/15(水) 10:14:18 |
  2. URL |
  3. mayo
  4. [ 編集 ]
フェスお疲れさまでした!
MCに通訳にWSにパフォーマンスに、表も裏も大活躍ですね^^
チフテテッリの群舞、かわいい~
たびぃ。さんたちのパフォーマンスを観てみたいです♪

来年は4月なんですね、飛行機が安いから行きやすいかも^^
でもロマツアーとは離れちゃうので、2回行くべき?
とかあれこれ妄想してしまいましたw

Re: No title

  1. 2013/05/15(水) 16:21:43 |
  2. URL |
  3. mayoさんへ♪
  4. [ 編集 ]
うふふパフォーマンス、セラップが異様に緊張してて面白かったですよー。

そうなの、イスタンブールがハイシーズンに入るとホテル代も高いし、日本からの飛行機代も高いので、何より、サポートチームが「連続、ムリすぎ」と自覚したので笑、Rakkasの開催時期をずらすことになったんです。。。ロマツアーは、どうしたって5/5がメインイベントでずらせないからネ。

うーん、両方参加は、かなりスケジュール的にはキビシイかもですね。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -