トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


たたずむ男、木と砂漠

前回の記事でも書きましたが、反政府デモ側も落書きや破壊行為があり、警察との必要以上に過剰な応戦があって、いったいどういう方向にどう進むのやら、、、と懸念していましたが、こんなデモが始まりました。

image_20130619143825.jpg


タクシム広場で、アタトュルク文化センターに向かって、一人の男性がただ、立っているだけ。
何時間も、何時間も、夜になっても立っているだけなので、警察の尋問を受けました。

警察「そこで何をしているんだ」
男「友人を待っているんです」
警察「友人はいつくるんだ」
男「わかりません」
警察「友人の名前は?!」
男「彼の名前は、、、」

、、、と言って、アンカラのデモで亡くなった男性の名前を挙げたそうです。


真ん中の白いシャツの人。ちょっとドラマチックでかっこよすぎるのは、舞台人だから。彼が表現したかったのは、「人は、そこに存在する。大きな声をあげなくても、そこにいることを忘れるな」ということでしょうか。
彼の、ただ立っていることで抗議を表すというやり方に賛同した人々が、タクシム広場で、イスタンブルの別所で、次々と「そこに、だまって、存在するだけ」というデモを始めました。

ところが、この立っているだけの人々も、警察に拘束されたとか。そして、組織化したデモを実施した、医師会、歯科医師会などのデモからも拘束される人が出ているらしい。

本当に、首相エルドアンは何を目指しているのか、さっぱりわかりません。
驚くべき経済成長と達成し、IMFの借金を返済し終わり、別にEUになんか入らなくてもいいじゃん?って人々が思うぐらいのレベルにまで国の成長を達成したのに、もっとたくさん高層ビルをどんどん建て、人々の生活はイスラム色を強めようって、、、

、、、ドバイ?
イスタンブルをドバイにしたいの?

昔ドバイ在住の友人が、ドバイはショッピングモールにいくか習いごとか友人宅に集まるしかすることがないと嘆いていました。まぁ暑すぎてどーにも外には居られない土地柄ですが、、、

トルコは美しい国です。イスタンブルでさえ、あちこちに緑があり、公園があり、人々はこの季節バルコニーや外のベンチで長い時間を過ごします。今は最高の季節。
人が、ただそこにいるだけで幸せな時間を持てるって、すごいことだと思うのです。

平和で、活気があって、ウルサイんだけど、どこかのんびり。
どうか、トルコをこのままにしておいてください。
緑あふれる国を、人の手で、砂漠にしないでください。



テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:4

No title

  1. 2013/06/19(水) 11:52:42 |
  2. URL |
  3. サラ
  4. [ 編集 ]
本当にトルコは、環境も人も素敵な国でした。
(イスタンブルしか知らないけど・・・)
再び平和が訪れることを願ってやみません。
心休まらない毎日とは思いますが、たびぃさんもくれぐれもお身体に気をつけてくださいね。

No title

  1. 2013/06/19(水) 16:49:16 |
  2. URL |
  3. Azul
  4. [ 編集 ]
ドバイ狙い、そーかも、ですよ。

去年レバノンのベイルートに行ったとき、新しめのショッピングモールに入ったところ、半分以上がアメリカブランドの衣類と、ヨーロッパのハイエンドメーカーのレザー用品でした。
それと、アラブ資本の高級宝飾店が並んで、あまりの輝きに恐ろしくて中に入れなかった。おそらく、恐ろしい価格帯の宝飾品です。

そういうモールだけ、別世界なんですよね。街中の、一般の人の生活圏の雰囲気と、違い過ぎ。

一体、誰が買えるの?て感じですが、来るらしいんですよね、
夏には湾岸諸国のお金持ちが、だ~っと。暑い砂漠を避けて、
避暑に。

トルコも、イランとか、湾岸のお金持ち、結構遊びに来てますよね。
去年、チュラルンパレスに泊まってた時、いましたよ~。
ちょこっと話したイラン人とか、イスタンブールに、さくっとショッピングに来たって、言ってました。「娘の結婚式に出席する時の、自分のドレスを買いに来たのよ」、って言ってた。
そういう人達って、旧市街に行かずに、さくっとショッピングだけして
帰るんだと思う。

本当に、エルドアンは石油のお金を落としていってもらいたいのかも。

Re: No title

  1. 2013/06/20(木) 10:37:02 |
  2. URL |
  3. サラさんへ♪
  4. [ 編集 ]
サラさん、ご心配ありがとうございます。
見るからに外国人とわかる女性なので、行動は自粛するようにしています。非常事態の群集心理って、コワイからね。。。
表面だけの平和と、厳しい自由と、どちらを望むべきなのか、私にもわかりませんが、トルコがトルコらしい国のままでいることを切に願います。

Re: No title

  1. 2013/06/20(木) 10:43:54 |
  2. URL |
  3. Azulさんへ♪
  4. [ 編集 ]
トランジットのアブダビでもらった新聞によると、やはりかの国は、「人気の休暇先がこんな事態に」みたいな書きかたでした。アラブ諸国にとっては、近いし便利だし、トルコ人気ですものね。
イスラム教の政教分離って本当に難しそう、、、でも、野党ががんばるとか、与党内でどうにかするとか、どうにか上手く収まっって欲しいものです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。