トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 



お久しぶりに「ベリーな」お知らせ

長いこと放置しすぎなブログですが、久しぶりにちゃんと!ベリーな!お知らせです。

春のWSを開催いたします。
1つはゼイベキという、トルコの民族舞踊をやる予定なのですが、もう一つは

ターキッシュ・メドレー

民族舞踊っぽいアレンジのオリエンタルではじまり、ロマで盛り上げ、ドラムソロに華やかに展開していくメドレーの振付を一曲完成します。オリジナルはネスリン先生の振付です。何年前だ、もう6年か7年ぐらい前?に習ったはず。
ネスリン先生の話題も、ほんとに久しぶり。。。昔からこのブログを読んでくださっている方、懐かしくて椅子から転げ落ちそうじゃないですか?

今までもしかしたら先生ご本人が来日してWSをする可能性もあるかも、、、と思い冷凍保存していたのですが、先生が引退されて久しいですし、現役の弟子がほとんどいない方なので、このままだと御蔵入りしちゃう。。。と思い、敢えて今、自分でやろうと思いました。

WSの説明文にも書いたのですが、現役時代はトルコ中が恋に落ちたといわれるほどの魅力を振りまいたダンサーでしたが、タンエリ→アセナ→ディデムと代が代わり、今のトルコの10代20代の若い人は「だあれそれ?あ、おじいちゃんが好きだって言ってたダンサー?」なんだろうなぁ。。。

でもね。
本当に素敵なんですよ。振付はシンプルなの、本当に。
なんですが、なんとも魅力的でエレガント。
ゆったりたっぷり、華やかなんです。

ずっとネスリン先生に習って来て、初めてヨソのWSというものに出た時には、あまりにも知らない技がいろいろあって、驚いたものでした。ネスリン先生に習っていた5年間も、クラスは上がっているし振付も替わるのですが、テクニックという意味ではあまり成長しなかったような、、、そのぐらいのシンプルさ。
(そのかわり、手の動きとかポスチャーとかは厳しく仕込まれた。大奥の躾みたいだった)

ここ数年ターキッシュロマにうつつを抜かしていて、しばらく遠のいていたオリエンタルですが、最近、トルコでロマダンスがあまりにも打ち込み系イケイケダンスになってきてちょっと閉口しているのもあり、いろいろ模索する中、なんとなくここに戻ってきました。
そして久しぶりに踊ってみると、シンプルなのにいろんなバランスが絶妙な振付で、改めて師匠に感服。
なんかいろいろ、奥が深い。
どんな年代の女性でも踊れるダンス。

そんなこんなの振付なので、ターキッシュ初中級者の方にはもちろん、年齢を重ねてなんとなくベリーダンスってどうよと自問自答しはじめている方がいらっしゃったら、そういう方にぜひ受けていただければと思います。何かのヒントになれたら嬉しいです。



4月15日土曜日、11時からです。
お時間あればぜひ。

詳細はこちら ↓ www.kraliche.com にも載せます!

20170204022304034.jpg


  1. ターキッシュ・オリエンタル
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -