トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


やっと手に入れました、Müze Kart

お暑うございます。イスタンブルも夏まっさかり。
そんな中、ラマザン(断食)時期に突入しました。現在のところ16時間ぐらいの断食時間だそうです。知り合いにも断食している人がたくさんいますが、電話の声に元気がないの。体調管理をしながら無事に乗り越えてほしいところです。

さて、そんな猛暑の中、日本から友達が遊びに来てくれたので、久しぶりにイスタンブルを「観光」しました。
そして、手に入れたのがこちら。じゃん。

muzekart
ミュゼ カルト

年間50リラ(約3000円)で、アヤソフィアやトプカプ宮殿など、イスタンブルはもちろんトルコ国内各地の主な博物館に入れる、フリーパスポートなのです。

このカード、残念ながらイスタンブール在住者しか購入できず、在住外国人が入手できるようになったのも、2年前ぐらいだったでしょうか。買おう買おうと思いながら、行った時にやれ外国人登録番号がわからないだの(なぜか、在留許可証の番号と別なんです。へんなの)、肝心の在留許可証忘れただので、ようやく入手しました!

今回も、販売所のあるアヤソフィア前で購入しようとしたらあまりの長蛇の列に諦め、直接考古学博物館の窓口でチケットを買おうとしたら、ラッキーなことにそこでも手続可能だったので迷わずお願いしました。トプカプ宮殿のチケット売り場もすっごい混んでいたので、カード買うなら考古学博物館入口がオススメです!

旅行者用にはこれとは別に、Museum Pass Istanbul という3日間限定のものがあるのですが、値段がね、微妙なの。
75リラと高額なので、アヤソフィア、トプカプ宮殿、考古学博物館、あともう1つ行かないと、元が取れない! そんなにさ、3日間のうちに博物館ばっかり行くかなぁ。。。 ただし、メリットは優先入場できること。ご年配の方や子供連れの方には、特に真夏や真冬の行列の辛い時期にはメリットが大きいのではないかと思います。

で、そのまま考古学博物館とトプカプ宮殿へ行ってきました。

考古学博物館って、どこの国のに行っても、「あー世界史もっとまじめに勉強しとけばよかったー」と思うんだけど、いっつも思っておしまいなのよね〜 なので、年間フリーパスも手に入れたことですし、世界史の本でも読み直しながら、何度か行ってみようかな。


、、、と、書いておしまいにならないようにしたいものです。

テーマ : トルコ    ジャンル : 海外情報
  1. エキゾチックが素敵なイスタンブール
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

No title

  1. 2013/07/12(金) 06:56:16 |
  2. URL |
  3. Azul
  4. [ 編集 ]
3000円のフリーパスポート、何てお得なんでしょう!
でもあれですよね、住んでいると「いつでも行けるし」って思って、案外行かないもんですよね。
イスタンブールだと、街自体が美術館みたいだから、街見てるだけで満足しちゃいそうだし。

3日間のパス、買って便利でした。とにかく並ぶ時間が節約できるのが有難かったです。3月で、あんなに並ぶことになるとは…
トプカピとか、3,40分は節約できた感じです。

Re: No title

  1. 2013/07/15(月) 11:24:15 |
  2. URL |
  3. Azulさんへ♪
  4. [ 編集 ]
そうなんですよー、街全体が美術館・博物館みたいで、普通にビザンチン時代の、、、とかあるので、わざわざ行かないんですよね~☆

あ、あの時パス買ったんですね!さすが! 私自身も、対費用効果を考えると、節約旅行じゃなければオススメします。観光地で並んで待つのって、見る前に疲れちゃうものね。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。