トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



2014年3月イスラエル・パレスチナ・ヨルダン旅行 その3

さて2日目、、、めざすはベツレヘム。
ベツレヘムって言ってもキリスト教に詳しい方でなければソレドコ?ですよね? イエス・キリストの生まれた所、、、クリスマス時期に、飼い葉桶に寝かされたイェス様を、マリア様とヨセフ様、そして天使や3人の博士が見守る絵を、見たことありませんか? ほらこういうやつ。。。

2014071902565982e.jpg

ガイドブックによると、イェルサレムからバスで1時間程度だそうなので、日帰り小旅行にぴったり!せっかくなので足を伸ばして行ってみよう、ということになったのですが、なんとこのベツレヘム、パレスチナ自治区にあるそうで、、、

それはますます行って見なくっちゃ!!

、、、ということになりましたが、はて、パレスチナ自治区って、そんなに簡単に行けるんだろうか。。。

ハイ、簡単に行けちゃいました。
ちなみに、あたりまえですが、同じパレスチナ自治区でもガザ地区へは行けません。こちら側はイェルサレムに近いこともあり、治安は悪くないようです。今はどんな状況なんだろうか、、、


中長距離用バスターミナルで、ベツレヘム行きのバスを教えてもらい、数百円程度の切符を運転手さんから買ってバスに乗り込みます。 乗客は、アラブ系やイスラム教徒系と思われる人(顔つきとか、スカーフ被ってるとかから推測)、若い学生さん風の女性と、あとは観光客っぽい人達。

DSC_0048_20140723012916c5f.jpg


出発から30分ほどして、イスラエルからパレスチナ自治区に行く検問はあっけないほど簡単で、軍の役人さんが形ばかりバスに乗り込んできて、ぐるっと見回しただけで、おしまい。

sDSC_0049.jpg
これはイスラエルに戻るときに盗撮しました、、、

この検問所を過ぎたあたりから、看板がアラビア語になり、建物の雰囲気も、ちょっと寂れたアラブの国の感じになってきます。

sDSC_0028.jpg

いよいよベツレヘム到着。
まるで参道のように道の両側に軒を連ねるお土産物屋さんにところどころで道を聞きながら(聞かなくても、店番のおじさんたちが、あっちあっちと指差してくれる)、生誕教会へ到着。

教会の地下の、まさにこの場所でイエス様がお生まれになりましたという場所へ、、、

、、、って、なぜ、洞窟?!

馬小屋は?!藁葺き屋根の馬小屋じゃないの?!

なんでも、当時は自然の地形を活かし、洞窟を馬小屋にしていたそうです。 理論的にはわかります、、、トルコのカッパドキアの遺跡もそう言われてみればそうなのです、洞窟の中、夏は涼しく冬は暖かいのよね。だけど、幼稚園に飾ってあった、でもってルーブル美術館とかにも正々堂々飾ってるあの藁葺き屋根の絵は、みんなの思い込みの産物だったとは、、、 びっくり。びっくりっていうか、世界規模で思い込み、あるいは刷り込みって、あるんですねぇ。。。

そしてびっくりといえば、教会の周りがあまりにもアラブっぽくて、驚きました。名産品のオリーブの木で掘られた聖母子像を売っているお土産物屋さんの店番はみんなアラビアンなお兄さん達で、ラジオからはハビ〜ビ〜♪って繰り返すアラビアンポップスが聞こえ、名物料理はやっぱりコレ。

sDSC_0046.jpg

まぎれもなく、ここはアラブの世界。
政治がどう土地に線引きをしても、文化や習慣というものに、線を引くことはできないのだということを感じました。ああでも、1つの国に複数の民族や宗教が共存している国はあるのだから、異文化=独立をという論理にはならないか、、、

sDSC_0045.jpg

これね、聖水盤(だったと思う)といって、キリスト教教会の入口にあり、聖水が注いであってこれにちょっとさわってから十字を切り、身を清めてからお祈りをするためにあるのですが、よぉく見てください。下にアラビア語で何か書いてある。
アラビア語が読めるキリスト教徒用っていうことですよね。こういうの、なんかいいなと思ったので記念にパチリ。なんて書いてあるのか、知りたいところですが。。。(誰かアラビア語読めません?)

この聖水盤のあった、マリア様が幼子イェス様の授乳の際にこぼれた乳であたりが白く染まったといわれる、白い大理石のミルクグロット教会、女性らしくて素敵な教会でした。

教会もいくつか見たし、参道のおみやげ物屋さんは興味ないし(だってグランドバザールのほうが安いよ?)、歩き回って疲れたので、滞在時間4-5時間程度で帰ることに。。。

そして帰りのパレスチナ自治区からイスラエルに入国する検問所での出来事。
バスが停まり、周りの乗客がどっと降りる中、え?降りるの?と降りようとしたら、スカーフの若い女性にこう言われました。

「あなたたちは、いいのよ」

外国人は、バスの中に検査官が来てするっとパスポートを確認しておしまい。 現地の人は、バスから降りて、検問所に並んで検認。。。

なんか、へんじゃない? 逆、じゃないの?
彼女の、「あなたたちは、いいのよ」という言葉が、なんだかとても寂しく響きました。


イェルサレムとパレスチナ自治区ベツレヘム、まさに大人の社会科見学でした。ひとつ言えることは、国はどうであれ、そこで暮らす人々は、ふつうの人達なんだということ。


翌日からは、一転してリゾート旅行、死海でプカプカです!




  1. 旅行記☆イスラエル・ヨルダン
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -