トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06


月に願いを

旅行記の途中ですが、、、スーパームーンに願いをかけると叶うそうなので、ちょっと中断して別の話題。


201407130524121c8.jpg
早いもので、もう来年は第三回。来年は6月の開催になりました。

今年のRakkas終了後の記事にも書いたのですが、自分のダンスにちょっと集中したいので、「中の人」をしばらくお休みしたい、、、というお話を、セルカンとセラップにフェス終了後にしました。

で、セルカンからそろそろ来年の話を、、、と声がおそるおそるかかった時に、改めてメールで(そのほうがちゃんと整理して説明できるからネ)自分が考えていること、やりたいこと、しばらく休みたいことを伝えました。
そしたら、数時間も経たないうちに、セラップから電話がかかってきまして、ちょっとお茶でも飲まない?と(笑) Yokoが日本に帰る前に、会って話しておきたいことがあるから、って(、、、コワイよね?w)

で、当然その話題ですよね。うん。
フェス後、ロマツアーなどがあってバタバタしていたので、久しぶりのセラップ、元気だった、どうしてた?という会話の後、、、



「あのさ、セルカンから聞いた。で、二人で相談したんだけど」

「うん。ごめんね、でも、今はダンスに集中したいと思うのよ」

「オーガナイザーとしては、どうすりゃいいんだ?!って思うけど、一人のダンサーとしては、理解できるの。 だから、セルカンと私は、来年はゲストダンサーとして、来て欲しい」

「、、、ななな、なんですと?!」

「踊りたい、んでしょ? じゃ、踊んなさい、ちゃんと。オープンステージとか、コンペじゃなくて、ゲストダンサーとして、踊んなさい。」



ちょっと、いやかなびっくりしました。 まったく想定外とは言いません、、、正直、数年後には狙いたいとは思っていた。でも、数年後。もっと経験を積んでから。
それに、あまりにも、コネまるだし、じゃん?(笑)

とりあえず返事は保留にしてもらい、日本滞在中に、数人の信頼している友人に、相談しました。
そうしたらみんなに一応に、チャンスは掴むべき、と。

ある方は、「どんなプロだって、最初のデビューは、自分の先生のコネでしょ! ちょっと規模が大きいけど、同じこと。先生なら、自分の生徒にチャンスを与えたいと思うはず」と言いました。

別の方には、「コンペで勝っても、コネだから、、、とか言われるくらいなら、正々堂々コネで(なんじゃそりゃ笑)ゲストダンサーとして周りが納得するパフォーマンスをするほうが、いいと思う」というご意見。

なるほど、、、と納得。持つべきものは、友なり。


ということで、来年のRakkasで、ゲストダンサーとして踊らせていただくことになりました。
そしてその前、11月と3月にも日本に帰る予定なのですが、そのあたりも既にいろいろお誘いいただいたり企画したりしております。楽しみ半分、ドキドキ半分。

とか言いながらまだ迷っていたのですが、この数日いろんな事がいろいろとスッと踏ん切りがつきまして、SerkanにYES!と返事をしました。二人が誘ったことを後悔しないよう、がんばります、って。

そのためには、私はこの夏のなぁんにもレッスンがないイスタンブルで、地道に準備します。パフォーマンスに取り入れたいけど、できないことがいくつかあるので克服せねば。振付も作らねば。
今年後半から来年は、「中の人」から「外で踊る人」にステップアップするために。

だからお月さま、応援してください。

以上、スーパームーンの夜の決意表明でした!

テーマ : ベリーダンス    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

  1. 2014/07/20(日) 03:56:09 |
  2. URL |
  3. 日だまり猫
  4. [ 編集 ]
凄いわぁ!
おめでとう!
スーパームーンの力も得てますますのYokoさんのご活躍をお祈りしています!

Re: タイトルなし

  1. 2014/07/23(水) 03:15:58 |
  2. URL |
  3. 日だまり猫さんへ♪
  4. [ 編集 ]
ありがとう、がんばります。
日本で踊る時のほうがむしろアウェイだったりするので、ホームグランドだ(笑) まだ時間あるし、じっくり準備していきます♪


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -