FC2ブログ

トルコ・イスタンブールからお届けする、ベリーダンスな毎日のあれこれ。

ベリー☆ベリー☆イスタンブール 

  • 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11


センセイそれ習ってません!

某フェスで某ターキッシュロマのマスターティーチャーに習った振付で、

このステップが全然わからなかったので解説してほしい

というリクエストを受けました。
あーこれはね、こうこうです、、、と解説。
WS受けてないけど、そのティーチャーとは付き合い長いので、さすがに動画チラ見で何やってるかがわかります。


ひとつめの質問は、応用。
私はこういう基礎ステップを使ったけど、この先生は、それを応用して、こうアレンジしてる、、、例えるなら、私のは普通のターン、この先生は、ターンしながら頭を回してるバリエーションターン、そんなイメージです、と解説したら、ああなるほど!すごいわかりやすい例だ、と納得してくれました。

これはもう、基礎ステップとどこが違うか、どうバリエーションしているか動画とにらめっこしてもらうしかない。あとは数多く振付をこなして身につけていくしかないですよね。
時間をかけず手っ取り早く習いたければ、プライベートレッスンへカモン!(笑)


ふたつめは、私が使わないステップでした。
過去のトルコの9拍子🇹🇷講座では解説したことがあるけれど、生粋のロマステップではないので「私は」基本的に使わない(っていうか、自分の中から出てこないんだよね)ので、振付には入ってこない。

これは盲点というか、目からウロコだった!
自分が好んで使わないからといって、教える振付に入れないと、忠実な生徒さんほど知識が限定的になる、っていうことですよね。。。入れたうえで、「このステップはこういうバックグラウンドです」って説明しないと、だめだな、と思いました。生徒さんが、お外へ行って困らないようにしてあげるっていうのも考えないといけないのね。。。

定期クラスだと、マスターティーチャーに習った振付を教える、、、という友人が「自分の振付だけやるとどうしても限定的になるから」と言っていたのですが、まさにコレだなぁと思いました。

WSでヒトの振付やるわけにいかないから、ステップは意識して取り入れよう、と思った出来事だったので、自分メモがわりに書いてみた。

さて、この秋の振付のステップをちょっといじりにいきましょうかね。。。




  1. ターキッシュ・ロマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

SHOW & WS ごあんない


20150112170807a34.jpg

プロフィール

Yoko

Author:Yoko
Yoko of Istanbulだったり、
クラリチェ洋子だったりもします。
踊ったり、書いたり、たくらんだり、毎日意外と忙しい。

【著書】

FC2カウンター

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -