トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



滋賀WS&SHOW、、、は大騒動

「数十年に一度の大雨」と言われた台風18号が近畿地方をかすめていった9月16日、、、滋賀・大津でWSとショーを行いました。

前日夜のショー・リハこそ大雨だったものの、WSとショー当日は、大津は曇り、時々青空さえ見えました。

ohtsu
当日朝は、こんなお天気


公共交通機関がストップしているものの、すでに大津の天候は峠を越しています。
徒歩(!)や車で参加可能な、主催者Mikko先生の生徒さんが十数名はいらっしゃり、そして、既に「とりあえず向かっています、行けるところまで行きます」という遠方からの参加者の方もいらっしゃって、とりあえずやろう、ということになりました。

それでも開始予定時間に集まったのは数名、みんな向かっている途中、、、ということで、開始時間を1時間繰り延べての開催を決定。レッスン中も、鳴りっぱなしで火を噴きそうなケータイ片手のMikko先生とあれこれ相談しながらです。

というのも、夜のショーにゲスト出演してくださる岐阜のネシェ先生は高速でカンズメ、大阪の千尋ちゃんも電車復旧のめどが立たず、、、な状態。
最悪の場合いくらなんでも3曲でショーってありえないよね?!という状況なのに、レストランではiPODが使えない!!!

つまり、今手元にあるCD(休憩時間用)にある曲で、即興できるか?!


、、、って衣装ロマなのに、ライレット・ホブとかヘンでしょう~! あ、参加者の方のCDにロンピ入ってる!これ貸していただこうか!でもどんなバージョンだ?!とかいう 小声でものすごくせっぱつまった相談をしてるわけです。

まさに、想定外中の想定外。今回に懲りて、ナニがあってもいいように、自分が踊れる曲のCD集を持ちあるこうと心に誓いました。と、日記には書いておこう。


そして、夜のショー。
幸い交通機関も復旧し、超ギリギリすべりこみで来てくれた大阪のChihiroちゃんも間にあって、ショーのスタート!出だしは、振付クラスでやった振付を、Mikko先生と色違いのロマ衣装でデュエット。、、、なんですが、とにかくバタバタで写真ありません。。。とほほ。

ソロのロマはといいますね、、、

曲が、歪んでいて、音は飛ぶわ、リズムは超変拍子だわ、さんざん。
そして、踊っている途中で、衣装の袖がとれた。

敗因は、押せ押せで時間なくて、音チェックすらできなかった、しなかった自分のミス。痛恨。
観客の皆様にはお粗末なパフォーマンスで本当に申し訳なかったのですが、ダンサーの経験としてはもうね、踊ってる途中で心臓発作でも起こさない限り、ナニがあっても大丈夫な気がする、あたし(笑)


ショー終了後に、やっとやっと「とりあえず、顔見にいくわ~」と、引き返さずに悪路を来てくださった岐阜のNese先生が到着、そのままお食事をご一緒し、場所を移動して夜が更けるのも忘れておしゃべり、そして夜はMikko先生宅に泊めていただいて、興奮と安堵と疲労ハイで、明るくなるまで飲んでしゃべって、、、


とにかく、もう、2013年はおろか、ベリーダンス人生事件簿TOP10に入りそうな、濃い思い出になりました。
いろんな意味で、いろんな学びがありました。
もうね、フェスのステージで踊るなんて、へでもない感じよ(笑)
そして本当に、イベントっていろんな方に助けていただいて成り立つものだと、痛感しました。
ご協力くださった、IさんはじめMikko先生の生徒のみなさま、本当にありがとうございました。

幸い参加者の方達から「よかったよ、次回楽しみにしています」と声をかけていただいたので、次回はもっといいレッスンが、ショーができるように、成長しなくっちゃ、と思いました。


そして、次こそ琵琶湖観光するんだー!!


明日はFIGのショー@ろまらくだ。 音源はスタッフの方に再確認していただき(トラウマ)、衣装は縫いなおし、万全の体制で行ってきます!!!



  1. レッスン/WS 雑感
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -