トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告


Bellydance Japan と わたし

5月30日発売のBellysance Japan Vol32 で、ご紹介いただきました。

20150603023259cf2.jpg


長くお付き合いいただいているみなさんはご存知ですが、Bellydance Japanさんと発行元のイカロス出版社様ににはしばらく前からお世話になっておりまして、

イスタンブール特集のコーディネートとか

レイハンの誌上レッスンのライターとか

スター・ダンサーのインタビュー記事とか

そういえば衣装のカラー特集なんてのもありました。。。

あ、連載もしたんだ、、、


それが今回、ウレシハズカシ、初めてダンサーとしてご紹介いただきました。 2月のKutlaKutlaのレポートも書いていただきました、ありがとうございます。普段「書く側」なのに「書かれる側」って、なんかフシギ。お話をいただいたときに思わず「字数制限は?」とか聞いてしまい、いえいえそれは気にしなくていいですから。。。と(笑) そして、素敵な記事にまとめていただきました。ありがとうございます。
最後に今後の夢はとの問いに、オリエンタル復帰って答えたらスルーされたけど

今から8年前?かな?ベリーダンスをはじめたばかりの頃は、舐めるように読んだものです。その時は、自分が将来こんな風に紹介していただけるようになるとは、、、っていうか、ロマダンサーになっちゃうとは思いもしませんでした。あ、違う、まだベリーダンサーです、オリエンタルぜったい復帰しますからね。

3年前にWSをはじめたのも、実はレイハンの誌上レッスン・レポートを書くためにレイハンに取材をした時に、なるべくガイジンにも分かりやすい説明になるよう工夫しているうちに、これは自分自身で実際やってみたいかも、、、と思ったのがきっかけでした。

ベリジャパさん、いろいろなきっかけをくださってありがとうございます。
1年後、5年後、どんな気持ちでベリジャパを見る立場にいるのか、ちょっと楽しみです。10年後とか、本屋でみかけて「ふっ、、、」とかなったり、、、しないようにがんばらねば、ね。

記事でもお話したのですが、ベリーダンスを習うことがこれほど大変だったイスタンブールで、紆余曲折あってもここまで続けてこられたのは、先生方のおかげはもちろんですが、何よりもこのブログを通じて知り合って、お互いに励ましあってきた、ベリ友のみなさんのおかげです。そのベリ友さん達ですら、さまざまな事情でなんだか一人やめ、一人抜け、、、と、減っていき、でも不思議と、去って行く方がいる分だけ、いやそれ以上に新たな縁が繋がって、日本全国にたくさんのお友達ができました。そんなみなさんに、心からの感謝を。
もちろん、パトロン兼コーチのスルタンにも感謝デス。

雑誌に出たよってミーハーですが、やっぱり一つの節目かな、と思い、記事にしました。


次のイベントはRakkas Istanbul、ゲストダンサーとして踊ってきます!


  1. ひとりごと
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

表紙じゃないのか・・・

  1. 2015/06/13(土) 14:27:21 |
  2. URL |
  3. おねむ
  4. [ 編集 ]
Amazonでポチっとな。
ところで乗馬体験はどうします?

Re: 表紙なわけないでしょう、、、

  1. 2015/07/01(水) 14:15:17 |
  2. URL |
  3. おねむさんへ♪
  4. [ 編集 ]
あたしが表紙になれるとしたら、「わかさ」とか「壮快」とかないじゃないだろうか。。。

乗馬、やりたいんですが、WSとショーのスケジュールがあって、落馬が怖い、、、、ま落馬するほど走れるとこ思わないが。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。