トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


「トルコの春」が来るのか

Taksim Gezi Parkı

image.jpg

タクシム広場から続く、緑の公園、それがタクシム・ゲジ・パルク。
普段なら、物乞いがいたり、おじさんが新聞をかぶって昼寝をしていたり、夜中に若者が酔っ払って騒いだり、どこにでもある市街中心部の公園だ。
今、ここを中心に、トルコの運命を大きく変えるかもしれない事変が起きている。
イスタンブル市民による、大規模なデモと警察の衝突だ。
催涙ガスと放水、ここは普段からデモが多い場所で、警察隊の姿を見かけることも多いけれど、これほど多くの人が集まり、流血と犠牲者、、、はまさに非常事態だ。

発端は、この地区を開発しショッピングセンターを建設しようという、親イスラム派現政府の計画に反対するものだけれど、その計画単体にというよりは、最近の行き過ぎた政策のすべてに、人民の怒りと不満が爆発したというのが本当のところではないだろうか。
イスタンブル市の広報サイトでは、「整備計画に基づき、道路を拡張するために木を伐採しているのであって、緑の公園を撤去するわけではない」という発表がされている。また、ショッピングセンターではなく文化センターのはずというブログ記事も目にしたが、真相は不明。私がサイト確認した限りでは、その整備計画の具体的内容は掲載されていないので、自分の目で確認できない。

さらに、現在私は日本滞在中なので、現在イスタンブルで起こっていることを実際に目にしているわけではない。
だが、ネットのニュースやテレビはもちろん、SNS上で実際にタクシム広場でデモに参加している友人のつぶやきや、シェアから目が話せずにいる。

「ディバン・ホテル(公園脇)のホテルにも催涙弾が投げ込まれた」

「テレビで意図的にニュースが放映されていない!」

「3G回線が切られている。タクシム近辺の家庭やオフィスのwifiを解放してほしい。 世界に現在ここで起きていることを伝えよう! 」

「タクシムのこことここで、ボランティアの医療関係者による応急手当を実施中。拡散希望」

「インターネットが政府によって閉鎖されるというウワサがある。」

こういった声をあげているのは、市民だ。
報道規制がしかれているそうで、ネットでの伝達が頼り。
それでは、事実が伝わらないって?
もし、本当に都市整備だけならば、都市発展のための政策というならば、これだけの事態で、どうして首相がきちんと国民に向かって説明をしないのか?できないのか?

私施設であるケルバンサライという観光客向けのショーレストランにも、催涙弾が投げ込まれたらしい。
そういえば、最近、夜間の種類販売制限規制が発表されたばかりだ。
ダンス、音楽、楽しいお酒。人生を彩る小さな楽しみは、イスラム教では「本当に」禁忌なのか?
欧米と肩を並べるための必要以上の都市開発は、いったい誰のためにやっているの??

私はトルコの普通の人々の、「(ちょっと無計画だけど)足るを知り、必要以上に求めず、まず今日を楽しもう」という暮らし方が好き。
トルコの人々が、自分達の生き方、暮らし方を自分達で決めたいと立ち上がった、その事実から目が離せない。

どうか、怪我人や犠牲者が最小限でありますように。


テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

心配ね・・・

  1. 2013/06/02(日) 01:33:50 |
  2. URL |
  3. 日だまり猫
  4. [ 編集 ]
たびぃ。さんが日本滞在中の出来事で、
ちょっと何よりではあるけれど。
本当、心配よね・・・。
どうなる事やら・・・だね。

Re: 心配ね・・・

  1. 2013/06/02(日) 15:23:48 |
  2. URL |
  3. 日だまり猫さんへ♪
  4. [ 編集 ]
最近、ほんとに「トルコの国是である政教分離」を無視するようなことが多くて、本当にこのままずるずるイスラム国家になるんじゃないかと懸念していたので、、、トルコ国民、さすがです、基本的に寛容でも「ええかげんにせい!」はちゃんと言うんですね。その犠牲になってしまった人々の冥福をお祈りしましょう。

びっくり...

  1. 2013/06/02(日) 15:52:30 |
  2. URL |
  3. IKUYO
  4. [ 編集 ]
たびぃさんのブログ、私のブログで紹介させてもらいました。
トルコ帰ってから、気をつけてくださいね。

大好きなトルコ、イスタンブールに平和な暮らしが戻ってきますように!

Re: びっくり...

  1. 2013/06/03(月) 07:04:44 |
  2. URL |
  3. IKUYOさんへ♪
  4. [ 編集 ]
ご心配ありがとうございます。

うん、、、ただ、事情が事情なので、平和にというのがムズカシイところ。国民が、自分達の生活と理念を守るために立ちあがっているので(コーフン状態であることは否めないけど)、被害が最小限であることを願いつつ、見守りたいと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。