トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



Rampi Rampi

「カルシラマとロマの9/8拍子は違う」というナゾの言葉。
日本のプロの方でさえ、わかったようなわからないような・・・と言うことであれば、調べるしかないでしょう。
・・・ということで、がんばりましたの、あたくし。

コトの発端はあるダンススタジオのオーナーの発言だったので、んじゃまずそのスタジオでロマを教えている先生(Ahmet Orgen)を・・・とぐぐってみたら、さっそくありました!

英語OKな方は、こちらの原文サイト →http://www.orientaldancer.net/articles/ahmet-orgen-romany-dance.shtml


要約すると、

カルシラマ : 1-2 1-2 1-2 1-2-3
ロマ     : 1-2 1-2 1-2 1-3


<カルシラマのダンスの特徴>
・常に9拍以内
・踊るときに必ずハンカチーフを使う
・必ず2人以上で、ソロでは踊らない

そして、トルコのオルヤンタル・ダンサーが、そのナンバーにカルシラマを組み込むことはぜったいない。
すべての9/8リズムがロマではないし、スカートを翻してるだけじゃロマのダンスにはならない。

だ、そうです。 
ここで1つ納得したのは、ロマのナンバーを聞いていると、どうしてもタン・タン・タン・タターって聞こえて???と思っていたので、「おお、あっていた!」ということ。ある雑誌で(って、1つしかないんだけど)ロマのリズムとしてカルシラマの9/8が紹介されていたのが、混乱の原因でした。

もう1つご紹介。
カルシラマのリズムで、ジルの打ち方のバリエーションを詳しく書いているサイトも発見。
かなり詳しく説明していて、かつ音サンプルもあるので、おススメです。

http://www.shira.net/zills-98.htm


でね、このサイトで、カルシラマの代表曲として、「Rampi Rampi」を挙げていたんです。
っていうことは、この2つのサイトで言っていることを総合すると、

『Rampi Rampi』 で、ジプシー風のダンスと称して踊っているのは、着物左前に着付けて日舞を踊っている


ようなものでしょうか?(驚)
うわ~知らなかった。 

以前、毎度おなじみReshmiさんが彼女自身のサイトで、「チャイナドレスを着て日舞を踊るようなことをしたくないから、ちゃんと勉強したい」と言っていましたが、まさに同感。
ガイジンだからこそ、まずは正統派をしっかりと。


ちなみに、トルコの動画サイトで、上記条件をすべて満たしてRampiRampiを踊っているホームビデオがありましたのでご紹介。(誰かいま、あんたヒマねって言わなかった?)
http://www.video75.com/VYnlukBDfI0/rampi-rampi-cadirimin-ustune-sip-dedi-damladi/

それにしても、前途多難でございます。
9拍子の誘惑じゃなくて、9拍子の挫折、に近日カテゴリ名変更かも(^^;
テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:5

No title

  1. 2008/10/04(土) 22:47:49 |
  2. URL |
  3. たいこかかこ
  4. [ 編集 ]
わー!途中の研究ご報告が早い!さすがです~

まずは前の日記に書き込ませていただいた自分のコメントに補足しつつ・・・
ほらーー、トルコ音楽、とアラブ音楽に区別がある、という意識すらない
ダンサーさん、日本にはほんっとに多いから・・・・
トルコの民謡をアラブ音楽といいながら(その時点ででっかすぎる間違い)
トルコ民謡で”ロマダンス”を踊るぞーーーっていう・・・・
これはみんなが悪いんじゃないなあ、どこでどう間違ったんだかなあ・・・
かなりアメリカンナイズされたベリーダンスシーンで
ものすごくいろんなことがごっちゃになってしまうのはわかります
(そして、アメリカンフュージョンベリーダンスを否定はしませんが)
でも、サズの演奏でロンピロンピをベリーダンスにて踊ることを
「ロマダンス好きだからこの曲好き!」
って言っちゃうのは
まさに、ソーラン節を左前に着付けた着物で踊って「日舞が好き!」と言ってるような
しかも演奏が、太棹三味線だ!・・・・くらいの、ものすごいちぐはぐさ
・・・になっちゃいますね~

最初から異文化コラボと思ってかかればいいのですが・・・
そうじゃなかったらもっともっと調べて腑に落ちたいです

リズムの解説については、なんだか私もたびぃさんのおかげで
少し見えて来た感じがします!

すごすぎる(爆)

  1. 2008/10/04(土) 23:38:43 |
  2. URL |
  3. かかこさんへ♪
  4. [ 編集 ]
夜中に一人で大笑いしてしまいました。(ダンナにへんな目で見られた)
いやーでも、金髪碧眼のおねーさんが、ソーラン節を左前に着付けた着物で踊って「日舞が好き!」って言ってるシーンて、画像としてかなり面白い(爆)見たいです~

素人の勝手な意見ですが、プロ/セミプロの皆さんが、実はよくわからないところを「アレンジしました」とごまかしちゃうのを日本国内で伝言ゲームした結果、そんなことになっちゃったんじゃないでしょうか・・・

歳を取ったり、エラくなったりすると、「それ知らない!教えて!」って言いにくくなりますものね。 お互い(じゃなかったらゴメンナサイ)気をつけませう。

かかこさん、ぜひぜひライブの際には、「それ、左前ですよ」みたいなおハナシをして、理解の輪を広げてくださいね~☆

動画が

  1. 2008/10/05(日) 03:53:07 |
  2. URL |
  3. きちょーん
  4. [ 編集 ]
我が家のPCではホームビデオの動画が見れませんでしたv-12
く~や~し~い~~~!
マンガ喫茶からなら見れるかv-236
初心者のあたしには難しい内容でわからない部分も多いけど
でもね興味津津なの!!!
なんだろう?なんだろう?と思うことも大切よね(自分でフォロー)

それにしても深いわ、ロマv-237

No title

  1. 2008/10/05(日) 05:37:31 |
  2. URL |
  3. たいこかかこ
  4. [ 編集 ]
日本のダンサーさんの知識が往々にしてつたない・・・を、フォローすると、
やっぱり本場のエジプトやトルコ(とかレバノンとかシリアとか・・・)
そうじゃないんだけれど中近東系移民ミュージシャンも多いアメリカと違って、
どうしてもダンサーとミュージシャンの寄り添い度が低い日本だから
ダンサーの音楽知識が追いつかないのも仕方ないとは言えますね
だってこれだけ爆発的に流行しているベリーダンスのシーンに対して
”ちゃんとした知識、技術”を持ってアラブ音楽なりトルコ音楽なりを
演奏できるミュージシャンは少なすぎますもの・・・
ダンスも音楽も日本人にとって異文化なのだから仕方ないですが・・・!
そして、先生がうかつ・・ってこともありますけど、意識あるダンサーさんなら
先生だけに頼ること無く、自分の心の赴くままにどんどん知識を深めますもんね
最終的には自分にどれだけ自分の好きなコトに誠実か、ってことになるのでしょう!
(と、やや説教がましくなったので、ここでおしまいにしますっ)

ネスリンレッスン、待たされたことを帳消しにして余りある内容であることを
こちらでも期待していますーー!
そして、たびぃさんにお会いできるのも・・・・
華麗なマダムを前にして、果たして正気でいられるんでしょうか、わたくし!

なるほど

  1. 2008/10/05(日) 09:43:32 |
  2. URL |
  3. かかこさんへ♪
  4. [ 編集 ]
「自分が好きなコトに誠実でいる」って、いい言葉ですね・・・大事にしまっておこう。 時々浮気もするけど(笑)、基本は誠実なので、勉強して相手のことをちゃんと知りたいわ。

帰国したらぜひ、わたしもお会いしたい! ライブの時はお忙しいでしょうから、ぜひ別席で♪ あ、華麗なマダムじゃなくて、「なんちゃってマダム」ですから。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -